« じゃがいも栽培準備@ポチ菜園 | Main | MR-S インテークパイプ自作 »

March 11, 2011

2011年3月11日

 そのとき、ボクは、仕事で行った新横浜の某病院に、ちょうど入ろうとしていました。
 自動ドアをくぐりながら、めまいでもないのになぜ足元がふらつくんだろう?と思ったら、次の瞬間、「地震だ」という声が聞こえて、ボクははじめて地震だと認識にしました。それも、かつて経験したことのないほどの揺れの地震だと。
 病院から出て避難するか、悩みましたが、ボクは病院内に留まる判断をしました。
 おそらく、その判断は間違っていたのだと思いますが、外に出ると上から落ちてくるかも知れないガラスなどの落下物の被害にあってしまうことを危惧し、また、病院が近代的なビルであることから、倒壊する可能性は低いだろうと根拠もなく考えたからでした。

 仕事を無事済ませ、帰社するために、市営地下鉄の新横浜駅に向かったのですが、地震のため、地下鉄、それだけではなく、JRなどもすべて運転見合わせ状態でした。
 まだ、ちょっと大きな地震程度の認識しかなかったボクは、それほど深く考えることもなく、電車はすぐに動くだろうと軽く考えていたので、地下鉄の復旧を待つことにしました。
 バスという手段も考えたのですが、停電で信号機が動いていない、とか、大渋滞している、などの話しが耳に入ったので、バスを使う選択肢は捨てていました。

 電車の運転再開を待つこと3時間、横浜アリーナが避難所として開放されたというアナウンスが流れましたが、避難所に行ってしまうと、帰社することができなくなるため、避難所には向かいませんでした。
 ここでも判断を誤ったと思っています。

 20時くらいまで新横浜駅にいたでしょうか、そこでようやく知り合いに連絡が取れ、本日中に電車の復旧はもうないとの情報を知らされ、途方にくれることになりました。
 地下鉄駅改札付近の案内所で、市営バスの運行状況を確認したところ、バスはもう運行していないと知らされ、ますます途方にくれ、これはもう歩くしかないか、と地上に出たところで、バスが運行していることを知りました。
 案内所の案内って・・・(T_T)

 新横浜から横浜駅行きのバスはないみたいです。
 少しでも横浜駅方面のバスはないかと確認したところ、鶴見駅行きのバスがあったので、そのバスに乗り込みました。

 なんとか鶴見駅に着いたときは、すでに22時30分くらいだったでしょうか。
 駅前で誘導している人に、横浜駅行きのバスがないか確認したところ、もうありませんとの回答でした。
 寒さが半端ではなく、いよいよ避難所行きか?と思いましたが、iPhoneの電池の残量がわずかだったため、コンビニで電池を購入、元の場所に戻ってきたところ、横浜駅行きのバスがあることを知りました。
 誘導員の案内って・・・(T_T)

 鶴見駅から横浜駅行きのバスに乗り込み、横浜駅に向かいました。
 国道1号線は大渋滞。
 横浜駅に無事着いた時はすでに0時30分をまわっていました。
 横浜駅から職場まで、歩いて行けない距離ではありません。
 職場に誰かいれば、職場に泊まって翌日の電車運行再開を待とうと考えましたが、職場に電話連絡しても誰もでません。みんなも避難所に向かったのでしょうか?、帰社することができなくなったこの時点で、ようやく自宅に帰ることを考えました。

 幸い、まだバスが走っていました。
 今度は、横浜駅から戸塚駅に向かうバスに乗り込みました。

 戸塚駅に着いたときには、すでに午前2時をまわっていました。
 今度こそバスはありません。
 あまりの寒さに、このときはもう歩く選択肢はありませんでした。足の裏に霜焼けができてしまったくらいですから。
 こうなると、タクシーしかありませんが、タクシー乗り場は長蛇の列。タクシーを待っている間に凍死してしまいそうな感じです。すでに、寒さから頭痛がするくらい疲労困憊です。
 再びどうしようか呆然としていると、あることに気が付きました。
 空車のタクシーは結構走っているにも関わらず、ほとんどのタクシーが戸塚駅のタクシー乗り場に来ることなく、駅前をスルーして行くのです。
 なるほど。そういうことですか。
 電車が運休してしまったことで、タクシーの利用が増えたと思われます。それも、長距離の。
 そのため、戸塚駅から出発したタクシーは戻ってこず、他の駅から出発したタクシーが、地元に戻るために駅前をスルーしていくのだとわかりました。
 そこで、バス停を離れて、地元に戻るタクシーを捕まえようと思ったら、あっという間にタクシーを拾うことができました。
 戸塚駅でタクシーを待つ人に後ろめたくて、タクシーの運転手に聞いてみたところ、やはりテリトリー外のタクシー乗り場でお客を拾うことができないとのことで、ボクが拾ったタクシーは、戸塚駅をスルーして、新横浜に戻るところだということでした。

 タクシーでいつもの駐輪場まで行き、そこで、原チャリ・スーパー9Sに乗り換え、帰宅したときは、すでに午前3時前でした。


 
 

|

Comments

Post a comment