« January 2013 | Main | March 2013 »

February 24, 2013

Megelli250r フロントスタンド用アタッチメント 加工

 Megelli250r用として購入したアストロプロダクツの「モーターサイクルフロントスタンド」ですが、Megelli250r用として使うには、少々加工しないとなりません。
 なぜかというと、フロントスタンドのアタッチメントの径が13φなのに対して、Megelli250rのアンダーブラケット(ステムともいふ)の穴が12φだからです(細かいことを言うと、入り口が15φで奥が12φ)。

 そんなわけで、ボクはフロントスタンド用のアタッチメントを加工して、Megelli250rにも使えるようにしています。
 こんな風に。

P1180273

 公開するにはちょっと恥ずかしい仕上がりだったので、今まで触れないでおいたわけですが、今日こうして公開したのは、アルミカラーの製作で培った技術で手直ししたので、比較のために公開しました(^^;;

 手直し後。

P1180274

 ・・・あまり変わりませんかね?(^^;;
 これでもちょっとは進歩したんですよ。

 もともと12φに合わせて加工したものを加工しなおしたので、細くなってしまいましたけど(T_T)
 まだ使えるかなぁ?

 アルミにジュラコンと、そう硬くないものばかりを加工してきたので、ちょっと難易度を上げてみましたけど、やっぱうまく行きませんねぇ。
 もっと練習しなければ。

 あ、この程度のポチクォリティでもよろしければ、お安く加工しますよぉ~(^^;;ぉぃ
 ちなみにアストロプロダクツとJ-TRIPとで、このアタッチメント(ボスともいふ)は互換性があったはず!

 J-TRIPのスタンドではカウルに干渉するってありましたけど、アストロプロダクツの場合はどうなんでしょうね。
 ウチのMegelli250r(ポチマシン003号!・・・NSR-Miniはポチマシン004号に降格(T_T))はノーマルのカウルじゃないので、検証できないのが残念です(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (0)

Megelli250r チラ見せ

 マフラーの加工に出していたMegelli250rを引き取ってきました。

 ラダーを持っていくのを忘れていたのに現地で気がつきました(T_T)
 幸い、マフラー屋さんにラダーがあったので事無きを得ましたけど(^^;;

 詳細は来週お届けするとして、今日はチラ見せ。

 これだ!

P1180268

 今回のオーダーはこんなもんじゃすみませんけどね。
 あ、シートカウルはのせてあるだけです(^^;;

 さて、ここで問題です。
 チワワのちび太隊員はどこにいるでしょう?

P1180269

 では来週~。
 
 
 
 

| | Comments (4)

MR-S バッテリー充電

 バイクをいじりつつ、MR-Sのバッテリーを充電しました。

P1180259

 先日車検に持っていったほかは、毎週末エンジンを掛けて4m進めてエンジンを止め、またエンジンを掛け4mバックしてエンジンを止め、の繰り返しで、月の平均走行距離は64mです(^^;;
 そりゃ~バッテリーも弱まるわなって具合です。

 エンジンオイルの乳化が心配です(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE アッパーカウル固定方法

 NSR250R/SEのミラーを外した場合、皆さんはどのように固定しているでしょうか。
 ここの部分です。

P1180261

 男なら黙ってタイラップ!・・・だったボクですが、今日はひと手間かけてみるつもりになりました。
 こんなものを作ってみたりして。

P1180260_2

 工作がマイブームなんです(^^;;

 これでアッパーカウルを固定~。

P1180262

 ベータピンを使っています。

P1180263

 でもなぁ~。
 アッパーカウルステーにアッパーカウルの形状がまるで合わないので、無理な力掛かりまくりです。
 自作の固定ピンは多分数時間も経たないうちに割れると思います(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (2)

GSX-R250R/SP セルモーター取外し

 ポチマシン001号・GSX-R250R/SPの2013年仕様は、気合のセルモーターレスです!

 まずその準備をします。
 セルモーターを外した後の穴をどうやって塞ぐか、それが問題です。
 部品取りエンジンを引っ張りだして検証。

P1180225

 なるほど。
 やっぱり塞がないとマズいっすね(^^;;
 ってことで、アルミカラー製作で培った技術を応用し、メクラ蓋を自作しました。

P1180243_2

 Oリングは抜け防止のためです。

 カムヒア!ポチマシン001号~。

P1180248

 いや~、アンダーカウルをサクサク外せて感動です!
 クイックファスナー化してよかった!!(^^)

 セルモーターを外すには、エアクリボックスとキャブを外した方が作業性がいいので、面倒くさがらずにちゃんと外しました。
 セルモーターとご対面~。

P1180249

 M6のボルト2本を外し、アース線?を外して右に引っ張ると取れます。
 製作したメクラ蓋との2ショット。

P1180250

 ボクの加工技術も進歩したなぁ(T_T)感涙です。

 よっしゃ!
 スタータークラッチでも外しましょうか、とジェネレーターカバーを外してから、フライホイールを外すSSTが今手元にないことを思い出しました(^^;;ダメじゃん。
 作業中止~。
 でも、自作メクラ蓋がきちんと付いたか検証できるので、カバーを外して損をしたということはありません。
 てか、その前にフライホイールの磁石が割れているではあ~りませんか(T_T)

P1180251

 ボクの走りがアグレッシブ過ぎるからなんですね(T_T)
 欠けたエポキシ?樹脂はどこにいったんでしょうね。オイルパンの底に沈んでいそうです(T_T)

 この穴を塞ぎます。

P1180252

 どぉだぁ!

P1180256

 きちんとはまっていることを目視確認!!

P1180254

 いや~、すんばらしぃ~。
 自画自賛です。

 こうなるとスターターリレーも外したくなりますね。
 電気は苦手なので、どんな仕組みか詳しく知りませんが、スターターリレーの現物と配線図を眺めていると、なんとなくイメージできました。
 セルスイッチを押して通電するとリレーが働いてバッテリーから直接セルモーターに電気が流れる、って感じでしょうか?
 リレーを外しても、配線を加工しておけば問題なさそうなので、スターターリレーも外しました。

P1180258

 面倒くさいので、配線の加工は後日にでも(^^;;
 
 
 
 
 

| | Comments (2)

NSR250R/SE 2013年仕様

 ポチマシン002号、NSR250R/SEの2013年仕様~。
 いまのところ中身は去年と変わってません(^^;;
 外装のみの変更です。

 どぉだぁ!

P1180244

P1180245

P1180246

P1180247

 塗装の失敗よりも、中古で4900円も出して購入した才谷屋のフルカウルがウンコだったのが誤算です。
 いろんなところに変なテンション掛かりまくりなので、走行中に割れてくるかも?

 とりあえず、このNSRを見たら追突しないように注意して下さいね!
 早め早めのブレーキングを心がけています(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

Megelli250r 可変式エンリッチナー 購入

 他車用の可変式エンリッチナーを購入してみました!

P1180220

 これがどういうものかというと、オキシジェンセンサーの配線にこの可変式エンチッリナーを噛ますことで、擬似的にガソリンが薄い信号をECUに送信し、燃調を濃くするというものであ~る・・・らしいです(^^;;
 他車の流用なので、使えるかどうかはまぁ~~ったくわかりませんが、ダメなら売っちゃえばいいわけですし、多少のリスクは覚悟の上っす。
 可変式というのは、この状態からウェーブライダーに変形するとか、ニョキっと脚が出てガウォーク形態になるとかじゃなくて、濃い薄いの信号が10段階?ある中から選べるってことらしいです(^^;;

P1180222

 使えない可能性の方が2割3割5割増しなんですけど、少しでも変化があるといいないいないいなぁ~。
 
 
 
 

| | Comments (0)

February 23, 2013

Megelli250r ハンドルバーエンド製作

 え~、Megelli250rは明日引き取ってくる予定です。

 引き取りに行くのが夕方になりそうなので、ワンオフマフラー公開は来週になっちゃいますね。
 なんで当日公開できないかというと、1つの仕様じゃないからです(^^;;
 そう、さらにバリエーションが増えることになるんですね~。
 ってことで、どんなものか期待している人はわずかしかいないでしょうけど、そのわずかな皆さんごめんなさい(^^;;

 さて、メガリが手元にありませんが、いろいろ準備は進めます。
 先日、Megelli250rのハンドルをサンセイ・エンデュランスステアリングキットに交換しましたが、実はバーエンドがありません。
 GSX-R250R/SPにもサンセイ・エンデュランスステアリングキットを使用していますが、バーエンドはサンセイの純正ではなく、キジマのナイロン製バーエンドキャップを使っています。
 でも、問題があるんですよね。
 ハンドルバーの内径が19φなのに、キジマのバーエンドキャップは内径17~18φ用なので、ブカブカなんですよぉ(^^;;
 なので、バーエンドキャップにテープを巻いたりして無理やりハンドルに突っ込んでいるのですけど、時たま落とすんです(^^;;
 去年はFSWショートコースのホームストレートで落としました(^^;;ぉぃ

 Megelli250rの場合、振動対策として重いバーエンドの方がいいと思いつつ、レースィ~さを重要視して、ジュラコンでバーエンドを作ってみることにしました。
 アルミカラーの製作で培った技術を応用して、これでどぉだぁ!

P1180216_2

P1180217_2

P1180215_2

 ちゃんとハンドルに入るかなぁ~。
 ブカブカでも作った意味ないし。

 さて、どうなるでしょ?
 
 
 
[サンセイ] セパレートハンドル エンデュランス ステアリングキット Φ38 0-35-5014

[サンセイ] セパレートハンドル エンデュランス ステアリングキット Φ38 0-35-5014
 
 
KIJIMA(キジマ) バーエンドキャップ ナイロン

KIJIMA(キジマ) バーエンドキャップ ナイロン

 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE GSX-R250R/SP アルミカラー製作

 先日作ったNSR250R/SE用のアルミカラーがとても残念な出来だったのが悔しくて悔しくて、あれから何度も眠れない夜を過ごしました。
 んなわけで、今日はリベンジです。
 製作方法を大幅に変更して、どぉだこの出来!!

P1180207_2

 前回は無残だった穴あけも、ほぼ中央にどぉだ!

P1180208

 売りもののようなシャキっとした仕上がりではありませんが、リベンジにはなったと思います。

 ついでに、GSX-R250R/SP用のアルミカラーも作っちゃいました(^^;;

P1180209_2

 リベンジ達成記念に、久々の自家アルマイト!

P1180210_2

 接触不良で1つ失敗しちゃいましたけどね(^^;;

P1180211_2

 ま、この程度なら1時間もあれば出来ることを再確認。
 これからはアルマイトもマメにやろうかしら?

 NSR250R/SE用アルミカラー、新旧並べてみました。

P1180212

 ・・・アルマイトもひとつ上のクォリティを目指さないとダメっぽい感じですね(^^;;

 がんばろぉっと。
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

February 22, 2013

九条葱と刻み揚げカレーうどん 古奈屋ランドマークプラザ店@横浜

 洗濯機を自分で修理できたことで、買い替えの費用も修理の手間賃も節約できたので、自分自身にご褒美を上げようと思い、横浜はランドマークプラザまで行ってきました。
 目当ては、カレーうどんのお店、「古奈屋」です。

P1180178

 ちらと横に見えるのが牛タン焼の「喜助」・・・。
 クラクラクラと「喜助」に浮気してしまいそうでしたが、ほっぺたを叩いて正気を取り戻し、「古奈屋」を目指しました。

P1180183

 「古奈屋」の斜向かいが「喜助」でした(T_T)
 再びほっぺたを叩いて正気を取り戻し、「古奈屋」へ(^^;;

 有名なカレーうどん屋さん、としか知らなかったので、メニューを見てびっくり!
 普通のカレーうどんが1050円。。。
 ななな、なんとブルジョワなカレーうどんなんでしょう。
 1食1000円オーバーには罪悪感が生じてしまうボクなので、ちょっと驚いてしまいました。
 牛たん炭火定食の1500円ならまだそれほど抵抗がないのですが、、、。
 むぅ・・・と悩んだところで、水だけ飲んで出てくるわけにもいきません。
 「えび天カレーうどん」が主力メニューのようでしたが、好んで甲殻類を食べないボクなので、「九条葱と刻み揚げカレーうどん」1250円を注文しました。

P1180184

 注文してから提供までの時間、速っ!
 作り置きじゃないのなら、とってもいいことだと思います(^^)

 お味はGOOD!!
 クリーミーなカレーがおいしゅうございます。
 葱に釣られて注文したので、「刻み揚げ」には注目していませんでしたが、甘辛く味付けされた油揚げがその名の通り刻んで入っていて、カレースープと合うのが意外でした。
 評判になるお店だけのことはあるんだな、って素直に思いました。

 でも、やっぱり高いっす(T_T)
 お口直しのレモンゼリー、コレいらないので980円にしてください(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

日立製作所 カラッと脱水 静御前NW-60R5 修理

 今日は我が家の洗濯機、日立製作所「カラッと脱水 静御前(「NW-60R5)」の修理をするために会社をサボりました。

 もうね、会社に行きたくないんですよ。
 でもそういうわけにもいかないので、有給休暇だけはきっちり取ろうと思っているのです。
 ・・・申請しても訳のわからない理由で却下されることが大半ですけどね。
 人と会話することなくボクでも出来るレベルの仕事を黙々とできるような仕事ありませんかね?
 求人が少ない社会情勢と聞いていますが、どなたかいい仕事があれば紹介して下さい。
 マジです(T_T)

 ってことで、洗濯機の修理のお話しです。
 最近、脱水しても衣類がべチャべチャのままなんですね。
 カラッと脱水・静御前の名が泣きますよ(T_T)
 脱水がうまく出来ないと聞いてピンと来た方にはポチブログ1級を差し上げます!
 そう、いまからちょうど7年前、同様の症状で修理したときもネタにしました。
 その時のネタは、コチラ
 この洗濯機をいつ買ったのか記憶が定かではありませんが、資料によると1991年から1994年に販売された機種のようです。
 当時新品で購入したボクがいま29歳だから、当時は7歳から10歳くらいだったでしょうか?
 まぁ年齢的なことはさておき(^^;;、すでに約20年経過した洗濯機ですから買い換えたいのが本音ですが、借金だらけのボクにはそんな資力はありません(T_T)
 前回は、キュルキュル音がしていたことから、Vベルトが怪しいと判断できたのですが、今回はそんな音はしていません。
 モーターだったり、他のところがダメになっている可能性も高そうですが、ダメ元でとりあえずVベルトを交換してみることにし、電気屋さんでVベルトを注文!
 前回の修理の際に、Vベルトの画像を残しておいたのが役に立ちましたよぉ~(^^)
 部品番号を告げるだけでOKでした。
 んで、届いたVベルトがこれ。

 P1180187

 当時税別400円の部品だったので、800円くらいに値上がりしているかなぁ~と思ったのですが、お値段据え置きの税別400円!
 すばらしぃ~。

 早速洗濯機をひっくり返してみると・・・

P1180188

 Vベルトが弛んでます。
 原因はコレで間違いなさそうですね。
 前回はエアインパクトを使ってプーリーを外してからVベルトの交換を行いましたが、当時、プーリーを外すことなくVベルトの交換が可能と教えていただいたのを思い出して、工具無しで挑戦してみました。

 なるほど、 工具無しでも交換できましたよぉ~(^^)
 ベルトの磨耗も明らかです。

P1180190

 アップにするとこんな感じ。

P1180193

 ザラついて見えるところが元々の表面で、他の部分はツルッツルになっていました。

 洗濯機を動かしたついでに、防水パンのトラップを掃除をしてみたりして(^^;;

P1180191

 試しに洗濯したみたところ、直ってます!!
 修理成功~(^^)

 この達成感、久々です(^^)
 
 
 
 
 

| | Comments (2)

February 19, 2013

Megelli250r 近況

 長文書いたのに消えちゃいました(T_T)うぅ

 ってことで、再び長文を書く気力はないので、簡単に書き直すと・・・。

 Megelli250rのワンオフマフラーの完成はまた延びました。

 来週出来上がるといいなぁ。

 今度は今まで以上に抜け抜け君になるので、燃調が心配です。

 そこで、効果の有無は不明ですが、対策品を手配中です。

 って感じの内容でした(T_T)

 対策品の効果は不明です。
 使えるのか、使えないのか、それすらもわかりません。

 つまり、

 アムロ、人柱、いきま~す!

ってことです(^^;;

 次回の更新を待て!(^^;;なんつってな。
 
 
 
 

| | Comments (0)

February 17, 2013

Wiz.dog Club愛犬しつけ方教室、グループレッスン参加

 今日はバイクいじりをサボって、ポチガレージ警備小隊の社会化のために、前回に続いてWiz.dog Club愛犬しつけ方教室とグループレッスンに参加してきました。

 行く途中に立ち寄ったドッグランで、今日がドッグランデビューはじめてというトイプードルのココちゃんと遊んで貰いました。

P1180134

 先頭がココちゃん、次が三太隊員で、最後がお名前失念(T_T)のチワワのロング。
 唸ったりする問題行動もありましたけど、三太隊員はそこそこ社交性がありそうです。

 一方、全くダメなのがちび太隊員です。
 輪に入れません(T_T)入れないというか、入らないというか。

P1180135

 一人遊びしかしません。
 で、他のワンコが寄ってくるとマジ切れして吼えまくります(T_T)
 
 なんとかせねば。

 グループレッスンでも同様で、三太隊員にはそれほど注意を払う必要がなくなってきましたが、ちび太隊員はすぐマジ切れするので、他のワンコに近づけることができず、結局輪に入れることが出来ず隔離状態です。
 ただ、こういう場で多くのワンコと接する機会が増えることで、徐々にでも改善されることを切に願って止みません(T_T)

 がんばれちび太!!
 
 
 
 

| | Comments (0)

February 16, 2013

NSR250R/SE FRPフルカウル 仕上げ

 塗装に失敗してしまったNSR250R/SEのフルカウルですが、ボクはこの試練を乗り越えて前に進まなくはなりません!

 そんなわけで、クリヤが硬化していることを確認して、カウルの内側をブラックアウト塗装することにしました。
 塗装前~。

P1180114

 塗装後~。

P1180115

 ディフューザーに一部塗っていないところがありますが、隠れるところなのでこれでいいんです。
 こうでもしないと持ちにくくて(^^;;

 ブラックアウト塗装が終わったら、ダブルアクションサンダーを使用して、磨き作業です。

P1180119

P1180127

 垂れまくったクリアをカットしようとは考えず、表面を軽くなでた程度の磨きですませました。

 んで、他のことをやっていたら、突風が吹いて・・・

P1180125

 ガシャ~ンと倒れて、アッパーカウルの耳の部分が割れました(T_T)
 まだ車体に取り付けたこともないというのにこの有様。
 他にも傷が・・・(T_T)

 これぞポチクォリティ(T_T)うぅ
 
 
 
 

| | Comments (0)

February 11, 2013

NSR250R/SE FRPフルカウル 塗装失敗

 昨日の続きで、NSR250R/SEのFRPフルカウルの塗装を行いました。

 マスキングをして、黒を塗って、マスキングを取って、クリヤ塗装って感じです。
 クリヤは2液のHXクリヤーを使用しました。

 でね、やっぱ失敗(T_T)
 ガンの設定を間違っていると気が付いた時にはアフターカーニバル、垂れまくり(T_T)

P1180097

 ガンプラはそこまで下手じゃないのに、

Dsc00006

Dsc00002

 なぜバイクの塗装がうまくいかないのか!!

 せっかちな性格が災いしているのだと思っていましたが、どうやらそれだけではなさそうです。
 今日気がついたことは、スプレーガンがダメじゃないか説です。

 え?
 またなにかのせいにしてるって?

 いや、確かに言い訳なのはわかっているのですけど、ちょっと聞いてほしぃ!(^^;;
 いまは1.0mmのスプレーガンを使用しているのですが、塗装面積が狭いので、ガンを往復させる回数が多くなる結果、クリヤが垂れ易いのでは?と考えたのですが、どうでしょう??

 むぅ。

 ま、いっか(^^;;
 NSR250R/SEを塗っちゃったので、しばらく塗装することはなさそうですしね。

 あ、NSR250R/SEは純正パターンを参考に、黒/赤に塗りわけました。

P1180099

P1180095

 アクセントに白パールを入れようと考えていましたが、今日は風が強くて、マスキングテープも切らしちゃったので割愛しました。
 クリヤが硬化したら、カッティングシートでも貼ってみましょうかね?

 
 
 

| | Comments (6)

エアコンプレッサーの錆

 ボクが使っているエアコンプレッサーは、ストレートの100V3馬力って奴です。
 使い終わったら必ずドレンボルトを抜いて、タンク内部を錆させないように気を遣ってきましたが、最近ドレンから錆混じりの水が出るようになってしまいました。

P1180101

 むぅ。
 なぜなんでしょう?
 ドレンボルトは完全に抜いて、わずかな内圧も残さないようにしていたのに・・・。
 でも、あまり深く考えていませんでした。
 きちんと使っていて錆びるなら防ぎようがないと思うからです。

 んが、昨日の塗装でスプレーガンに水が混じったことで、いつも以上に深く考えてみることにしました。

 よく観察してみると、ドレンボルトの位置が最下部には見えません。

P1180104

 これで本当に内部の水が全部抜け切るんでしょうか?
 そう考えて、コンプレッサーを斜めにしてみると、出るは出るは、錆汁大放水です。

P1180100

 なんてこったい(T_T)
 このコーションラベルを信じて励行していたはずなのに、

P1180102

 ドレンを抜いて、さらに本体を斜めにしないことにはタンク内に水が溜まり放題だったとは・・・(T_T)

 いままでの気遣いが全く無駄だったとは、ちょうくやしぃです(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (8)

February 10, 2013

NSR250R/SE FRPフルカウル 塗装開始

 面倒くさいけど、がんばらねばねば!
 ってことで、なんちゃって塗装ブースよぉ~い!

P1180091

 で、ここから写真無し(^^;;

 アッパーカウル、アンダーカウル、タンクカバー、そして、ディフューザーにサーフェーサーを吹いて、スポットヒーターで乾燥させて、砥いでからカラーベースを吹いて、またまたスポットヒーターで乾燥させて、パールベースを吹きました。

P1180093_2

 マスキングをして、黒の塗装をするのは明日の予定です。

P1180094

 ディフューザーは塗り分けしないので、クリヤーを吹いて完成!

P1180092

 むぅ。
 手間を省いてワンパッククリヤーを使ったのですけど、塗膜が薄いのか艶がイマイチです。
 しかも、ゴミ噛みまくり(T_T)
 はぁ(T_T)やっぱり塗装は難しいです。

 今日は湿度が高かったんですかね?
 いままでガンから水を吹いたことはないのですけど、今日は水を吹きました。
 ガンの付け根にはミニフィルターを噛ましているのにぃ~。

 塗装は苦行っすね。
 
 
 
 

| | Comments (2)

NSR250R/SE FRPフルカウルフィッティング

 さぁ面倒くさいカウルフィッティングの時間です(T_T)

 どぉだぁ!

P1180085

 無理やりつけました。

 むぅ。

 どこが干渉してるのでしょう?
 プラグのサービスホールも開口したし、

P1180088

 ラジエターと干渉する部分も削り飛ばしたし、

P1180089

 ここは干渉していないのに削ったし(^^;;、

P1180087

 怪しいのはここだけど、

P1180086

 削ってもあまり効果ないし・・・。
 むぅ。
 チャンバーのボディの可能性が高そうですが、だとすると削ってどうにかできるわけじゃありません。
 才谷屋がウンコなのか、社外のFRPカウルがそもそもこういったものなのか・・・どっちなのでしょう?
 レース用フルカウルでチャンバーに対応していないなんて訳がわかりません。
 MC21に28用をつけてるから?
 んなバカな。

 ついでに、アンダーカウルディフューザーを仮組してみました。

P1180090

 カッコいい・・・のかな?
 むぅ。
 純正形状カウルには似合わないかも?
 むぅ。
 リベットで固定するか、ファスナーで脱着可能にするべきか、さてどうしたものか・・・。
 悩みは尽きません。

 塗装も面倒くせぇなぁ~(T_T)
 塗装はMegelli250rで飽きてしまったみたいです(^^;;大変なわりに出来栄え悪いし、達成感が得られないんですよね。
 
 
 

 

| | Comments (2)

February 09, 2013

ガレージの模様替え

 悲しいお知らせです。
 Megelli250rのワンオフマフラーが出来上がりませんでした(T_T)
 来週完成の見込みです。
 っつーことで、来週までお待ち下さいませ。

 さて、車検のためにトランポに積んでいた荷物を降ろしたところ、ガレージはこの様です(T_T)

P1180066

 これじゃあ何もできません(T_T)
 トランポに荷物を積んでみましたが、状況はあまり変わらず・・・。
 バイクをイジる寄りもガレージの掃除を優先させなくては!
 ってことで、模様替え。
 これから、

P1180072

 こんな風に。

P1180080

 きれいになったように見えますが、いつもの通り散らかっていた物の位置を変えただけなので、カメラに写っていないところが悲惨な状況です。

 収納力をアップさせるために、棚作りをがんばるしか!
 でも、ネタ的には面白くないんですよね。
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

February 06, 2013

GSX-R250R/SP アルミタンクキャップ取付

 アルミタンクキャップを購入し、Megelli250rNSR250R/SEに取り付けして、GSX-R250R/SPに取り付けするのをすっかり忘れていたことに気がつきました(^^;;
 あ、お下品なカラーリングの理由は、ココとかココを読んじゃってください。

 早速取り付け。

P1180064

 アップ!

P1180065

 取り付け方法が気に入らないので、後日手直ししますけど、今日はこんなところで(^^;;
 
 
 
 
HONDA (ホンダ) NSR250R用 アルミタンクキャップ クイックタイプ ゴールド

HONDA (ホンダ) NSR250R用 アルミタンクキャップ クイックタイプ ゴールド

SUZUKI (スズキ) RGV250-γ用 アルミタンクキャップ クイックタイプ ブラック

SUZUKI (スズキ) RGV250-γ用 アルミタンクキャップ クイックタイプ ブラック

 
 
 
 
 

| | Comments (0)

February 03, 2013

GSX-R250R/SP クイックファスナー化完了

 こんにチワワ~。

P1180047

 タイトル「アタシとGSX-R250R/SP」って感じ?(^^;;
 え?
 わからない??
 んじゃさらにUP!!

P1180048


 さて、何度かネタにしているGSX-R250R/SPのクイックファスナー化ですが、ようやく部品が入荷したので、続きを行いました。

P1180049

P1180050

 アンダーカウルの金具を外し、クイックファスナー用のプレートに交換!

P1180051

 この部分は片側3箇所での固定となっていますが、真ん中では固定しないことにし、軽量化のため金具は外しておきました。

P1180052

 どうせなら、この部分もクイックファスナー化しちゃいましょう。

P1180054

 ブラケットに溶接されているナットを削り飛ばし、穴を広げてから錆止めとしてファインスプレーブラッセンで塗装しておきました。

P1180056

P1180057

 むぅ。
 軽く考え過ぎていました。
 左側もいまいちですが、

P1180058

 右側はアウト(T_T)

P1180059

 金具とフレームが思い切り干渉するじゃあ~りませんか(T_T)
 ここだけノーマルでも良いんですけど、ここまでくるとなんとかしたいですよね。
 溶接できればいいのですが、そんな技術は持っていないので、金具を小さくカットし、エポキシ接着剤でくっつけました。

P1180060

 それでもまだ干渉します。
 むぅ(T_T)
 
 ま、いっか(^^;;

 スタッドを入れると、スタッドも干渉します。

P1180063

 むぅ(T_T)
 スタッドと少々短くしても、やっぱり干渉しちゃいます。

 ま、いっか(^^;;
 フレームキズになっちゃってますけど、気にしないぃ~、気にしないぃ~、気にしないぃ~~♪
 もう少しレベルが上がったときに対策を考えることにします。

 結局いつもの通りポチクォリティ全開ですけど、これでクイックファスナー化完了!

P1180061

 アンダーカウルを外すだけなら工具要らずになりました。
 もっと早くやっておきべきしたよぉ~。
 
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2013

レジアスエース 車検

 R1S、MR-Sと続いた毎月1台、3ヶ月連続車検のフィナーレは、8回目の車検を迎えるトランポ・200系ハイエース(実はレジアスエース)です。
 このトランポを買った当時は8年後にバイクに乗っている自分を想像できませんでしたけど、以前よりもグレードアップしてバイクにはまっているような気がします。
 むぅ。
 正常進化していると思いたいです、はい。

 MR-S、R1S同様トランポの車検もSMYにお願いします。
 そのための準備として、積載物のほとんどすべてを降ろしました。

P1180045

 すっきり!

P1180044

 そのかわり、ガレージには足の踏み場がありませんけど(^^;;

 いや~、空荷だと走りが軽いっすね!

 ところで、馬は歩道と車道、どちらを走るべきなのでしょうか?

Img_1017

 「警部マクロード」では車道を走っていますから、正解は車道でしょうかね?(^^;;ぉぃ
 
 
 
 

| | Comments (2)

R1S タイヤ交換 ピレリ ドラゴン

 今日は朝からR1Sのタイヤ交換に行ってきました。
 自動車でももしかしてもしかすると自分で交換できるかも?と考えてしまうのは奢り高ぶりだと思うので(^^;;、ここは素直にいつもタイヤ交換をお願いしている隣町は「オザキタイヤ」のオザキさんにお願いしました。
 オザキさん、雨の中ありがとうございました!

Img_1005

Img_1004

 タイヤは先日購入しておいたピレリ「ドラゴン」を持ち込みです。
 送料込みで1本約5000円の格安タイヤなので、てっきり中華タイヤだと思っていましたが、なんとトルコ製でした。

P1180046

 良し悪しなどの違いがわかっている訳ではありませんが、中華じゃないってだけですげぇ嬉しいです(^^)

 タイヤのサイズは前のタイヤ・グッドイヤー「EAGLE REVSPEC RS-02」と同じ165/50R15ですが、見た目は凄く異なりました。
 比較してみましょ~。
 これがグッドイヤー「EAGLE REVSPEC RS-02」。

Img_1015

 タイヤのサイドウォールとホイールがツライチ風です。

 こっちがピレリ「ドラコン」。

Img_1014

 見たとおり、ドラゴンはサイドウォールがムチムチっと張り出ています。
 むぅ。

Img_1013

 同じサイズのタイヤには思えません。
 っていうか、はみ出てるし(^^;;

Img_1012

 ま、いっか(^^;;
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »