« NSR250R/SE 今季2回目走行@FSWショートコース | Main | Megelli250r エアフィルター改良 »

April 15, 2012

Megelli250r ヤマモトレーシング製マフラー改良

 計画を実行しました。
 Megelli250rに標準装備されているヤマモトレーシング製2サイレンサー構造のチタン・ステンマフラーの改良です。

 富士スピードウェイから帰宅すると、トランポからNSR250R/SEを降ろし、マフラーの加工を依頼したマフラー屋さんに向かいました。
 マシンを引き取り、帰宅したのときはすでに辺りは暗くなっていたので、うまく写真を撮ることができませんでしたが、フラッシュ撮影したものをお見せします。

 これがチョン切ったサイレンサーと触媒です。

P1130704

 太いのが(たぶん)サイレンサーで、この短いものが触媒になります。

P1130705

 計画通り、サイレンサーだけを外したり、触媒だけを外したり、双方を外したり、元に戻したりすることが可能になっています。

 エキパイ部分はこんな感じ。

P1130706

 オキシジェンセンサーボスの上でカットし、ジョイント部を作ってあります。
 そして、途中でパイプ径を変え、後ろに伸びます。

P1130707

 シャシダイに載せて開発したわけではないので、どれだけ性能が出るかはわかりませんが、サイレンサーと触媒がなくなったことで、いままでよりも高性能になったと思いたいところです。

 サイレンサーは、変更できるように差込に変えてあります。

P1130708

 さらにアップ!

P1130709

 サイレンサーを交換してしまうと、もはや純正装備のマフラーとはわからなくなります。
 まだ社外マフラーの無いMegelli250rですし、標準でヤマモトレーシング製が装備されているので、その素材を活かし、社外風にできるところがこのマフラーのメリットです(^^)
 もちろん、あえてジョイント部をつくることによって、ほぼノーマルのマフラーにも戻せるというのもメリットかと。

 どんな音で、どんな性能なのか、楽しみです!
 
 
 
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
 
 
 


 

|

Comments

Post a comment