« GSX-R250R/SP 祝!FSWショートコース改修 | Main | GSX-R250R/SP ディスクローター準備 その3完 »

September 20, 2011

GSX-R250R/SP LAP SHOT動作確認

 昨日の走行でトラブルが出たLAP SHOT。そのトラブルとは、記録したはずのでデータが何もしていないのにすべて消去されてしまうというものでした。
 おさらいすると、GSX-R250R/SPに付けていたLAP SHOTは、無難にバッテリーから電源を取ってました。ところが、よせばいいのに配線をスマートにするためにハーネスから電源を取ったところ、LAP SHOTの許容を超える電圧が掛かり焼き鳥状態に。そんなおバカなボクを見かねたしんさんが12Vに整流するレギュレーターを作って下さり、ハーネスからレギュレーターを噛まして接続していたのが現在のLAP SHOTです。

 メモリーが勝手に消えた理由はわかりませんが、普通じゃないことをしているのは電源ですので、昔、一瞬だけ使ったLAP SHOTのオプションを使って、動作の確認をしてみることにしました。
 これがそのオプション。

P1100243

 中にいれるのは006Pを入れて使用できる簡易電池BOXです。

 早速この簡易電池BOXを接続し、磁石を手に動作テスト。

 ・・・メモリーは消えません。残ってます。
 ??
 夜にエンジンを掛けることはちょっとしたくないので、ジェネレーターで発電状態の動作検証はできず。
 あ、GSX-R250R/SPはエンジン始動を外部バッテリーで行うバッテリーレスにしてあるので、いまさらバッテリー接続には戻れないのです。

 今日のところは検証には限界があるので、次回の走行時に簡易電池BOXとレギュレーターを噛ましたハーネスからの電源とで検証してみようと思います。
 
 
 

|

Comments

Post a comment