« CRM50改80 エンジン始動 | Main | NSR250R/SE メーカー不明 ペータルディスク購入 »

November 22, 2011

NSR250R/SE 富士ショートのGPSログデータなんちゃって解析

 新PCを導入し、多少動作がまともにはなりましたが、慣れないキーボードに苦戦しているため、更新が滞っている今日この頃です。

 さて、10月21日、10月29日、11月18日にNSR250R/SEで富士ショートを走行した際のGPSログデータのなんちゃって分析をしてみました。

 まずは、最高速。ストレートから1コーナーに入っていくところのデータです。

2011112202

 徐々にブレーキを遅らせることができるようになった結果、10月21日と11月18日とでは、最高速度が約7km/h違います。
 これだけで約1秒の短縮でしょうか?

 次の矢印は、切り返して最終コーナー手前のストレート部分です。

2011112203

 10月21日と10月29日は、2速で立ち上がって3速に入れて、そこからブレーキングし、1速シフトダウンして最終コーナーという手順でしたが、11月18日は、3速で立ち上がって4速に入れ、そこから2速落としています。
 そのため、全体的に速度域が高くなっていることがわかります。
 頂上手前のクサビ型のラインは、誤計測、あるいは、シフトミスだと思いますが、オンボード映像はまだ未確認ですので、まだ原因はわかっていません。
 最終を立ち上がって、11月18日のラインは右上がりの途中で加速が鈍っていますが、これは疲れて握力がなくなったことによりクラッチレバーが握れず、シフトミスをしたことが原因です。
 このミスだけでも、0.5秒近くのロスになっています(T_T)
 次のデータがわかりやすいと思います。

2011112201

 う~ん、惜しい(T_T)

 あ、そうそう、10月29日の平均速度が遅いのは、コース全体に石灰が撒かれていてビビッたからです。

 もうシーズンオフに入ったのでいまさらなんですけど、こうしてデータを取っても、いまだにラインがバラバラ、操作もまちまちなので、あまり役に立たないというか、もう少し同じラインで同じ程度のタイムで周回できるようにならないと、ポイントが絞れないような気がします。

 ってことで、来年がんばります(^^;;
 
 
 

|

Comments

Post a comment