« April 2011 | Main | June 2011 »

May 29, 2011

GSX-R250R/SP 新車載カメラ SONY bloggie MHS-PM5導入

 新しい車載ビデオカメラを導入することにしました。
 あまり動画を公開していませんが、実はボクが車載ビデオカメラを本格導入したのは1990年代半ばと意外に古いのです。
 興味を持って、やろうと思うとすぐ行動に移すわけですが、その分飽きるのも早くて、動画をあまり公開してこなかった理由はそんなところにあります。
 初代の車載ビデオカメラは、ソニーの「まめカム」でした。
 芸能人がバンジージャンプするときにヘルメットに付いているあのカメラです。
 当然、ボクが持っていた(いまでもありますが(^^;;)まめカムは、現在のHD仕様の前のまめカムです。
 放送に使われることからもわかるように、当時としてはなかなかきれいな映像でした。がしかし、カメラは小型なのに、レコーダー部分を別途用意しなくてはならなず、ボクはヘルメットにまめカムを付け、ウエストバッグにこれまたSONYのDCR-PC100というDVビデオカメラを入れて、動画を撮っていましたが、転倒時にビデオカメラで腰を砕くんじゃないかと怖くて、あまり使わなかった理由はそんなところにもあります。
 あ、これが当時まめカムで撮った動画です。

 時代が流れ、MPEG4なんかが登場し、まめカムの次に導入したのが、パナソニックのDーSnap「SV-AV35」でした。

 P1090306

P1090307

 このビデオカメラは、モデル末期にネット通販で新品が9800円という格安で叩き売られていたので、購入したものです。
 ここ数年にボクが公開している車載の動画は、すべてこのD-snapで撮ったものになります(※車載以外は別のカメラです)。
 まめカムよりも画質が悪いので、雰囲気が伝わればいい程度に使用してきましたが、ここ最近で考えが変わった理由が、GIproの導入です。
 なぜかわかりませんが、このGIproの動作映像が撮りたくて仕方がないのですが、D-snapの画質では無理なことがわかりました。
 いままでも何度かHD化を検討しなくもありませんでしたが、それほど強い動機付けもなく、購入するには到りませんでした。
 んが、今回は非常に大きな動機付けを得ることになったので、新車載ビデオカメラの導入を決意しました。

 車載カメラの選定と購入に先立ち、大いに参考にさせていただいたサイトは、コチラです(^^;;
 そう、かつては海老名のビーチサイドGP、いんばらきのトミンモーターランドで、最近では富士スピードウェイショートコースでタイムを競い(一部脚色あり(^^;;)、また、ここ1年以上は毎週末ツマダボウルでボウリングの勝負をしているYKTさんの車載カメラを参考にしました。
 まぁ参考つーか、丸ごとパクるんですけど(^^;;
 でもまるっきり同じじゃぁYKTさんに申し訳なく思ったので、ビデオカメラはソニーの「ブロギーMHS-PM5」にしました。

P1090289

 やっぱりポイントは、回転するカメラ部分ですよね~。

P1090290

P1090302

 え?
 YKTさんのカメラと同じじゃないかって?
 いやいや、違います。色だけの違いじゃありません。
 ボクのが「MHS-PM5」。
 YKTさんのが「MHS-PM5K」。
 ちょっと似ていて大きな違い・・・はなくて、小さな違いです(^^;;
 PM5が海外モデル、PM5Kが日本国内モデルだったりします。基本的な性能は同じ。日本モデルには「360ビデオレンズ」が同梱されているという違いくらいです。
 ボクは、ありがとうアメリカ!ってことで、アメリカから購入しました。
 円高万歳!(^^;;ぉぃ

 さて、話しが長くなりましたが、昨日作ったステーは、このソニー・ブロギー用のステーだったりします。
 その前に作ったステーは、いわば汎用。ブロギーでもD-snapでも使用可能ですが、別途ブロギー専用ステーを用意した次第です。
 昨日の状態から、クッションシールを貼りつけて、こんなんできました~。

P1090297

 カメラ本体とステーを並べるとこんな感じ。

P1090303

 あ、ステー、ステーというてますけど、台座ですね(^^;;ま、気にしないでください。
 この二つをドッキングさせて使用します。

P1090304

 このステーの売りは、転倒してもカメラが飛んでいかない強固なマウント方法にあります。
 まず、上記画像の通り、カメラを回転させた際に生じる隙間を利用し、本体を前後から保持しています。また、左右への移動も制限しています。
 そして、カメラ(横にした状態で)後部の三脚用ねじ穴を利用することによって、前後左右への動きが全くなくなり、(多分(^^;;)完璧に固定することが可能となるのです。

P1090293

 三脚用ねじ穴を利用しボルト固定。

P1090305

 ボルトは、1/4インチネジを適当な長さに切って使いました。

P1090301

 これでどぉだぁ!ってなもんですよ。
 あとは、YKTさんが紹介している広角ワイドレンズを買ってくれば準備完了!

 早く梅雨が開けることを切に願ってやみません。


ソニー【☆bloggie】モバイルHDスナップカメラ MHS-PM5K-W(ホワイト)【MHSPM5K】

ソニー【☆bloggie】モバイルHDスナップカメラ MHS-PM5K-W(ホワイト)【MHSPM5K】

HDカメラ Webbie MHS-PM1(シルバー)海外モデル

HDカメラ Webbie MHS-PM1(シルバー)海外モデル

 
 

| | Comments (2)

May 28, 2011

GSX-R250R/SP ステー製作~失敗

 ボウリングに行くまでにまだ時間があったので、先ほどのステー製作を続行しました。

 3つのパーツをリベットで固定し、一つのパーツにします。
 完成したのがこれ。

P1090291

 失敗しました(T_T)
 穴開け位置がわずかにずれてしまいました(T_T)
 こういうときに、ボール盤があれば!っていつも思います。
 そして、リベットを打つ際も、リベッターの大きさを考慮しない位置に穴を開けてしまったため、これまた位置ズレが・・・(T_T)
 やっぱりボクのやることなんてこんなもんなんですよね(T_T)
 でも、失敗は失敗ですが、作り直すほどの失敗ではなく、ちょっと見た目が悪いだけなので、我慢することにしました。

 そろそろ何に使うステーか、分かった人もいるかもしれませんね。
 このステーは失敗作なので、色を塗らずにこのままの状態で使用しようと思います。
 壊れたら、作り直します。


 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP ステー製作

 雨でやりたいことができません。
 そうだ!風呂に入って寝よう!・・・と思ったのですが、眠たいのに眠れません(T_T)
 そんなわけで、仕方がなくステーの製作をすることにしました。
 アルミを切ったり削ったりするので、土禁ガレージの中ではできません。ガレージには他に雨をしのげる場所がないので、大家さんちの軒下を勝手に借りました。
 アルミ屑、バレたら怒られそうだなぁ。
 箒で掃こうにも、濡れていてうまく掃けいないし・・・。よし!バレませんように!(^^;;

 先日、オンボードビデオカメラ用のステーを作ったり、電圧計用のステーを作ったりしたばかりなので、製作時間は短縮しつつ、精度も高まってます。
 で、ここまで出来上がりました。

P1090287

 この3つの部品を合体させて、あるステーになります。
 が、ここから先は精度が求められます。
 失敗するかも?

 がんばります!
 あ、成功したらなんのステーか紹介します!

 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP KOSO製デジタル ボルトメーター(電圧計)取付

 雨です(T_T)
 作業の予約を頂いていましたが、不本意ながら中止にさせていただきました。
 屋根、なんとかしなきゃですね。

 さて、時間が空いたので、ガレージ内でも出来る簡単な作業を行うことにしました。
 ありがとう台湾!の第2弾として、KOSOのデジタル電圧計をGSX-R250R/SPに取付します。

P1090276

 書きませんでしたが、実は先日の富士ショートコース走行の際、LAP SHOTが煙を噴きました(^^;;
 暖機運転の時は全然平気だったのですが、コースインしようとGSX-R250R/SPを走らせたところ、DCプラグとUSBコネクタの穴からモクモクと煙が・・・(T_T)
 しばらくすると、煙はでなくなり、動作も正常なので、何がなんだかよくわかりませんが、ボクのGSX-R250R/SPはバッテリーレス仕様ににしてあることから、怪しい電圧が掛かってしまったのではないかと不安になってしまいました。
 そこで、電圧を監視するために、電圧計を取付しようというものです。

 これが現在のメーター周り。

P1090277

 ・・・ステーの錆がみっともないですね(T_T)
 それはさておき、メーターの右側スペースが空いているので、そこに電圧計を取付します。
 先日、オンボードビデオカメラ用のステーを作ったときに、おまけとして作ったパーツは、実は電圧計取付のためのパーツなのでした。
 こんな風に取付しました。

P1090279

 ちょっと分かりづらいと思いますけど、裏から見るとこんな感じ。

P1090280

 アルミのカラーで底上げして、先ほどのパーツを皿ボルトで固定しています。
 そこにメーターを取付して、配線を行えば、作業終了です。
 出来た!

P1090283

 オープニングセレモニーはこんな感じです。

 ちょっと残念なのが、A/FメーターとLAP SHOTです。
 メイン電源ONでも、スイッチが連動していないので、それぞれスイッチを入れないといけないんですよね。
 あ、A/Fメーターは、バックライトが点くだけで、メーターのスイッチは別なんです。
 まぁ、仕方ありませんが。

 メーター周り、うるさくなりすぎでしょうかね?
 どうでしょうね。

KOSO製デジタル電圧計

KOSO製デジタル電圧計


POSH ポッシュ/ミニ電圧計(ブルー) 8-16V

POSH ポッシュ/ミニ電圧計(ブルー) 8-16V


 
 

| | Comments (0)

May 27, 2011

ポチガレージ 今週末の予約状況中~

 ポチガレージの今週末の予約状況です。
 明日のご予約は、おむすびさんのXJR1200で、ブレーキホースとパッド交換。そして、おむすびさんのお連れさんのCBR250RRのフロントフォークのオーバーホールです。
 我がポチガレージは青空整備が基本なので、雨天の場合は、作業中止となります。すみません。
 晴れの場合は、お肉、お野菜を持ってきて頂ければ、BBQもOKですが、当然アルコールは禁止、ついでにたばこも禁止とさせてもらってます。
 また、土曜日の場合は、ボクが夕方からのボウリング大会(^^;;ぉぃ参加のために、あまりのんびりできません。
 BBQなどのんびり過ごされたい方は、日曜日にご予約下さい。

 ・・・あ、お肉は和牛のみとさせて頂きます(^^;;ぉぃ

 
 

| | Comments (0)

May 22, 2011

MR-S 電圧計 ちょこっと見直し

 先日取り付けしたMR-Sの電圧計は、ボクのちょうお気に入りです。
 取付位置などその発想がすばらしい!と、自画自賛(^^;;

 ただ、見えづらいのが欠点です。

 P1090256

 取付自体もちょっと雑なので、そう遠くないうちに改めて作業し直すつもりでいますけど、今日は視認性を改善することにしました。
 どうするか、それは簡単です。
 電圧計の上に庇(ひさし)を付ける、これです。
 どうせなら、見栄えの悪くない、それらしいものをと思い、ホームセンターに物色しにいったのですが、残念ながらビビッとくるものを見つけ出すことが出来ませんでした。
 そこで、これ!ってものが見つかるまでの暫定仕様として、あまりもののゴムテープを使用することにしました。

P1090255

 これではでかすぎるので、カットして使います。

P1090258

 かっちょわるぅ~(T_T)
 でも、視認性は改善!!
 成功です!

 電圧計は見ていると面白いですね。
 もう10回くらいも上げてしまったことのあるバッテリーなので、キーONで12V程度。ここでエンジンを掛けないと、11V台になりますが、11.5V以上あれば普通にセルは回るようです。
 アイドリング回転数では12V程度ですが、900rpm以上で14Vを越えます。でも、ヘッドライトと点灯させると1V低下、みたいな。
 多分このバッテリーは今年の冬に死ぬと思いますけど、それまでがんばってもらおうと思います(^^;;

ミューインターフェース 電圧計 ボルトメーター 赤 UDP-DCM-RD

ミューインターフェース 電圧計 ボルトメーター 赤 UDP-DCM-RD

audio-technica オーディオテクニカ AT-DMX5 BL(ブルー) デジタル電圧計/温度計

audio-technica オーディオテクニカ AT-DMX5 BL(ブルー) デジタル電圧計/温度計

 
 

| | Comments (2)

MR-S C-ONE製リアスポーツタワーバー・タイプR取付

 以前から欲しかったC-ONE製リアスポーツタワーバー・タイプRを某オークションで見つけました。
 滅多に出てこないものだと思います。程度も非常に良さそうです。
 C-ONEは倒産して新品が手に入れられないので、このチャンスを逃すわけにはいきません。
 ってことで、ポチッとゲット!
 自動延長のないオークションだったので、ラスト10秒に勝負を賭け、1円差で落札しました!
 ラッキー(^^)・・・かどうかはわかりません。どうしても欲しかったので、相場価格以上突っこみました(T_T)

P1090260

 なぜこのリアタワーバーが欲しかったかというと、先日取り付けたC-ONE製エンジントルクダンパーに訳があります。
 本来、このエンジントルクダンパーはC-ONE製タワーバーのタイプRにしか適合しない商品です。
 幸い、ボクは、純正タワーバーや他メーカーのタワーバーでもエンジントルクダンパーを使用できるブラケットを製作している白いモモンガさんから、そのブラケットを譲って貰い、純正タワーバー状態でも無事取付出来ましたけど、それでも欲しくて欲しくてしかたがなかった商品なのでした。
 C-ONEのOEM元って噂のレイルのタワーバーがもしかしたら使えるかも?って考えていたのですけど、どうなんでしょうね?
 メーカーに確認する前にC-ONE製を見つけたので、飛びついてしまいました。

P1090261

 あ、スポーツタワーでもタイプRじゃなきゃダメみたいです。タイプSじゃダメなんです。

 タワーバーの右のブラケットを、エンジントルクダンパー付属のブラケットに取り替えます。

P1090262

 あとは、純正タワーバーを外して、C-ONE製スポーツタワーバーに交換して作業終了です。

 交換前。

P1090259

 交換後。

P1090264

 かっこえぇ~(^^)
 でも、エアクリの掃除をするのに、いちいちタワーバーを外さなきゃならなさそうな気がします。
 ま、かっこよさ優先ですね。

 MR-Sをターボ化すると、このタワーバーは使用できなくなるって話しなので、白いモモンガさんに製作して頂いたブラケットは、ターボ化の際にまた出番がやってくると思います!

 あとは、バランスを考えて、フロントのタワーバーを付けなきゃですね~。

★即決★レイルLAILE フロントタワーバー MR-S ZZW30

★即決★レイルLAILE フロントタワーバー MR-S ZZW30

★即決★レイルLAILE リヤタワーバー MR-S ZZW30

★即決★レイルLAILE リヤタワーバー MR-S ZZW30

LAILE(レイル)Beatrush アンダーパネル トヨタ MR-S ZZW30(Front)用

LAILE(レイル)Beatrush アンダーパネル トヨタ MR-S ZZW30(Front)用

LAILE(レイル)Beatrush アンダーパネル トヨタ MR-S ZZW30(Rear)用

LAILE(レイル)Beatrush アンダーパネル トヨタ MR-S ZZW30(Rear)用


 
 

 
 

| | Comments (2)

GSX-R250R/SP FCRセッティング再開

 GSX-R250R/SPのFCRセッティングをはじめました。
 知識は、ネットで拾った情報と、「キャブレターノート1」が主な仕入れ先ですが、どの情報も自分の中では未消化だったりします。

P1090266

 そんな自分に4気筒のFCRセッティングなんて無謀としか思えませんが、ネタの為にがんばります!
 ・・・といいつつ、真っ先に決めたことは、パイロットスクリュー(PS)1回転戻しで固定するということです。
 それでいいって話しもありますから、いじる場所をすくなくしたいボクとしては、その情報に飛びつきました(^^;;

 スロージェットはいままでの番手で、エアスクリュー(AS)で調整します。
 アイドリングが一番高くなるところがいいということですが、これがなかなか難しい問題です。
 アイドリングがずっと同じ回転数でキープされることなんてありませんし、4気筒すべてを同時に調整することができないので、ASをいじった効果がわかりづらく思えるからです。1回転の違いはわかっても、1/4回転の違いは、ボクにはわかりません。
 しか~し、それはいままでのボクであって、これからのボクにはA/Fメーターがあります!
 まず、アイドリングでの空燃比をノーマルキャブ同様に・・・同様に・・・。

 ・・・。できません(T_T)

 FCRのアイドリング時の空燃比が、ノーマルキャブの空燃比より濃く表示されているので、ASを薄くしていこうとしたとこと、明らかに吹けが悪くなるのです。
 何度かASを濃くしたり薄くしたりして試しましたが、同じ結果になるので、間違いではなさそうです。
 ノーマルキャブの空燃比を基にするというボクの計画が、早くも破綻しました(T_T)ガーン

 結局、いままでのセッティングと同じか、+1/2回転戻し程度に落ち着くようです。
 ASをいじる場合は、ファンネルを付けない状態ですから、当然ラムエアも付けていません。
 ラムエアでガスが濃くなることを見こして、2回転戻しでラムエアを付けてみると、調子が悪かったので、1回転半戻しでよしとしました。

P1090269

 ついで、スロットルにタイラップを巻き、それを目印に、スロットルホルダーにバルブ開度を4段階で目印を付けて、ジェットニードル(JN)のセッティングに入ろうとしたのですが、スロットルを1/4開くだけで10000rpmとか回っちゃうんですね。
 排気音がうるさすぎて、ガレージでの作業はこれ以上できそうになく、本日はここまで(T_T)
 A/Fメーターがどこまで信頼できるのか、ちょっと混乱してきましたが、JNのストレート径はもしかすると濃すぎかもしれないって数値でした。というか「R」表示。
 今一度、自分の持っているJNを整理して、次の段階を目指したいと思います!


RAMAIR ラムエア MSシリーズ(ソックスタイプ) webike10336

RAMAIR ラムエア MSシリーズ(ソックスタイプ) webike10336


RAMAIR ラムエア/MSシリーズ(ソックスタイプ)

RAMAIR ラムエア/MSシリーズ(ソックスタイプ)


 
 

| | Comments (4)

GSX-R250R/SP オンボードビデオ用ステー製作し直し

 金曜日の走行動画を観て頂けるとおわかりの通り、先日作ったオンボードビデオカメラ用のステーは大失敗に終わりました。
 テーマソングを流すとすると、「ぷるん、ぷるん、ぷるんぷるんぷるん、ときめいちゃうよ ぷるん」って感じでしずくちゃん風でしょうか?(^^;;ぉぃ
 いや、ちっともときめかなかったので、「そ~れはゆ~たかに、ゆれてい~たからぁ~、待ちすぎたぁと、心がふさぎ~」って感じの方がいいでしょうか?(^^;;ぉぃぉぃ
 とにかく震動で揺れてダメダメでした(T_T)
 あれから約半月、さらに進化したポチガレージの金属加工技術のすべてをつぎ込み、ステーを作り直すことにしました。
 用意したのは、ホームセンターで売っているステーです。

P1090247

 画面左側が、失敗作のステーです。
 剛性不足でプルプル揺れるので、市販ステーで剛性アップを狙います。
 カメラを載せる台は、2mm厚のアルミ板を適当なサイズに切り出しました。

P1090248

 この板に、ボルト固定用の穴を開けようと、アストロプロダクツのオートポンチを使おうと思ったら、なんとオートポンチが壊れてしまいました(T_T)

P1090250

 ksg!!
 オートポンチというよりも、イカレポンチですよ、まったくもぉ(^^;;
 気を取り直して、アルミ板にポンチで印を付けてから、ドリル刃がずれないようにして、6φの穴を開け、さらに、皿ボルト用のザグリ加工を施し、適当に黒くスプレーで塗ったものがこれ。

P1090251

 あまりに適当にやりすぎて、ザグリは失敗するは塗装は垂れるは、って感じですが、隠れるパーツなので、気にせず速度を優先しました。
 このアルミ板を、先ほどのステーと組み合わせて、ステーVer.3の出来上がりです。
 取付方法は、前回のステーと同様、タンクのフロントブラケットに共締めします。

P1090252

 出来上がると、なかなかいい感じに思えます。
 いまのところプルプルもしません。

P1090253

 もちろん、タンクとも干渉しません。

 完成!
 次回の走行予定は未定ですが、今度こそGIpro-Xの動作動画を撮りたいと思います!

 おまけとして、もう一つアルミ板を切りだして、同じ行程でパーツを作っておきました。

P1090263

 特に気を遣ったわけではありませんが、今日2つ目の製作なので、1つ目よりもきれいに仕上がりました(^^)
 このパーツの使用方法は、後日別にお届けします!


 
 

| | Comments (0)

May 21, 2011

GSX-R250R/SP キャブいじり

 朝から出かける用事があったのですが、ちょっと予定が変更になったので、GSX-R250R/SPをいじりました。
 仕舞っていたFCRを出して、現状のセッティングを確認です。

P1090237

 ボクは結構マメにメモを取っているのですが、整理をしていないので、メモしたことを有効に活かせないんですよね。
 まぁ、整理しようにも、書いて5分経つと、書いた本人ですら解読が困難になる暗号文字を使っていることも原因なのですけど(^^;;
 今日は、1週間後でも解読できるように心がけてメモしました。

P1090238

 FCRを引っ張り出していじっていると、今すぐにでもFCRを付けた病が発病してしまいました(^^;;

 よし、付けましょう!・・・でもそのまえに、ファンネル・ラムエアだっちゃ仕様でいこうか、エアクリBOX仕様でいこうか、それとも、加工エアクリ仕様でいこうか、少し悩みました。
 かつて一度も試したことがないのが加工エアクリ仕様です。ボクの妄想では、もしかするとファンネル+ラムエアだっちゃ仕様よりもパワーが出せるかもしれないと思われることから、一番試してみたい仕様ではあったのですが、エアクリBOXの加工の手間が面倒くさいので(^^;;、結局ファンネル+ラムエアだっちゃ仕様でいくことにしました。
 でもその前に、純正キャブを外さなくては!

P1090240

 キャブを外すついでに、クランクケース内圧コントロールバルブをお掃除しておきました。
 これでも一応特注品です(^^;;

P1090241

 外した純正キャブの現時点の仕様も、確認しておきました。

P1090242

P1090243

 昨日の走行で燃調が濃いことはわかっているので、MJの番手を1ランク絞っておくことにしました。
 適当なMJが見つからなかったので、部品取りキャブレターより調達してみたりして。

P1090244

 久々に純正キャブからFCRに換装です。
 キャブだけではなく、スロットルも交換します。

P1090245

 FCRは戻しワイヤーが必要になります。
 250ccだとスライドバルブが貼り付かないように思っていましたけど、普通に貼り付いてしまうので、戻しワイヤーは必須です。
 スライドバルブに、表面コートの剥げ発見(T_T)

P1090239

 ほとんど使用していないキャブなのに、こんなもんなんでしょうか?

 スロットルとFCRを車体に付けました。

P1090246

 久しぶりにFCR仕様になりました。
 早速アイドリングからセッティングだ!・・・と思ったのですが、急遽予定が入ったので、今日はここまで!


 NAG クランクケース内圧コントローラー 12φ ストリート

NAG クランクケース内圧コントローラー 12φ ストリート

アエラ:AELLA クランクケース内圧コントロールバルブ Φ12 (ストリート汎用) webike13081

アエラ:AELLA クランクケース内圧コントロールバルブ Φ12 (ストリート汎用) webike13081


AELLA アエラ/クランクケース内圧コントロールバルブ Φ12 (ストリート汎用)

AELLA アエラ/クランクケース内圧コントロールバルブ Φ12 (ストリート汎用)


NAG racing service  /クランクケース内圧コントローラー

NAG racing service /クランクケース内圧コントローラー XJR1200

 
 

 
 

| | Comments (0)

May 20, 2011

GSX-R250R/SP 富士ショートコース走行 今年4回目

 行って来ました、富士スピードウェイ、ショートコース。
 午前3時に目が覚めてしまい、再び寝ようにも眠れそうもないので、お風呂の中でおふらんすのmoto2決勝を見てから、少し早めに出かけました。
 東ゲートには、オープン前に着きました。
 だ、誰もいない・・・。
 ゲートオープンまで、寝ることも考えましたが、時間になって後からクラクションを鳴らされて起きることになってもイヤなので、GSX-R250R/SPのチェーンに給油したりして過ごしてみたりして(^^;;

 P1090231

 結局後続車なんて現れず、ボク一人だけでしたけど(^^;;
 こ、これが平日の威力なのか!?

P1090232

 くっやっしいけれど、おっまえに夢中ぅ、がらんど~がらんど~、って感じ?

 さぁ油断せずに行こう!ってことで、サクサク準備をして、8時からウォーマーを炊きました。
 自分用メモとして書くと、オイル新品(シェブロン10W-40+エステルンR)、A/F計とオンボードビデオ用ステー追加した仕様です。
 ウチのガレージでは爆音すぎてエンジンをブンブン吹かすことがなかなかできないので、暖機運転を兼ねて、A/Fメーターの調子を見てみました。

 え?

 アクセルを開けると「A」という表示になります。
 なんなんでしょう、これは。まさかA/Fメーターに理解できない表示があるとは思わなかったので、取説は持ってきていません。「L」だとリーンの翼、「R」だとリッチーブラックモア、「A」は??なに?
 ちなみに「b」がバッテリー警告です。
 ネットにアクセスして調べまくっても「A」に該当する表示が何かを見つけだすことができません。
 慌てること20分、自己解決しました。
 「A」じゃなくて「R」だったんです(^^;;ま、まぎらわしぃ!!

 8時半になったので、走行30分前だからチケットが買える時間だと思ってコントロールタワーに行くと、今日の2輪枠は10時からの走行でした(T_T)なんてこったい
 無駄にタイヤを暖めてしまいましたよ。

 走りの話しをすると、10時からの走行枠を軽く走って、今日はもうやめようと思ったのですけど、なんだか自分に負けた気がするので、11時からの枠も軽く走りました。
 乗っていてもあまり楽しく感じませんでした。
 その理由を自分なりに考えてみたのですが、上半身で乗っていて、下半身でマシンをホールドしていないからじゃないか思い当たりました。数周で腕がパンパンになってしまいますし、コーナーリング中も、マシンをこじるような、セルフステアって奴がまるで感じられない走りになっているようです。なので、バンク角も浅く、曲がっていかないし、アクセルを開けられなければブレーキも強く掛けられない、みたいな。
 どうやれば下半身で乗れるのか、いろいろ試そうと思いましたが、結局分からず仕舞い。
 ミニバイクで練習すれば・・・いかんいかん。ミニバイクじゃレジャー走行になりません(^^;;

P1090233

 A/Fメーターは、微妙な感じです。
 数値そのものは、信頼してもよさそうな気がします。
 しかし、数値として表示できる範囲が、12.2から16.7までです。
 これってどうなんでしょう?
 今の仕様では、アクセル全開ですぐに「R」表示です。
 これでは、データが取れません(T_T)
 FCRのセッティングに入る前に、純正キャブのセッティングからやらなきゃならないのでしょうか?
 数値を信頼するなら濃すぎ。信頼しなければ、このメーターがウン濃過ぎ。
 むぅ~。また悩みを抱えてしまいましたよ~。

 オンボードカメラ用のステーは、プルプルすぎてダメダメでした。

 今日は天気がよくて、ちょうバイク日和でしたけど、ボクはちょっと消化不良気味で終わりました。

 
 

| | Comments (3)

May 18, 2011

金曜日は富士ショート!

 富士スピードウェイ・ショートコースの5月のカレンダーには、週末の走行枠がありません。
 ってことは、走るなら平日に行くしかないわけで、20日金曜日は会社をサボって富士ショートに行って来ようと思います!
 マシンはもちろんGSX-R250R/SP!
 目的は、空燃比のデータ取りです。
 ちょっと生意気なことを言うと、まだまだ遅いのであと数回走れば、ベストタイムを1秒程度縮めることができそうな感触ですが、それではレジャー走行にならないので、タイムは現状レベルで、データ取りに専念しようと思います。
 ノーマルキャブでのデータが取れれば、FCRで同じ空燃比を狙う方向でセッティングすれば、FCRでそこそこ走れるようになるのでは、という目論見です。
 不安要素は、アクセル開度をどう把握するかということでしょうか?
 A/Fメーターは小型カメラで録画することでデータを収集しますが、アクセルはどうしたものでしょう?
 カメラを2台搭載して、それぞれA/Fメーターとスロットルを録画する・・・なんてことはさすがにやる気がしません。 メーター周りがごちゃごちゃしますし、ちょっとバカっぽいし。まぁバカなんですけど(^^;;
 だからといって、自分でスロットル操作を記憶しようにも、いつも適当に走っているだけなので記憶できないし・・・。
 まぁやるだけやってみます。

 
 

| | Comments (4)

May 15, 2011

GSX-R250R/SP KOSO製Mini LCD A/Fメーター(空燃比計)取付 その2

 さて、A/Fメーターの本体取付と配線は終えたので、オキシジェンセンサー用ボスの取付です。
 説明書を見ると、エキゾーストパイプのエンジン側から20cm付近に取付するように指示がありますので、慎重に場所を選んだ結果、3番のエキパイに決めました。
 マフラーのテールパイプを外し、3番のエキパイを外します。

 P1090221

 当然、オキシジェンセンサー用のボスは、商品に付属しています。
 コストの関係でしょうか、SUS304ではなく、SUS303でした。
 エキパイにセンサーボスを取付するには、18φの穴を開け、溶接する必要があります。
 エキパイもSUS304なので、SUS303ではあるいは脱落の可能性がなくはありませんが、この際気にしないことにします。

P1090220

 センサーボスを取付した3番のエキパイはこんな感じです。

P1090223

 さらにアップ。

P1090222

 そこにオキシジェンセンサーを取付します。

P1090226

 さらにアップ。

P1090224

 センサー配線の取り回しは、あとで干渉しないように見直ししました。

 で、動作確認!

P1090227

 問題なし!
 画像では、かなりリーンな数値が出ていますけど、エンジンを掛けたばかりでセンサーに熱が入っていないためです。
 このA/F計の数値がどこまで正確かわかりませんが、濃い、薄いの判断が行えるので、十分目安にはできそうです。
 FCRセッティングが楽しみになってきました!

 それにしても、ずいぶんうるさくなってしまった配線関係(^^;;

P1090225

 もっと短くすっきりさせることもできるのですけど、配線を短くすると、何かのときに後悔しそうな気がして、ためらってしまうんですよね。そんな機会、たぶん一生こないとわかっているんですけど(^^;;
 むぅ~。来年冬のメニューかなぁ~。

 アッパーカウルを外したついでに、傷ついたボルトを、

P1090200

 交換しておきました。

P1090228

 青いボルトから赤くしたことで、統一感が出た感じです(^^)

 ってことで、A/Fメーター導入、成功!!


 
 

| | Comments (8)

GSX250S その名は「COBRA」

 COBRA乗りのCOBRAさんからコメントを頂き、ちょっと懐かしくなって昔の画像をひっぱり出してきました。

P1090020

 この画像は、アプリリアRS250が復活した途端焼き付いたけど、NSR250R/SPペンタックスを購入していたためもう乗らなくなってしばらく放置したCOBRAをスポーツランドやまなしで走らせようと久々に復活させて、海老名のビーチサイドGPで試走させようとしたときのものです(^^;;長っ
 いまこのCOBRAは、雨ざらしで朽ち果てています(T_T)もったいないことをしました。

 このブログでも、このCOBRAのネタはかつて何度も書いているのですけど、当時はカテゴリー分類をしてなくて、画像も少な目なんですよね。
 
 つーことで、最強のCOBRAを目指すCOBRAさん!もしくは、他の変態諸兄!(^^;;
 ボクの活動資金の援助という意味合いで、このパーツを高~く買ってくれませんか?

P1090218

 上記COBRAに使っていたシングルシートカバーです。
 撮影日は本日。
 元々GSX-R250R/SP用のシングルシートをプロに依頼してボディ同色に塗ってもらったものです。
 子キズあり、内側若干割れあり(構造上かなりの率で割れますし、取付には問題ありません)、目立ちませんが貼っていたステッカーの焼けあとあり、って感じです。
 激レアシングルシートカバーで同色リペイント済み。
 ご検討下さい(^^;;あ、高~くですよ、高~く。


 
 

| | Comments (16)

GSX-R250R/SP KOSO製Mini LCD AIR/FUEL RATIOメーター(空燃比計)取付 その1

 いい天気ですね!
 走りに行けばよかったと思ういい天気です。
 いま走るとしたら、ミニバイクしかありません。でも、ミニバイクはレジャー走行って雰囲気がないんですよね。
 カミソリのように神経質なハンドリングなので、楽しむ前に神経がすり減りそうです。みんなでマッタリ走っているコースがあればいいのですけど、そんなコースありませんしね。

 昨日、GSX-R250R/SPのサイレンサーにバッフルを付けてみました。
 やはりというか当然というか、インナーサイレンサーよりも高い消音性能が確認できました。
 が、排気音が「ブビブビ」いうんですよね。
 通りすがりの人に、「おたくのバイク、便秘ですか?」って言われたほどです(超脚色(^^;;)。
 いい音でもっと静かにできれば、トミンでまったりってこともできるんですけどね。
 へ?NSR250R/SE?
 今はお休みです(^^;;

 つーことで、負け犬はガレージでバイク整備です。
 「来週のボクはガスの濃い薄いが絶対にわかるようになっています」、と先日のネタで言い切っていますが、それもそのはず、空燃比計を導入するからです(^^;;

 ありがとう台湾!ってことで、KIMCOの原付に乗り、KOSOのLDCメーターRX2Nを使用する親台湾派のボクは、当然空燃比計にもKOSO社のA/Fメーターを選びました。

P1090198

 どこぞのksショップではKOSOなんてまともに動かないって言い切っていましたけど、ビモータの「テージ3D」の純正メーターはKOSOのRX2Nまんまですし、タケガワのLCDメーターもKOSOのOEMなわけですから、悪いメーカーではないと思います(そのksショップは、スタックだけがメーターって視野が狭く技術のないショップなだけなんですけど)。

 天気がいいので、汗をかきながら作業することにしました。

P1090199

 この気温でも、いまだに防寒ツナギを着て、文字通り汗をかきながら作業しています。
 防寒ツナギがサウナスーツ代わりです(^^;;

 GSX-R250R/SPの良いところは、アンダーカウルと外さずにアッパーカウルが外せるところです。
 マジ助かります。

P1090201

 メーターの配線は、+と-、そしてオキシジェンセンサー用のコネクターだけです。
 その+と-は、LCDのバックライト用で、文字表示は内蔵のボタン電池でできるので、簡単に済ませようと思えば配線をする必要はありませんが、それほど面倒ではないので、きっちりやっておきました。
 やべぇ。ちょうかっこえぇ!

P1090210

 1989年式とは思えないこのメカメカしぃメーターパネル周辺。

P1090207

 すばらしぃ~。
 ハンドルストッパーでハンドルの切れ角を制限してあるので、ギリギリメーターにも干渉しません。

P1090205

 メーター本体の取付後は、マフラーのエキゾーズトパイプに、オキシジェンセンサー取り付け用のボスを取付します。

P1090214

 この作業は午後からの予定~。


 
【5/31まで送料無料】汎用コンパクトLCD A/Fメーター (空燃比計)

【5/31まで送料無料】汎用コンパクトLCD A/Fメーター (空燃比計)


SP武川 SPタケガワ/コンパクトLCD・A/Fメーター(外部電源バックライト有りタイプ)

SP武川 SPタケガワ/コンパクトLCD・A/Fメーター(外部電源バックライト有りタイプ) 汎用

 
 

| | Comments (2)

May 14, 2011

MR-S デジタル電圧計 取付

 ふと疑問に思うことがあります。
 クルマにはどうして標準装備で時計がついているのでしょう?
 営業車のことはあまりよく知りませんが、普通のクルマは大抵オーディオやナビが標準装備だったり後付けしたりで、そのオーディオやナビに時計も付いています。
 だったら、純正の時計は無駄になってしまうではありませんか。
 でも、そこにある以上、時間を合わせておかなきゃ気分が悪いし、でも、なにげに手間だし・・・。

 MR-Sも純正時計が装備されている、そういうクルマです。

 P1090182

 突然、この時計の存在が許せなくなったので、デジタル電圧計に置きかえることにしました。
 探しに探して、ようやく見つけだしたのはこのデジタル電圧計です。

P1090180

 純正時計よりもデカ過ぎないサイズで、かつ、4桁表示、そこにこだわりました。

 取付には、純正時計の内蔵されているエアコンパネルを取り外し必要があります。
 まずは、つまみを取り外して、

P1090185

 ネジを2本取って、手前にフン!と引っ張ると、パネルが外せます。

P1090186

 純正時計裏のコネクターを縁切りする必要があるので、あんまり引っ張りすぎないように(^^;;
 時計は、本体とカバーに分割できますので、カバーをエアコンパネルに残したまま、本体を外しました。

P1090190

 ボクの計画では、この純正時計のカバーを活かしつつ、時計本体をデジタル電圧計に置きかえるはずだったのですが、ここで予期せぬ事態が・・・。
 デジタル電圧計の照明が暗すぎて、スモークになっている純正時計のカバー越しに表示が確認できないことが判明したのです(T_T)オーマイガ!
 仕方がないので、急遽予定を変更しました。
 カッティングプロッタ用のソフトで、マスキング用および化粧パネル用データを作成します。

2001051401

 このデータで切り出したカッティングシートをプラ板に貼り、プラ板を加工して、デジタル電圧計の台座を作りました。

P1090191

 電圧計と組み合わせるとこんな感じ。

P1090193

 さらに、カバー用の透明のプラ板に、黒いカッティングシートで切り出した上記のデータを貼りつけて、窓を作りました(画像を取り忘れたので、うまく説明できません(T_T))。

 電圧計の電源などは、当然純正時計のハーネスから取りますが、親切に純正時計の裏側に配線の種類が記されているので、全く悩む必要はありませんでした。

P1090188

 黒いカッティングシートで窓を作ったカバーと、デジタル電圧計本体を固定した台座を純正時計の位置にセットし、元どおりにすれば、完成です。

P1090194

 デジタル電圧計の照明がそれほど明るくないので、昼間の読みとりはやや困難ですが、時計じゃないだけで超満足です。 
 途中で計画に変更が生じたため、仕上がりにその場しのぎ的な部分が見え隠れします。作り直せば、今以上に質感を高められると思うのですが、もう達成感を感じてしまったので、不具合がでてくるまで、このままで行こうと思います。


 
 

| | Comments (2)

May 13, 2011

GSX-R250R/SP FCR再チャレンジ予定

 かつて、GSX-R250R/SPにFCRを導入したことがありました。
 自分でもがんばればセッティングできるだろうと勘違いし、20万円も出して特注したものの、実際走らせてみると、ガスが濃いのか薄いのかもわからない有様。取りあえずいじってみようにも、4気筒エンジンなので当然ジェット代は4倍、手間も4倍です。
 もうどうにもならないと思って、平塚のア○ソリュー○ってショップにセッティングに出してみたこともありました。
 GSX-R250R/SPのFCRはスモールボディなので、ショップがきちんとジェットニードルなどを揃えているかどうかわかりません。そう思ったので、事前に確認をして、セッティングがお願いできるか確認すると、問題ないとのこと。
 安心してお願いすると、ボクの持っているスロージェットとジェットニードルも持ってきて欲しいと言われました。
 おかしいなぁと思いましたが、疑うことを知らないボクは、そのままショップにお任せして、はい、セッティング完了。
 ところが、まともに走りません。おかしいおかしいと思いつつ、ショップの出したセッティングを基本として試行錯誤することしばらく。どうにもおかしすぎるので、どんなセッティングをしたのか確認してみると、ボクの持っていったジェットニードルを試して、その中でまともだった組み合わせでセッティングを出したとのこと。
 詐欺です。
 ラージボディとスモールボディと共通のスロージェットも持ってきて欲しいと言われたときに、気が付くべきでした。つまり、FCRのセッティングができます!っていうほどジェット類を揃えていない口先ショップだったのです。
 シャシダイナモでは理想的な空燃比で、パワーも出ているのかもしれませんが、まともに実走できない状態でセッティング出しました、だなんて・・・。
 発進にウチのアプリリア並みに半クラを使用しなきゃならないなんて、おかしすぎます(あ、ウチのアプリリアはガンマSP1のクロスミッションを組んでいるので、1速時速60km/hでもパワーバンドに入りません(^^;;)。
 疑うことを知ったボクは、自らスロージェットを変更してみると、あ~ら普通に発進できるじゃあ~りませんか。
 そのショップの言い訳は、「FCRのセッティングは午前と午後でも違ってくる。いや、1時間後でも違う場合がある」ってことでした。
 ホントks業者です。
 結局振り出しに戻ってしまったボクは、苦肉の策として、高~いお金を出してセッティングデータを買ってきたりもしました。
 おかげで一瞬、まともに走れたかと思ったのですが、季節が変わって、はい、それまで。
 もうFCRのセッティングを出そうという気力はなくなり、純正のキャブに戻したのでした。
 
 それから数年が経ち、少し状況が変わりました。
 以前は、スポーツ走行(速い遅いに関係なくタイムの短縮を目指す走行)が主体のため、限られた走行時間にFCRのセッティングなんてやってられませんでしたが、レジャー走行(タイムを出すことを目的としない楽しむための走行)に転向した今は、その時間が十分あると思うのです。そう、今こそ再びFCRのセッティングに挑戦する時期なのではないでしょうか。
 考えてみれば、以前の失敗は、タイムを短縮するために自ら努力することなく、パーツに頼っていた結果、FCRの加速ポンプを活かしていたことだったかもしれません。せっかく、STEED製FCR用加速ポンプ吐出量調整キットを組んでいるにも関わらず、加速ポンプをキャンセルすると、FCRの意味がないような気がして、吐出量も変更していませんでした。しぐさん、ごめんなさい。

 昨日までのボクには、ガスの濃い薄いはわかりませんでした。
 明日のボクにもわからないと思います。
 しかし、来週、いや、再来週のボクなら、濃い薄いくらい、わかるようになっていると思うのです。
 いや、絶対わかるようになっています!!

 ってことで、ボクは再びGSX-R250R/SPのFCRセッティングをはじめる予定です!!


 
 
第1回Webikeカスタムコンテスト

 
 

 
 

| | Comments (9)

May 08, 2011

ニッシン ブレーキキャリパー分解

 ちょっと暇なので、ジャンクっぽいニッシンの4ポットキャリパーを分解清掃することにしました。
 予備に取っておいたキャリパーですが、もう使用する見込みはありません。

P1090175

 裏側の腐食がちょっと難ありです。

P1090176

 早速分解します。
 ピストンの固着はありませんでしたが、露出していた部分が錆々でした。

P1090178

 キャリパーの中には、なぜかトマトソースが・・・(^^;;

P1090177

 分解後、清掃してみましたけど、う~ん、あんまりきれいになりませんでした。

P1090179_2

 残念!

 手持ちの錆のないピストンを組んで、ヤフオクにでも放流しようと思ったのですが、ピ、ピストンが、ない!
 管理がずさんすぎて、どこに仕舞ったものか、わからなくなってしまいました(T_T)

 しゃーないです。
 ピストンが見つかってから続きをしようと思います。


 
4POTキャリパー(L) GSX-R TYPE 90mmピッチ BLACK 4POT(L)

4POTキャリパー(L) GSX-R TYPE 90mmピッチ BLACK 4POT(L)

4POTキャリパー(R) GSX-R TYPE 90mmピッチ BLACK 4POT(R)

4POTキャリパー(R) GSX-R TYPE 90mmピッチ BLACK 4POT(R)


 

 
 

 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP オイル交換

 ネタがないので、こんなことまでネタにしちゃいます。
 ってことで、GSX-R250R/SPのオイル交換をしました。
 前回オイル交換をしたのは昨年12月4日、使用オイルは、シェブロンです(^^;;
 それまではタクマインの「匠」を入れていましたが、お値段に転びました。

 昨日、排気音量を測るのに、エンジンを暖めたので、そのついでにエンジンオイルを抜いておきました。
 ドレンボルトを外したまま半日以上放置した結果、オイルは見事に落ちきったようです。
 今回使用するオイルもまたまたシェブロンにしておきました。

P1090170

 それだけではちょっと不安なので、シェブロンにタクマインの「エステルンR」を添加します。
 違いのわからないボクには、シェブロンだけでも十分かな、という気がしています。
 いや、むしろ、10w-30の「匠」より10w-40のシェブロンの方が、吹け上がりはともかく、ミッションのタッチはいいような気が・・・。勘違いでしょうか(^^;;
 シェブロンは、それだけの為にコストコの会員になるのがもったいないので、某オークションで転バイヤーの方から買ったものです。

 抜いたオイルはこんな感じ。

P1090169

 使用時間が短いので、まだまだ使えそうな気がします。地溝油にいかがでしょう?(^^;;ぉぃ

 ドレンボルトの締め付けトルクは約20~24N・m。
 ガスケットは使い回しせず、きちんと純正品を使い、交換します。

P1090168

 オイルはちょっとケチり過ぎでしょうか?
 こまめに交換すれば、高級オイルの必要はないという話しを耳にするのですけど。
 タクマインはある意味安いんですけど、それでも20Lペール缶で約3万円。シェブロンなら同じ量で約7000円。
 こんなにも差があります。エステルンRを添加することで、その差は若干狭まりますけど。
 むぅ。
 その間を取って、ホンダ純正オイルG3ガンダムあたりにはどうでしょうねぇ?

 ちょっと悩んでみます。


シェブロン  Chevron エンジンオイル  10W-40(12本)

シェブロン  Chevron エンジンオイル  10W-40(12本)


 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP スクリーン交換 その2完結

 昨日の続きです。
 プッシュリベットを買いに、ビーバートザンビーバープロ厚木店に行って来ました。
 店内を一回りしてみましたが、それらしいコーナーには陳列がなく、どこに置いてあるかわからないので、店員さんに訊いてみました。
 ところが店員さん、プッシュリベットがどんなものなのか知らない様子で、ウチには置いてません、って軽く言われてしまいました。
 (ローカルな話しですが)近所のユニディにも島忠にもコーナンにも置いてありますが、より多い品揃えを期待してビーバープロに行ったのにぃ!
 どこがプロなんでしょう。プロ剥奪です!(^^;;ぉぃ
 プッシュリベットって言わないんですかね?
 なんて言えばわかってもらえたのでしょう?

 いまさら他のお店に行くのも面倒だったので、普通のブラインドリベットを使用することにしました。
 定番のエビ印を買おうとしたところ、樹脂などに最適と書かれてあるブラインドリベットがあったので、何となくそちらを購入です。

 P1090167

 ついでに、ステンレスのワッシャーも購入しておきました。
 で、早速取付しました。
 表側。

P1090173

 あれ?
 シャフト部分が中空になってます。
 このブラインドリベットにはPLタイプって書いてありますが、これがPLタイプってことなんでしょうか?
 すきま風が入ってきそうな予感(^^;;

 裏側。

P1090172

 ワッシャーを買っておいて正解でした。
 中空なのが気になりますが、シャフトが残るタイプより、外すときは簡単そうなので、これでよかったのかもしれません。軽量化にもなりますしね(^^;;

 これで完成!

P1090171

 いままでと全然違うこの透明感!
 近くでみると傷だらけなんですけどね。それでもはるかにマシになりました。

 あとはHDビデオカメラっすね。
 候補はもう絞ってあります。
 どぉしようかなぁ~。


 
リベッター&ナッターセット スイベルヘッドタイプ STRAIGHT/12-755 (STRAIGHT/ストレート)

リベッター&ナッターセット スイベルヘッドタイプ STRAIGHT/12-755 (STRAIGHT/ストレート)

ブラインドリベット(ブラインドリベット PLタイプ)(EP38851/DAS53PL)【J】

ブラインドリベット(ブラインドリベット PLタイプ)(EP38851/DAS53PL)【J】


SIGNET シグネット/ハンドリベッター&ナッターセット

SIGNET シグネット/ハンドリベッター&ナッターセット

 
 


| | Comments (0)

May 07, 2011

GSX-R250R/SP スクリーン交換 その1

 先日、オンボードカメラ用のステーを製作をしたときに気になったのが、黄ばんだスクリーンです。

P1090143

 明らかに色が違います。
 クリアーじゃなくて、ライトブラウンのスクリーンなんです!って言っても信じてもらえそうなくらいの見事な黄ばみです(^^;;
 テスト動画では、カメラがしょぼいく、スクリーン越しにガレージ内を撮していたこともあって、スクリーンの黄ばみはそれほど気になりませんでしたが、カメラのHD化も検討している今日この頃、スクリーンの交換をしておくことにしました。
 スクリーンは、手持ちの大量にあるスクリーンから厳選してきれいな奴を・・・なんて面倒なことはせず、一番出しやすいところにあったスクリーンを使うことにしました。
 取りあえず、ダブルアクションサンダーを使って、ブルーマジックのヘッドライト・レンズ・レストアラー(ヘッドライトレンズ磨きクリーナー)で磨いておきましたけど。
 並べてみると、この違い!

P1090166

 一目瞭然です。

 さて、取付ですが、純正のスクリーンリベットはちゃんと在庫してあるのですが、純正部品だけあって、それなりのお値段ですので、使うのがもったいなくなってしまいました。
 ってことで、手持ちのプッシュリベットを使おうと思ったのですけど、長さが足りませんでした。
 純正アッパーカウル、純正スクリーンそれぞれ厚みがあるからです。カウルがFRPの時は使えたんですけどね(当時の画像はコチラ)。
 もう少し長いプッシュリベットを買ってきてから取付たいと思います。


 
ヘッドライト・レンズ磨き ブルーマジック(BLUE MAGIC) #725

ヘッドライト・レンズ磨き ブルーマジック(BLUE MAGIC) #725


 
 


| | Comments (0)

GSX-R250R/SP 近接排気騒音測定、再び

 富士スピードウェイのカレンダーを見て驚きました。
 5月のショートコースの2輪スポーツ走行は、週末に枠が全くないのです。
 マジですか?
 せっかく楽しくなりつつあったのに(T_T)
 ここ最近の気分は、NSR250R/SEに乗りたいという気分じゃありません。むしろ、積極的にGSX-R250R/SPに乗りたい!って感じです。
 FSWのショートコースに枠がないとすると、あとは走れそうなところというと、トミンモーターランドかスポーツランドやまなししかありません。
 ただ、それぞれ問題があります。トミンモーターランドは排気音量の規制が厳しく、マシンを静かにしないとなりませんし、スポーツランドやまなしには骨折のイヤな記憶を未だに引きずっています。
 走るとしたならどっちがいいか考えると、ボク的にはトミンの方が気軽に思えます。
 だったら、GSX-R250R/SPの排気音を静かにするしかありません。
 以前、GSX-R250R/SPの近接排気騒音測定を行いましたが、今回、また測定を行い、対策を講じてみることにしました。
 騒音計をGSX-R250R/SPの斜め45度、50cm後方にセットします。

P1090146

 場所柄、音が反響すると思いますが、あくまでも目安なので、あまり細かいことは気にしません。
 現在の仕様で、アイドリング時約102dBAです。

P1090148

 アイドリングですでに規制値オーバーです(T_T)
 エンジン回転数を約11250rpm付近で測定すると、約121dBAでした。
 前回とほぼ同数値です。

P1090151

 このままでは、爆音過ぎて問題外なので、対策を講じます。
 まず試したのが、ESTのインナーサイレンサーです。

P1090152

 以前のマフラーでなかなか効果的だったESTのインナーサイレンサーを特注で作り直しました。
 テールパイプの形状から、以前のインナーサイレンサーが使用できないからです。
 なぜ2本あるかというと、4-2-1の2の部分にこのインナーサイレンサーを仕込み消音するためで、お値段も2倍します(T_T)
 結果、アイドリング時で約98dBA。やや静かになりました。

P1090153

 エンジン回転数11250rpm付近では、約116dBA。

P1090154

 むぅ・・・。確かに静かになっています。
 が、この程度の消音で、静かになったといえるのでしょうか?
 以前のものは、確かに効果があったのに、こ、これでは・・・。お値段も決して安くないのにこの結果(T_T)費用対効果は最悪です。

 この音量ではトミンの音量規制をクリアできないので、ESTのインナーサイレンサーを仕込んだまま、オートマジックのインナーバッフルも使ってみることにしました。

P1090156

 結果から言うと、音質は静かになったような気がしましたが、アイドリング時と11250rpm時ともに騒音計の数値は変わらずという結果でした。
 ダメじゃん(T_T)効果ないじゃん(T_T)

 困りました。
 社外で売っている汎用サイレンサーは、ほとんどがストレート構造の爆音くんです。
 静かを売りにしているサイレンサーは皆無のようです。
 GSX-R250R/SPには、おそらく外径110φまでのサイレンサーなら車体に干渉せずに使用可能なのですが、肝心のサイレンサーがありません。

P1090161

 むぅ。

 このネタを読んだ方で、手持ちに外径110φ以下のJMCA対応のサイレンサーをお持ちの方、そのサイレンサーを格安でお譲り下さいませんか?
 差し込み径は50.8φがベストですが、この際何φでも構いません。
 よろしくお願いします!


 
デジタル騒音計

デジタル騒音計

オートマジック:Auto Magic インナーバッフル webike12547

オートマジック:Auto Magic インナーバッフル webike12547


CUSTOM カスタム/デジタル騒音計

CUSTOM カスタム/デジタル騒音計


Auto Magic オートマジック/インナーバッフル

Auto Magic オートマジック/インナーバッフル


Auto Magic オートマジック/インナーバッフル

Auto Magic オートマジック/インナーバッフル

 

 

| | Comments (8)

May 05, 2011

GSX-R250R/SP オンボードビデオ用ステー製作

 昨日の動画は見ていただけたでしょうか?
 えぇ、失敗動画です(^^;;
 オンボードビデオ用のステーを作っていないため、ビデオカメラをヘルメットに貼りつけたのですが、取付角度を間違ってしまいました。

P10901281

 本当は、ボク目線の動画にしたかったんですけどねぇ(^^;;
 以前公開したこんな風に。

 今見て驚くのは、この動画のGSX-R250R/SPはFCR仕様なんですよね。
 全然フガフガしていません。
 こんな時代もあったんだなぁ。またFCRのセッティングに挑戦しようかなぁ~。

 閑話休題。

 ってことで、今日は我がポチガレージの金属加工技術のすべてを結集して、オンボードビデオカメラ用のステーを製作することにしました(^^;;
 2mm厚のアルミ板を切って、曲げて、穴開け加工・・・できました!

P1090138

 んが、失敗(T_T)
 アップで見るとほらこの通り。

P1090139

 マーカーの位置で曲げるはずが、なぜかずれてしまいました(^^;;
 てなわけで、再び製作しました。

P1090140

 向かって左側が失敗作。右側が製作しなおしたものです。
 まぁ両方とも失敗みたいなもんなんですけど、マシな右側の方で妥協することにしました(^^;;
 どう使うかというと、タンクのフロントブラケットに共締めするだけです。

P1090142

 もちろん、タンクをつけても、ステーが干渉することはありません。

P1090144

 さらにアップ!

P1090145

 実際にカメラを載せている画像は取り忘れてしまいましたが、試しに撮った動画はこれ!

 難点は、震動でステーがプルプルすることでしょうか。レジェトレックスでも貼ってみようかなぁ~。
 ビデオカメラもダメっぽいですね。ちっとも広角レンズじゃありません。SDカメラですし、HDカメラの導入も検討しなくては!
 ついでに、スクリーンの透明度もダメダメですね。磨いてみても、どうにもなりませんでしたし、今度、もっときれいなスクリーンに付け替えようと思います。

 ステー製作後は、アンダーソンコネクターを使った電源ケーブルをもう1本作りました。

P1090135

 いままでは1本を使い回していましたが、エンジンを掛けるときはクルマ用バッテリーから、それ以外は小型のバイク用バッテリーと使い分けるのに、もう1本あった方が便利なためです。
 ところで、最近バッテリーが無くなっても、メーターの設定がリセットされないんですよね。
 どうしてでしょう?
 本当は通電してなくても設定の保存ができるようになっているのでしょうか?
 マニュアルが中国語?なので、よくわかんないんですよね。


 SBバッテリーケーブルコネクター/SB50-5sq/15Sq-seiwa-hita

SBバッテリーケーブルコネクター/SB50-5sq/15Sq-seiwa-hita

 
 

| | Comments (0)

May 04, 2011

小作 山中湖店@山中湖村

 さて、今日の昼食は何にしましょう?
 最近の楽しみは、走行後の食事です。
 残念ながら、富士スピードウェイの所在する小山町にはなにもなさそうな感じですし、近くに美味しいものはあるんでしょうか?御殿場はどうなんでしょうね?
 下調べをしてこなかったので、今日は山中湖の「小作」に行ってみることにしました。
 ボクと小作の出会いは、スポーツランド山梨の走行後、りんたまさんやYKTさんに連れられて来たのがはじめてだったと思います。
 それまで、ほうとうに持つイメージはそれほどよろしくないというか、好きな食べ物ではありませんでしたが、小作でほうとうを食べて以来、定期的に食べたくなる料理の一つです。んが、それは「小作のほうとう」であって、いまでも小作以外のお店でほうとうを食べることはしません(^^;;
 骨折以来、スポーツランド山梨に行かなくなった結果、小作に足を運ぶ機会が激減したので、今日はちょうどいい機会です。

 ゴールデンウィーク中ということもあって、FSWから須走にでて、東富士五湖道路を使っても、小作山中湖店に着くまでには1時間も掛かってしまいました。

P1090131

 小作はやっぱり人気があるんですね。
 ちょうとお昼時に行ったこともあって、それはもうすげぇ混みようでした。

 ボクが小作で注文する定番メニューは、豚肉辛口ほうとうです。本当は、辛口カルビほうとうを注文したいのですが、辛口カルビの方が400円お高いので、ぐっと我慢して豚肉辛口でがまんがまん。自分にご褒美をあげるときだけ辛口カルビほうとうです。
 そんなわけで、今日も豚肉辛口ほうとうを注文しようとしたのですが、注文するときにとっさに出た言葉は「焼豚ほうとう」でした。
 じゃん!

P1090132

 うま~。
 予想以上でした。
 焼豚とネギの絶妙なはぁもにぃ~。
 こ、これは・・・。
 お値段の関係でご褒美のポジションは辛口カルビに揺るぎないですが、定番のポジションは、これから豚肉辛口にするか焼豚にするか悩んでしまいそうです。同じ値段ですし。

 むぅ~。
 うまかったっす!

 
 

| | Comments (2)

GSX-R250R/SP 富士ショートコース走行 今年3回目

 そうだ、走りに行こう!
 コンビニにカルビー堅あげポテトを買いに行くような気軽な気持ちで、今日も富士スピードウェイのショートコースを走ることにしました。
 渋滞を予想しましたが、国道246号線はスイスイ水曜日。
 泰野付近ではしばらくボクの前をMR-Sが走っていました。

 P1090108

 ボクのMR-Sとほぼ同じ年式、色、エアロのMR-Sです。
 やっぱかっこええのぉ~。車体の低さがスポーツカー的な雰囲気を醸し出します。
 CR-Zの後も走りましたが、あれは車体が分厚くて(車高が高い)、足回りで車高を落としてもちょっとスポーツカー然とはならないだろうなぁ・・・なんて(^^;;

 今日も下道オンリーで、約1時間30分で富士スピードウェイに到着しました。

P1090134

 ゲートオープンの7時30分に入場し、のんびりGSX-R250R/SPの準備をして、準備ができたのが9時からの1本目(A枠)開始10分前でした。

P1090109

 準備できたといっても、マシンの準備であって、ボクの準備はできていません。
 ボクは10時からの2本目(B枠)を走るつもりでいたので、それでよかったのですけど、A枠の走行台数が5~6台と少なく、走りやすそうだったので急遽走行することにしました。
 残り時間10分でしたが、ボクにはそれで十分です。
 自分的にはなかなかいい感じで走れました。一昨日の走行よりもペースを上げることができました。

P1090112

 1本走ったので、もう帰ろうかなぁと思ったのですけど、もう少し走りたくなったので、10時からのB枠も走行してみることにしました。
 とはいえ、ゲロ混みだとイヤなので、様子見ってことで、開始直後のB枠の状況をみて判断しました。
 台数はやや多めに見えましたが、すごぉく多いわけでもないようです。
 走行することに決めて、チケットを買いに行ったところ、ボクが14台目ってことでした。

P1090128

 シフトのショートストローク化とベアリング入りシフトペダルのおかげでしょうか、2本目も気持ちよく走れました。
 タイムはそれほどでもありませんが、去年出した自己ベストタイムを1秒近く更新することができました(^^)うほっ

 って感じで今日の走行は終了です。

 今日は路面マニアの方向けに、本日の路面状況を記録してみました。

 (^^;;まぁ失敗しただけなんですけどね。


 
 

| | Comments (0)

May 02, 2011

富士吉田うどん 彩花 → カレ吉

 富士スピードウェイ・ショートコースで軽くサーキットの雰囲気を楽しんだ後、たっぷり時間があるので、富士吉田うどんを食べに行ってみることにしました。
 富士スピードウェイからは須走に出て、東富士五湖道路を利用すれば、富士吉田までは1時間も掛かりません。
 ボクの中で、富士吉田うどんといえば、ユウヤさんから教えて頂いた「彩花」です。

P1090103

 注文するのは定番「冷やしたぬき」です。

P1090101

 マニュアルモードにしていて、ピントを合わせるのを忘れちゃいました(^^;;すんません
 いつもはちくわ天をトッピングするのですけど、今日の気分は天かすを増量したい気分です。しかし、天かすのトッピングはメニューにないので、店員さんに訊いてみると、天かす増量にしてくれました。
 ラッキー(^^)
 やっぱり温かいうどんに比べると、冷やしうどんのコシは半端ないっす!
 何度食べても美味しいです(^^)

 今日はさらに欲張って、カレ吉で2杯目にチャレンジです。

P1090104

 前回来たときは、花粉で両鼻が塞がっていて味がわからなかったので、リベンジとして同じ鳥カレーうどんを注文しました。
 ただし、今回はトッピングにチーズを加えてみました。

P1090106

 このお店は、お茶とコーヒーがサービスなんでしょうか?
 他のお客には「お茶かコーヒーいかがですか?」って声を掛けているのに、ボクには声を掛けてくれません。
 前回も、今回も、です。
 ググると、セルフサービスって出てきますけど、他のお客には声を掛けているのに、どうしてボクはスルーなんでしょう?
 ボクはお茶もコーヒーも飲みたいと思ったわけではありませんが、こういう接客はすごく気になるし、なにより自分自身の心が貧しいことに気が付くので、このお店にはもう行きません。
 うまいまずいを語るまえの問題です。


 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP 富士ショートコース走行

 先日取付を行ったGIpro-Xの設定を行うために、富士スピードウェイのショートコースに行って来ました。

 家を出たのが5時45分頃。
 前回と同様、東名高速道路は使用せず、下道で向かいました。
 国道246号線では、「またか!」というほど信号に引っかかりましたが、FSWに到着したのはゲートオープン前でした。
 やっぱり高速道路を使用しても、短縮できる時間はそれほどでもないみたいです。
 これからは下道ルートで決まりですね!

 今日は一応平日なので、台数が少ないといいなぁと期待していましたが、朝一から結構な台数でした。
 世の中そんなに甘くありませんね。
 準備をしていると、やすりんさん登場。

P1090067_2

 新旧GSX-R。どっちもかっこええのぉ(^^;;

 ボクは早速GIproの設定に取りかかりました。
 コースで設定するわけにはいかないので、通路で設定します。
 6速まで使用しなくてはなりませんが、エンジンの回転数はそれほど上げる必要はないので、速度を出す必要はありません。
 問題は、どの程度の距離を走る必要があるのか、ってことだったのですが、「へ?」ってくらい簡単に設定は終了しました。おそらく150mも走っていないかと。
 ・・・これから設定が必要なときは、コソっと近所の農道でできそうです(^^;;ぉぃ
 
 GIproは、エンジンの回転数と速度から何速か判断して表示させる装置です。故に、クラッチを握っている状態では表示できませんが、普通に操作している限り、一瞬遅れる程度で、正確なギアを表示してくれるようでした。
 2速落としでもクラッチを切っている時間が短ければ追従してくる感じです。
 実際、サーキット走行でどれだけ表示を見るか、って問題はありますが、GIproそのものは問題なく機能します。
 使えます!

 スポーツ走行路線からレジャー走行路線に転向したボクですし、まだまだシーズンはじめということもあって、今日の走行予定は1本のみです。
 前回からシフトペダルを変更していることもあり、今日も慣熟走行です。
 ベアリング入りシフトペダルですが、効果ありました!
 動きがちょうスムーズ。ヌルヌルした感じです。
 懸念していたシフトミスもなくなり、ほぼ狙い通りの効果がありました。
 若干、ペダルの調整が低すぎたので、途中でピットインし、ペダルの高さ調整をしましたが、これで問題なし。
 あとは、目と身体が慣れて、恐怖心が薄らげば、もう少し楽しく走れそうです!

 あ、くどいようですが、シフトペダル周りの画像を。
 旧ヴァージョン。

 P1090011

 新ヴァージョン。

P1090065

 もう一丁新ヴァージョン。

P1090066

 KOSOのLCDデジタルメーター「RX2N」に「GIpro」を組み合わせたので、動作状況を動画にしてお届けしようと動画撮影を試みましたが、いにしえのMP4ビデオカメラなので、画質が粗くてGIproの表示まで判別できる動画は撮れませんでした(T_T)残念。

 やすりんさんの走行写真を撮ろうとがんばりましたが、速すぎてほとんど失敗。
 唯一ピントがあったのは、前が詰まって減速している時だけでした(^^;;すみません

P1090093

 今日のポチ。

P1090096

 排気音まで、ヘボォ~って感じです(T_T)

 連休中に、もう1回くらい、走りに行こうかなぁ~。


 
 

| | Comments (4)

富士ショートに行って来ます

 晴れました。
 GIpro-Xの設定をするために、ちょっと富士スピードウェイのショートコースまで行ってこようと思います。
 ちゃんと動くといいなぁ~。
 動画も撮ってみたいと思いつつ、D-Snapの充電をし忘れちゃいました(^^;;
 新しい小型ビデオカメラ、ほしいなぁ~。

 んじゃ、行って来ます!

 
 
 

| | Comments (0)

May 01, 2011

ポチガレージ 営業中~

 ボクが「のり」と呼ばれていたのはいまや過去のこと、ボクが「ポチ」と呼ばれるようになって久しいのです。
 そんなボクのガレージが、「ポチガレージ」と称されるのは、いわば必然・・・。
 「ポチガレージ」は今日も密かに営業中です。
 ボクのスキル向上のため、そして、プロに任せるほどではないし、お金ももったいない、そんな人のためにボクが小遣い稼ぎでお手伝いするのがポチガレージです。プロじゃないので、格安ですが、保証も補償もありません。すべて自己責任。ボクが作業しても自己責任(^^;;
 今日の獲物・・・もとい、犠牲者・・・もとい、お客様は、最近XJR1200でバイクに復活したおむすびさんです。
 作業メニューは、前後のタイヤ交換。
 近所のバイク屋さんに持ち込みで工賃を訊ねたら、ホイール持ち込み、廃タイヤ代込みで6000円と言われたそうで、ポチガレージご利用となりました。
 といっても、ボクが作業した訳じゃありません。
 ボクはGSX-R250R/SPのシフトペダル・ベアリング化でテンパっていたので、おむすびさんが一人でサクサク作業してました(^^;;
 
P1090043

 ついでにグリップヒーターの取り外し、グリップの取付をお手伝いさせてもらいました。

 多少の失敗、キズが付くことは覚悟の上だ!安ければそれでいい!って方は、ポチガレージをご利用下さい(要予約)。
 ただし、簡単な作業しかお引き受けできませんけど(^^;;ぉぃ

 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP シフトペダル、ベアリング化 リベンジ

 先日失敗したGSX-R250R/SPのシフトペダル・ベアリング化ですが、今日はそのリベンジです。
 昨日書いたように、ks業者に注文した部品が来ていませんが、その部品は創意工夫で乗り切る予定です。
 他、注文したのがステップバー。

P1090061

 向かって左側から、いままで使用していたVEGAスポーツのSPステップバー、今回某オークションで入手した軽量ステップバー、そして、同じく某オークションで同時に購入したステップバーです。
 見てわかるとおり、VEGAスポーツのSPステップバーはかなり細身なんですよね。
 左側のステップバーだけ太くなるのは格好悪いなぁ、と考えていたところ、偶然某オークションで同じ太さのステップバーを見つけ、お値段もリーズナブルだったことから、即購入。どうせ送料が掛かるならと、ついでに普通の太さのステップも購入しておいたという次第です。汎用品ですから、いつか何かに役立つでしょう、きっと(画像ではジュラコンがついていませんが、ちゃんと付属しています)。

 純正のステップホルダーに、バトルファクトリーのベアリング入りシフトペダル、そして、汎用ステップバーの組み合わせですので、多少怪しいこともやっています。
 たとえばこのボルト。普通はこんなボルトは使用しないかもしれませんが、訳ありで・・・。
 ステンレス製のボルトをグラインダーで低頭仕様にしました。

P1090044

 1mm程度ですけど(^^;;

 で、今度は失敗することなく、完成!

P1090045

 市販バックステップのようです、と自画自賛(^^;;
 あ、なぜかGSX-R250R/SPにはバックステップを必要に思ったことがありません。
 大昔、転倒・骨折まえにはたま~にステップを擦ることもありましたが、NSRやCBRのようにガリガリ擦るということは皆無ですし、ポジション的にも不満はないので、バックステップが欲しくなったことがないんですよね。

P1090049

 加工前は遊びではなく、ガタがあり文字通りガタガタでしたけど、ベアリング入りシフトペダルにはガタは皆無です。これは期待できそう!!
 以前の使用では、シフトロッドの角度に無理がありましたが、シフトアームのピロボールをロッドエンドに置きかえ、オフセット量を内側に追い込み、さらにシフトペダルの位置を調整することで、シフトロッドの角度はシフトアームからシフトペダルまで直線に配置することができました。

P1090056

 右ステップと比較しても、違和感なし!

P1090052

 ・・・だと思います(^^;;

 う~む、ちょっと良いですね、これ。
 我ながらにやけてしまいます。
 でも、問題がないわけがなくて、シフトロッドの長さがちょっと短いんですよね。
 ベアリング入りシフトペダルの現物が無い状態での発注だったので、シフトロッドの長さまできっちり出すことができなかったのです。
 しかし、これは、サーキット走行用のNSR250R/SEのバックステップに使っているシフトロッドを拝借することでなんとかできそうです。
 これっす。

P1090054


 汚れていたので、軽く磨いてこんな感じ。

P1090055

 ホワイトダイヤモンド、結構使えますよ。
 ボクのなかでは定番コンパウンドです!

 これでベアリング入りシフトペダル化は終了です。
 あとは期待通り、スムーズかつダイレクトな操作感があれば、いうことないんですけどね。
 さて、どーでしょう?


 
ホワイトダイヤモンド メタルポリッシュ 355ml

ホワイトダイヤモンド メタルポリッシュ 355ml


EASYRIDERS イージーライダース/ホワイトダイヤモンド メタルポリッシュ

EASYRIDERS イージーライダース/ホワイトダイヤモンド メタルポリッシュ

 
 

| | Comments (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »