« 第2回グローイングアップCUP第3戦 優勝!!後編 | Main | キムコ スーパー9S 冷却水交換 »

August 29, 2010

GSX-R250R/SP エンジン始動

 いつまでも現実逃避していられないので、GSX-R250R/SPにガソリンを入れ、エンジン始動を試みました。

 ・・・

 掛かりません。

 おかしい!絶対おかしい!

 プラグを確認すると、ガスで湿っているものの、カブらせた感じではありません。
 念のため、4本清掃し、再始動!

 ・・・

 エアクリーナーBOXにパーツクリーナーを吹き込んででもダメ。
 そんなバナナ!

 これは点火系に問題がありそうです。そうに違いありません。
 プラグを1本外して、火花を確認すると、思った通り、火花が散っていませんでした。

 ん~。なぜなんでしょう。

 恥ずかしくてネタにしていない電装系を確認すること数十分。
 ようやくエンジンを始動させることに成功しました。

 原因は、不明です。が、とある配線を車体にアースさせると、火花が出なくなっることだけはわかりました。
 なんでアースしちゃダメなのか、基本的なことがわかっていませんが、ま、いっか(^^;;

 ・・・ってことは、エンジンが掛からなかったのは、ガソリンの変質が原因じゃなかったのかな?
 結構臭かったんですけど・・・。


  

|

Comments

Post a comment