« June 2011 | Main | August 2011 »

July 30, 2011

GSX-R250R/SP タイヤ準備

 朝から大雨が降っています。
 この調子では、明日富士スピードウェイのショートコースはまず間違いなくウェット・コンディションでしょう(T_T)
 残念(T_T)
 でも、もしかしてもしかすると、晴れもあり得るかも?とつい妄想してしまうボクなので、一応準備だけはしておくことにしました。
 NSR250R/SEで一度だけ走行したタイヤをGSX-R250R/SPのスペアホイールに履かせておくというのが今日の作業です。

P1090701

 タイヤはこの通り、皮むきも終わっていない状態です。

P1090702

 まずはGSX-R250R/SPのリアホイールのバランス確認から行いました。

P1090703

 以前に、現在のホイールに行ったのと同じ作業です。
 予めホイールの一番重い場所に印を付けておくことで、タイヤを組む際にタイヤの軽点と合わせてホイールバランスを取る際のウェイトをより軽くしようという試みです。うまくいけば、ウェイト無しでバランスが取れてしまうこともないわけではありません。
 重点?には、印を付けておきます。

P1090704

 ・・・印の方向がいびつになってしまいました(^^;;
 フロントも同様にバランスを確認し、重点にマーキングをしておきました。

P1090705

 NSR250R/SEから外したピレリ・ディアブロコルサスーパープロSC2を、GSX-R250R/SP用のスペアホイールに組み替えて、バランスを取って、作業終了!

P1090707

 お願い!晴れて!
 
 
 
 

| | Comments (3)

July 29, 2011

今週末の予定

 今日は会社から帰ってきて、GSX-R250R/SPいじりをしました。
 といっても、先日放り出したままだったので、GSX-R250R/SPに外装を付けただけです。
 これで出撃準備OK!

 今週末の予定~。

☆土曜日!
 NSR250R/SEから、ディアブロスーパーコルサSC2を外し、GSX-R250R/SPのスペアホイールに組み直します。
 このタイヤは、去年1度だけ走らせただけなんですよね。
 NSRも走らせてみたいとは思っていますが、もう少しGSX-R250R/SPに集中しようと思っているので、このタイヤはGSX-R250R/SPに投入します。

☆日曜日!
 富士ショートに行きます!
 FCRのメインジェット、ジェットニードル、スロージェットの変更を一気に行ったので、これでまともに走るかどうかのチェックです。
 まともに走らなければ、走るようにセッティングの見直しを行いますし、まともに走れば、ちょっと真面目に周回してみようと思っています。

☆週末じゃありませんけど・・・月曜日!
 有給休暇を取って、富士ショートに行きます。
 日曜日の感触次第で、ディアブロを投入、絶対ベストタイムを更新します!

 ・・・ってはずだったんですけど、天気予報は見るたびに天候が悪化していく始末です。
 はぁ(T_T)
 せっかくやる気だったのになぁ。
 パワーチェックにでも行こうかなぁ(^^;;
 
 
 

| | Comments (0)

July 24, 2011

GSX-R250R/SP プチ整備

 毎回同じようなことばかりしているので、タイトルも使い回しです。すみません(^^;;

 GSX-R250R/SPのフレームの一部が汚れてしていることに気がつきました。
 よく見ると、汗のあとのようです。
 防寒ツナギを着て、汗をかきながら整備兼ダイエットをしていると、滴った汗がバイクに付着するしてしまうわけですが、なにも気にせず放置していました。それが、シミになったのです。
 鏡面化したフレームの汗ジミは特に目立つので、拭き取ろうとしたところ、全く拭き取れないではあ~りませんか。
 なるほど!考えてみれば、汗=塩分なので、腐食してしまったんですね。
 ショックぅ(T_T)
 そこで、外装を外して、フレームを磨くことにしました。
 腐食が進んだ部分は、コンパウンド程度ではなかなかシミを落とすことができませんでしたよぉ(T_T)
 こんなところで、妥協しました。

 P1090698

P1090699

 やっぱ鏡面はメンテが大変ですね。
 後悔はしていませんけど。

 外装を取り外したついでに、FCRのセッティングを変更しておきました。

P1090700

 変更するときは、1箇所ずつじゃないとあとで混乱することはわかっているのですけど、スロージェットやメインジェットの交換はボクにとっては手間なので、ついあれこれ変更しちゃいました(^^;;
 スロージェットを1ランク濃く、メインジェットも1ランク濃く、そして、ジェットニードルはストレート径を1ランク薄くって感じです。
 ジェットニードルを抜く際は、パールキャッチやピンセットを使っていましたけど、ネットで知った新兵器を投入しました。
 ホンダ純正工具です。

P1090654

 お値段なんと336円!
 り~ずなぼぉ~。

P1090656

 ネットで発見したときは、この工具でどうやってJNを引き抜くんだろうと仕組みがわかりませんでしたが、実物を手にするとすぐわかりました。
 先端がゴムになっているのです。

P1090657

 ローテクですね。
 買わなくても自作できそうですけど、336円なら買った方が早いカモ。

 FCRのセッティングを変更し、エンジンを掛けると、V-UP16取付後悪化していた始動性は回復しました。
 むしろ、濃いかも?
 またしても1番が失火してることが判明しましたが(あ、昨日の走行時は大丈夫だったのを確認しています)、原因を特定。先日は、接触不良が原因かと思っていましたが、リークしていました(^^;おはずかしぃ

 レーシングした感じでは良さげですが、実際走らせてみないとわからないというのは経験済みです。
 さて、いつ走らせましょうかね?

 時間があれば、外装の割れた部分を溶着するつもりでしたが、呼び出しが掛かったので、今日の作業はここまで!

 外装を外したままの状態で、ガレージに突っこんでおきました。
 
 
 

| | Comments (2)

July 23, 2011

タンシチュー しちゅーの店 料理酒家 九良左衛門@御殿場

 さて、富士スピードウェイの帰りは、プチ美食を楽しんでいる今日この頃です。
 今日は、帰り道にある泰野のタンシチューを食べに行く予定でしたが、ちょっと気分じゃないぞ、ってことで、富士スピードウェイからほど近い「しちゅーの店 料理酒家 九良左衛門」までタンシチューを食べに行きました。
 立派な店構えです。

P1090658

 ぶ、ぶるじょわなかほりがしてきます。・・・ちょっと苦手かも(^^;;
 行列ができるお店という前評判でしたが、お店に入ると、お客は一人もいませんでした。
 先週行った「春本」もお客が一人もいませんでした。
 むぅ。そういう時間帯に行ってしまうのか、そういうお店を選んでしまっているのか、単なる偶然か・・・(^^;;
 席にはバラが1輪生けられていました。

P1090665

 こんなところにもぶるじょわなかほりが。

 んが、店内にヤブ蚊を発見!っと思ったらすでに刺されていました(T_T)
 蝿やゴキブリならなんとかしてくれっていえるのでしょうけど、蚊ではどうなんでしょう?
 ちょっと悩んで、トランポから蚊取りマットを取ってきて、足元に置いておきました(^^;;

P1090663

 注文したのは当然「タンシチュー」。1680円の品です。
 値段もぶるじょわです(^^;;ちなみにこの価格は、平日のボクの昼食代の1ヶ月分をはるかに上回ります(T_T)心して食べなくては!
 タンシチューには、サラダ、スープ、パン、デミタスコーヒーがセットになっています。

 まず出てきたのがじゃがいもの冷製スープ。

P1090667

 ちょっと、あーた!金箔ですよ!金箔!
 やっぱりぶるじょわでした(^^;;

 タンシチューはこんな感じ。

P1090668

 撮し忘れましたが、これにパンがついてきます。
 スプーンは出てこず、お箸だけでいただくようです。
 お肉はとてもやわらかく、お箸で切れちゃいます。
 お箸でお肉を切るシーンは動画も撮りました!リクエストがあればアップしますよぉ~。
 いや~、お肉といえば、噛みきれず、いつ飲み込めばいいの?ってお肉にしか縁がないので、お箸で切れるお肉には感動です!(^^;;
 で、最後にお皿に残ったシチューをパンでいただくというスタイルのようです。
 そして食後にはデミタスコーヒー。

P1090676

 さて、気になるお味は・・・。
 某ホテルでフランス料理を修業したオーナーシェフが完成まで約2ヶ月間じっくりと時間をかけて作るドミグラスソースらしいのですが、ボクには大人の味過ぎるようで、美味しさがよくわかりませんでした。
 いや、貧乏症すぎて、こういうぶるじょわな味が理解できないということでしょうか。
 お肉は柔らかいんですけどね。

 コメダのビーフシチューとこのタンシチューとどっちを選ぶか訊かれれば、迷わずコメダです。
 コメダのビーフシチューはトッピングの海苔がうまいんですよね。
 先日、この海苔が食べたくて、コメダ某店でビーフシチューを注文したら、海苔が乗っていませんでした。
 で、海苔を忘れてるのでは?と指摘したところ、「当店のビーフシチューには海苔はございません」との回答。
 納得行きませんが、仕方がありません。下手によくよく訊いてみると、お店によって、海苔の有無があるようです。
 なるほどね。
 でもね、メニューのビーフシチューには、海苔の乗った写真が使われているんですよ。

 だったら、注釈でもつけて、「当店のビーフシチューには海苔はございません」とでも書いておけよ、ksg!!

 ・・・おっと、取り乱してすみません(^^;;

 まとめると、もしかしたら美味しいのかもしれませんが、庶民的な味に慣れ親しんだボクの味覚では、美味しさを堪能することはできませんでしたって感じ?
 なさけないっす(T_T)
 
 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP 富士スピードウェイ ショートコース走行

 富士スピードウェイ・ショートコースでのつづきです。
 V-UP16を取付し、燃調が薄くなってしまったのでしょうか、始動性が悪化したGSX-R250R/SPでしたが、エンジンが暖まればアイドリング以外は問題なく、予定通り2輪A枠を走行することにしました。

 コースインしてからピットインするまでの2周くらいの動画です。

 LAP SHOTのスイッチを入れ忘れたことに気がつき、ピットに戻り、再びコースイン。
 そのとき、マシンに一旦リアスタンドを使用したのですが、スタンドから降ろすときの衝撃でカメラが下を向いてしまい、普通に走行したところの動画は路面を撮し続ける結果になってしまいました(T_T)
 FCRのセッティングについては、違和感なし。
 前回は、3周程度走行すると不調になりましたが、クリップ位置を薄くすることで、きちんと解決できたようです。
 玄人の人が乗れば、薄いだ濃いだいろいろあるのかもしれませんが、ボクレベルでは純正の負圧キャブとほぼ同じレベルに感じられます。・・・同じレベルじゃFCRの意味がないんですけど(^^;;
 全開にしてもギクシャクしませんし、低速からも加速します。
 11000rpm付近からの吸気音がたまりましぇん!
 タイムの方は、ベストタイムの1秒落ち程度でしたけど、乗り手の問題で、キャブの問題ではありません。
 ちょっと楽しくなってきました!

 でも、すぐ疲れたので(^^;;、後半はPICシフターの点火カット時間のセッティングを行いました。
 ストレートの全開時のシフトでタイミングを調整することにし、何回か設定を変えてみて、結果点火カット時間は45msecに決定。まだ不満なんですけど、これより速くしても遅くしても変速ショックがでかくなり、45msecが一番マシでした。

 楽しくなってきたので、B枠、C枠も走ろうかと思ったのですが、V-UP16を取り付ける際にカラーを入れ忘れたことに気がつき、再度付け直しを行っていると、時間がなくなってしまいました(^^;;残念。

 今日は、久しぶりにヒデさんとご一緒しました。
 写真を取り忘れましたが、きれいなマシン、きれいなフォームで別格の速さでした。
 格好いいなぁ~。

 ボクはこれでもちょうがんばってるの図。

P1090652

 本人は真面目に一生懸命なんですけど、こうやってみるとサボっているようにしかみえませんよね。
 今年からシート位置を30mmアップさせたんですけど、それがよくないんですかねぇ?

 誰か、足回り、キャブなどトータルにセッティング出してくれる人、いませんか?(^^;;ちょっとマジ。
 
 
 
 

| | Comments (2)

GSX-R250R/SP ツイントップ製V-UP16取付

 富士スピードウェイに行って来ました。
 今日は、「スーパー耐久」というイベントがあるということで、スーパー耐久関係の入場者は西ゲートから、ショートコース利用者は東ゲートから入場という制限が掛かっていました。
 ゲートオープン前に到着したので、先頭でオープンの時間まで待って入場したのですが、ショートコースに着くと、パドックにはすでにトランポが1台いて、マシンを降ろしている状態でした。
 どうやって入場したのでしょう・・・。謎です(^^;;

 走行時間まで1時間半しかありませんが、今日は走行前にツイントップ製「V-UP16」を取付したかったので、チャキチャキ動きました。

P1090643

 V-UP16本体の設置場所には特に指定があるわけではありませんので、そこら辺に適当に固定してもよかったのですが、少し凝った場所に取付しようと考えたおかげで、タンクと、サイドカウルの取り外しと、ラジエターの半脱着が必要でした。

P1090645

 取付場所はここ。

P1090644

 ヘッドパイプの後、フレームの袋状になっている場所です。
 ここならイグニッションコイルにも近いので、配線の取り回しが楽に行えます。

 V-UP16の配線は、電源とアース、そして、IGコイルまでの配線(GSX-R250R/SPの場合はIGコイルが2つなので分岐させます)なので、取付は簡単です。
 配線後も、エンジンが無事掛かりますように、なんて心配は全くしませんでした。
 テスターでIGコイル入力の電圧を測ると、15.93Vありました。
 ちゃんと動作しているようです。ちなみに、ハーネスの電圧は14V前後です。

 気になる効果は・・・冷間時のエンジンの掛かりが悪くなり、スロットル全閉ではアイドリングしなくなりました。
 暖機後も、アイドリング付近での回転落ちが悪くなり、なかなかアイドリング回転数まで落ちてきません。
 すげ!
 どうやら、V-UP16の効果で、燃調が薄めになった結果、いままでにはなかった上記のような症状が出たと思われます。
 これは期待できそうです!

 走行前にスロージェットを1ランク濃くしておきたいところでしたが、V-UP16をフレームの狭いところに取り付けしようとしたことから手間取ってしまい、SJを交換している時間はなかったので、このままの状態で走らせることにしました。

 つづく。
 
 
 

| | Comments (2)

July 22, 2011

明日の予定

 明日は秦野のとろけるタンシチューを食べに行こうかと思っていましたが、今、どうしようか悩んでいます。
 すごく評判がいいってわけでもないんですよね。看板には惹かれるのですけど。
 むぅ~。
 いずれ富士方面には行く予定なので、そっち方面で他に何かないか、ちょっと検討してみようと思います。

 ってことで、富士方面に行くついでに、富士スピードウェイにも寄ってみようかと(^^;;
 V-UP16を取付して、時間があれば現在のセッティングでロングランが可能かどうか、テストを行おうと考えています。
 目指せ10周!(^^;;ぉぃ
 追加して注文したストレート径の太いJNは間に合わなかったのですが、V-UP16が噂通りなら燃調は薄めになるって話しですから、いまの状態でカキーンと走れるといいなぁ~。
 あとはシフターの調整も行います。センサー位置を変更することなく、点火カットのタイミングだけで調整できればいいんですけど、点火カットした場合、V-UP16との関係がどうなるのか、それが心配です。
 そういえば、オートシフターで使用可能かどうか、訊くの忘れてました。
 いまから問い合わせして間に合うかなぁ?
 
 
 

| | Comments (0)

July 21, 2011

GSX-R250R/SP ツイントップ製V-UP16取付準備

 FCRのセッティングをもっと進めていきたい!、そう思っていろいろ調べていたところ、ツイントップの昇圧回路「V-UP16」というものを見つけました。
 12~14Vの電圧を16Vに昇圧してイグニッションコイルに入力し、強力な火花を発生させることによって、低速のトルクアップ、ひいてはFCRのセッティング許容幅を広く取ることができるという装置のようです。
 おぉ!
 FCRのセッティングに役立つだけではなく、GSX-R250R/SPの弱点である低速トルク、っていうかトルクの谷の解消にも効果があるかもしれないのなら、これはもう迷うことはありません。
 購入するしか!
 ・・・でも、悩んじゃったんですけどね(^^;;
 悩んだ1つの理由は、この昇圧回路がは流入電流5A以下でなければならないことです。テスター持ってるし、電流くらい簡単に測れるだろうと軽く考えていたのですけど、普通の安物テスターで測れる電流って、250mA程度なんですね(T_T)しらなかったよぉ~空がこんなに青いとは~
 2つ目の理由は、IGコイルが純正ではないこと。メーカーサイトを見ても適合するかどうかがわかりません。
 そして、3つ目の理由が、バッテリーレス車では電圧変動が大きい可能性が有り、また大電流を取り出すことが出来ないことから使用できないかもしれないということです。

 1つ目の理由は、テスターを買い直せば解決です。ヒューズテスターなら4000円弱で購入可能。
 しか~し、5Aは超えてないと思いこむことにして、問題クリア!(^^;;ぉぃ
 2つ目の理由は、純正IGコイルと置きかえただけでちゃんと点火しているし、問題ないじゃろ!ってことでクリア!(^^;;ぉぃぉぃ
 3つ目の理由は、バッテリーレス車でもコンデンサーじゃなくて、一応大容量を謳うEDLCを使用しているから大丈夫でしょう、ってことで問題クリア!(^^;;ぉぃぉぃぉぃ

 つまり、なんとかなるでしょぉ~ってことで、ツイントップ「V-UP16」を購入しました!

 P1090637

 アルミ削りだしの質感がたまりましぇん!!しかも、象が踏んでも大丈V(^^)ヴィ
 ・・・なんですけど・・・重い・・・重すぎます(T_T)
 なんと約320g。
 こんな堅牢なケースが必要なんでしょうか?
 むぅ~。

 ま、いっか(^^;;トルクのためならエ~ンヤコ~ラ

 V-UP16をしばらく眺めていると、モデラー魂に火がついてしまい、ボクオリジナルのスペシャル加工を施すことにしました。
 名付けて、墨入れ!!(^^;;

 P1090639

 ここはこだわりで、田宮のエナメルカラーを流し込んでみました。
 なかなか格好いいでしょう?
 気分は5馬力アップです!(^^;;まぁあり得ませんけど
 ・・・URLは黒の方がよかったかなぁ?

 さて、V-UP16の裏には、M6のネジ穴が4箇所あります。

P1090640

 ピッチは約89mm×35mm。
 対角の2つが普通のネジ穴で、反対の対角の2つのネジ穴は、山が少なく掛かりが浅くなっているので要注意です。
 しかも、普通のネジ穴も、M6×10のボルトを締め込むと約4mm余りますので、短めのボルトを用意するか、ボルトを切って加工しないとならない状況が生じる可能性が高いかもしれません。
 ってことで、ボクはタップを立てて、M6×10のボルトが使用できるようにして、さらに掛かりが浅いネジ穴にも少しネジ山を増やしておきました。
 どうしてかというと、先日作ったステーを使って、V-UP16をマウントするからです。

 合体!

P1090641

 ちょうどえぇ~。

P1090642

 GSX-R250R/SPへの取付は、次回走行前に行おうと思います!
 気になる効果も、その時お届けしま~す!
 
 
 

| | Comments (0)

July 18, 2011

GSX-R250R/SP ステー製作

 昨日の食べ過ぎの影響で、身体の動きに切れがありません。あ、普段も切れがあるというわけじゃありませんけど、普段以上に身体が動かないので、今日はまったりとステーを1つ製作して終了です。

P1090636

 なんのステーか、それは近日公開予定です。・・・引っ張るほどのネタじゃありません(^^;;

 相変わらず、進歩しない工作レベルに、我ながら閉口しました。
 万力とベルトサンダーが欲しいです(T_T)
 見ての通り、アルミのアングル材にM6の穴を開けたのですが、ドリルの刃がイマイチなのか、穴の形状がいびつになってしまいました。
 ドリル刃の切れ味が落ちると、仕上がりにも影響するんですね。ちょっとショック。
 当たり前なのかもしれませんが、こうして身を以て経験するまで、実感ありませんでしたよぉ。
 やっぱ工具は重要なんですね。
 
 
 

| | Comments (2)

July 17, 2011

バーベキュー@ポチガレージ

 今日は、ガレージの地主さんとそのご家族を招待して、ガレージ横でバーベキューを行いました。

P1090632

 お肉は、おむすびさんに教えて頂いた「肉の石川」で用意。
 電話で、予算と人数を伝えると、BBQセットを見繕ってくれるので、すごく楽に準備が出来るし、もちろんお肉も美味しいです。

P1090633

 こうやって地主さんのご機嫌を取っておくと、GSX-R250R/SPの多少の爆音は見逃してくれるでしょう、きっと(^^;;・・・隣家は見逃してくれないでしょうけど(T_T)

 とにかくすごい日差しだったので、お肉を焼きつつ、自分の身体もウェルダンに焼いてしまいました(T_T)
 背中がヒリヒリしてちょう痛いです(T_T)
 
 
 

| | Comments (2)

July 16, 2011

GSX-R250R/SP プチ整備

 相変わらず防寒ツナギを着て、汗を流しながら整備をしているボクですが、この時期さすがにまずいというか、フィーバー(熱中症(^^;;)してしまわないように、今日はタープを用意しました(^^;;

P1090620

 今日は、リアサスのクッションレバーロッドの干渉を発見したので、その対策です。

P1090624_2

 見ての通り、スプリングとクッションレバーロッドが当たっています。
 後輪を外し、固定式のステップでリフトして、バネ下の荷重を減らし、クッションレバーロッドを移動させると、干渉しない位置にはできます。

P1090623

 この位置のまま後輪をつけ、荷重をかけると、しばらくは干渉させないですみますが、また徐々に位置が変わり、スプリングと干渉してしまうでしょうか?
 むぅ。
 プリロードは変更せず、バネの位置だけ変えても、干渉は防ぐことができそうです。
 あるいは、クッションレバーロッドにワッシャーを噛まし、クリアランスを確保するか・・・こういうことしていいんでしょうか?(^^;;それがわからないのです。
 手っ取り早いのが、クッリョンレバーロッドを1mm程度削ってしまうことですが、車高の調整用にアルミ製ですし、強度とかよくわからないので、ちょっと気が引けるんですよね。
 むぅ。
 どぉしましょぉ~。

 他、いま検討中のパーツを取付できるかどうか確認するのに、ハーネスに流れる電流を測定しようと思ったのですけど、ウチにあるテスターでは最大値が低すぎて測定できませんでした(T_T)
 どぉしましょぉ~。
 
 
 

| | Comments (6)

SONY bloggie MHS-PM5 プチ修理

 ボクがオンボードカメラに使用しているのは、 SONYの「bloggie MHS-PM5」です。
 これに、トダ精光の「カメラ付き携帯電話用・スマートフォン用コンバージョンレンズ <マグネットマウント> K-701」を組み合わせて使っています。
 つまり、まんまYKTさんの真似っこです(^^;;
 MHS-PM5にコンバージョンレンズをどうやって付けるかというと、コンバージョンレンズに付属している金属リングをMHS-PM5に貼りつけ、コンバージョンレンズに埋め込まれているマグネットでくっつけるという画期的(らしいです(^^;;)マウント方法になっています。
 たかが磁石と侮るなかれ、よほどの衝撃がなければ、コンバージョンレンズが脱落することはありません。
 ・・・そのはずでした(T_T)最近よくレンズが脱落ちゃうんです。
 金属リングが、剥がれちゃったみたいなのです。

P1090627

 コンバージョンレンズには、金属リングの予備も付属しているので、貼り替えようと思い、よく見てみると、剥がれたのは金属リングではなく、MHS-PM5のレンズ保護フィルター?だということがわかりました(T_T)

P1090628

P1090629

 どういうことかというと、MHS-PM5のレンズ保護フィルターに金属リングを貼り付けてある状態でしたが、金属リングは剥がれることなく、本体のレンズ保護フィルターが金属リングごと剥がれたというわけです。
 なんてこったい(T_T)さすがソニー、作りがしょぼ過ぎです。
 このレンズ保護フィルターは元々本体に両面テープで貼り付けられているものでした。そのため、レンズ保護フィルターを再び貼り付けようと、強力な両面テープを探しにホームセンターに行ってみましたが、強力を謳う両面テープはどれも厚みがあります。元についていた両面テープはそれほど厚くなかったので、薄く強力に貼り付けるにはどうすればいいのか考えて、えぇい!接着しちゃえ!ってことになりました(^^;;
 3M「スコッチ・プレミアゴールド」!
 
P1090630

 店頭の見本は、すげー強力にくっついてました。がんばって剥がそうとしましたが、剥がせないくらいに(^^;;
 これでもう大丈夫のはず!

 直った!

 ついでに、レンズ脱落時の命綱?のゴムが切れてしまったので、ワイヤーで作っておきました。

P1090575

 ってお話し(^^;;
 
 
 
 
 
【送料無料】【即納】SONY製■モバイルHDスナップカメラ■MHS-PM5K-L■新品未開封

【送料無料】【即納】SONY製■モバイルHDスナップカメラ■MHS-PM5K-L■新品未開封

【コンバージョンレンズ】 K-701 [広角0.5倍] 【携帯電話用】

【コンバージョンレンズ】 K-701 [広角0.5倍] 【携帯電話用】

3M 8006 スコッチ 超強力接着剤 プレミアゴールド  スーパー多用途 ブラック 20g

3M 8006 スコッチ 超強力接着剤 プレミアゴールド  スーパー多用途 ブラック 20g

 
 
 

| | Comments (0)

July 15, 2011

半径15mプチ食べ歩き@箱根強羅

 今日の走行(整備?)後のお楽しみは、いつも気になって仕方がない秦野の246通り沿いにある「とろけるタンシチュー」のつもりでしたが、「走れーやー、ゴラァ!」という声が聞こえたような気がしたので、予定を変更し、強羅までトンカツを食べに行くことにしました(^^;;
 目指すは「田むら 銀かつ亭」。
 んがしかし、支度中でした(T_T)

P1090596

 ガーン。
 トンカツがダメなら、蕎麦しかありません。
 でも、「喜楽荘」はパス。

P1090603

 すいぶんまえに、トンカツを食べに行って(^^;;、ゲロ混みだったので諦めて、こちらの喜楽荘で蕎麦を食べたのですけど、いい印象がありません。それがなんだったのかもう忘れちゃいましたが(^^;;、2度と行かない!と決めたことだけは覚えているので、「春本」の蕎麦にしました。

P1090598

 注文したのは、そばセットBです。

P1090602

 内容は、ざるそばとそばの実がゆです。
 ネットでの評判を要約すると、サービスは悪いが味はいい、って感じらしいです。
 一人、よほどイヤな思いをしたのでしょう、強烈な評価もありましたけど(^^;;
 評価には納得。たしかに、サービスはよくありません。愛想もないし。
 幸い空いている時間帯に行ったおかげでしょうか、不愉快な思いはしませんでした。ゲロ混みの時に行くと不愉快な思いをしそうな予感はありました(^^;;
 蕎麦はかたくコシのある感じで、おいしいと思いました。
 そばの実かゆはじめて食べましたが、こちらも美味しく頂きました。
 「喜楽荘」よりは好印象です(^^;;

 蕎麦の量は多くないので、春本の裏の「銀豆腐」に立ち寄りました。

P1090605

 これがしゃくり豆腐。

P1090607

 醤油をかけすぎてプリンのような色合いになってしまいましたが、豆腐です(^^;;
 おいしい豆腐のイメージは大豆の風味で醤油をかけなくても甘くて食べられるって印象なんですけど、ここの豆腐は苦かったです。期待していたうまみもなし。醤油なしじゃ無理かも。
 正直、ジョニーの方が美味しいかも(^^;;あ、ボクの場合です。

 豆腐が意外にもはずれてしまったので、口直しに春本の向かいの「銀かつ工房」に向かいました。

P1090608

 ほとんどの商品が売り切れか残りわずかで、カツサンドはもうありませんでした。残念。
 そのまま引き返しづらかったのでおからのコロッケ「卯の花 とろコロ」と、

P1090614_2

 豆乳プリンを注文しました。

P1090615

 とろコロは、おからがそれほど好きではないボクでも美味しくいただけました。
 豆乳プリンは、びみょ~。あ、ボク、豆乳飲めないんです(^^;;
 だったら食うなってことなんでしょうけど・・・歯触りプリンの味が豆腐、って感じでした(^^;;
 
 ってことで、春本を中心に、その裏の銀豆腐、真向かいの銀かつ工房と、強羅半径15mのプチ食べ歩きでした(^^;;

 帰りは、もちろん西湘バイパスの西湘パーキングエリアに立ち寄って、

P1090616

 ソフトクリームを食べました。

P1090619

 基本ですね!
 
 
 


| | Comments (0)

GSX-R250R/SP PICシフターセッティング他FCRセッティング

 会社をサボって富士スピードウェイ・ショートコースまで行ってきました。
 今日は走る気満々です(^^;;

P1090573

 珍しくチェーンへの給油も済ませていたので、空気圧を調整し、タイヤウォーマーを炊くだけで準備完了です。
 ツナギを着たら脱水症状で死ぬんじゃないかと思えるほどの暑さもなんのその。
 1番乗りでコースイン!
 JNのストレート径が少し濃いかもしれないと思っていたFCRのジェッティングですが、まったく問題なく、ギクシャクすることなく普通に走れました!・・・最初の3周くらいは(T_T)
 3周したくらいから、アクセル開度の全開手前で、吹け上がらなくなる症状が出始めました。全開では問題なく、その手前がダメです。
 一旦ピットに戻りクールダウン後、コースに戻ると、はじめのうちは問題ありませんが、やはり同様の症状がでました。今度は半周程度でその症状です。
 はい、本日の走行終了~(^^;;

 ピットでのレーシングでは調子よし。試乗しても問題なし。
 問題が出るのは、エンジンが暖まり過ぎてからのようです。
 エンジンの熱が、吸気に与える影響というのがあるのでしょうか?
 よくわかりませんが、熱で空気密度が薄くなっているものとして、クリップ位置を変更してみたところ、ドンピシャッリ。ボクのFCR人生の中で、もっとも調子がいいと思えるセッティングなりました。
 しかし、残念ながら時間の関係でもうコースを走行させることができませんでした。

 実は、もう1つ、先日取付を行ったPICシフターがうまく動作せず、その調整に時間が掛かったです。
 症状は、シフトできない、というものです(^^;;
 ギアが硬くて、シフトそのものができません。
 むぅ~。
 シフターの調整は、点火カットさせるポイントと、カット時間の2点です。
 シフトが硬いということは、点火をカットさせるポイントがダメだと思われます。
 説明書には「ギアを1速に入れた状態から2速に入るギリギリ手前までスイッチが入らないように調整し」とあります。
 ちゃんとやったはずなんですけど・・・。動作確認でもシフト出来てたし。
 でも、本番ではダメでした。
 原因は、本番ではエンジンを1万回転以上回しているので、ミッションに掛かるトルクの大きさが動作確認時と違い過ぎたということでしょうか?
 センサー位置を何度も調整しましたが、シフトすらできません。
 むぅ~。
 2速に入るギリギリ手前っていわれても、そもそもシフトがピクリとも動かないんですけど・・・。
 っていうか、クラッチ操作なしでもシフトできるのは、点火をカットしてトルクが抜けるからですよね?
 だとすると、2速に入るギリギリもなにも、シフトペダルが動いた瞬間にトルクが抜けないとシフトできないんじゃないでしょうか?・・・と思って、センサー位置を変更。シフトペダルが遊び以上に動いたらセンサーが反応するように変更したら、おぉ!クラッチ操作なしでシフトできるようになりました!
 んが、低回転ではスムーズなシフトが可能ですが、高回転ではショックが出ます。
 むぅ~。
 センサー位置は、これ以上反応を速くすると、ペダルのがたつきだけで反応してしまいますし、遅くすると、シフトペダルが動きません・・・。どうすればいいんでしょうか?(T_T)
 点火のカットタイムを変更してみても、スムーズなシフトといえる状態にはなりません。
 ってことは、やっぱりセンサー位置?
 もぉ・・・めんどくさい(T_T)
 説明書はテキストだけじゃなくて、具体例を図解で掲載してほしいです(T_T)あ、素人は取付するなってことでしょうか?それなら納得です(^^;;
 サイドスタンド配線と使っているのがまずいんでしょうかね?
 低回転ではうまく変速できるんですけど・・・。
 もう少し研究してみますけど、いざとなればクラッチ操作すればいい話しなので、あまり考え込まないようにします(T_T)負け惜しみ

 本日の動画はこれ。

 ピットでのレーシングシーン、通路でのFCRの様子見およびシフターの動作確認、そして、コースイン直後のFCRがご機嫌を損ねる前のウォーミングです。

 次からは、きちんと走ります!!
 
 
 
 

| | Comments (2)

July 13, 2011

次回走行予定

 次回走行予定は、15日金曜日です。
 場所は、富士スピードウェイ・ショートコース。マシンはGSX-R250R/SPです。
 ここ最近、セッティングばかりで走行していませんでしたが、いまのセットならきっとそこそこ走れるはずです。
 平日なら台数がそれほど多くないので、ちんたら走っていても、それほど迷惑にならないかと(^^;;
 当日のテーマは、FCRセッティングの様子見と、今後の方向性について確認することです。現状でもJNのストレート径が濃い可能性が高いのですが、メーター(KOSOのRX2N)の機能で最高速を記録できるので、いままでの最高速を超えることができればそれなりにFCRの効果があると言えるかもしれません。
 他、新たに追加したPICシフターのセッティングもしようと思っています。かなり不安ですけど。マニュアルを見ると、センサー位置を適切にしてから、点火カットのタイミングの調整をするように書いてあるのですが、センサー位置の微調整って、0.1mm単位で考えるもなのか、mm単位なのか、経験も知識もないので、どうしたもんかと。現地でセンサー位置の微調整はかなりめんどくさい、けど、ガレージじゃできない・・・悩ましいです。
 まぁいざとなったら、普通にクラッチ切ってシフトするつもりですけど(^^;;

 ちゃんと走るといいなぁ。
 これでちゃんと走れなかったら、これからはGSX-R250R/SPとNSR250R/SEの2台積みにして、整備はGSX-R250R/SP、走行はNSRにすることも考えます。
 NSRで遅いの、恥ずかしいんですけど(T_T)

 

 

| | Comments (0)

July 10, 2011

GSX-R250R/SP 円陣家至高 E.G.S.[LIMITED]施工 他あれこれ

 不覚でした(T_T)
 昨日のエントリーで、ESTのインナーサイレンサーで排気音がブビブビ変な音になったと書きましたが、インナーサイレンサーは全く関係なく、1番が失火していることが原因でした(T_T)
 エンジン始動に加速ポンプの使用をやめたことから、プラグがカブることはなくなりましたし、アイドリングも普通にしているので、まさか1気筒死んでいるとは全く思っていませんでした。おはずかしいぃ~。 
 キャブにガソリンはちゃんと落ちているし、IGコイルがダメになったのかと思いましたが、確認していくと、IGコイル(ダイナテックのコンパクトコイルっす)とプラグコード(NGKのパワーケーブルっす)の接続部の接触不良が原因でした。
 しっかり整備をしていないのが失火の原因・・・(^^;;おそまつ
 普段あまりいじる場所ではないので、おそらくフレーム交換したときの雑な作業が原因だったのだと思います。
 ってことは、昨日のセッティング泥沼化も当然ですよね。1気筒死んでいるわけですから。
 結構セッティングがんばったんですけどね、全く無駄だったというわけです。
 またJNのストレート径とスロージェットの1ランク下を試さなくちゃです(T_T)

 IGコイルとハイテンションコードの接続が不調の原因だと突き止める前に、プラグの死亡を疑い、プラグを交換しちゃいましたよ、もぉ。1番のプラグだけを交換したかったのに、もともと使っていたCR9Eの予備がなくて、4本ともイリジウムプラグ・CR9EIXへ。

P1090560

 まぁイリジウムプラグをやめた理由は、FCRだと始動に失敗するとプラグをダメにしてしまうことが多く、経済的にやってらんない!ってことになったわけですが、いまはもうカブらせることもなくなりましたし、イリジウムでも大丈夫でしょう!・・・たぶん。

 プラグを外したついでに、円陣家至高の「E.G.S.[LIMITED]」を施工しておくことにしました(^^;;

P1090561

 あ、トラブルが多いのでガソリンに混合する方法が推奨されていますが、プラグホールから投入することもできるそうなので、ボクはプラグホールから投入しました。こっちの方が効きそうですしね。
 投入後、エンジンを掛けると、なんちゃって2サイクルぅ~。

P1090564

 そうそう、外したプラグはこんな感じでした。

P1090570

 プラグの焼けで、セッティングの濃い薄いを判断している人がいますけど、ボクの環境じゃプラグチョップなんてできないし、惑わされるだけなので、プラグの色はあまり気にしないことにしています。まるっきり無視するわけじゃないんですけどね。

 他、ついでにJNを変更。テーパー、ストレート径を濃いめに。根拠がある方向性ってわけじゃなくて、試してみたかっただけのセッティングです。
 これがなかなかいい感じ。ガレージでは走行はできませんが、レーシングした感じだとスムーズに吹け上がり、レスポンスも悪くありません。
 4気筒とも生きているとさすがに違います!

 しんさんがボクのために作って下さったレギュレーターの取付も行いました。

P1090546

 電源をハーネスから直接取ったところ、焼き鳥になってしまったLAP SHOT。配線から電源を取っちゃダメだなんて。
 でもでもでも、バッテリー接続はヤダヤダヤダと駄々をこねてみたところ、心優しいしんさんが見かねてレギュレーターを作ってくれました(^^)
 14Vの入力でも12Vに整流してくれるそうです。おぉ!これで基盤が焼けたりすることがなくなります!
 このレギュレーター用にケースも用意してもらいましたが、ケースへは加工が必要なため、加工は後日と言うことで、今日のところは取りあえずタッパー(のパチモン)に収納して、取付を行いました。
 動作を確認すると・・・当然問題なし!
 しんさん、ありがとうございました!

 さて、次の富士ショートのスポーツ走行枠はいつかなぁ~。
 
 
 
 
 
ダイナテック:DAYNATEK コンパクト・コイル:汎用  webike15290

ダイナテック:DAYNATEK コンパクト・コイル:汎用 webike15290

NGK  パワーケーブル(プラグコード):汎用

NGK パワーケーブル(プラグコード):汎用

NGK イリジウムIXプラグ2輪車用 CR9EIX ストックNO.5448

NGK イリジウムIXプラグ2輪車用 CR9EIX ストックNO.5448

円陣家至高  EGS (イージーエス) [LIMITED] [50ml] webike12084

円陣家至高 EGS (イージーエス) [LIMITED] [50ml] webike12084

 
 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP 北神電子サービス製PICシフター取付

 GSX-R250R/SPの次のヴァージョンアップをどうしようか少し悩んでいましたが、セミオートシフターを採用してみることにしました。
 シフターといえば、バトルファクトリー製がメジャーなところですが、GSX-R250R/SPにはスペースの関係上、バトル製のセンサーロッドを取り付けることができません。
 そこで、非接触タイプの近接センサー使用している北神電子サービスのPICシフターを選択しました。

P1090543

 バトル製とPICシフターの違いは調べてもらえればわかることなので割愛しますが、センサーロッドの取付に問題なければ、たぶんきっとバトル製を購入したと思います(^^;;←と思っていましたが、PICシフター、すばらしいです!費用対効果で考えると、PICシフター1択と言っても過言ではないかと。

 電気系の配線はそれほど難しくはなく、点火系への割り込みと、電源、アース、そして、センサーをカプラーで接続、とこれだけです。
 問題は、非接触タイプの近接センサーをどこにつけるか、これです。
 いろいろ悩んだ結果、ボクはステップホルダーを加工して、センサーを取付することにしました。
 まずステップホルダーに穴をあけ、タップをたてます。

P1090553

 M6サイズにしてみました。

P1090554

 そのネジ穴に、別に用意したアルミ板を取付して、ステー作りは完了。

P1090555

 ちと格好悪いのですが、他の方法は思いつきませんでした(T_T)

 あとは、ステップホルダーに固定したアルミ板に非接触タイプの近接センサーを付けて完了!

P1090558

P1090556

P1090557

 センサーの取付位置は、微調整を要するので、ちょっと時間を掛けました。
 んが、はじめて取り付けるものですし、正解がわからないので(説明書には、「2速に入るギリギリ手前までスイッチが入らないようにする」とあります)、いまの状態でいいのかわるいのかいまいちわかりません。
 ダメだったら修正すればいいのでしょうけど、ダメならダメってわかるものなのか、それがわかりません(^^;;
 むぅ~。
 シフターの本体は、スターターリレー横のスペースにちょうど入りました。

P1090559

 点火系への信号割り込みは、サイドスタンドスイッチ配線に割り込ませました。
 いままではサイドスタンドスイッチをキャンセルしていたので、その場所に割り込ませるだけです。

 で、完了!
 ボクにも出来ました!

 動作確認作業中の動画です。

 あくまでも動作確認であって、点火カット時間の調整は、後日コースで行う予定です。

 他の方の公開動画を見たら、点火がカットされたことでタコメーターの針が一瞬ゼロを指して、それからまた元の回転数を指すといった状況が映っていましたが、そんなことはなくて一安心。
 あ、メーターの動画も撮っておけばよかったですね。

 設定が甘いと、クロスミッション車はミッションが壊れ易いという注意書きがあるのでビビリますが、レーサーちっくな走りができるようになればいいなぁ、って思います。ただし、直線だけ(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP FCRセッティング 泥沼化

 行って来ました!富士スピードウェイ・ショートコース。
 今日は朝一のA枠から走る気満々でしたが、到着したときの路面はウェットでした(T_T)

P1090519

 まじかおよぉ~。
 GSX-R250R/SPも悲しそうです。

P1090518

 これから路面が乾いていくことは予想されますが、雨上がりの路面を積極的に走りたい気分にはなれません。
 砂が浮いていたりすると、イヤですし。
 なので、仕方がなく走行は諦め、GSX-R250R/SPの整備をすることにしました。

 先日わかったことが、マフラーの抜けをある程度抑え、背圧を掛けた方が調子がいいことです。
 そこで、マフラーのパイプに、ESTのインナーサイレンサーを突っこむことにしました。

 まず、テールパイプを外し・・・

P1090520

 インナーサイレンサーを突っこみます。

P1090521

 結局オートマジックのインナーバッフルは所在不明のため、もう1本あるESTのインナーサイレンサーを突っこんでおきました。

P1090522

 エンドバッフルじゃないので、音質には影響がないことを期待していましたが、排気音がブビブビ変な音になりました(T_T)ん~、格好悪いっす。

 走行しないことに決めたので、時間はたっぷりあります。
 そこで、全体的に重く、濃い感じのするFCRのセッティングの見直しとして、スロージェットを1ランク薄くしてみることにしました。

P1090524

 試乗してみると・・・明らかに走らなくなったことがわかりました。
 発進でエンストしそうになります。
 むぅ。スロージェットじゃないのか・・・。
 スロージェットを元に戻し、新たに入手したJNを試すことにしました。
 ストレート径は1ランク濃いめ、切り上がりはやや薄め、テーパーは同じJNです。
 早速試乗してみると・・・調子悪し。
 でも、どこがダメなのかがわかりません。A/Fメーターも万能ではありません。
 こまった・・・。
 その後、クリップ位置変えて何度か試してもダメ。改善されません。

 富士ショートに行くと毎回お会いするFZR400RRのOさんに相談してみると(あ、OさんのマシンもFCRです)、ボクが持っていないもう1ランク薄いストレート径のJNをお貸し下さるというので、ありがたくそのJNを試してみました。
 結果はさらに悪化。
 8000回転くらいでミートしないと発進できません。
 むぅ~。ストレート径も発進に影響を及ぼすんですね。
 でも、収穫は大きいです。その径のJNはダメだということが確認できましたから。

 ただわからないのが、スロージェットとJNの関係です。
 バイカーズステーションなんかは、一度決まったスロージェットは不動だなんて書いてありますが、一方で、JNを変えると、スロージェットも見直しした方がいいと書いてあるものもあります。
 どっちが本当なんでしょう?
 スロージェットを変えるとJNを見直しし、JNを変えるとスロージェットを見直しってことになると、組み合わせが増えてとても大変です(T_T)まぁ手間を惜しむな、ってことなんでしょうけどね。

 なーんてやっていると、天気もよくなり、路面もドライ!

P1090525

 走りたくてもGSX-R250R/SPの調子がこんなんじゃぁちょっと無理があります。

 こうなったら、JNを大人買いするしかないのかなぁ~。
 
 
 
 

| | Comments (2)

July 09, 2011

浜松餃子 五味八珍 川島田店@御殿場

 本日のメインイベントぉ~。
 五味八珍での昼食です。

P1090540_2

 今日から関東は梅雨明けです。
 そりゃ暑いのなんのって、そりゃもぉ大騒ぎです。
 ラーメンを食べに来たはずが、お?浜松餃子もあるのね、ってことで、メインは餃子に変更しました。

 注文したのは、「浜松餃子」と、「冷やしざるラーメンと五目チャーハンセット」です。
 普通のラーメンは、暑いのでやめました(^^;;

 浜松餃子~。

P1090531

 冷やしざるらーめんと五目チャーハンセットぉ~。

P1090538

 浜松餃子はおいしゅうございました。
 神奈川(というか湘南?)にも似たような感じのお店として、「古久家(コクヤ)」というところがありますが、ここの餃子は餃子にしては珍しく「まずい!」といえる代物でした。つーか、どうやったらまずい餃子が作れるのか、そっちの方が不思議なんですけど、五味八珍の餃子は普通においしくいただけました。
 冷やしざるらーめんは、微妙。まずくはありませんけど、ここがおいしい、といえるものもなく、こんなことなら温かいラーメンと注文しておけばよかったな、と少々後悔。
 意外だったのが、五目チャーハン。ご飯がちゃんとパラパラしていて、それがチャーハンなんでしょうけど、そう感じるチャーハンを最近食べていなかったせいか、とてもおいしく感じました。
 五目チャーハンと浜松餃子で腹一杯食べてみたくなりますね。
 いや、餃子には白いご飯が一番か・・・。むぅ~。
 また今度、富士スピードウェイに来たついでに立ち寄ってみようと思います!

 ・・・あ、あまりいい評判を聞いていなかったんですけど、悪くありませんでしたよ?
 もしかして、普通のラーメンを食べていなかったから?
 なんちって(^^;;
 
 
 

| | Comments (0)

July 08, 2011

明日の予定

 明日の予定は、先日行った「忠ちゃん牧場」までの道中にあったラーメン屋まで、昼食を食べに行こうと思います。
 詳しくは知りませんが、静岡県を中心にチェーン展開しているお店だそうです。
 いい評判は聞きませんし、お店の名前からしてまずそう(失礼!)なのですけど、気になって仕方がないので、行ってみることにしました。っていうか、本当にまずかったらチェーン展開なんてできないでしょうから、自分の舌で確かめて来ます!

 そのついでに、せっかくなので、富士スピードウェイにも立ち寄ってみようかなぁ?と(^^;;
 明日は、走ります!・・・たぶん。
 オートマジックのインナーバッフルがどこかに行っちゃって困っているのですけど、マフラーにセットしたままなのかなぁ?
 サイレンサーは、ヤフオクのヌケヌケサイレンサーで行く変わりに、3本あるESTのインナーサイレンサーと、出てくればオートマジックのインナーバッフルを全部マフラーに詰め込んで、高回転域での伸びと中低速トルクを両立できればいいなぁ~という投げやり仕様で望みます!
 それだけ突っこんでも、ナサートRRよりも軽いでしょうしね。
 スロージェットを1ランク薄くして挑戦してみたいのですが、朝一から走ろうとすると、多分そんな時間はないんですよね。
 
 あ、そうそう、しぐさんが遠回しにナサートRを使えっていうもんだから、ナサートRもゲットしておきました(^^;;ぉぃ
 届くのが明日の見込みなので、走行には間に合わすことはできませんけど。
 でもなぁ~、転倒してサイレンサーがダメになったときに、ナサートRとかRRを狙ってゲットできるわけではないので、やっぱり入手性のいいヤフオクサイレンサーをどうにかした方がいいんですよね~。
 ヤフオクサイレンサーといっても、ヤフオクブランドなわけなく、いろいろ種類はあるので、パワー的にも音量的にもちょうどいいサイレンサーがあればいいんですけどね~。
 
 
 

| | Comments (3)

July 03, 2011

ジンギスカン 忠ちゃん牧場@裾野

 え~、本日のメインイベントぉ~。
 じん、じん、ジンギスカーン!(^^;;

 予告通り、忠ちゃん牧場にジンギスカンを食べに行きました。

P1090500_2

 メニューはこんな感じ。

P1090503

 ジンギスカンだけに、メェ~ニューと発音すべきでしょうか?
 んなこたぁあるわけないですね(^^;;
 前回来たときは、200席のジンギスカンハウスにお客が3人でしたが、さて今日は・・・。

P1090504

 日曜日の13時前にしてこの状況。・・・またしても見てはならないものを見てしまったような気が(^^;;
 ま、いっか。
 今日はGSX-R250R/SPのセッティングに体力を消耗したので、お腹がぺこぺこです。
 ガッツリ行きたい気分だったので、ジンギスカンを2人前注文しました。

P1090506

 これで2人前。
 ラム肉てんこもり、ってわけじゃなくて、お肉の下はもやしです(^^;;
 他、キャベツに、タマネギに・・・にんじんの薄切り2枚と1/4相当のピーマン2つ・・・(T_T)なぜか心が寂しいよぉ~。この寂しさはなぁに?

 ジンギスカンは、忠ちゃん牧場こだわりのおいしい焼き方に則って焼きました。
 まず脂をまんべんなく塗って中央におきます。鍋をよくあたためる必要はないそうです。

P1090507

 そしたら、すぐに野菜をのせます。

P1090510_2

 で、肉を隙間なくかぶせます。

P1090511

 肉の色が9割以上変わったくらいで弱火にして出来上がり、だそうです。
 ジンギスカンというと、ラム肉を焼いて食べるもんだと思っていたのですけど、ここの食べ方は野菜の水分で蒸して食べる感じです。
 へぇ~。
 肉の色が、だんだん変わってきました。

P1090512

 このくらいで出来上がり!

P1090513

 肉を隙間なくのせるのは、蒸らしの効果を高めるためでしょうか?
 さらに、肉同士が重なると、火の通りが悪くなるので、隙間なく、かつ、肉が重なりあわないように鍋にのせて焼くのがポイントと見ました。
 出来上がった肉と野菜は、秘伝のタレと特製薬味で頂きます。

 正直な感想は・・・いけます!
 ボクがラム肉好きだからかもしれませんが、また来てもいいかな、って思いました。
 お店が混んでないので、貸し切り気分も味わえますし(^^;;
 ただ・・・料理とお値段のバランスがいまいちなんですよね。
 冷凍っぽいラム肉と、もやしがメインの野菜で1人前1270円はちょっと高く感じます。ちなみに牛肉だと1550円。
 むぅ~。
 880円くらいが相当でしょうか?根拠はありませんけど。

 ジンギスカンを食べたあとは、濃厚ソフトクリームで締め!
 今度は忘れずに写真を撮っておきましたよぉ~。

P1090515

 さぁて、今度はどこに行こうかなぁ~。
 
 
 

| | Comments (3)

GSX-R250R/SP FCRセッティングひとまず終了

 さて、サイレンサーの音量比較を終えたあとは、いよいよ走行させての性能比較です。
 先日エアクリーナーボックスを変更した際、A/F計の数値がリッチに振れたことから、走行させる前に、JNのストレート径をワンランク絞っておきました。スロージェットも絞っていいのかなぁ?と思いつつ、面倒なので(^^;;そのままです。
 他の変更は無し。

 P1090486

P1090480

 まずは、ナサートRRサイレンサーで試乗してみました。
 ・・・びっくりです!
 なんと、普通に走ります。
 アクセルの急開にも、ボコつきません。開け閉めの繰り返しにもギクシャクしませんでした。
 これは、行けます!すげ~いい感じです。

 ついで、ヤフオク格安サイレンサーで試乗してみました。
 抜けがいいサイレンサーなので、ナサートRRよりさらによくなることを期待していましたが、現実はナサートRRよりもいまいちという結果でした。全開の高回転域では問題ありませんが、8000回転以下からの急開に若干息をつきます。
 むぅ。こんな結果になるとは・・・。

 前半と後半がナサートRR仕様、中盤がヤフオクサイレンサー仕様です。
 今度のオンボードビデオ用ステーは、ほとんどブレません。ステーはこれで決まりです!

 さて、いままでとの比較ですが、ファンネルの時よりも、吸気音がものすごく、空気を吸っている感じがあります。
 ファンネルで息苦しそうに聞こえたのは、あながち間違いではなかったのかもしれません。
 今回、調子がよかった訳は、エアクリーナーボックスを付けたことが大きく影響しているといっても過言ではないでしょう。というか、それに尽きます。純正エアクリーナーボックスを加工してあるとはいえ、ファンネルよりは吸気抵抗が大きくなるはずが、かえって調子がよくなるとは!
 おそらく、ピークパワーは落ちたのかもしれませんが、空気溜まりができた結果、レスポンスが格段に上がったという感じです。こうなるともうファンネル仕様にもどることはできません。
 そして、サイレンサーが性能に影響することもわかりました。
 詳しくはわかりませんが、背圧、排気流量と排気流速などが関係しているのだと思います。
 ナサートRRは、低速トルクがあり、ヤフオクサイレンサーは低速がいまいちでした。
 でも、重たいナサートRRは、音量規制のないコースで積極的に使いたいサイレンサーではありません。
 ってことは、ヤフオクサイレンサーの状態で、抜けすぎないように背圧を掛ける工夫をすれば、マシンを重たくすることなく、乗りやすいマシンに仕上げることができるのでは?と思われます。
 高回転域をなるべく犠牲にせずに、低回転域での扱いやすさを両立することができれば!

 結局、購入したものの間に合わなかったJNは、一生出番がなさそうです(T_T)
 若干まだ濃いかな?と思えますが、コースを普通に走らせることが出来るくらいにまでは出来た気がするので、FCRのセッティングは本日で一段落。
 これからも、セッティングは続けますが、よりよくするための修正程度で済みそうです。

 さて、これで走行しない理由がなくなりました。
 これからはちゃんと走らなくては(^^;;
 
 
 

| | Comments (2)

GSX-R250R/SP サイレンサー比較

 ふとジンギスカンが食べたくなって、思い立ったが吉日、早速食べに行くことにしました。
 で、向かったお店の途中に、偶然富士スピードウェイがあったので、立ち寄ってみました(^^;;

 現在のGSX-R250R/SPの主な仕様をおさらいすると、純正のエアクリーナーボックスを改造したものに、FCRを組み合わせ、排気系はワンオフのフルエキゾーストマフラーに、サイレンサーのみビートのGSF250(GJ77A)用ナサートRRのサイレンサーとなっています。

P1090491

 富士スピードウェイだと、エンジンをブンブン吹かしても平気なので、ナサートRRサイレンサーと、いつものヤフオク格安サイレンサーの比較を行ってみることにしました。
 まずは、ナサートRR仕様。参考に、排気音を動画で用意しました。

 ついで、ヤフオクの格安サイレンサー。

 こんな動画で音の違いがわかるかバカヤローと言われそうですが、それが悪いかコノヤローって感じでしょうか(^^;;ぉぃ
 実際に聞き比べると、当然のことながら、ナサートRRの方が排気音は静かです。ヤフオクサイレンサーは五月蠅く音が割れ気味で下品な感じです。しかし、ナサートRRは排気音が静かになったおかげで、ボコボコいう吸気音が五月蠅くて、結局どちらも変わらないような印象です。
 これでトミン走れるんでしょうか?
 なんか現実が怖くて音量測定をする気になれませんでした(^^;;

 次号では、走行させて比較します!
 
 
 
 

| | Comments (0)

富士スピードウェイに行ってきました!

 昨日富士スピードウェイに行かなかったので、かわりに今日行って来ました。
 天気は曇り時々晴れ。雨には降られませんでした。

 んが!
 毛虫の大量?発生。

P1090498

 でかい!
 マッチ棒を用意しておけばよかったです。スケール感が伝わらなくて残念です(^^;;
 またコイツの足(でいいのかな?)が意外に速くて驚きました。
 こんなの踏んづけたらタイヤがパンクしちゃいますよね!・・・んなわけないか(^^;;

 ってことで、次号に続く!
 ・・・ウチのPCでは動画の編集・エンコードに時間が掛かるんですよぉ(T_T)
 
 
 

| | Comments (0)

July 02, 2011

GSX-R250R/SP 消音化計画~ナサートRR

 ヤフオク格安サイレンサーで抜け抜け爆音君のGSX-R250R/SP。
 いまのままでは、トミンモーターランドを走ることができません。
 なんたってあーた、アイドリングで100dBオーバーっすから。

 そんなわけで、なんとか消音したいな~と、ヤフオクでJMCAのサイレンサーを物色すること数ヶ月。出品は何度かありますが、必ずと言っていいほど10000円をオーバーして行きます。
 なんとか5000円くらいでゲット出来ないかと、ずっとチャンスを伺っていたのですが、いよいよそのチャンスが巡ってきました。
 日本ビート工業のナサートRRのサイレンサーが3500円で出品されているではあ~りませんか!
 いつもなら最後の最後で入札が入って、値段がつり上がっていくのですが、このサイレンサーは誰とも競り合うことなくゲットぉ!

P1090477

 きれいじゃありませんけど、それほど程度が悪いというわけじゃないし、なんで競り合わなかったんでしょう?
 ボクとしてはラッキーなことなんですけど。
 さらにラッキーなのが、出品者が家から原チャで5分程度のところの方で、直接取引ができたことです。送料が浮きました(^^)
 車種は特別明記されていませんでしたが、サイレンサーのJMCAの認定番号からバンディット250(GJ77A)のものとわかりました。
 奇しくもマルチ250ccのサイレンサーだったわけで、安心して使えるというものです。
 トリプルラッキ~(^^)


 そうそう、雨が降ってきたので、改造した純正エアクリーナーボックス仕様のGSX-R250R/SPの画像をもう少しお届けします。
 タンクとエアクリーナーボックスの感じ。

P1090472

 さらにアップ。

P1090473

 シートカウルを付けるとこんな感じ。

P1090476

 これまたさらにアップ。

P1090475

 シートカウルにちょうど穴があるので、いい感じで空気を吸ってくれそうな予感がします。

 あ、話し戻りまして、ナサートRRのサイレンサーを取付してみました。

P1090479

 いままでのサイレンサーと直径が約30mm違うので、サイレンサーステーを加工しなきゃならないかも?と思っていましたが、テールパイプにある程度遊びがあることから、問題なく装着できました。

 エンジンを掛けてみると・・・・。
 もしかすると、エアクリーナーボックス、いい感じかも知れません。
 空燃比計の数値が低くなっていることから、ファンネル+ラムエア仕様に比べると吸気量が少なくなった感がありますが、アクセルを開けたときのレスポンスが、この加工エアクリーナーボックスの方が段違いにいいような気がします。
 いや、サイレンサーで適度な背圧が掛かるようになったからかも?
 よくわかりませんが、なんだかよさげです。

 しまったな~。JN、急いで買うんじゃありませんでしたよぉ。
 ストレート径が変わってしまうかも。
 むぅ~。

 そうそう、排気音の測定は行っていませんが、明らかに静かになりました。
 いままでの3倍近く重たいサイレンサーですから、そのくらいの性能がなきゃ困るんですけど。
 なんでも、セラミックパルスコーンとかいって、重たいけれグラスウールのように劣化しないって話しです。

 でも、いいことばかりじゃなくて、サイレンサーで排気音が小さくなったことで、ばかでかい吸気音がすごく気になるようになりました。
 ファンネル+ラムエアの時よりも吸気音がでかくなっています。
 もしかして、排気音が静かでも、音量測定器が吸気音を拾って100dBを超えてしまうのではないかと思えるくらいです。

 近いウチに排気音の動画ファイルをアップします!
 
 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP タイヤローテーション(逆履き)

 雨が降ってきたので慌ててGSX-R250R/SPをガレージに入れたのに・・・

P1090460

 10分後にはピーカンでした(T_T)
 もぉ!
 でも、これで油断してまた雨が降ったらイヤなので、すぐにガレージに入れられるようにして、タイヤのローテーションって言っていいのかな?、逆履きにすることにしました。
 
P1090461

 前後のホイールを外し、

P1090462

 フロントからビードを落とし、

P1090463

 一旦タイヤを外して、

P1090464

 逆履きにします。
 後輪も以下同文(^^;;

P1090465

 まだホイールにキズを付けずにスマートな交換、とはいきません。
 ホイールはガジガジです(T_T)
 なんでもこうも不器用なんでしょうね。イヤになっちゃいます。

 ホイールを組んでから、ずいぶん前に購入したチェーンアライメントツールのことを思い出しました。

P1090466

 チェーンラインを確認するツールです。
 ボクのGSX-R250R/SPは、リアホイールをRGVガンマ(VJ22A)の17インチホイールに変えてあります。
 カラーもワンオフで作ってチェーンラインを出しているはずですが、実は確認したことがなかったので、ついでに確認してみることにしました。
 うむ!

P1090468

P1090467

 問題なし!
 ・・・たったこんだけのツールなんですね(^^;;買うより借りた方がよかったです。まぁ持っている人が身近にいればのなんですけど。

 そうそう、フロントホイールを組むときに、フロントのアクスルシャフトが入らないというトラブルがありました。
 締め込んでいくと、途中で手応えがかたくなって、アクスルが入っていかなくなるのです。
 ホイールを外して確認しても、やはり同じ症状がでます。
 なんだろうと思って、予備のアクスルシャフトを使うと、全く問題なし。
 で、入らなくなったアクスルシャフトをよく観察してみると、ネジ山が一部軽く潰れていました。

P1090470

 たったこれだけで、締め込めなくなるとは・・・。
 何度も同じ作業を行ってきましたが、こんなことははじめてです。
 何かミスをしたのか、あるいはアクスルシャフトの寿命なのか・・・。
 いずれ、力任せに締め込んでフロントフォークを破壊しなくて済んだのは幸いでした。
 多分、2年前のボクなら破壊していたはずです。
 今日ももう少しで破壊寸前でした(^^;;
 自分のわずかな進歩に、かんぱ~い!
 
 
 
 
 
チェーンアライメントツール STRAIGHT/19-534 (STRAIGHT/ストレート)

チェーンアライメントツール STRAIGHT/19-534 (STRAIGHT/ストレート)



DAYTONA デイトナ/チェーンアライメントツール

DAYTONA デイトナ/チェーンアライメントツール


| | Comments (0)

GSX-R250R/SP オンボードビデオ用ステー製作またまたやり直し

 前回までのあらすじは割愛しますので、話しがわからなくて、気になる人は左上のブログ内検索をご利用下さい。

 オンボードビデオ用ステーの震動対策として、ステーの取付方法を変えることにしました。
 利用するのは、他車のステムナットです。
 右はいま使っている社外のアルミナット、左が今回使用するナットです。

P1090442

 ボクは今どきのヤングなので知らなかったのですが、昔の一部のバイク(主にレーサーレプリカ)には、タンクの上面からホースが生えて(^^;;いるタイプのマシンが多々あったようです。タンク内を大気圧状態に保つものらしいのですが、そのホース端はこのステムナットを見ればわかるように、ステムナットまで伸びていたり、スクリーンまで伸びていたりしたそうです。へぇ~。
 RGVガンマ(VJ21A)なんかは、ガソリン満タン状態で下り坂にバイクを止めておくと、ステムナットを通したホースからガソリンが漏れるんですよね~。ヘッドパイプ下からお漏らしするんです。おそろしや~。
 NSR50のようになんちゃってなダミーのマシンもあります。

 いまは、タンクのフロントブラケットにステーを共締めしています。

P1090439

 素材の関係で、震動がどうしても出てしまいますので、もっとガッチリ固定するには、ステムナットしかないと思いついたわけです。
 社外のアルミステムナットに穴を開けるのはもったいないので、せこくストックしていたパーツを使います。
 ステムナットにボルトを通し、固定。

P1090444

 そして、ボクの後回し蹴りでボルトを垂直に。

P1090448

 すばらしぃ~(^^)・・・と自画自賛していたのですが、ガッチリ固定しようとしたら、曲げた部分からポキッっと折れてしまいました(T_T)
 塑性変形による加工硬化で脆くなってしまったのでしょう(意味わかってません(^^;;)。
 鉄のボルトではまた同じことになってしまいそうなので、ステンレスボルトを使用しました。
 ところが、ボルトを垂直になるように曲げる際、ボルトが硬いせいで、思わぬ波及が(T_T)

P1090449

 わかりますか?
 ステムナットが変形しちゃいました(T_T)

P1090450

 先ほどのボルト同様、下手にいじると割れてしまいそうなので、このままの状態で妥協することにしました。

 完成!

P1090451

P1090452

P1090453

 これで車体の震動は拾っても、ステー自身の震動は発生しないでしょう!・・・たぶん(^^;;

 ちょっと台座の位置が高いかなぁ~って気がするのですが、カメラのレンズが動きますし、ボクの視界を遮ることもないので、しばらくこれで様子をみてみます!
 
 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP 吸気系仕様変更

 GSX-R250R/SPの現在の吸気系は、FCRのファンネルにラムエアを被せている状態です。
 直キャブで走る勇気はありませんが、タンクに干渉しているラムエアはちょう気になります。

P1090437

 どれだけどんな風に影響があるのでしょうか?

P1090438

 タンクを外すと、ラムエアの干渉していた部分が変形していることに気づきます。

P1090441

 1番と4番の外側がそれです。

P1090440

 なので、ファンネル+ラムエアをやめ、加工した純正エアクリーナーボックス仕様に変更します。
 ファンネルをアダプターに交換。

P1090455

 かっちょいいぃ~。

P1090454

 オーダー品なので、フィッティングには全く問題ありません。
 これが加工エアクリボックス仕様だだだ!

P1090456

 ちょっと違和感がある外観になりました。

P1090457

 効果はどうなんでしょうね~。

P1090458

 まだ午前9時前なので、アイドリングで約102dBAの爆音君のエンジンを掛けるには躊躇われます。

 エンジンを掛けるまで、外部電源の充電を行っておくことにしました。

P1090459

 一応火気には十分注意し、タンクを外してから接続してますし、キャブは外さないので無問題のはず。

 さぁて、タイヤのローテーションでもしようかな?っと思ったら雨が(T_T)
 撤収~。
 
 
 

| | Comments (0)

July 01, 2011

テンションダウンちぅ

 明日は富士スピードウェイまで遊びに行こうと思っていましたが、中止にします。
 天気が雨のち曇なので、ちょっとテンションダウン(^^;;
 準備も出来ていませんでしたし、無理することないかな、と。

 同じことばかり書いていますが・・・
 今度の試みは、改造エアクリーナーボックス仕様のでFCRセッティングです。
 ファンネル+ラムエア仕様と比較し、どちらがいいか確認します。
 普通に考えると、ファンネル+ラムエア仕様の方がよさそうに思いますが、ラムエアがフューエルタンクに干渉していることもあり、もしかすると、改造エアクリーナーボックス仕様の方が吸気抵抗が少ない可能性もあるのでは、と妄想しています。あるいは、高負荷時に、ボックスがあることで、充填効率?が高いとか。
 双方大差ない場合は、いま発注しているJNでそこそこ走れるかもしれません。が、ボックス付きの方が吸気が劣れば、JNをさらに買い足さないとならなくなります。
 いまの段階で、FCRのセッティングが出来ると豪語する平塚のksショップ「アブ○ソ○ュート」よりもスモールボディに関してはボクの方がジェット類を持っている感じかも。っていうか、JNを3種類しか持っていない段階ですでに凌駕していましたけど(^^;;
 そんなことどうでもいいか(^^;;

 明日はポチ菜園の雑草むしりでもやろうかしら。
 
 
 

| | Comments (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »