« NSR250R/SE FRPアンダーカウルディフューザー サーフェーサー塗装 | Main | Megelli250r フルカウル塗装・・・はまた今度 »

November 24, 2012

Megelli250r レース用アッパーカウル サーフェーサー吹きリベンジ

 NSR250R/SEのFRPアンダーカウルディフューザーのサーフェーサーに続き、Megelli250rのフルカウルのサーフェーサー吹きに入りました。
 ハジキが多数でて失敗したカウルは、事前にサンディングし、一皮向いておきました。

P1160512

 これにサーフェーサーをブヒッ(・ω・)とな!

P1160515

P1160514

 X-9の添加もむなしく、再びハジかれまくりました。
 なので、takadamaさんにアドバイスしてもらった普通よりもサーフェーサーを濃くして吹く方法で無理やりハジキの上にサーフェーサーをのせましたが、これは溶きパテを吹いているようなものなので、副作用で表面がザラザラになってしまいました。

 むぅ。

 作業が終わった直後にちょうどtakadamaさんが遊びに来てくださったので、現物を見てもらって相談したところ、そもそもFPRカウルの出来がよくないんじゃないか、ってことでした。
 なるほど。ちょう納得。
 FPRの塗装は何度か挑戦していますが、ハジキでコケたことなんていままでありませんでした。
 製品の出来が悪い(離型剤がよくない?)と言われると激しく納得してしまいます。
 プロならどうにでもしてしまうのですけど、素人のボクにはちょっとお手上げ状態です。

 むぅ。
 メーカーに訊いてみたくなりますね。
 でも、訊くならハジキよりもベコベコのシートカウルがまともな品質なのか、そっちが訊きたいかなぁ?(^^;;
 これって本当にレース用品質なんでしょうか?
 ボクはなんちゃってライダーなので、わからないでしょうけど、ベコベコグニャグニャなシートカウルのおかげでタイヤの滑り出しがわかり辛い!とか言われないんですかね?
 っていうか、自分でなんとかしろって商品なのかもしれませんね。

 こんな商品がフルセットで税込み73,500円。
 ・・・ちょう悲しい(T_T)
 
 
 
 

|

Comments

Post a comment