« NSR250R/SE FRPシートカウル塗装準備 | Main | GSX-R250R/SP ハーネス整理 »

January 03, 2012

NSR250R/SE TSR ステアリングストッパー取付

 今日のNSR250R/SEネタの第2弾です。

 もう街乗りに使用することもないと思うので、NSR250R/SEをなんちゃってレーサー化するため、先日、メーターをレース用メーター「KOSO RX2N-R」にしました。

P1120286

 ついでに、ハンドルロックが必要なくなったので、メインキーも取り外し、

P1120590

 メインスイッチは、LEDボタンにしちゃいました。

P1120592

 ここまでくればもう後戻りはできません。するつもりもないんですけど(^^;;
 そこで、その昔に購入したままストックしていたステアリングストッパーなる部品があったことを思い出し、それを取り付けることにしました。
 TSR製です。

P1120582

 こんな感じのパーツになります。

P1120583

 ステアリングステムのハンドルストッパー部分に噛ますことで、ハンドルの切れ角を少なくし、ハンドルとタンクのクリアランスを確保しようってパーツです。
 TSR製はもうないんでしょうかね?HRCなのかな?
 RISE・ONでは、現在4725円(税込み)の品のようです。
 当時のほぼ倍っすね。

 取り付けは、ステムを外さなくても可能で、ステアリングステムのブレーキホースステーのボルトを利用して共締めするだけです。
 なので、ボクでもササッと完了。

 このステアリングストッパーをつけた状態で、こんな感じです。

P1120587

 思ったほど大したことありませんでした。
 オーリメッサのハンドルストッパーを複製して使用しているGSX-R250R/SPの切れ角はこんな感じ。

P1120589

 NSR250R/SEは、普通に取り回しできる気がしますが、GSX-R250R/SPは不自由を感じます。
 画像を重ね合わせて比較すると、

P112058701

 よくわからないかもしれませんが、GSX-R250R/SPの方がわずかにハンドルが切れません。
 このわずかな差が、すごく大きく感じるのでから不思議です。

 レーサー化といえば、GSX-R250R/SPでやったように、ワイヤーハーネスから保安部品用の配線を取り除くこともしてみたいと思うのですが、GSX-R250R/SPよりもNSR250R/SEの方がはるかに電装が複雑で、ちょっと自信がありません。
 ホンマもんのSPハーネスはというと、ジェネレーターレスなので、そこまではちょっと踏み込めない軟弱なボクなのです。
 ハーネスいじりは来年のメニューでしょうかね。
 
 
 
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
 
 
 
 

|

Comments

HRCのSPハーネスならバッテリー充電しますよ!?

Posted by: norison | January 05, 2012 09:11 PM

どもども(^^)

☆norisonさん>
あらやだ、マジですか?!
その昔、筑波選手権の応援に行っていたとき、SP250のガンマ勢は走行毎にバッテリーの充電を行っていたので、SP250クラスはてっきり充電しない仕様かと思い込んでました。NSRは充電できるんですね。HRCのSPハーネス、欲しいぃっす!!

Posted by: のり | January 05, 2012 10:10 PM

充電しない人たちはフライホイールの磁石抜いたりしてたんじゃないですかね?
知り合いのNSRも充電してなかったですけど、やっぱ磁石レス仕様でした。
SPハーネス、というよりNSR部品は最近結構な値下がりしてますね・・・
いままで溜め込んだレアパーツの価値がぐんぐんさがってますw

Posted by: norison | January 06, 2012 07:58 AM

どもども(^^)

☆norisonさん>
なるほど。
GSX-R250R/SPのSP-F仕様もジェネレーターレスだったみたいなので、そう信じちゃっていましたが、NSRは選択できたんですね。

パーツ、値下がりですか・・・。
それでも手が出せませんけど(T_T)クロスミッションほしぃですぅ~

Posted by: のり | January 06, 2012 11:03 PM

Post a comment