« MR-S デジタル電圧計 取付 | Main | GSX250S その名は「COBRA」 »

May 15, 2011

GSX-R250R/SP KOSO製Mini LCD AIR/FUEL RATIOメーター(空燃比計)取付 その1

 いい天気ですね!
 走りに行けばよかったと思ういい天気です。
 いま走るとしたら、ミニバイクしかありません。でも、ミニバイクはレジャー走行って雰囲気がないんですよね。
 カミソリのように神経質なハンドリングなので、楽しむ前に神経がすり減りそうです。みんなでマッタリ走っているコースがあればいいのですけど、そんなコースありませんしね。

 昨日、GSX-R250R/SPのサイレンサーにバッフルを付けてみました。
 やはりというか当然というか、インナーサイレンサーよりも高い消音性能が確認できました。
 が、排気音が「ブビブビ」いうんですよね。
 通りすがりの人に、「おたくのバイク、便秘ですか?」って言われたほどです(超脚色(^^;;)。
 いい音でもっと静かにできれば、トミンでまったりってこともできるんですけどね。
 へ?NSR250R/SE?
 今はお休みです(^^;;

 つーことで、負け犬はガレージでバイク整備です。
 「来週のボクはガスの濃い薄いが絶対にわかるようになっています」、と先日のネタで言い切っていますが、それもそのはず、空燃比計を導入するからです(^^;;

 ありがとう台湾!ってことで、KIMCOの原付に乗り、KOSOのLDCメーターRX2Nを使用する親台湾派のボクは、当然空燃比計にもKOSO社のA/Fメーターを選びました。

P1090198

 どこぞのksショップではKOSOなんてまともに動かないって言い切っていましたけど、ビモータの「テージ3D」の純正メーターはKOSOのRX2Nまんまですし、タケガワのLCDメーターもKOSOのOEMなわけですから、悪いメーカーではないと思います(そのksショップは、スタックだけがメーターって視野が狭く技術のないショップなだけなんですけど)。

 天気がいいので、汗をかきながら作業することにしました。

P1090199

 この気温でも、いまだに防寒ツナギを着て、文字通り汗をかきながら作業しています。
 防寒ツナギがサウナスーツ代わりです(^^;;

 GSX-R250R/SPの良いところは、アンダーカウルと外さずにアッパーカウルが外せるところです。
 マジ助かります。

P1090201

 メーターの配線は、+と-、そしてオキシジェンセンサー用のコネクターだけです。
 その+と-は、LCDのバックライト用で、文字表示は内蔵のボタン電池でできるので、簡単に済ませようと思えば配線をする必要はありませんが、それほど面倒ではないので、きっちりやっておきました。
 やべぇ。ちょうかっこえぇ!

P1090210

 1989年式とは思えないこのメカメカしぃメーターパネル周辺。

P1090207

 すばらしぃ~。
 ハンドルストッパーでハンドルの切れ角を制限してあるので、ギリギリメーターにも干渉しません。

P1090205

 メーター本体の取付後は、マフラーのエキゾーズトパイプに、オキシジェンセンサー取り付け用のボスを取付します。

P1090214

 この作業は午後からの予定~。


 
【5/31まで送料無料】汎用コンパクトLCD A/Fメーター (空燃比計)

【5/31まで送料無料】汎用コンパクトLCD A/Fメーター (空燃比計)


SP武川 SPタケガワ/コンパクトLCD・A/Fメーター(外部電源バックライト有りタイプ)

SP武川 SPタケガワ/コンパクトLCD・A/Fメーター(外部電源バックライト有りタイプ) 汎用

 
 

|

Comments

OEMの武川使ってますがそんな悪くないと思いますが、ショップによってはそれぞれなんですねーー;

Posted by: ねこ | May 15, 2011 07:47 PM

どもども(^^)

☆ねこさん>
そもそも技術力も探求心もないところにきて、スタックを売りつける方が儲けが多いからではないかと邪推しております(^^;;
すべてのショップがってわけじゃなくて、そういうショップがあった、って話しなんですけど、そのショップの店員のタカビーな態度に腹が立ってて、ずっと根に持ってます(^^;;

Posted by: のり | May 15, 2011 07:54 PM

Post a comment