« GSX-R250R/SP リアホイール軽量化計画 | Main | 第7回グローイングアップCUP第6戦 優勝!+ハイゲーム賞!! »

September 03, 2011

GSX-R250R/SP シリンダーヘッド分解

 自分で組んだエンジンで走りたい!
 ここ最近の夢はこれです。
 そう思って、キムコ・スーパー9Sのエンジンを分解して・・・そのまんまになってますけど(^^;;
 いきなりGSX-R250R/SPのエンジンは無理だと思って、原チャリに手を出しましたけど、いまいちモチベーションが上がりません。
 やっぱGSX-R250R/SPじゃなきゃ!
 カキーンと走れなくてもいいんです。ギーギー異音がしてもいいんです。
 まずはじめの一歩を踏み出さなくては!
 ってことで、シリンダーヘッドを分解してみました。

P1100115

 ヘッドの分解は、実は2度目なんですけどね(^^;;
 1度目の時は、廃棄用のヘッドを分解しました。
 今回のヘッドは、自分でOHしたいので、いわば本番です。
 1度目のときはインテークバルブが摩耗していましたが、今日バラしたヘッドは、エキゾーストバルブが摩耗していました。

P1100120

 インテークバルブは使えそうな感じです。

 同じ車種でも、使い方が違えば摩耗の仕方も変わってくるんですね。
 当然なんでしょうけど、ボクには勉強になります。
 
 
 

|

Comments

毎日更新されているので楽しみにしています。
ヘッドをばらす前に圧縮圧は確認されたのでしょうか?
gj73は圧縮圧が低めですが、ピストンリングかバルブ気密か、どちらが
原因なのか、とても気になります。
サービスマニュアル記載のコンプレッションは、得られる物なのでしょうか?

Posted by: ドラ男 | September 05, 2011 10:52 AM

どもども(^^)

☆ドラ男さん>
圧縮は未確認ですが、いままでの経験ではほぼ100%の確率で圧縮が抜けていましたよぉ。特に4番、おまけに3番。プラグの根本が錆びているようなエンジンは、大抵ダメです。
リークテスターを持っているわけではないので、断言は出来ませんが、ピストンリングからの圧縮漏れは気にしなくてもいいと思います(ただし、長期放置車ではシリンダーに錆が出ているケースもありますから、ヘッドだけで安心できないかも??)。
きちんと整備したエンジンであれば、圧縮は得られると思います(手に入れたエンジンも全気筒で標準値以下ってわけじゃありませんし)。

Posted by: のり | September 05, 2011 07:24 PM

Post a comment