« ストレート ツールトレー プラスチックタイプ改良 | Main | MR-S エアクリーナー改良 »

February 19, 2011

エアコンプレッサー ナカトミAIRTEC PCP-6再修理

 以前、自分で修理したエアコンプレッサー・ナカトミ「AIRTEC PCP-6」修理ですが、修理したつもりが、実は破壊してしまったという恥ずかしい結果でした。
 その後、使う予定もないので、そのままほったらかしにしていましたが、壊してしまったパーツは、販売会社に連絡して、ちゃんとゲットしておきました。

P1080738

 新品の部品がないとのことで、供給されたのは中古パーツでしたが、その分お安く、送料込みで2100円。
 安くて助かりました。
 中国かどこかで生産している関係で、部品は新品をバラしたものを確保している、とかそんな感じなのでしょうか?
 手に入らないよりはるかにマシなので、文句はいいません(^^;;

 壊れたパーツはレギュレータです。
 コンプレッサーのカバーを外して、交換します。

P1080737

 分解してわかったことは、そんなに締め付ける必要がないということです。
 前回は、バカほど締め込んで、割ってしまったので、注意しながらバラして、それに気がつきました(^^;;
 もともとそんなに締め込まれておらず、締め込まれていると勘違いしたのは、シールテープ以外に接着剤?が使用されていたからでした。
 また割ってしまうわけにはいかないし、今回の修理で直ってしまえば、次回分解する予定はないので、ボクも接着剤で固定しちゃえ!と、締め込みはそこそこに、シールテープにセメダインのスーパーXを組み合わせることにしました。
 あ、なんでスーパーXを選んだのかというと、手元にあったから、それだけです(^^;;

 レギュレーターを交換して、完成!

P1080739

 今度こそ直った!
 ・・・と思います(^^;;

 
 

|

Comments

Post a comment