« March 2011 | Main | May 2011 »

April 30, 2011

NSRのある生活。

 作「NSRのある生活」。

P1090040

 な~んつってね(^^;;イミフメーですね。

 NSR2台を出して、1台はエンジンを掛けて様子見。
 オーバーフローもなく、問題ないみたいです。ほっ。

 もう1台は、洗車の真似事。
 表面をきれいにするだけじゃなくて、隅々まできれいにするために、バラして洗車したくなってしまいます。
 むぅ~・・・今度にしよう!

 ってことで、片づけておしまい。

 GSX-R250R/SPのベアリング入りシフト化の為に注文したパーツですが、30日加工仕上がり・発送のはずが、5月2日に遅れます、というメールが入りました。
 連絡が来ただけマシなんですけど、また納期遅れ。しかも連絡は当日。
 ホント、腐ってますね、この業界は。
 もう支払いは済ませていますが、キャンセルしようか悩んでます。
 時間が掛かってもいいんですよ。はじめからそういう話しなら。
 注文するかどうか、事前に判断できますし、納得して注文するのですから。
 ところがいまさらあとになって間にあわないって、こっちには予定がないって思っているのでしょうか?
 そのくせ、注文品のキャンセルはキャンセル料だなんだと。
 ksg!!!


 
 

 

| | Comments (0)

キムコ スーパー9S HID化のための仕込み

 HID化に失敗したキムコ・スーパー9Sですが、まだ諦めたわけではありません。
 失敗した理由は、おそらく2点。
 1点目が、リレーレスタイプを選んでしまったこと。2点目が、ヘッドランプにON・OFFスイッチがないこと、です。
 1点目は買い換えでクリアし、2点目はスイッチの増設で対処します。
 ってわけで、今日はそのスイッチ増設作業を行うことにしました。
 これがスーパー9Sのハンドルスイッチです。

P1090039

 右のハンドルスイッチに、メクラ蓋があるのがおわかり頂けると思います。
 ここに、左のウインカーのスイッチを移設し、そのスイッチでヘッドランプのON・OFFができないか、と考えたわけです。
 なんだかいけそうな予感。純正部品流用なら仕上がりもきれいなはず!
 必要となるパーツは、部品取り車からいただきます。

P1090034

 外した左ハンドルスイッチ。

P1090035

 分解して、ウィンカースイッチを取り出しました。

P1090036

 この部品を、右に移設すればOKのはず。
 右ハンドルスイッチを分解、メクラ蓋をめくってみると・・・

P1090037

 オーマイガッ!
 想像では、メクラ蓋をめくると、ウィンカースイッチがそのままはめ込める穴があるはずだったのに、思いっきり塞がっているではあ~りませんか(T_T)なんてこったい。

 ホットナイフで穴を開けてしまおうかと思いましたが、やめておきました。

 はい、終了~。
 世の中うまくいかないもんですね。

 
 

| | Comments (3)

April 29, 2011

ネタ不足

 ゴールデンウィークだというのに、ネタがありません。
 ネタの仕込みに失敗しました。
 無理矢理ネタを作るには、ミニバイクに乗る!っていうのがありますが、ミニバイクに乗るこころの準備ができていませんし。
 困りました。

 何か探さなくては!

 
 

| | Comments (0)

April 28, 2011

過敏性大腸炎かも?

 いつもヘラヘラしているせいで、打たれ強そうに思われるボクですが、実はちょうが付くほどの小心者です。
 日曜日からお腹が痛くて、しばらく様子をみていましたが痛みが治まらないため、気になってネット検索で調べてみたところ、もしかすると「過敏性大腸炎」というやつかもしれません。
 キムコ・スーパー9Sの腰上OHに失敗し、HID化にも失敗、そして、GSX-R250R/SPのベアリング入りシフトペダル化の失敗と、失敗が続きました。
 かなり凹んでいたのですが、これがストレスになって過敏性大腸炎を引き起こしたのではないのかと思います。

 はぁ(T_T)
 趣味くらいすっきり楽しめないもんですかね?

 

| | Comments (0)

April 27, 2011

キムコ スーパー9S 腰上OH、その後

 キムコ・スーパー9Sの腰上OHを実施しましたが、経験のなさ故失敗したことはコチラに書いたとおりです。
 で、その後ですが、実は意外に好調です。
 毎朝、毎晩、乗る前にバイクの下を確認して、液体が漏れていないか確認し、リザーブタンク内のLLCの量も確認していますが、特に漏れたり減ったりしている様子はなく、気のせいかもしてませんが、OH前よりもトルクフルに走るようになりました。
 自分で作業したため、切れたOリングを液体ガスケット(それもバスコーク(^^;;)でごまかしたことを知っていますが、それを知らなければ全く問題ない状態に感じます。
 煙がモクモクでたクラッチも、特に滑る様子もなく、普通な感じです。
 通勤に使用できなかったら、と思うと不安で不安で仕方がなかったのですが、どうやら心配しすぎてしまったようです。

 喉元過ぎれば・・・って奴で、いま考えていることは、注文しているOリングが届いたらすぐに交換せずに、次の腰上OH時期までねばってしまおうか、ってことです。
 失敗した分際でえらそうなことは言えませんが、ヘッドのOリングを交換するだけならおそらく30分程度。だったら、ヘッドから冷却水が漏れはじめたらOリングの交換、漏れないならピストン交換時期までこのままでいってしまおうかな、と。
 さらにベストなのは、次の腰上OH時期までに、次のエンジンを用意することなんですけど、こっちはちょっと滞ってしまいそうです(^^;;


 
 


| | Comments (0)

April 24, 2011

GSX-R250R/SP ヒールテックエレクトロニクス社GIpro X-TYPE WSS取付

 ボクのGSX-R250R/SPはSP仕様なだけあって、純正でもクロスミッションを搭載しています。
 乗り慣れると別に気にならないのですが、乗り慣れていないシーズン初めなどは、いまのギアが1速なのか2速なのか3速なのか何速なのか、わからなくなってしまいます(^^;;
 なので、走りながら一回1速を確認したり、6速に持っていってから、「ろくぅ~、ごぉ~、よん~」とシフトをするたびに頭の中で唱えながら走ることはよくあることです(^^;;結局途中でわからなくなってしまうんですけど。
 ちょっとバカっぽいですよね。
 乗り慣れればなにも気にせず走れるようになりますが、もう昔みたいに走る機会もないと思うので、いつまで経っても頭の中でギアが何速なのか考えながら走りそうな予感がします。
 そこで、シフトインジケーター?ギアインジケーター?を導入することにしました。
 選んだ商品は、ハンガリーはヒールテックエレクトロニクス社の「GIproギアインジケーターX-TYPE WSS」です。

P1090017

P1090018

 GIproにはいくつか種類がありますが、汎用タイプが「GIpro X-TYPE U」と「GIpro X-TYPE WSS」のようです。
 同じ汎用でも、UとWSSの違いは、Uが電気式速度計のバイクに対応するタイプで、WSSは機械式速度計のバイクに対応するタイプということらしいです。そのため、WSSには、電気速度センサーアダプターがセットになって付いてきます。
 でも、UとWSSは同じお値段・・・。
 む?
 ボク的には、Uに電気速度センサーアダプターをセットした内容のWSSの方が高くて当然と思うのですが、なぜか同じ値段です。
 違いがあるんでしょうか?
 UとWSSだったら、電気速度センサーアダプターがセットになっているWSSを購入した方がお得なのでは?と販売店に問い合わせしてみると、ボクの理解は正しかったようで、WSSの方がある意味お得です、って回答でした(^^;;
 ってことで、セットの電気速度センサーアダプターを使うつもりはまるっきりありませんが、WSSを購入しました。

 取付はそう難しそうではなく、電源、アース、回転信号、速度信号を配線するだけです。

P1090022

 あ、説明不足だったでしょうか?
 ボクのGSX-R250R/SPは機械式速度計ですが、現在はメーターをKOSOの「RX2N」に交換しており、そのため電気式速度計になっているのです。
 RX2Nの速度信号とGIproの速度信号に互換性があるかどうかは検証していませんが、速度信号は規格化されているって話しですし、動作原理に違いはないので、その点は全く心配していません。
 無事取付完了。

P1090026

 ギアを表示させるには、学習させる必要がありますが、速度センサーをフロントに設置していることから、実走させなくてはなりません。
 そのため、設定は後日富士スピードウェイに行って行うことにしますが、表示上では、回転信号も速度信号もちゃんと拾っていることになっています。

 ボクにもできた!

 KOSOのRX2Nと、GIproとLAP SHOTを組み合わせたメーターまわりはこんな感じです。

P1090031

 20年前のバイクとは思えませんね!
 格好いいです(^^)自画自賛

P1090030

 LAP SHOTの電源はバッテリーから直接持ってきていましたが、今回の作業を気に、キーONで通電するように変更しておきました。
 これで、いちいちコネクターを抜かなくても、バッテリー上がりの心配がなくなりました。

 いや~、早く設定して、試してみたいっすね!
 シフトペダルの関係で、しばらく乗れませんけどね(T_T)なんとかせねば!

 ところで、今回配線した電源も、アースも、回転信号も速度信号も、すべてRX2Nに配線してあるんですよね。
 ってことは、RX2Nがこのシフトインジケーターの機能を実装してくれれば、わざわざ後付しなくてもいいわけなんですよね。
 国内で正規に取り扱いされている商品じゃありませんが、次期モデルでなんとかしてくれるといいですね。
 ついでに、速度メーターを小さくして、いまの速度メーターのところに水温が表示できれば、文句なしッス!


 

PZレーシング PZRacing /ギアトロニック デジタル ギア インジゲーター

PZレーシング PZRacing /ギアトロニック デジタル ギア インジゲーター


PZレーシング PZRacing /ギアトロニック2 デジタル ギア インジゲーター

PZレーシング PZRacing /ギアトロニック2 デジタル ギア インジゲーター

【PZRacing】PZレーシング GT300 GEARTRONIC ギアトロニック ギアインジゲーター【GT300】

【PZRacing】PZレーシング GT300 GEARTRONIC ギアトロニック ギアインジゲーター【GT300】

【PZRacing】PZレーシング GT300 GEARTRONIC ギアトロニック ギアインジゲーター【GT300】

【PZRacing】PZレーシング GT300 GEARTRONIC ギアトロニック ギアインジゲーター【GT300】

 

| | Comments (6)

GSX-R250R/SP シフトペダル、ベアリング化 ~ 失敗

 先日、富士スピードウェイのショートコースでGSX-R250R/SPのシェイクダウンを行い、ショートシフト化したことによる問題を確認しました。
 2速から1速へのシフトダウンでシフト感のなさ、そして、1速に落ちずニュートラルに入ってしまう場合があるのです。
 この問題を解決しないことには、怖くて走れそうにないので、ボクの中での最優先課題として解決策を検討し、これだ!と思った策を実行することにしました。
 思いついた解決策は、ベアリング入りシフトペダルを採用することで、ガタを少なくし、スムーズかつ正確な操作を実現させるという方法です。
 バトルファクトリーから補修パーツとしてベアリング入りシフトペダルが単品供給されているので、それを使うことにしました。
 購入したのは、同ペダルの他、チャンジアーム、そして、シフトロッドなどです。

P1090013

 これらのパーツで約2万円(T_T)
 昨日が雨だったので、今日は走りに行きませんでしたが、昨日のうちにパーツを組んで、今日は走行テストをするつもりでいたので、大急ぎで注文し、間に合わせました。
 がしかし・・・チェンジアームはGSX-R250R/SPに使用できないことが判明(T_T)ショック!

P1090014

 スプラインのギア数が違いました(T_T)マジ?
 こういうのは規格もんで、全車共通かと勝手に考えていて、確かめることを怠ってしまいました(T_T)
 せっかく注文したのにぃ。このパーツだけでも4000円弱もするのにぃ(T_T)
 2ポジションが選択でき、一方は純正流用チェンジアームよりもさらにショート化できたのに、残念でなりません。
 このチェンジアームは使えないので、純正流用チェンジアームを加工することにしました。
 圧入・カシメられたピロボールを外し、ロッドエンドを取付します。
 これが純正流用チェンジアーム。

P1090015

 加工後。

P1090016

 以前の記事を見ていただければわかるように、GSX-R250R/SP純正アームと純正流用アームとではオフセット量がずいぶん違っていましたが、これでかなりマシになったと思います。

 そして・・・そして・・・ペダルを付けようと思ったら・・・。
 ガ~ン(T_T)
 致命的なミスを犯していることに気が付きました。
 このベアリング入りシフトペダルがまったく適合しません(T_T)

 1週間で対処しようと思い、焦りすぎたため、リサーチ不足でした。
 2万円も投じたのに・・・(T_T)

 はぁ(T_T)失敗だらけっす。
 これからどぉしましょう?

 

バトルファクトリー BATTLE FACTORY/シフトペダル

バトルファクトリー BATTLE FACTORY/シフトペダル NSR250

【NSR250】バトルファクトリー BATTLE FACTORY シフトペダル

【NSR250】バトルファクトリー BATTLE FACTORY シフトペダル

 

| | Comments (0)

April 23, 2011

キムコ スーパー9S HID導入 ~ 失敗

 キムコ・スーパー9Sの腰上オーバーホールに失敗し、失意のずんどこ節に落ちたボクは、心機一転、スーパー9SにHIDを導入することで、ハッピーになろうと試みたのでした。
 あ、腰上オーバーホールに失敗しましたが、現在塗りまくったバスコークのおかげでLLC漏れは確認できず、クラッチも平気っぽいです。不安ですけど(T_T)その不安が超イヤなんですけど。

 某オークションで購入したHIDのスペックは、25W、6000k、リレーレスって感じです。

P1090008

 リレーレスなら配線も簡単!
 サクサクッとフロントカバーを外し、ヘッドランプにアクセス。

P1090009

 パパっと取付して、早速点灯テストしましたが・・・チラっと光ったきり、光りません。
 ヘ?バイク用なのに?どっか間違った?・・・いや、間違うような配線ではありません。
 バッテリーはテスターで12.6Vあることを確認しました。

 おかしいなぁとあわててググってみると、大抵の原チャリのヘッドランプは、交流電源らしいです。
 で、その交流電源のせいで、HIDが正常に点灯しないってことらしいです。

 まじ?
 ダメじゃん(T_T)

 ・・・はぁ(T_T)
 専用品が高いのは、それなりに理由があるんですね・・・。


 

SANTECA サンヨーテクニカ/車種専用HIDキット

SANTECA サンヨーテクニカ/車種専用HIDキット SUPER9

サンヨーテクニカ:SANTECA 車種専用HIDキット:SUPER9 50

サンヨーテクニカ:SANTECA 車種専用HIDキット:SUPER9 50

【送料無料】バイク用HIDキット(25W) KYMCO SUPER9S専用 サンヨーテクニカ Mach-25-SUPER9S CB-K1 (6000K)

【送料無料】バイク用HIDキット(25W) KYMCO SUPER9S専用 サンヨーテクニカ Mach-25-SUPER9S CB-K1 (6000K)

 

| | Comments (0)

キムコ スーパー9S 腰上オーバーホール ~ 失敗

 寒い時期に、キムコ・スーパー9Sの始動に失敗したことは何度か書きました。
 先日、夏プラグに買えました。この記事では8番プラグにしたと書いてしまいましたが、後日パーツの整理をしていると8番プラグが出てきたので、あれ?と思って確認してみたところ、実は9番プラグに交換していました。
 現在、その9番プラグ(実際にはデンソーなので27番)でもエンジンの始動に失敗することはないので、やっぱり寒さが原因だったのだと思います。
 はたして圧縮抜けが原因かどうかはわかりませんが、ここは一発!スーパー9Sの腰上オーバーホールを実施することにしました。

 天気予報では雨の予報だったので、前日にガレージに移動しておきました。

P1080988_2

 予報通りの雨だったので、ナイス判断ボク!ってことで、雨でも時間を無駄にしなくてすみそうです。
 昨日は23時半過ぎに寝たのですが、起きたのは2時(^^;;
 休みになると、寝ているのがもったいなくて、超早起きしてしまうボクなのです。
 さすがに2時からはじめる気にもならないので、少しまったりしていましたが、どうにも暇なので、4時から作業を開始しました(^^;;
 まず作業性をよくするために、外装を外します。

P1080989

 トンネルカバー(真ん中のカバー)も外したかったのですが、ツメが折れそうな気配なので、今回は諦めました。
 エンジンを見てみると、スペースが狭く、作業が難航しそうな予感がします。

P1080990

 や、やれるか?
 シリンダーヘッドとシリンダーを外して、ピストンとご対面。

P1080992

 さらにアップ!

P1080993

 意外にカーボンが溜まらないもんなんですね。
 さらにピストンを外して、状態チェック。

P1080995

P1080997

 シリンダーヘッドはこんな感じ。

P1090001

 プラグはこう。

P1090006

 この状態から、どんなコンディションだったと判断できるのでしょうか?
 norisonさん、解説お願いします!(^^;;呼び出してすみません。

 今回は腰上オーバーホールと言いつつ、交換する部品はピストンリングだけです。
 いままで、2ストの腰上OHでピストン他部品を使い回したことはありませんが、通勤の道具にそこまですることはないだろ、という判断です。
 パーツはちゃんとあるんですけどね。
 これがボクの72ccコレクション!

P1090002

 中央が新品、その左右がストック、上が今回外したパーツです。
 中断してますけど、自分でフルOHエンジンを作る計画のためのパーツだったりします(^^;;

 さてさて、今回の作業で難航を予想した一つであるガスケット剥がしは、問題なく終了しました。
 中古で手に入れた72ccエンジンですが、作業した人がきちんとしていたのか、サクサク剥がせました。
 スペースの狭さに苦労するかと思ったんですけど。

P1090003

 シリンダーヘッドのカーボン落としには、ワコーズのガスケットリムーバーを使用し、その後磨いておきました。

P1090005

 ピストンのカーボン落としは、難航したため妥協(T_T)
 norisonさんのアドバイスを参考に、キャブクリを使ってみましたが、ピストンリング溝のカーボンがなかなか落ちません。ボンスター持ってないし(T_T)
 新品ピストンの投入を悩みましたが、今回のオーバーホールは手順の確認的な位置づけなので、やめておくことにしました(^^;;実は部品がもったいなくなっただけなんですけど(^^;;
 あ、ピストンリングは新品を使いますよぉ~。

P1090004

 シリンダーのカーボンにはそれほど苦戦することなく、組み付けに入ります。
 難航を予想したピストンピンクリップも無事いれることができました。
 でも、内緒の話、クリップの切れ目を上に回す作業は割愛しました。やばいですかね?
 手持ちのラジペンじゃ先は太くてできなかったのです。少しは回しておきましたけど・・・工具買っておかきゃです。
 次に難航を予想した、ピストンリングを押さえつつ、シリンダーに入れる作業もそれほど苦労せず、作業完了!

 LLCを入れて、エンジンを始動させると・・・シリンダーヘッドからLLCダダ漏れ(T_T)
 原因は、シリンダーヘッドガスケット(Oリング)がズレている状態で組んだため、切れていました(T_T)
 まさかこんなところでへまをやらかすとは思っていませんでした。
 他パーツは予備がありますが、ガスケットはBOでだったので現在取り寄せ中で、手元にありません。
 困った・・・困りました。
 取りあえず元々付いていた、外したガスケットで組んでみましたが・・・またダダ漏れ(T_T)
 もう手がないので、切れた新品ガスケットにバスコークを塗りまくってみました。

 さらに失敗は続きます。
 冷却水が漏れると、エンジンの熱で蒸発して、イヤ~ンな臭いがします。
 今回はどうかなぁ~と、エンジンを始動させ、リアブレーキで後輪が回らないようにして、レーシングしながら様子をみました。
 臭いが、します(T_T)でも、どこから漏れているかわかりません。
 ムキになってしつこくレーシングしていると、やっぱりエンジンから煙が出てきます。
 これはLLCが漏れて蒸発している蒸気だ!と思い、さらにしつこくレーシングしながら、さらに盛大な煙が・・・左サイドカバーから・・・(T_T)
 水蒸気だと信じて疑っていなかった煙は、どうやらクラッチから出ているものでした(T_T)
 もう(T_T)ヤダ・・・。

 疲れてきました・・・。
 通勤で毎日使用するので、水漏れないか、とか、そんな風に考えて乗ること苦痛です。
 余計なことをするんじゃありませんでした・・・(T_T)


【SUPER9 50】マロッシ:MALOSSI シリンダーキット pin12mm 【キムコ:KYMCO】

【SUPER9 50】マロッシ:MALOSSI シリンダーキット pin12mm 【キムコ:KYMCO】

マロッシ ボアアップキット キムコ スーパー9

マロッシ ボアアップキット キムコ スーパー9


DENSO デンソー/イリジウムパワープラグ IWF27

DENSO デンソー/イリジウムパワープラグ IWF27

 
 

| | Comments (2)

April 17, 2011

被災者の方へ 家をお貸します@湘南

 このたび東日本大震災により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。 皆様のご無事と、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 さて、
 最近あまり話題にしていませんが、約1年半前に売りに出したものの、未だに売れない我が家が湘南にあります。
 現在も売りに出している状況で、無人です。
 とても小さい庭無し一戸建て(ボンロボロです(^^;;)。ミニチュア3LDKっす。
 水道、ガス、電気を契約すれば、住めると思います。
 駐車場あり。軽自動車なら楽勝で止められます。MR-Sも止めてました。でも、ハイエースは無理でした(T_T)
 駐車場以外にバイクを置くことは困難です(原チャリならOK)。バイクがある方は、雨ざらしでよければガレージにてお預かりします。
 
 当ブログの読者で被災された方、かつ、生活の拠点を神奈川方面に移そうとお考えの方へ、その我が家を無料でお貸ししようと思います。 
 期間は、生活の基盤を作るための2~3ヶ月程度。
 他、条件が無いわけではありません。
 常識的な方で、お困りの方、ご相談下さい。

 希望される方が複数いらっしゃる場合は、家族構成などや他状況で判断させて頂きますので、差し障りのない範囲で詳しく状況を教えて頂けると幸いです。
 当エントリーのコメント欄ではなく、メールにてご連絡下さい。


 
 
 

| | Comments (0)

April 16, 2011

NSR-Mini オートボーイ製エアーコンプレッションバルブII取付

 オートボーイからエアーコンプレッションバルブIIという商品が発売されたので、購入し、NSR-Miniに取付しました。
 これがエアーコンプレッションバルブII。

P1080981

 Mini純正のイニシャルアジャスターの中身をこの商品に付け替えることで、フロントフォークの内圧を左右均等に保てるという商品らしいです。
 そんなことは気にしたことがありませんし、気にすることも一生無かったと思いますが、何となく購入。
 フロントをリフトアップし、フォークが伸びきった状態でバルブをプシュっと押すことで、内圧が均等になるそうです。

 NSR-Mini登場(^^;;

P1080982

 純正イニシャルアジャスターを外しました。

P1080983

 純正との比較はこんな感じ。

P1080984

 付け替えするとこんな感じ(^^;;

P1080985

 これがバルブです。

P1080986

 作業完了。

P1080987

 イニシャルアジャスターにエアーコンプレッションバルブが付いたことで、著しく長くなってしまいました。
 このために、21mmのディープソケットを用意しなくちゃです(^^;;
 RH松島のイニシャルアジャスターが使えなくなってしまったのが、なにげに不便です。
 この商品を購入した人たちはどうしてるんでしょう?

 そうそう、しがらみがないので、言うんですけど、受注生産のこの商品は、納期が1月中でした。
 んが、2月中旬になってもうんともすんとも言ってこないので問い合わせすると、2月末になったとの回答。
 しかし、またな~んの連絡もなく、結局届いたのは3月に入ってからでした。
 連絡無しの納期遅れ、これがもうバイク業界のスタンダードなんですね。
 「仕事」じゃなくて「趣味」なんでしょうかね・・・なんて言ったら怒られちゃうかな?(^^;;


 
 

| | Comments (0)

April 15, 2011

GSX-R250R/SP テスト走行@FSWショートコース

 新年度がはじまり、そろそろ暖かくなってきたので、今日は会社をサボって富士スピードウェイのショートコースに行くことにしました。
 FSWまでは自宅から約60km。
 もしかして、東名高速を使う必要ないんじゃないかと思って、いつもより約30分早い5時半頃に出発したら、7時に到着しました・・・え~、高速使っても、下道で行っても、所要時間はあまり変わらないような・・・(^^;;

 到着時のFSWは、少し曇っていて、寒かったです(T_T)

P1080947_2

P1080948

 ショートコースにも春到来。
 た~のしぃ~い、な~かま~が、たんポポポポポ~ン。

P1080955

 あまりの寒さにくじけそうでしたけど、のんびりしているとあとであわててしまうので、整備をはじめました。

P1080949

 内容は、念のためのフロントブレーキのエア抜き、空気圧の確認、チェーンへの給油、メーターの設定(バッテリーレスなので、設定が保存できないんです(T_T))、LAPSHOTのセンサー及び電源ケーブルの取付などなどです。

P1080952

 終わったところで、外部バッテリーを接続し、エンジン始動。

P1080953

 問題なし!

 今日の走行は、マシンのテストってことで、のんびりモードです。
 過去の経験から、シーズンはじめからイケイケモードだと、転倒してそのまま怖くなってイヤになるってパターンですし、真面目な話し、今回はフレーム交換後はじめての走行なので、どんな不具合が出るかわかりません。
 他にも、ステムベアリングの交換、電装系の変更、シフトリンクのショートストローク化、ブレーキのOHなどなど、いろいろ変更を行っているため、慣熟走行しながらの様子見です。

 ヘルメットの後頭部には、ナラシの「ナ」って貼って、コースイン!
 B-3ルートの14Rは、クルマがコースアウトした際に撒き散らかしたと思われる砂利が。。。
 慣熟走行でよかった!(^^;;
 路面温度はそれほど低くないはずなのに、グリップ感がなく、久しぶりのサーキット走行に身体がなれていないこともあって、ペースを上げることはできそうにない感じでした。
 さらに、ブレーキのOH効果でしょうか、効きが凄くて、ブレーキングの度にフロントから転けそうな予感。
 むぅ~。単なるブランクでしょうか?
 上体に力が入りすぎて、マシンが曲がらない、バンクもさせられない、そんな感じでした。

 GSX-R250R/SPの問題点については、概ね問題なし。
 しかし、ショートストローク化したシフトリンクに、問題がありました。
 ショートストローク化については、狙い通りの効果があったのですが、2速から1速へのシフトダウンで、シフト感が薄く、1速に入っているのかニュートラルに入ってしまったのか、感覚が掴めないんですよね。
 実際、ニュートラルに入っていて何度か怖い思いをしました。
 A-1ルートの登りヘアピンの手前で1速にするのですが、ここで上記症状が出るので、ペースアップができません。流れに乗れないというかリズムが掴めないというか。
 むぅ~。
 他ではいい感じなんですけどね。

 こまったなぁ(T_T)

 ただ、テスト走行の目的は達したので、午前中には撤収。
 帰り道に買い物して、家に着いたのはまだまだ14時。
 せっかくの休みがサーキットだけで終わってしまうわけではなく、他のことができます。
 なんだか一日が非常に有意義に感じられます。
 この充実感!

 ・・・ってことで、帰ってから昼寝しました(^^;;


 あ、そうそう、富士ショートにMR-Sの方がいらっしゃったので、いろいろお話しを訊いてみました。
 お邪魔してごめんなさい。
 おかげさまで、大変役に立ちました。
 ロールバーがあればなぁ~。バイクとクルマで走れるのになぁ。
 ところがロールバーのお値段約8万円(T_T)ただの鉄パイプに見えるのにぃ。
 むぅ~。
 
P1080974

 楽しそうじゃのぉ~。


 
 

| | Comments (2)

April 10, 2011

キムコ スーパー9S 夏プラグへ交換

 72ccのエンジンに載せ換えたキムコ・スーパー9Sですが、冬になってトラブルが生じたことは何度かネタにしました。
 冷間時の始動性の悪化です。
 8番プラグから6番プラグにすることにより、なんとか改善しましたけど、それでもキュっと冷え込んだ日なんかは、毎回ではないものの、20~30分キックをしまくって水温がやや暖まってきたころにようやくエンジンが掛かるということを何度か繰り返していました。
 根本的な解決方法としては、圧縮漏れを疑っていて、取りあえずピストンリングの交換を予定していますが、そろそろ気温が暖かくなってきたことで、6番プラグでは不安になってきたので、夏プラグ?の8番に戻しておくことにしました。

 プラグの交換は、インナートンネルボックス(足元の小物入れ)を外せば行えますが、作業性が悪いので、ボクはラゲッジボックス(メットインスペース)を外すことにしています。

P1080943

 外した6番プラグは、ボクの予想では真っ白け!・・・のはずだったのですが、意外にもこんがりキツネ色。
 なかなかいい感じでした。

P1080945

 ということは、6番プラグで十分なんでしょうか?
 むぅ~。
 でも外したついでに、8番プラグに交換しちゃいました(^^;;
 暖かくなってきたといっても、まだまだ冷え込む日もあると思いますから、ちょっとリスキーかな?とは思うんですけど。
 そのかわり、冷え込んだ日にエンジンが掛からずしんどい思いをするのもイヤなので、6番プラグを常備し、さらに、プラグ交換のための工具一式を積んでおくことにしました。
 これがその工具です。

P1080946

 もう10年近く出番のなかったノーブランドの工具です。
 Tバー・ハンドル、エクステンション、10mmのソケット、+のドライバー、そして、プラグレンチです。
 これらの工具があれば、5分・・・いや、8分もあれば、プラグ交換が可能です。
 プラグレンチがプラグソケットなら、容積をもっと圧縮できるんでしょうけど、車載工具にお金を掛けたくないので、手元にあった、捨てることはできなかったけど2度と使わないだろう工具に活躍の場を与えてみました。

 プラグ交換ができるからといって、通勤前の朝っぱらからエンジンが掛からないなんてことにはならないように、祈るばかりです(^^;;
 腰上OHの部品を用意しておかなきゃです!


 

| | Comments (0)

NSR-Mini フロントブレーキ分解清掃

 走行の予定は全くなく、盆栽と化しそうなNSR-Miniですが、それでも機能の維持はしておこうと、少しだけ整備することにしました。
 去年は2回乗っただけ。その2回とも転倒して、いい思い出がありません。
 もうミニバイクには戻れないかも・・・と思う今日この頃です(T_T)はぁ

 転倒後、どこまで修理したか忘れていましたが、自分で書いたブログを読んで、現在の状況を把握できました。ブログを書くことも、たまには役に立つようです。

P1080938

 まずはタイヤ交換から。
 2回も転倒したタイヤなんて、縁起が悪くって、新品に交換することにしました。

P1080939

 いや、待てよ・・・。いつ乗るかわかりませんし、仮に乗ったとして、新タイヤのグリップが必要なほど走れるんじゃろうか?
 な~んて冷静になって考えると、新タイヤの投入がもったいなく思えてきたので、タイヤ交換はやめやめ。
 と思ったときにはすでに前後のホイールを外していました(^^;;無駄無駄無駄~

P1080942

 でも、ネタ的に何もしないわけにもいかないので、握るとふかふかするフロントブレーキをなんとかすることにしました(^^;;
 まぁブレーキフリュードを交換するだけでいいのでしょうけど、ここは一発、フロントブレーキの分解清掃ってことで。

P1080940

 確かキャリパーはオイルシールを交換したことがあるような気がしますが、マスターシリンダーは2004年から一度もなにもしていないような・・・。
 ちょっと不安でしたけど、分解しても錆などはなく、GSX-R250R/SP同様、消耗品の交換はせずに、洗浄し、組み立てることにしました。

P1080941

 結果、フロントブレーキのタッチは改善しました(^^)うほっ!

 リアブレーキは・・・ウンコなリザーブタンクレスkitでブレーキフリュードが劣化しまくりですが、いま分解清掃してもどうせすぐに劣化してしまうので、何もしないことにしました。

 あとは、砂利まみれになったチェーンを洗浄して、NSR-Miniいじりは終了~。


 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP ブレーキフリュード注入

 今日はダラダラせずに整備する!、そう決めて整備をはじめました。
 GSX-R250R/SPのフロントブレーキ・マスターシリンダーを分解清掃したのは2月6日、キャリパーを分解清掃したのは2月12日ってことは、もう2ヶ月も経過してしまっているんですね。
 ・・・リアのキャリパーは2月26日、リアのマスターは2月27日のようです。
 そろそろブレーキフリュードを入れ、走行の準備をしておかなければ!

P1080934

 ブレーキフリュードは、前後で違うものをチョイスしています。
 フロントは、ワコーズのSP-R。

P1080937

 いままでちびちび使っていたSP-Rは、いつ開封したのか忘れてしまいました。たぶん3年前?
 無色透明に近いSP-Rが明らかに黄ばんで見えるので、まだたっぷり残っていましたが、新しく用意しました。
 ちびちび使っていても、結局捨てることになるんなら、これからはドヴァドヴァ使おうと思います(^^;;

 リアには、ワコーズのBF4を使います。
 何度も書いていますが、ボクは走行中にリアブレーキを使いません。リアブレーキなんて飾りです。えらい人にはそれがわからんのですよ・・・ってことで、明らかに劣化の早いSP-Rでは無駄にスペックが良すぎるので、醤油でも入れておけばいいと思いつつ、そうもいかないのでBF4を(^^;;

P1080936

 周囲をブレーキフリュードで汚しつつ、作業終了。
 これで、走行できる状態になったはず!
 ボルトの締め忘れ、ないかなぁ?


 
 

| | Comments (2)

April 09, 2011

第5回グローイングアップCUP第6戦 優勝!+ハイゲーム賞!!

 今日は雨だったので、ブログを更新するためのネタは全くありませんでしたが、幸いにも夜になってネタが転がりこんできました。
 一部の読者にしか理解されないボウリングネタですけど(^^;;

 今日のボクは、主人公でした!ヒーローでした!・・・脳内妄想ですけど(^^;;
 なんていうんでしょう、ボウリングの神様が片足だけ降臨した感じ?
 奇跡が起きました!

 20110409

 3ゲームすべて200UP!
 ハンデ抜きでアベレージ233!!
 当然優勝!!!
 さらにハイゲーム賞ゲット!!!!
 ベストスコア更新267!!!!!
 あわやパーフェクトゲーム!!!!!

 ・・・って感じでした。
 途中から何をやっているのか、わからない状態でしたけど、今日はボクの投球とオイルコンディションが奇跡的なマッチングをみせたみたいで、気が付くといい成績でした。
 実力でもなんでもなく、ただのまぐれなので、いまいち達成感と充実感を感じることができないんですけど、それでもやっぱり嬉しいです。

 実は先週が散々で、ポイントランキングは2位に後退してしまっていたのですが、今日のこの成績で再びポイントリーダーに返り咲きました。
 あと4戦、がんばります!!

 
 

| | Comments (0)

April 03, 2011

ガレージ掃除

 そろそろ走行の予定を具体的にしないと、だらける一方です。
 整備もはかどりませんし。
 今日なんて、寒くてやる気ゼロ。
 早く暖かくならないかなぁ~。
 走行は5月からかなぁ~。

 ってことで、ガレージの掃除をすることにしました。
 もう散らかし放題。
 しかも、落ち葉が風でガレージ内に吹き込んでキィ~(T_T)って感じです。
 土足厳禁ガレージにしたばっかりに、余計な悩みを抱えてます。

 いまのガレージはこんな感じ。

P1080931

P1080932_2

P1080933

 棚がうまく機能していない感じです。整理整頓しきれないというか、無駄な空間が多というか。
 最近はネタらしいネタがありませんし、先日ネタにしたシェイドキットで作業小屋作りたいなぁ~。

 そうそう、フロアマットに掃除機をかけるため、NSR2台を久しぶりにガレージから出しました。
 ついでに撮影大会(^^;;

P1080924

P1080925

P1080918_3

P1080919

 我欲を捨てねば・・・(T_T)

 
 

| | Comments (0)

April 02, 2011

GSX-R250R/SP サンドブラスト

 なかなか実行に移せないGSX-R250R/SP2号機の準備ですが、全く忘れているわけではありません。
 きれいに仕上げたいと思うと、単純に部品を寄せ集めればいいというわけにもいかない年式なので、準備が多すぎて先に進めないのです。
 でも、わずかでも何かをしないと何も進まないので、サンドブラストを使用したパーツ清掃をテストしてみることにしました。
 テストは、サーモスタットコネクタとラジエターコンダクターブラケットというパーツです。
 処理前の状態はこんな感じ。

P1080911

 下処理は、アルミナを使用しました。いきなりガラスビーズでは、切削力がなさすぎて、きれいにできないからです。

P1080912

 アルミの錆びた部分まできれいになるわけではありませんが、見違えるほどにはきれいにできました。
 もっと粗いアルミナを使用すれば、錆びた痕もきれいに消せるかもしれませんが、そこまでやる根性は、ボクにはありません(^^;;
 そして、ガラスビーズでフィニッシュ!

P1080913

 画像からではわかりづらいかもしれませんが、アルミナよりも表面が輝いています。
 ガラスビーズは、防錆の効果も期待できるそうです。
 なかなかいい感じです。
 アルミの小さな部品は、アルミナ→ガラスビーズのサンドブラストで処理できそうですね。

 まだ消耗品を発注していないので、組みませんが、サーモスタットレスリングは用意済み。

P1080914

 キャブはウェットブラストで仕上げたいところですが、自分じゃウエットブラストなんてできませんから、表面だけサンドブラストしてみようかな?
 2号機はFCR仕様にしてしまえば、キャブを用意する必要はないんですけど・・・どっちにしようか悩んでしまいます。

 
 

| | Comments (2)

ビード加工器を自作してみる・・・失敗

 パイプの抜け防止のための返しをビードというそうです。
 そのビード加工するための工具を自作してみることにしました。
 実は構想1年以上のアイディアです。
 用意したのは、バイク用のビードブレイカー。
 タイヤのビードとパイプのビード、奇しくもビードで一致しました。

 P1080906

 これがビードブレイカー本来の姿です。

P1080907

 これをどうするかというと、タイヤのビードを落とす部分のパーツを加工します。

P1080908

 そして、こんな風に加工を加えます。

P1080910

 さらにアップ!

P1080909

 これでほぼ完成です。
 あとは、台座を工夫すればOKのはず・・・はず・・・はず・・・。

 脳内妄想ではきれいなビード加工ができるはずでしたが、結果は失敗でした。
 なにがダメかというと、力が入れられないため、パイプにビードのビの字程度の加工をすることすらできませんでした。
 ボクの黒歴史化、決定!みたいな。

 着想はよかったはずなのに・・・。

 失敗したネタので、ササッっと簡単に紹介しました。
 
 残念無念また来週~(T_T)


 
 

| | Comments (4)

ポチの穴あき知恵袋 ~ キムコ・スーパー9Sのアイドリング

 訊かれたことには答えませんが、訊かれていないことには知ったかぶりで適当に答える、それが「ポチの穴あき知恵袋」です(^^;;
 信じる、信じないは自己責任でお願います。

 さて今日のお題は「キムコ・スーパー9sの、アイドリング中にエンジンが止まる症状について」です。

 キャブレターの不調など、いろんな原因が考えられると思いますが、単純なところでは、そもそもアイドリングの回転数が適正かどうか、ということです。
 アイドリングの回転数が低すぎると、それだけでアイドリング中にエンジンが止まる原因になってしまうと思います。
 スーパー9Sのアイドリング回転数は、2000rpm±100rpmです。
 どこかの知恵袋に、2000rpmでは高い、と書かれてありますが、サービスマニュアルには「2000rpm±100rpm」と記載されています。コレ、本当。
 実際、ボク自身、アイドリングを1500前後にしていたときは、よくエンストしてました(^^;;
 もしかすると、年式によってアイドリング回転数に違いがあるかもしれませんが、それはそれ、穴のあいている知恵袋ではそんなこと考慮しないのです(^^;;

 それでは!

 

| | Comments (0)

April 01, 2011

ポチの穴あき知恵袋 ~ CBR250RRブレーキホース

 訊かれたことには答えませんが、訊かれていないことには知ったかぶりで適当に答える、それが「ポチの穴あき知恵袋」です(^^;;
 信じる、信じないは自己責任でお願います。

 さて今日のお題は「CBR250RRのブレーキホースのボルトの規定トルクはいくつか?」です。

 ブレーキホース取付ボルトの規定トルクは、2.5~3.5kg-mで、共締めボルトは、3.0~4.0kg-mのはずです。

 それでは!


 

| | Comments (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »