« 出ました! | Main | 私信:先日の動画です »

October 07, 2012

Megelli250r 整備あれこれ

 ポチガレージは雨ですよ(T_T)
 今日は、Megelli250rのレース用シートカウルのフィッティングをして、問題なければサーフェーサーを吹こうと思っていたのに、これじゃぁ何もできません(T_T)
 でも、このまま無駄に過ごすのはもったいないので、Megelli250rのメーター用配線を作り直しました。
 あ、画像を撮り忘れましたので、文章で説明すると、いままでは、メーターの電源、回転信号、ニュートラル信号はメーター側のカプラーを外し、本体側のカプラーに自作配線で平型端子をブッ差すだけの簡易接続だったのですが、後々絶対不具合を起しそうなので、純正のメーターハーネスのカプラーから途中までの配線はそのまま使用し、そこから加工して使うことにしました。
 ・・・うまく説明できません(^^;;
 この作業をはじめてしばらくすると雨が上がりましたが、配線加工を途中で投げ出すわけには行かないので、そのまま続行しました。

P1150451

 で、今回は本体だけ取り付けしているGIpro-Xの配線も作りました。
 これで多分動くはず。
 GSX-R250R/SPやNSR250R/SEは、走行させなくてもガレージで設定が変更できるように、ドライブスプロケットから速度信号を取っていますが、Megelli250rはフロントディスクローターから(つまり純正と同じ位置)速度信号を取るので、ガレージでは設定ができません。
 ってことで、動作確認およびその動画は後日用意します。

 他には、燃料警告灯を追加しました。
 原付以外で燃料警告灯が付いているバイクには乗ったことがなくて、いままであまり意識していませんでしたが、燃料を満タンで入れたりしないので、燃料警告灯はあった方がいいんじゃないか?とふと思いついたのです。
 実際、ガス欠をやらかしてますしね(^^;;

 燃料警告灯の場所は、ニュートラルランプの下付近にするつもりです。

P1150455

 今日はステーを作っている時間がなかったので、ステーの製作はまた後日にでも。
 今は、テープで仮止めです。

P1150453

 燃料警告灯の信号配線がどれなのかを確認するために、昨日はガス欠するまでエンジンを始動させてあります。
 電源を入れて、通電している配線でビンゴのはず・・・。
 むぅ。
 一応見つけました。
 いまいち自信がありませんけど(^^;;

 ついでに、必要としない電装のヒューズを抜いておきました。

P1150456

 仕上げはオイル交換です。

【自分用メモ】
2号エンジン載せ替え 8.5h
オイル交換1回目 9.5h 雅 10W-40

今回はオイル交換2回目 12.1h 雅 10W-40

 アイドリングとレーシング、少しだけクラッチを繋いでカラ回しで2.6時間。
 それほど汚れていませんでした。

P1150458

 ドレンボルトへ付着した汚れ。

P1150457

 オイルを出し切ったあと、車体を斜めにして絞りだしたところ、液体ガスケットのクズが出てきました。
 なんでこんなに?と思いましたが、エンジンを見て納得。

P1150459

P1150463

 いっぱい塗りたくらないと、オイルが漏れちゃうんでしょうね?(^^;;

 明日はFSWで慣らし運転の予定です。

【追記】
燃料警告灯の件ですが、メガリジャパンのHPを見ると「燃料サブタンクをつけた状態での警告灯点灯位置を最適化し、残量3.0~2.7Lの位置で点灯するように変更しました。」と書いてありました。
普通ボクが入れる量は3Lですので、常時点灯しっぱなしになる予感です。
燃料警告灯を用意したのはまるっきりの無駄だったようですね(^^;;
 
 
 

|

Comments

Post a comment