« NSR250R/SE ACCOSSATO ワイヤー式クラッチASSY取付 | Main | Megelli250r frando AJP モノブロック・4ポット・ラジアルマウントキャリパー購入 »

April 05, 2012

Megelli250r スイングアーム締付トルク

 あえて言おう! カスであると! by ギレン・ザビ

 さて、まだエンジンを掛けてもいない分際で断言はできませんが、メガリ250Rの購入を考えている人は、相当慎重になった方がいいだろうと思う今日この頃です。
 このデザインと心中できるという人は別ですけど。

 よくCBR250Rと比較され、ほぼ同等の馬力に対し、車重が軽いMegelli250rの方が速そうなイメージがあるようですが、はたしてそうでしょうか。
 軽量化にはお金が掛かります。
 お金が掛かっていないのに軽量となると・・・何か足りないんです、きっと。
 直線では速いかもしれませんが、バイクとしてのトータルな性能では、CBRに及ばない可能性が高いのではないのかと感じます。

 wikiをみると、「最終的な部品の組み立ては中国で行われ、約75%は台湾で行われている。」とあります。
 中国=台湾という意味??
 ボクにはちょっと理解不能な文章ですが、台湾製というと、ボクはKYMCOの「スーパー9S」を所有しています。
 台湾のメーカーだからといって、台湾で生産しているとは限らないかもしれませんが、スーパー9Sの質感にはなんら問題を感じません。故障はほぼありませんし、ちょっとメッキが薄くて、プラスチックが脆く感じる以外に、国産車と比べて違和感を感じるところはありません。
 しかし、Megelli250rはと言うと、頭に思い浮かべる中華クォリティのまんまです。
 パッと見そうは感じませんでしたし、しばらくは「意外にいいかも?」と思いましたけど、やっぱり中華は中華というのが現段階での感想です。

 スイングアームが動かない状態だったことはすでにネタにしました。
 自分で組み直そうと思ったからわかったことであって、たぶん販売店の納車整備の点検項目にはないと思います。
 まだ、その程度のクォリティなんです。
 2年前のボクなら、お手上げです。いまのボクでギリギリでしょうか。
 普通の人が、保証が切れた後にこのバイクとどう付き合うのか、販売店に面倒くさがられたらお終い、ショップ難民として、流浪の民になるしかないのです・・・

 ・・・と書いてみましたが、上記は撤回(^^;;ぉぃ
 失敗作ですけど、せっかく長々書いたので、消さずに取っておきます(^^;;

 スイングアームピボットの規定トルクについて、販売店へメーカーに確認するようにお願いしたいたのですが、その回答がありました。
 60Nmだそうです。
 ボクの見込みがドンピシャリ!
 10キロ(98Nm?)ではないんですね(^^;;
 60Nmでも動きが渋いことについての回答は特になかったみたいで、仕様なんじゃないか、ってことでした。
 もし60Nmで締め付けてもガタが出るなら、スイングアームはスイングしないアームが正解ってことになりそうです。

 ボクの場合、Megelli250rの不具合をネタにするために購入したと言っても過言ではないので、疲れながらも楽しんでいますが、「お問い合わせ」としてHPにフォームメールを用意しつつ、問い合わせをしてもシカトし続けるメーカーの姿勢にから、今後のMegelli250rオーナーの行く末が占えるような気がしてなりません。
 ・・・実は返信が着てるのにスパムに紛れてしまっていたらどうしようと、ふと心配になってみたりして(^^;;

 
 
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
 
 
 

|

Comments

Post a comment