« May 2011 | Main | July 2011 »

June 28, 2011

週末の予定

 あれ?
 カタルニアのmoto2を観てみたのですけど、解説者が違っています。
 クソ(とのんのんが言っていました)過ぎて降ろされたんでしょうか?
 のんのんに教えてあげなきゃ!

 さて、週末土曜日は晴れそうなので、富士スピードウェイ・ショートコースにでも行ってみようかな?と思っています。
 しばらく雨が続くと思っていたので、タイヤのローテーション(逆履き(^^;;)を行っていないし、LAP SHOTの準備もできていませんし、オンボードビデオ用のステーの加工も行っていません。不覚(T_T)
 ちゃんと準備しておくべきでした。

 当日は、FCRのセッティングをゼロからやり直します。
 というのも、現在のファンネル+ラムエア仕様から、先日加工したエアクリに仕様変更しようと思っているからです。
 いつものように根拠は全くありませんが、アクセルを全開にしたときの吸気音が息苦しそうに聞こえるので、ボックス付きの方がいいように思えます・・・たぶん(^^;;
 JNも用意しておけばよかったです。
 いまから注文して間に合うかなぁ?
 
 
 
 

| | Comments (0)

June 25, 2011

芋掘り大会@ポチ菜園

 雨かと思っていたのに、晴れました!
 となれば、ポチ菜園で、ジャガ芋掘り大会を開催せねば!
 と、参加者を緊急招集。
 今日のメンバーは、YKTさん、赤ヘルさん、そして、ボクの3人でした。
 5個の種ジャガイモをそれぞれ1/2にカットし植えたジャガイモは、放置状態でも立派に生長しました。

 P1090265

 さらに放置し、焦ってしまったわけなのですが、こんな姿になれば焦っても当然でしょ?でしょ?

P1090421

 出来たジャガイモが腐ってしまうんじゃないかと心配でしたが、掘ってみると全然大丈夫で、ちゃんとジャガイモが出来ていました。
 茎を引っ張って抜くと、ジャガイモがボコボコっと根っこに連なって採れるのかと想像していたのですけど、そんなことは希で、大抵茎を引っ張ると、そのまま抜けてしまい、抜けた場所を手で掘ると、ジャガイモが埋まっているって感じでした。
 そんな中に、濡れて汁っぽいジャガイモがあったので、一部腐らせてしまったか(T_T)と思ったのですが、よくよく見ると、断面がカットされていて、はじめに植えた種ジャガイモであることがわかりました。

P1090434

 へ~。原形をとどめているもんなんですね。
 栄養分を供給して、萎んで消えてなくなるのかと思っていたので、ちょっと驚きました。

 で、これが収穫したジャガイモたち。

P1090436

 5個の種ジャガイモからこんなに収穫できました!
 うほっ!
 倍なんてもんじゃないですね。3倍?4倍?
 ちょう高配当じゃないですか~。
 貯金するくらいなら、ジャガイモ買って栽培した方がお金増えるかもぉ~・・・って勘違いしちゃいそうになりましたよぉ(^^;;なんちって

 いや~、芋掘りもなかなかいいもんですね!
 
 
 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP カウル補修 with ストレート プラスチックリペアキット AC100V

 のんのんが愚痴を言っていました。
 曰く、カタルニアのmotoGPから観戦しなくなったというのです。録画はしてあるそうですけど。
 理由は、moto2の解説がクソ過ぎて聴いていられなくなり、ついに我慢できなくなったのだそうです。
 なるほど、確かに、奇声を上げる、語彙が少ない、あーうー言いながら次の言葉を考えつつ結局言葉が出てこないとか話し始めと終わりが繋がっていない、などなど、のんのんの言いたいこともわかります。解説内容に説得力が感じられず、自分の希望を口にしているだけ、と思ったことが何度もあります。
 二輪車の国内販売台数は右肩下がりを続けています(たぶん)。
 そんな状況を反映しての人材不足なのでしょうか?
 ボクも、moto2の解説者にはあまりいい印象を持つことはできません。
 モータースポーツ界を盛り上げることで、いまの低迷している販売台数をわずかでも好転させることだって不可能ではないはずです。
 このままでいいのでしょうか?
 なんとかして下さい!・・・と、のんのんが言っていました。
 レースファンの方はどう思われているんでしょうね。
 副音声で実況・解説なしとかないんでしょうかね?
 今度のんのんに訊いておこうっと。

 閑話休題。

 GSX-R250R/SPの外装の状態は、度重なる転倒で、恥ずかしながらそれほどいいコンディションではありません。
 アッパーカウル、サイドカウル、アンダーカウル、シートカウルに割れが生じています(^^;;ほとんど全部じゃん!みたいな~。
 人気車種なら、FRPカウルにするという選択肢があるんでしょうけど、GSX-R250R/SPにはFRPカウルの選択肢は皆無なんですよね。20年前ならいざ知らず。
 となると、純正の外装を修理して使い続けなくてはならないわけで、今日は外装補修の予行演習を行うことにしました。
 練習は、CBR250RRのアッパーカウルで・・・。

 P1090415

 ・・・と思ったのですけど、折れたパーツ片が見つかりません(T_T)どこいったんだぁ~
 捨てるわけないのですけど、行方不明です。こうなると、いつか偶然見つかるまで出てこないので、別の部品を使うことにしました(^^;;
 こっちはGSX-R250R/SPのパーツです。

P1090416

 若干、難易度が上がったような気がしますけど、ま、練習ですから。

 用意したものは、ストレート「プラスチックカウルリペアキットAC100V」です。

P1090414

 本体はこんな感じ。

P1090418

 どうやって使うかというと、専用の溶着ピンを、

P1090419

 ハンドルにセットして、

P1090420

 カウルに押し当てながらハンドルのスイッチを押すと、熱で溶着ピンが埋め込まれ、カウルを補修できるというものです。カウルというか、プラスチック部品ですね。
 先ほどのパーツには、折損以外にも亀裂がありますので、2箇所を補修します。

P1090422

 早速試してみました。

P1090423

 おぉ!

P1090424

 これは面白いです!
 切れないホットナイフのように、溶かすまでに時間が掛かるものだと想像していたのですが、ハンドルのスイッチを押すとすぐに溶着ピンがめり込んで行きます。
 作業性、いいです!
 溶着したあとは、溶着ピンのあまりをニッパーなどでカットすればOK!!

P1090425

 強度も想像よりもありました。
 このまま使えそうなくらいです。

P1090426

 応急修理や、走り屋仕様ならこれで十分って感じです。
 カウルに穴を開けてタイラップやワイヤーで縫うように補修するよりも、手軽で強度もあります。
 楽しいかもぉ~。

 ボクはもうちょっと強度が欲しいし、いつかは塗装もしたいので、もう少し作業を進めてみました。
 溶着ピンの上から、プラリペアを流し込み、

P1090432

 表面の欠損した部分にもプラリペアを流し込み、ペーパーヤスリで整形しておきました。

P1090431

 これで強度の心配は全くなし。
 あとは、もう少し整形して、プラサフ吹けば塗装できます。
 あ、プラリペアは、切削性が悪いので、表面にはあまり盛りすぎない方がいいようです。
 パーツが欠けている場合は、あとあと削らなくてもいい部分はプラリペアで充填し、表面に近いところはポリパテを盛った方が、きれいに仕上がると思います。
 なんちって(^^;;

 ストレートの「プラスチックリペアキットAC100V」、こいつはちょっとオススメかも!
 
 
 
 
 
プラスチックリペアキット AC100V STRAIGHT/17-600 (STRAIGHT/ストレート)

プラスチックリペアキット AC100V STRAIGHT/17-600 (STRAIGHT/ストレート)

プラリペア クリア STRAIGHT/36-7023 (PLAREPAIR/プラリペア)

プラリペア クリア STRAIGHT/36-7023 (PLAREPAIR/プラリペア)


 
 
 

| | Comments (2)

パーツ整理

 ガレージ周辺の近況をお届けします。
 今年は、小さな蜘蛛が大量に発生しています(T_T)
 大の蜘蛛嫌いだったボクですが、すっかり環境に適応してしまい、蜘蛛の巣にひっかかってもいちいち「きぃ~~」とはならなくなりましたが、しかしだからといってご飯にのせて食べたくなるほど好きになれるわけでもなく、蜘蛛殲滅作戦を展開中です。
 トランポもこんな感じで被害を受けています。

P1090396

 ワイパーもミラーもドアヴァイザーもドアノブもみ~んなやられてます。
 ムカっ!

 ボクが勝手に塗装場所と決めたガレージ横は、竹がニョキニョキ生えてきました。

P1090394

P1090395

 一日で1m近く、いや、それ以上伸びているんじゃないかと思うほどの生長スピードに驚かされます。
 大自然の驚異っす。
 近いウチに、なんとかせねば!

 さて、電子工作用のパーツが増えてきたので、今日はそのパーツを整理することにしました。
 いまはリングスターの工具箱・スーパーピッチシリーズを使用していますが、もう満杯です。

P1090399

 そこで、丸ごと引っ越しさせるべく、ストレートの「パーツケース 09-0041」を購入しました。

P1090397

 写真じゃいい感じの商品に見えたんですけどね・・・実物は質感がかなりショボイです(T_T)
 トレーに仕切板が入るような仕様になっているのに、仕切板がラインナップされていないようなので問い合わせてみると、仕切板の設定はないとのこと。
 41のトレーがあるので、それなりの収納力があるのですが、仕切板があればもっと有効に利用できるはずです。
 仕切板があれば、質感がショボイのくらい我慢できるのに。
 こんなことなら、コーナンのパーツケースにしておけばよかったです(T_T)。
 でも、買った以上は使いますけどね。

P1090404

 やっぱり仕切板がないのが残念です。
 プラ板で自作しろってことですかね。

 いままで使っていた工具箱が空いたので、今度はそこにFCRのジェット類を移すことにしました。
 いまはこんな感じ。

P1090410

 これもリングスターの工具箱・スーパーピッチシリーズです。画像ではわかりづらいかもしれませんが、先ほどの工具箱よりは小さいタイプとなります。
 スロージェットやメインジェットの収納に問題はありませんが、ジェットニードルの整理に不満があります。
 そこで、大きな工具箱に移しました。

P1090427

 いい感じです(^^)
 で、いままで使っていた小さな工具箱には、以前整理したGSX-R250R/SPの純正キャブ用ジェットセットを移しました。

P1090411

 仕切板が足りませんでしたが(^^;;買ってこなきゃ。
 
 
 
 
 
パーツケース STRAIGHT/09-0041 (STRAIGHT/ストレート)

パーツケース STRAIGHT/09-0041 (STRAIGHT/ストレート)

リングスター・スーパーピッチ‐クリアブルー・SP-3000D 作業工具:工具箱:プラスチック製(代引き不可)

リングスター・スーパーピッチ‐クリアブルー・SP-3000D 作業工具:工具箱:プラスチック製(代引き不可)

リングスター・スーパーピッチ‐クリアブルー・SP-1500D 作業工具:工具箱:プラスチック製(代引き不可)

リングスター・スーパーピッチ‐クリアブルー・SP-1500D 作業工具:工具箱:プラスチック製(代引き不可)

 
 
 
 

| | Comments (0)

June 21, 2011

モトメンテナンス96

 独り言ぉ~。

 モトメンテナンス96のP33に、ラジエターフィン修正の記事があります。
 曰く、潰れたラジエターフィンは、先細シックネスゲージで起こすことができる、マイナスドライバーなども利用してみたがうまくいかない、ホームセンターで販売されているコア修正ツールもあるが合致しなかった、とのことでした。

 ボクみたいなステレオタイプの人間がこの記事を読むと、先細シックネスゲージを買ってきてしまいそうになりますが、幸いボクは「KEIBA ラジエーターフィン修正用リードペンチ メタペン MP-665」の存在を知っています。
 ボクでも知っているってことは、編集者が知らないわけはないと思うのですが、どうなんでしょう。
 モトメンテナンスには、アストロプロダクツ、ストレート、ファクトリーギアなどが広告をだしているので、広告主に配慮して敢えて取り扱わないのでしょうか?・・・と思ったら、ファクトリーギアでメタペンの取り扱いはあるようですね。
 むぅ~。お値段が高すぎて問題外なんでしょうかねぇ?
 それをいうと、アストロにはフィン修正用のお安い工具あるんですけど、どういう大人の事情なんでしょうね。
 
 
 
 
 
MP665 インタークーラー・ラジエターフィン修正リードペンチ

MP665 インタークーラー・ラジエターフィン修正リードペンチ

AP ラジエターフィン ストレーナー

AP ラジエターフィン ストレーナー

エスコ[EA537PK-140]140mm ラジエターフィン修正用プライヤー

エスコ[EA537PK-140]140mm ラジエターフィン修正用プライヤー


KEIBA TOOL ケイバツール/MP-665 メタペン ラジエーターフィン修正リードペンチ

KEIBA TOOL ケイバツール/MP-665 メタペン ラジエーターフィン修正リードペンチ


ESCO エスコ/140mm ラジエターフィン修正用プライヤー

ESCO エスコ/140mm ラジエターフィン修正用プライヤー





| | Comments (2)

ダイキン ルームドライヤー JTK10BS その後

 ガレージにダイキン「ルームドライヤー JTK10BS」を取付したことは先にネタにしました。
 今日は、その後について、ちょっと感想を書いておこうと思います。

 結論から言うと、なかなかいいのではないでしょうか、ということです。

 ウチのガレージは、イナバ物置のガレーディアです。
 ボクも購入してはじめて知ったのですけど、意外と隙間だらけなんですよね。
 湿気対策に通風をよくしておこうとオプションのガラリも追加しておきましたけど、そんなの必要ないんじゃないかと思うほど隙間だらけです。
 で、いま、そのガラリを塞いでいない状態ですので、除湿器を使った除湿という意味では、効率が悪い環境だと思います(密閉した方が効果が高いらしいです)。
 しかも、ルームドライヤーは、除湿可能床面積の目安が一戸建て(木造)で8畳(13m2)、マンションで14畳(23m2)なのですが、ウチのガレージは約20畳あります。空部屋管理適用面積(80m2/1フロア)という記載もありますが、これは空き部屋って感じらしいですし。
 まぁ要するにルームドライヤーにとってそれほどいい環境ではないと思われるなかで、ガレージに入ると、いままでよりも明らかに湿気が少ないことがわかるのです。
 湿度計での測定はしていませんが、使用前との差は、違いのわからないボクでもわかるほどなので、効果は歴然といえるでしょう。。
 湿度60パーセント以上で自動運転する除湿器なので、購入前は湿度が高すぎるのではないかと思っていましたけど、全く問題ないというか、我が家の脱衣所で衣類乾燥に使っているコロナ「CD-Hi105」は狭い脱衣所・浴室で使用してもやっぱり湿度は60パーセント程度、がんばっても55パーセントですから、そんなもんで十分なんだと思います。
 価格.comで酷評されていますが、それほど悪い商品じゃないんじゃないかな?
 もちろん、違った評価をする人もいるかもしれませんけど。

 気になるのは電気代です。
 消費電力は多段階自動制御ってことですので、早くガラリを塞いで、自動OFFになる環境に近づけなくては!
 自動OFFになればの話しですけどね(^^;;なるのかなぁ~
 
 
 
 
 
ダイキン ルームドライヤー除湿機 JTK10BS-W JTK10BSW 除湿器 除湿機

ダイキン ルームドライヤー除湿機 JTK10BS-W JTK10BSW 除湿器 除湿機

除湿機 CD-Hi105(G)

除湿機 CD-Hi105(G)


 

 
 
 

| | Comments (0)

June 19, 2011

ジャガイモ収穫@ポチ菜園

 ここ1年半近く、毎週のように貢いでいる女性がいます。なかなか振り向いてくれませんが、ようやく手を繋いで歩いてもらえるようになりました。
 って生々しい切り出しで恐縮です(^^;;
 その子を我がポチ菜園にお誘いして、ジャガイモ掘り大会を開催するつもりなのですが、気が付くと梅雨入りしてしまっているではあ~りませんか。
 ネットでの知識しかなく、収穫期は6月上旬、花が咲いたあと、枯れ始めてから、と認識していたのですが、花は咲かないし、枯れもしない、でももう6月中旬です。
 どうすればいいんでしょう?
 梅雨明けでは遅いという説もありますが、収穫は晴れの日でないとならないとも書かれてあります。
 こ、こまったぁ~(T_T)
 そんなわけで、メインのジャガイモ畑ではなく、様子見で別の場所に植えたジャガイモがあるので、そちらのジャガイモを収穫してみました。

P1090386

 ジャガイモ1個を半分に切って、その半分ずつ2つを植え、収穫できたものです。
 ずいぶん小振りですけど、こんなものなのでしょうか?
 でも、元々1個のジャガイモから収穫されたわけですから、量は増えています。ってことは成功?(^^;;

 味の方はどうでしょう。
 小さなジャガイモで試食してみることにしました。

 よく水洗いし、

P1090389

 マイクロウェーブで加熱し、バターと塩こしょうで味つけしてみました。

P1090391

 いわゆる一つのじゃがバターって奴です(^^;;

 さて、お味は・・・。
 こ、これは!!!
 ・・・バターと塩こしょうが多すぎて、ジャガイモの味がわかりませんでした(^^;;
 不覚!(T_T)

 しか~し、ジャガイモがちゃんと生長していたことは確認できましたので、あとは芋掘り大会の日程を決めて、その子をお誘いするだけです。

 週末、晴れろ!!
 
 
 

| | Comments (2)

June 18, 2011

F&Oシステムズ LAP SHOT使用上の注意点

 今まで苦手意識を持っていた電装品の取付でしたが、GSX-R250R/SPのメーターをKOSOの多機能メーター「RX2N」に交換して自分にも多少は電装品の取付が出来ることがわかった為、シフトインジケーター「GIpro-X」も自分で取付を行い、さらに調子をこいたボクは、LAP SHOTの電源もバッテリーからではなく、ハーネスから分岐させる方法に変更しました。わざわざバッテリーから配線を伸ばすより、メーター裏から電源を取る方がシンプルだからです。
 ところが、LAP SHOTは煙を噴いて故障(T_T)
 なぜ壊れたのかわからないので、電圧計を取り付けしたものの、特に異常な電圧が掛かっているわけではなく、むしろ20年前のマシンにもかかわらず、普通に発電・整流されていることがわかって安心したくらいです。

 ではなんでLAP SHOTは壊れたのでしょうか?
 2004年に購入したので、寿命でしょうか?
 寿命にしては、煙を噴いてのご臨終は、ちょっと過激過ぎます。
 むぅ~。
 LAP SHOTを外して見ると、本体裏側に煙を噴いた跡が残っていました。

P1090356

P1090357

 DCジャック付近が火元なのがわかります。
 やっぱり電圧が原因と思われるので、LAP SHOTの取扱説明書を確認してみると、電源電圧「9~14V」となっていることに気がつきました。
 あ、あれ?14Vなんですか?
 ハーネスから電源を取っているので、普通に14Vオーバーなんですけど・・・(T_T)でも、それで正常ですよね?
 バッテリーから電源を取る配線もあるくらいなので、問題内容に思えるのですけど、怪しいのはやっぱりハーネスからの電源に思われるので、製造メーカーに確認したところ、バイクの場合はバッテリー接続じゃないボクのようなことになってしまうらしいです、はい(T_T)

 結論!
 LAP SHOTはバッテリー接続が基本(あるいは電池ケース利用)。ハーネスから電源を取ると、燃えます!(T_T)
 ※すべての車種じゃないそうですけど、逆にバッテリー接続でもダメな車種もあるそうです。そんな場合はオプションの外部バッテリーBOXを使うしかないそうです。

 はぁ(T_T)やっちまったなぁ~
 今回燃えたのがLP-01というモデルのLAP SHOTです。NSR250R/SEにはLP-02というモデルのLAP SHOTが付いています。
 いまの現行モデルが、LP-03なんですけど、このLP-03から磁気センサーのコネクターが仕様変更されていて、LP-01、02と互換が無くなっているんですよね。
 燃えたLP-01を03に買い直すと、いままで使っていた磁気センサーが無駄になってしまいますし、いざというときに02をバックアップに使えなくなってしまいます。
 でも、01、02はもう販売されていないので、えぇ~い!金に糸目はつけません。LP-01を修理して下さい!ってメーカー送りにしましたけど、修理不能とのことでした(T_T)
 
P1090380

 残念無念また来週~(T_T)・・・となるかと思いきや、このメーカーさん、以前もそうでしたけど、ものすごく対応がいいんですよね。
 01を活かしたい理由を話したところ、01のセンサーと、02の本体とセンサーを、03仕様に改良して下さるとのお申し出を頂きました。
 ありがとうございますm<_ _>m

P1090384

P1090382

 かつて、P-LAPがシェアをほぼ独占する中、低価格で打って出たLAP SHOT。当時の磁気センサーにはまだ問題があったようですが、無償でセンサーのヴァージョンアップが行われるなど、価格以上に対応の良さ・信頼性の向上もあって、いまやP-LAPに取って代わるほどの存在感です(よね?)。
 LP-01が壊れたことで、LAP SHOTよりさらに低価格なクレバーライトの「ZiiXラップタイマー」に乗り換えることも考えましたが、今回のメーカーの対応の良さは、ZiiXラップタイマーとの価格差を埋めるにあまりあります。
 ボクはLAP SHOT一本でこの先も通したいと思います!!
 
 
 
 
 
AVCO(アブコ) LAP-SHOT(ラップショット)III マグネットセンサー/12V直付電源

AVCO(アブコ) LAP-SHOT(ラップショット)III マグネットセンサー/12V直付電源

CLEVERLIGHT(クレバーライト) ZiiX ラップタイマー1個

CLEVERLIGHT(クレバーライト) ZiiX ラップタイマー1個


N PROJECT Nプロジェクト/LAP SHOT III(12Vバッテリー接続タイプ)

N PROJECT Nプロジェクト/LAP SHOT III(12Vバッテリー接続タイプ)


クレバーライト:CLEVER LIGHT  /ラップタイマー

クレバーライト:CLEVER LIGHT /ラップタイマー



 
 
 

| | Comments (2)

GSX-R250R/SP エアクリーナーボックス改良

 最近、GSX-R250R/SPのFCRセッティングに再挑戦していることは、何度かネタにしてきました。
 まだまだうまくいきませんけど。
 もっといろんなセッティングにチャレンジするべきとは思いつつ、現実逃避癖のあるボクのことですから、どうしてもFCRだけに集中できません。
 そこで頭をよぎったのが、現状のファンネル+ラムエア仕様が果たして正解なのだろうか、ということです。
 ファンネルのみの仕様は考えていません。グラベルに突っこんだときのエンジンへのダメージが深刻になるからです。そのため、ファンネルにラムエアを被せているわけですが、ここに問題があるのではと思いはじめました。
 ラムエアの謳い文句は、「NOパワーロス」。つまり、吸気抵抗にならないということです。 
 しかし、これは嘘だと思います。実際に試せば、違いのわからないボクでも違いがわかるくらいだからです。
 いや、もし、本当だとすると・・・。
 GSX-R250R/SPの場合、1番と4番に短い方の30mmの赤ファンネルを使用し、ラムエアを被せても、ラムエアがタンクに干渉し潰れてしまいます。
 もしかすると、ラムエアがタンクに押しつぶされることによって、吸気抵抗が発生するのでは??
 そんな疑問が生じました。
 ではどうすればいいのか。
 どこかしらにエアフィルターを用意したいボクとしては、エアフィルターの無いファンネル+キャブボックスの選択肢はありません。
 キャブボックスにパンストをエアフィルター換わりに被せるなら?・・・そんなパンストあるんでしょうかね?
 探しにいくと、怪しい人になっちゃいますし(^^;;
 ノーマルキャブで使用している純正エアクリーナーボックス改でも、以前FCRで試しています。
 画像がないと説明しづらいのですが、このエアクリーナーボックスは、純正をそのまま使用し、エアフィルターだけを取っ払い、吸気口にラムエアを被せているというものです。
 エアフィルターが無い分、パイロットジェットのセッティングが変わるほどの効果があるのですが、ファンネル+ラムエア仕様に比べると、さすがに劣ります。
 いろいろ考えてみましたが、ファンネルとエアフィルターを残しつつ、吸気を今以上によくできそうなアイディアを思いつくことができなかったので、ファンネルは諦めて、SP-F当時に使用されていたキャブボックスを参考に、純正エアクリーナーボックス改Ver.2を製作してみることにしました。
 幸い、純正エアクリーナーボックスはゴロゴロ転がっているので、その一つを加工してみました。
 じゃん!

P1090375

 吸気口拡大工事です(^^;;
 横から見ると、こんな感じ。

P1090374

 でもこのままではエアフィルターが取付できないので、小さな穴を開け、そこにステンレスワイヤーを通しておきました。

P1090377

 そこに、デイトナのターボフィルターをセットしようというものです。
 汎用シートのターボフィルターをカットして使います。

P1090378

 ターボフィルターをセットして、完成!

P1090379

 手作り感あふれてますけど、Ver.1よりは空気を吸ってくれそうな気がします。
 いや、間違いないでしょう。
 問題は、ファンネル+ラムエア仕様と比べてどうかということですけど、どうでしょうね?
 聞いた話しによると、エアクリボックスがある方が、セッティングが出しやすいってこともあるそうですので、吸気効率は変わらず、セッティングが出しやすい、なんてことになれば嬉しいのですけど。

 早く試してみたいなぁ~。
 
 
 
 
 
13271 デイトナ ターボフィルターシート (250X400)    

13271 デイトナ ターボフィルターシート (250X400)    

71658 デイトナ ターボフィルターシート 細目タイプ (250X400) ピンク/黒    

71658 デイトナ ターボフィルターシート 細目タイプ (250X400) ピンク/黒    

71659 デイトナ ターボフィルターシート 極細目タイプ (250X400) 濃黄/黒    

71659 デイトナ ターボフィルターシート 極細目タイプ (250X400) 濃黄/黒    


DAYTONA デイトナ/ターボフィルターシート

DAYTONA デイトナ/ターボフィルターシート


 
 
 


 


| | Comments (0)

June 12, 2011

ダイキン ルームドライヤー JTK10BS取付

 梅雨になって、ガレージが凄いことになっています。
 ちょうジメジメ状態なのです。
 整備スペースのなんちゃってフローリングは、歩くとしっとり濡れていて、サービスマニュアルなんかは水分を吸ってシワシワに波うってしまうくらいです。
 ガレージの通気環境は、ガラリ窓から吸気し、内部の空気はサーキュレーターで循環させ、有圧換気扇で排気していますが、なんの効果もないみたいです。
 このままではガレージ内でもバイクや部品が錆びていきそうな懸念があるので、除湿のために、ダイキンの「ルームドライヤー JTK10BS」を導入することにしました。
 どの除湿器にするか、ずいぶん悩みましたが、一般的な床置きの除湿器は省スペースのために選択肢から外した結果、価格コムで酷評されているこの除湿器を選びました。
 ボクが考えるダイキン・ルームドライヤーのいいところは、壁掛けできる点と、排水不要の点です。
 排水不要といっても、排湿ダクトを簡単に工事しないとなりませんけど。
 排湿ダクトは、ガラリ窓を加工することにし、加工のためにガレージ内のバイクを一旦外に出しました。

P1090371

 ガレージ内でカバーを掛けて保管していたNSR250R/SPペンタックスのカバーをめくって、衝撃の事実が!
 結露しています(T_T)
 ま~じ~?
 マシン保護のためのカバーのはずが、逆にカバーのおかげで結露してしまうとは・・・。

P1090372

 ペンタックスの奥に同様に保管してあったアプリリアRS250も移動させました。

P1090366

 すると、さらに衝撃的な事実が(T_T)
 昨日は結構強めの雨だったのですけど、軽量ブロックの基礎から雨水が浸みて、床が濡れていました(T_T)

P1090365

 ん~。
 こんなもんなんでしょうか?
 施工上の問題なんでしょうか?
 まぁガレージを土禁で使用するなってことなんでしょうけど、雨が浸みて床が濡れるのは土禁に関係なく面白くない事実です。
 はぁ(T_T)

 ルームドライヤーの取付工事は簡単で、本体を取り付け、本体裏から伸びる排湿ホースをガレージ外に配管するだけです。プラスチック製のガラリに、排湿ホースの外径に合わせたホールソーで穴を開け、ホースを外に出しました。で、ガラリはプラ板をつかって、塞いでしまいました。ただでさえ隙間だらけのガレージなのに、通気性がよすぎると、除湿の効果が下がってしまうと考えたからです。
 そして、取付完了!

P1090370

 ガレージ内のバイクには、カバーを掛けず保管することにしました。

P1090373

 キズを防ぐのに、タオルケットくらい掛けておこうかな、と考えていますけど。

 ルームドライヤーは、自動運転モードで、湿度60%以上で動作するそうです。
 まだ効果は不明ですけど、夕方ガレージ内に入ってみたところでは、以前よりもジメジメしていない感じでした。
 夕方だったからかな?

 しばらく様子をみてみようと思います。
 
 
 
 
 
ダイキン ルームドライヤー除湿機 JTK10BS-W JTK10BSW 除湿器 除湿機

ダイキン ルームドライヤー除湿機 JTK10BS-W JTK10BSW 除湿器 除湿機


 
 
 

| | Comments (0)

June 11, 2011

雨ですねぇ~

 雨ですね。
 昨日会社を休んで遊びに行って正解でした。

 アクセス150万件達成ネタを書いたら、なぜかアクセス件数が激減しました。
 なぜなんでしょう?
 コンスタントに一日1400PVあったのに、ガクっと落ちてガックシ。

 アクセス件数を伸ばすために、少しでも更新したいのですが、雨じゃなにもできません。
 いろいろネタは用意してあるのに。

P1090360

 なんちって(^^;;
 これはフレキシブルジャバラ(英語?日本語?)から排気漏れするらしいので、要補修なんですけどね。
 これ以上爆音にするわけにはいかないと思いつつ、ついポチッとな。

 つけるかどうするか、悩んでます。

 
 

| | Comments (2)

本日の動画 オンボードカメラ映像

 オンボードビデオカメラのステーが震動で揺れて困っています。
 都度、強度を増すなど、対策を行ってきましたが、まだまだのようです。
 前回は、ステーの取付部分で振動が発生したので、その点を見直すことにしました。

 この隙間が振動の原因です。

P1090352

 そこで、隙間を埋めるために、ワッシャーを入れてみることにしました。
 表面の黒いものは両面テープです。

P1090353

 それでは、本日の動画。FCRセッティング中の試走です。

 アクセル開度1/2以下でパカ開けしなければ、まったく問題ない加速をするんですよね。

 振動は、マシになりましたが、解決には到らず・・・。
 カメラ本体が振動で揺れているなら、衝撃吸収ジェルなどを使うのですけど、ステーの振動のようなんですよね。
 もっと合成の高いマテリアルにしなきゃなんでしょうかね?
 もうGIproの動作状況は撮れたので、少し熱が冷めてきました(^^;;

 
 
 

| | Comments (5)

June 10, 2011

GSX-R250R/SP FCRセッティング@富士スピードウェイ ショートコース

 GSX-R250R/SPのFCRのセッティングのために、今日もやってきました富士スピードウェイ・ショートコース!
 もちろん一番乗り!

P1090350

P1090351

 と喜んでいたら、ガソリンの携行缶を持ってくるのを忘れていることに気がつきました。
 (T_T)なんてこったぃ。
 いきなりやる気が失せましたが、GSX-R250R/SPを自走させてFSW内のガソリンスタンドで給油することで、問題解決!
 早速時間をロスしてしまったので、のんびりせずに、チャキチャキとセッティングを始めました。
 そうそう、エンジンの始動は、前回同様パーツクリーナーを吹きかけることでOK。エンジンが暖まるまで不安定で手間が掛かります。アクセルを開けすぎても全閉でもすぐストールしてしまいますが、根気よく暖まるのを待てば大丈夫でした。
 十分にエンジンの暖機をしたのち、セッティング開始です。

P1090354

 まず、この前書いたことは忘れてください(^^;;
 赤面してしまうくらいの大嘘でした。せっかく書いたので、消しませんけど。

 先日の印象から、ジェットニードルのテーパー角を変えてみた方がよさそうな気がしたので、早速JNを交換しました。
 ストレート径は同一。切り上がりも同一・・・のはず。
 ところが、走らせてみると、なんじゃりゃ~という感じで、アクセル開度1/2からエンジンが回らなくなりました。
 前回の経験から、クリップ位置が濃すぎるのはわかったのですけど、同じクリップ位置なのになぜ・・・。
 つまりは、テーパー角を変えてしまうと、同じ切り上がりで同じクリップ位置でも、走りは全く異なってしまうということなんですね。浅はかでしたよ。
 
 A/Fメーターの表示がライオネルリッチなことからも明らかに濃いとわかるので、クリップ位置を薄めにして試乗してみました。
 おぉ!エンジンがFCRではかつてなかったほどエンジンが回ります。特に、アクセル開度1/2から全開に到るまでのスムーズ感に感動です!

 でも、まだA/Fメーターの表示はリッチブラックモアですし、乗った感じもパワフルだけど重い感じがするので、クリップ位置をさらに薄くしてみました。
 お!全体的な印象ががらりと変わった気がします。
 先ほどよりはよくなっているのですが、なんだか神経質な感じがします。アクセル開度1/4付近が濃く感じますし。そして、ラフにアクセルを開けると、ゴホッっと息をついて、加速しなくなります。回転を合わせるようにアクセルを開けると問題ないのですが・・・。先日のセットでこんな風になったかなぁ?むぅ~。アクセルの急開を試したかどうか忘れちゃいました(^^;;
 ゴホッとなった状態でアクセルを開け続けると失速するのですけど、中途半端にアクセルを戻すと、マシンの挙動がやばいくらい乱れます。これは・・・危険です(T_T)

 今度は、アクセル開度1/4が濃く感じたことから、ストレート径を太く(ガスを薄く)してみました。よせばいいのに、クリップ位置も同時にいじっちゃったもんだから、走らせた感じの印象が薄くなってしまいました。
 やっぱり面倒でも2箇所をいじっちゃダメなんですね。反省。
 ストレート径でガスを薄くしても、A/Fメーターでは明確にわかりません。感覚的には、悪くなった印象です。

 ストレート径だけ元に戻して試乗。
 A/Fメーターでは、全域濃い感じです。でもどこをどう薄くすればいいのかわかりません。
 そして、ラフにアクセルを開けるとゴホッと失速。失速時のA/Fメーターは、リーンの翼です。
 なるほど、これが負圧キャブと強制開閉キャブの違いですね。

 いままで全閉だった加速ポンプを全開にしました。
 加速そぅち!
 おぉ!
 ゴホッというのが改善されました。
 さすがに意地悪な開け方をするとダメですけど、それでも失速状態から加速していこうとします。
 マシンの挙動のみだれも大きくありません。
 でもまだ濃いかな?

 と思ったので、加速ポンプをやや絞って様子をみると、これがなかなかいい感じでした。
 まだ納得できないんですけどね。
 でも、これだけやるのに、午前中いっぱい掛かってしまいました。

 最近のボクのトレンドは、午前中だけで切り上げるスタイルですし、午後にはちょっとやらなきゃいけない手続きがあったの、今日は走行無しで撤収しました。

 今日は曇りでしたから、今日のセットで次回も同じように走れるのか、ちょっと不安です。

 それにしてもちょう格好いいボクのGSX-R250R/SP。

P1090358

 少し前進したような気がしますが、次回に繋げるための収穫がない一日となりました。
 はぁ~。

 
 

| | Comments (2)

June 08, 2011

次回走行予定

 読者の人から「いつ仕事してるの?」とメールを頂きました。
 ブログを読んでいると、遊んでいるばかりのような印象らしくて、そんな質問になったようですが、はい、一応仕事もしています(^^;;
 でも、仕事をしているというより、会社に行っているだけ、って感じの最近です。
 会社に行っても仕事がなくて(^^;;
 仕事をしているフリが下手なので、腕組みしてぼぉっとしています。
 そのため、周りからの印象はずいぶん悪いです(^^;;特に上司から

 そんなわけで、仕事も暇ですし、6月は旗日もないので、今週金曜日は有給休暇を取って、富士スピードウェイのショートコースに行って来ようと思っています。
 翌日の土曜日も2輪の走行枠がありますが、その日は天気がよくなさそうですし、グッドタイミングかも!
 やることは、もちろんFCRのセッティングの続きです。
 前回の走行で濃く感じたところ、薄く感じたところを修正して、様子をみてみようと思っています。
 そのため、新たにジェットニードルを購入しておきました。

P1090349

 それぞれ、かため、こいめ、おおめのセッティングです(^^;;ぉぃ
 間に合ってよかった~(^^)

 FCRのジェットニードルは、ストレート径、切り上がりに24種類、テーパー角に17種類があり、組み合わせでは1万通りあるというのが建前ですが、実際にスモールボディ用でラインナップされているのは71種類程度のようです(ビトーのJNの場合)。しかも、71種類のうち、テーパー角は5種類からしか選べません。切り上がりは4種類。そのうち一部は重複していますし、ストレート径も24種類すべてがあるわけではなく、実際に選択肢に挙げられる径は5種類もないでしょう。つまり、ある程度まで候補を絞ることができれば、あとは総当たり戦でなんとかなるんじゃないのかな?と思うわけです。
 そういえるのも、A/Fメーターで候補を絞り込めるおかげなんですけど。
 断言はできませんが、ボクの場合、現時点切り上がりは固定しても問題ないと思っています。固定といっても、その中で7段階ですからね。ストレート径は3種類までに絞れています。テーパーはこれからですが、4種類として、1/12の確率でJNが決まります。
 JNは1本567円。4気筒なので、1台4本で2268円。それを12種類全部購入したとしても27216円。
 実際には、テーパー角4種類をはじめに揃えて、どのテーパーにするのかを決めてしまえば、12種類すべてを購入する必要はなくなるわけで、異なるテーパー角のJNを購入するときにストレート径も違うものを購入しておけば、最短、5セットのJNを購入するだけでJNを決定できてしまうわけです。
 素人の机上論ですけどね。
 まぁそんなエラソーなことをいいつつ、どつぼにはまるのが常なボクなわけで、JNだって上記のような購入方法にすればいいと思いつつ、適当に買ってしまったわけなのですが(^^;;
 運がよければ、金曜日にJNが決まるでしょう。運がよくなくても、追加で1セットのJNを購入するだけで、JNは決まると思います。
 そうしたら、あとは煮詰めていくだけです。
 9000rpm付近でのトルクの谷をなくすことができればいいのですが。
 さて、どうなるでしょう?


 
 

| | Comments (0)

June 05, 2011

ポチガレージ CBR250RR フロントフォーク オーバーホール

 ポチガレージ、細々と営業中でございます(^^)

 今日は、先日XJR1200のタイヤ交換でご利用頂いたおむすびさんの紹介で、KさんのCBR250RRのフロントフォーク・オーバーホールのご依頼を頂きました。
 ありがたやありがたや。
 CBR250RRはかつて2台所有していたこともあって、サービスマニュアルがあるので、お引き受けできました。

 これがKさんのCBR250RR。1991年モデルです。

P1090338

 ほ、欲しい!
 思わず買い取りの商談をはじめてしまうところでした(^^;;

 フロントフォークのオーバーホールをするには、フロント部分をリフトアップしなくてはなりませんが、我がポチガレージには折り畳み式の汎用フロントスタンドがありません。
 サーキットでの使用を前提にしたため、かさばる折り畳み式ではなく、ワンタッチスタンドにしたからです。
 そのため、車種毎に用意することになり、NSR-mini用、GSX-R250R/SP用、NSR250R用と3本もあるわけですが、こうして他のマシンの整備をする機会が増えていくなら、折り畳み式のフロントスタンドも必要かもしれませんね。
 CBR250RRの場合、幸いNSR250R用のワンタッチスタンドが代用できるのですが、残念ながらアッパーカウルとスタンドが干渉してしまいます。
 自分のバイクなら気にせずガシガシ作業してしまうところですが、今回は自分のマシンではありませんので、そんなことはできません。
 ではどうするかというと、ワンタッチスタンド使用のために、まずはアッパーカウルから外しました。

P1090339

 CBR250RRもアッパーカウルのみを外すことができるんですね。
 フルカウルを全部外す必要がなくて助かりました。

 ワンタッチスタンドでリフトアップするまえに、アクスルシャフト、キャリパーマウントボルトなどを軽く緩めておきます。かたく締まっていた場合、リフトアップ後ではトルクが掛けられない場合があるからです。
 フロントフォークボルト(フォークの蓋)は、トップブリッジ、ハンドルのボルトを緩めてから緩めないと、破損の可能性があるらしいので、要注意です。
 また、フロントフォークボルトを緩めるには、17mmのヘキサゴンソケットが必要になりますが、滅多に使用しないサイズなので、今回は工具は用意せず、17mmの長ナット(高ナット)を利用しました。

P1090344_2

 フォークを抜く前に、ダンパーロックボルト(フォークの底のボルト)も忘れず緩めておきたいところです。
 あとは、ボルトをそれぞれ緩めて、フォークを外すだけです。

P1090341

 GSX-R250R/SPと大して違いのない作業なので、それほど戸惑うことはありませんでした。
 強いていえば、右のトップブリッジのボルトを緩めるのに、フロントブレーキのマスターシリンダーを半脱着したことくらいでしょうか。

 外したフロントフォークを分解!

P1090342

 洗浄!

P1090343

 完成!

P1090345_2

 外装とマスターシリンダー以外のボルトはすべて東日製トルクレンチを用い、規定トルクで締め付けしました。
 規定トルクに幅がある場合は、そのほぼ中間値としてあります。

 NSR-miniやGSX-R250R/SPでの経験が、CBR250RRにも活かせたことがうれしいです(^^)

 ってことで、ポチガレージではボクにでもできそうな簡単な作業依頼をお待ちしております(^^;;
 
 
 
 
 
Jトリップ  フロントスタンド:汎用

Jトリップ フロントスタンド:汎用

バトルファクトリー BATTLE FACTORY フロントスタンド:NSR250 90-   webike18204

バトルファクトリー BATTLE FACTORY フロントスタンド:NSR250 90- webike18204

国産東日のモーターサイクル用トルクレンチ  MTQL70N

国産東日のモーターサイクル用トルクレンチ MTQL70N
>


Jトリップ /フロントスタンド

Jトリップ /フロントスタンド


バトルファクトリー BATTLE FACTORY/フロントスタンド

バトルファクトリー BATTLE FACTORY/フロントスタンド NSR250


 
 
 


 

| | Comments (2)

June 04, 2011

濃厚ソフトクリーム 忠ちゃん牧場@裾野

 お寿司を食べたら、突然デザートにソフトクリームが食べたくなりました。
 御殿場付近に美味しいソフトクリーム屋さんがあるのか知らなかったので、ここはネットで検索することにしました。
 一番多く出てきたのが、御殿場プレミアム・アウトレットのソフトクリームでしたが、これはちょっとパス。混んでいそうだからです。
 次いで検索されたのが、意外にも、「沼津 魚がし鮨 流れ鮨 御殿場店」のソフトクリームでした。
 朝霧高原は朝霧乳業のソフトクリームらしいです。有名なんでしょうか?・・・よく知りませんけど(^^;;
 ネーミングだけでおいしそうな雰囲気があるのですが、同じお店で食べてもネタ的にはどうなんだろう?と考えて、「沼津 魚がし鮨 流れ鮨 御殿場店」より10kmほど離れた裾野市の「忠ちゃん牧場」というところに行ってみることにしました。

 道は混むことなく、すぐ到着。

P1090331

 ちょっとイメージと違いましたが、ソフトクリームの旗をみてちょっと安心しました。
 しばらくすると、「ジンギスカン」の文字の上にソフトクリームの文字があることも認識できました。
 ちょっとばかり「ジンギスカン」に目を奪われ過ぎていたようです。
 あまりのインパクトに、入口すらわかりませんでしたが、冷静になるとちゃんと入口らしい入口があることに気がつきました(^^;;

P1090332

 ソフトクリームも売りのひとつのようです。さらに安心。
 と、ところで・・・。

P1090333

 ボクの感受性が豊かすぎるのでしょうか?
 絵がソフトクリームではなく、ウ○コに見えてしまいます。Dr.スランプに出てきそうな・・・。
 ん~。忘れることにします(^^;;

 食堂に入って、ソフトクリームを購入しました。
 1つ、350円。確かに濃厚です。
 しかし・・・。

P1090334

 200席の食堂に、お客が3人。
 あまりにも凄いものを見てしまった気がして、ソフトクリームの写真を取り忘れてしまいましたよ(T_T)
 気がついたときはすでに遅し。でも、それではブログのネタにならなくなってしまうので、残ったソフトクリームをいかにもソフトクリーム!って形状に整形し直して、写真を撮っておくことにしました(^^;;

P1090337

 雰囲気、出てるでしょ?(^^;;先っちょだけ。

 がらんどうだった食堂ですが、ちょっと気になります。
 ジンギスカンハウスって看板があるくらいで、メインはジンギスカンなんでしょう。
 ジンギスカンといえばラム肉。独特の臭みがあって、嫌いな人は嫌いなのかも知れませんが、ボクは結構好きな方です。関連するところでいえば、ボクは「うる星やつら」のTV版DVD-BOXだって持っています。BOX1とBOX2とで、DVD50枚ですよ。
 こりゃもう行くしかありませんね!
 今日は寿司を食べたばかりだったので、さすがにジンギスカンを食べることはできませんが、今度富士ショート帰りに立ち寄るとするなら、この「忠ちゃん牧場」に決定です。
 楽しみだなぁ~。
 
 
 
 

| | Comments (0)

沼津 魚がし鮨 流れ鮨 御殿場店@御殿場

 毎回、というわけにはいかないのですが、スポーツ走行からレジャー走行に転向したことを機に、走行後はご当地の美味しいものを食べに行ってみよう~なんてことを考えている今日この頃です。
 地元の美味しいものは食べに行かないのに、変なの、って我ながら思うんですけど、それはそれ、ご近所では得られない開放感があるんだと思います。
 旅の恥は掻き捨て、って言いますしね(^^;;ぉぃぉぃ

 富士ショートコース帰りには、富士吉田山中湖には行ったりしましたが、まだ御殿場には行ってません。
 ボクの仕入れた情報が確かなら、御殿場は、あの「キャンディ・キャンディ」の主人公・キャンディス・ホワイト・アードレー(っていう名前だったんですね、へ~)も大好きな町らしいです。
 歌にもなっているらしいです。

 ・・・

 はい、ツッコミは出来ましたか?
 出来なかった人は、カラオケ屋で復習するように!(^^;;ぉぃ

 御殿場に何かないかなぁ~と探して、候補に挙げたのが、「沼津 魚がし鮨 流れ鮨 御殿場店」です。
 御殿場じゃなくて、沼津に行けば?ってツッコミはなしでお願いします(^^;;
 せっかくなので、沼津に行きたかったのですが、夕方からのボウリング大会に遅刻するわけにはいかないのです!
 ってことで、富士スピードウェイから国道246号線を下り、「沼津 魚がし鮨 流れ鮨 御殿場店」に行きました。

P1090330

 「日本初の流れ鮨」ってなんだろう?って思い、調べてみると、「注文したお鮨やお料理がなんと各テーブルまで流れてきます。だから流れ鮨なのです。」だそうです。
 屁理屈にしか思えないのは、ボクがまだピュアな心の持ち主だからでしょうか?
 でも、このシステムは悪くありません。回転すしと違って、注文したものが運ばれてきますから、安心感があります。いまでこそ、調理した後、時間がある程度経過したものを自動的に廃棄するシステムを持つ回転すしは一般化しているように思いますが、大和市のとある回転すし屋で、耐久レース並みにラップしたお寿司に霧吹きで水を拭きかけ、さらにラップさせている現場を実際に目撃したことがありますから。そのときは、「ここはル・マンか?」と思ったほどです(^^;;
 また、声を出して注文するお店の場合、シャイなボクは大きな声を出して注文するのが恥ずかしくて、結局なにも注文できないこともあります。無理矢理声を出しても、間が悪く他の人と注文が重なって無視されたり、緊張のあまり、声が裏返って、ソプラノな声で「ヘイ、オヤジ!鉄火巻~」って歌う羽目になったりすることなく注文できるタッチパネル万歳!

 ボクは、高級ネタに嫌いなものが多いため、実に安上がりな男になっています。イクラだめ、エビだめ、カニだめ、ウニだめ、数の子ダメ・・・などなど。
 そんなボクがこの流れ鮨で食べると、スシローやかっぱ寿司に対し、3倍の費用が掛かりました。
 いままで100円皿だったものが、280円皿中心になるって感じでしょうか。
 お値段が3倍になるだけあって、ネタもひと味違うような気がしました。身が締まってるし、水っぽくないし、ちょっと大きめ。

 でもでもでも、どっちを食べるかと聞かれれば、やっぱりスシローやかっぱ寿司でしょうか?
 3000円の寿司を食うなら、1000円の寿司を食って、2000円はパーツ代。そっちの方が幸せです。
 んじゃなんで食べに行ったの?と聞かれると、こうしてブログのネタにするためなのでした(^^;;

 御殿場の美味しいもの、他になんかありませんかね~?
 
 
 
 

| | Comments (2)

GSX-R250R/SP 富士ショートコース走行 今年5回目

 FCRの様子を調子をするために、2輪B枠を走ってみることにしました。
 準備していると、悲しい事実に気がつきました。
 「LAP SHOT」がお亡くなりになっています(T_T)まじかよぉ~
 先日、電圧計をつけたのは、LAP SHOTから正体不明の煙が出てきたからでしたが、その後も動作していたので安心していました。ところが、やっぱり壊れていたみたいです。
 修理できるんでしょうか?
 再購入でしょうか?
 ただでさえ落ち込むのに、壊れた原因が不明だけに、さらに気分が重くなります(T_T)
 電圧計で電圧を気にしてみましたが、特に問題はなさそうです。
 バッテリー電圧12.5V。スターターセル動作時に9V前後に落ち込みますが、アイドリングから14V前後で安定。
 異常電圧は確認できません。
 自分のブログを読み直してみると、LAP SHOTを購入したのは、2004年5月のことですから、寿命だったんでしょうかね?

 今日は、やすりんさんとご一緒しましたが、マシンはGSX-R1000ではなく、CBR250RRでした。

 P1090313

 パワーが足りないとやすりんさん。
 取りあえずマフラーを交換して、20000rpmサウンドを全開にしてみてはいかがでしょうか?
 マフラーだけでどの程度性能が向上するか知りませんが、軽くできますし、音だけでも気分は盛り上がりますよぉ~(^^;;なんちって、釈迦に説法ですね。

 今日から車載カメラはSONY「bloggie MHS-PM5」となります。
 YKTさんの真似をして、トダ精光の「カメラ付き携帯電話用・スマートフォン用コンバージョンレンズ <マグネットマウント> K-701」も用意しておきました。

P1090309

 付属の金属リングをカメラに貼りつけると、マグネットでこのワイドレンズがぴったりくっつくというお手軽さです。
 それを新ステーにセットして準備OK!

P1090314

 結論からいうと、ステーがずいぶん改善されたものの、まだプルプル震えてしまって不満足な結果に終わりました。
 カメラの固定方法を考えなくては!!

 さて、FCRの調子ですが、かつてFCR仕様で走らせたときのどのセッティングよりもまともに走りました。
 いままでが酷すぎただけなんでしょうけど、A/Fメーターがなければ未だに迷走中だったと思います。
 走らせた印象ですが、全体的に濃いかも?という感じです。
 走りに軽快感がなく、A/Fメーターも表示範囲を超えてほとんど「R」と表示されたままでした。
 しかし、アクセル操作のない全開になると、12近くも表示されます。

P1090321

 スロージェットは薄くしたので、多分それほど関係なし。数値も問題なし。
 ジェットニードルのストレート径も多分それほど問題なし。数値も多分問題なし(^^;;
 ジェットニードルのクリップ位置は濃くしていい感じなので、絶対関係なし。
 MJも多分問題なし。薄いかもしれないと思うくらいだけど、数値に問題なし。
 ってぇことは、消去法でジェットニードルのテーパー角に問題有り?
 走っていると、いまいちアクセル開度がわかりませんが、全開手前で濃いような様子はあるように思います。
 ということで、次回のJNは、ストレート径そのまま、もしくはやや薄く、クリップ位置は濃いめ、テーパーは薄めって感じでチャレンジしてみようと思います。

 今回わかったこと。
 当たり前のことかも知れませんが・・・。
 いままでは、濃い薄いというと、すべてについて全体的に同じ方向に振っていましたけど、SJ、MJ、JNはそれぞれ別で、さらにJNだけでも、ストレート径、切り上がり、テーパー角のそれぞれを別に考えてセットしていく必要がありそうだ、ということです。
 いままでは濃いのか薄いのか判断ができないので、クリップ位置で薄すぎて、テーパー角で濃すぎる、なんてことが当たり前のようにあるなんて、実感しきれていませんでした(^^;;
 ホント、恥ずかしいです。

 あ、おまけに、bloggieで撮った動画を貼っておきます。
 GIpro-Xの動作状況です。

 エンジンを掛けたところから、いきなりピットインするシーンになりますので、よくわからないかも知れませんが、GIproに興味のある人はみてください。

 そうそう、どなたかLAP SHOTが余っている人いませんか?
 譲ってください!
 
 
 
 
 
カメラ付き携帯電話用コンバージョンレンズ &lt;マグネットマウント&gt;【K-701】4560188300065

カメラ付き携帯電話用コンバージョンレンズ &lt;マグネットマウント&gt;【K-701】4560188300065

PZレーシング:GEARTRONIC2/ギアトロニック2 ギアインジケーター GT400 / HONDA CBR1000RR(04-09)

PZレーシング:GEARTRONIC2/ギアトロニック2 ギアインジケーター GT400 / HONDA CBR1000RR(04-09)

(020)アクティブ KEIHIN FCRキャブレターリペアパーツ/セッティングマニュアル/32620303

(020)アクティブ KEIHIN FCRキャブレターリペアパーツ/セッティングマニュアル/32620303

 
 
 
 

| | Comments (5)

GSX-R250R/SP FCRセッティング@富士スピードウェイ ショートコース

 今年5回目となる富士スピードウェイのショートコースに行って来ました。
 今日の目的は、GSX-R250R/SPのFCRキャブレターのセッティングです。
 ガレージでは爆音過ぎてエンジンを長く動かすことができませんし、登録していないマシンなので、公道を走らせることもできません。
 そこで、レーサーでも走行可能な富士スピードウェイでFCRのセッティングを行うこととしました。

P1090310

 現在は、加速ポンプの吐出量をゼロにしてあるので、始動させるのは困難だろうなぁと予想していましたが、ラムエア(という名のスポンジフィルター)にパーツクリーナーを吹きかけてセルを回すと、一発始動できました。
 アイドリングを高めていたわけでもなく、あっけなく掛かりました。感動~。
 いままでは、、プラグをカブらせてしまってエンジン始動に失敗、プラグ交換の費用に泣く、ってパターンでしたので、これでだけでもボクには大きな意味があります!

 しばらく暖機運転して様子をみましたが、やはり空燃比は濃いように思われます。
 先日スロー系のセッティングをしたときは、エアスクリュを薄めにすると調子が悪くなりましたが、今日はあれこれ試そうと思い、スロージェットをワンランク薄めに、そして、なんとなくメインジェットを薄くしてみました。

P1090311

 試乗してみると、意外に発進はスムーズです。トルクがないわけでもなく、スロージェットが薄いということはなさそうです。しかし、アクセルを開けて行くと、アクセル開度1/2付近からエンジンが回りません。その時のA/Fメーターは、16付近を示します。実際には、A/Fメーターの数値は安定しているわけではなくて、濃くなったり薄くなったりを繰り返すわけですが、いままでの濃いと思ったアイドリング時の数値よりは明らかに薄い状態です。
 なるほど!A/Fメーター、コイツは使えるかもしれません。
 アクセル開度1/2ということは、ジェットニードルのクリップ位置でしょう!ってことで、クリップ位置を濃いめに振って、再び試乗。

 おぉ!
 よくなってる!!

 ラフなアクセル操作は禁物なのは当然として、下から上まで回ります。
 アクセル全閉からアクセルを開けても、フガフガとドンつきが出たりしません。
 今日はセッティングの真似事で終わるかも、って考えていましたが、ここまで走れるのであれば、実際にコースを走行させて様子を見た方がよさそうに思えるくらいです。

 ってことで、実際に1本走ってみることにしました。

 次回へつづく!
 
 
 
 
 
【6/30まで送料無料】汎用コンパクトLCD A/Fメーター (空燃比計)

【6/30まで送料無料】汎用コンパクトLCD A/Fメーター (空燃比計)

2輪 サインハウス ラムエア MS-H08 フィルター 00014480 ツインファンネル汎用 ヤマハ SRX400

2輪 サインハウス ラムエア MS-H08 フィルター 00014480 ツインファンネル汎用 ヤマハ SRX400


SP武川 SPタケガワ/コンパクトLCD・A/Fメーター(外部電源バックライト有りタイプ)

SP武川 SPタケガワ/コンパクトLCD・A/Fメーター(外部電源バックライト有りタイプ) 汎用



RAMAIR ラムエア/MSシリーズ(ソックスタイプ)

RAMAIR ラムエア/MSシリーズ(ソックスタイプ)


 
 

| | Comments (0)

June 03, 2011

明日の予定

 天気も良さそうですし、明日は富士スピードウェイのショートコースに行って来ようと思います。
 朝一から現地入りして、FCRのセッティングの真似事をします。
 なんとか走れるような状況であれば、チョロっと走ろうと思いますが、午前中で切り上げるつもりなので、間に合うかどうか・・・。
 明日のテーマは、暫定的なメインジェットを決めるってことと、次に買うジェットニードルの目星をつけたいってところです。
 A/Fメーターを参考にするのは当然として、その数値を信じていいのかどうか、その見極めが難しいです。
 信じたいし、信じてもいいような気がしているのですけど、闇雲に信じてどつぼにはまるのも避けたいですし・・・。
 なんか検証するうまい手があればいいのですけど・・・。

 そうそう、遅いながらも、富士ショートでの目標タイムにはすでに達してしまったので、これからGSX-R250R/SPはFCRのみで走らせます!
 もう純正キャブには戻りません!
 もう少しだけ速く走りたいときは、NSR250R/SEに乗ればいいだけの気がしますし。って多分そんな気分になることはないと思いますけど。

 さて、寝よっと(^^;;

 
 

| | Comments (2)

June 01, 2011

祝!150万アクセス!!

 本日、午前7時半頃、当ブログのアクセス件数が150万件を突破しました。
 こんなバカ丸出しのブログにアクセス頂いて、ありがたいことです。

 最近の状況は、月間44000PV強、一日1400PV強となっています。
 アクセス件数を増やすにあたり、一日の出来事でエントリーするのではなく、ネタ毎に細かくエントリーし、関連するネタへのリンクを貼ることを心がけました。また、週末にエントリーが集中しないよう、週末のネタを平日にエントリーすることで、平日のアクセスが減らないような取り組みも行ってきました。
 結果、微増ながら右肩上がりでアクセス件数が増え、現在に至ります。

 ボクが感じる問題点としては、ネタ作りのためのお買い物が生活を圧迫してる点が挙げられると思います。
 実際、経済的にかなりヤバい状況になっています(T_T)そのため、ご存じの通り、アフィリエイトがどの程度の効果があるのか、実験的に導入しはじめました。これについては、引き続き様子見です。
 その他の問題点としては、ネタを優先するあまり、本来自分がやりたいと思っていることと実際に行うこととに少なからずギャップが生じてきているということでしょうか。もっとじっくりやっていきたいことも、ネタとして結果を性急に求めすぎて、楽しむべき過程が疎かになっている気がします。
 アクセス件数を増やすことが趣味なら、決して間違ったアプローチではないと思いつつも、一番したいことがなんなのか、自分で見失っている結果だと思います。

 さて、今後の展開についてですが、考えていません(^^;;ぉぃ

 ではでは。


 
 

| | Comments (3)

« May 2011 | Main | July 2011 »