« March 2013 | Main | May 2013 »

April 29, 2013

THE検証シリーズ!RK GB520TRUチェーンは軽いのか?

 ボクが愛用しているチェーン・RKジャパン「GB520TRU」は、フリクション(回転抵抗)を極限まで低減したレーシングチェーンです。
 マシンを押しただけで、違いのわからないこのボクですら違いがわかる凄まじい効果!
 シャララララ~なのであります!
 その効果ゆえに、GSX-R250R/SP、NSR250R/SEだけではなく、ウンコなMegelli250rにまで使っているくらいのお気に入りです。

 今日は、TRUチェーンがどれほど軽量なのかを検証してみたいと思います。

 比較サンプルに使用したのは、EKチェーンの「520SR-X(GP/GP)」です。
 上がEKのSR-Xで、下がRKのTRU。
 
 P1180855

 EKのSR-Xは、軽量化のための内プレート穴採用しています。

P1180856

 まずはSR-Xの重さ。

P1180852

 そしてTRU。

P1180851

 どぉだ驚けこのヤロ~てなもんですよ(^^;;ぉぃ

 おススメです!
 
 
 
 

| | Comments (2)

GSX-R250R/SP なんとか延命

 ラジカルから連絡がありました。
 フライホイールを外したと。
 ただ、固着が酷く、正規の手順では外すことができず、結局フライホイールをぶったぎったそうです。
 ボクに外せないはずですね。
 おかげで、これで今期もGSX-R250R/SPを走らせることができそうです。

 ってことで、朝一でGSX-R250R/SPを引き上げにラジカルに行ってきました。

 P1180834

 作業の際に、ガソリンへの引火の危険性を回避するためにキャブまで外したとのことでしたが、アクセルワイヤーは取り付けていません、ってことでした。
 先日はお店の前でメガリのマフラーを自分でコキコキ外したりしているので、ある程度は自分でやるお客って認識をしていただいたのでしょうか?
 怪しい改良の数々をプロに見られたと思うとちょぉ~恥ずかしいです(^^;;

 ってことで、ガレージに戻ってから、GSX-R250R/SPの整備を行いました。

P1180839

 アクセルワイヤーを取り付けして、ついでにFCRのJNのストレート径を1ランク濃くしておきました。

P1180840

 スタータークラッチは取り外したまま、マグネットの割れていないフライホイールを取り付けし、フライホイール取り外しの際に抜いたオイルを入れ、今日の作業はほぼ終了です。
 これで押しがけ仕様になりました。
 FCR+押しがけ仕様じゃエンジン始動に手間取るかな?と思いましたが、暖かいせいでしょうか?、加速ポンプを2度開けて15mの押せばエンジンが掛かりました。
 これなら苦労することは無さそうです。

 あ、ガレージの前ではやっぱり押しがけできません。
 土間コンはミューが低すぎるみたいですね。

 今回、GSX-R250R/SPのエンジンが使い物にならなくなるかも知れないという危機を迎えて、予備エンジンの必要性を痛感しました。
 いまのエンジンが完全にダメになる前に、次のエンジンを手配しておかなければ・・・。
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

April 28, 2013

Megelli250r フロントフォーク リセッティング

 FSWショートコースで辛うじて40秒を切ることが出来たメガリですが、試乗してもらったYKTさんからは「怖い」という評価を貰いました。
 たしかに、いまいち攻めきれない印象があるのは事実です。
 恐らく、フロントフォークが早く沈み過ぎるからだと思われます。
 YKTさんからはフォークオイルを硬くしてみれば?とアドバイスを頂きましたが、フォークオイルを全交換するには、ほぼOHの作業が必要になってしまいますので、ここは油面を変えて様子をみることにしました。
 正確に油面を変更するには、フォークを脱着する必要がありますが、今回は方向性の確認だけでもいいので、トップキャップ(イニシャルアジャスター)を外し、30mlのフォークオイルを追加で注入。

P1180822

 これで約30mmほど油面が上がるはずです。

 これで改善されるといいのですが・・・改善されなかった場合のことを考えて、NSR250R/SEを用意しておこうと思う次第です。
 
 
 
 

| | Comments (0)

Megelli250r オイル交換6回目

 最近のパターンでは、FSWショートコースで走行後に現地でオイルを抜いておき、ガレージに戻ってからオイルを入れていたMegelli250rですが、昨日はオイルトレイを忘れてしまい、現地でオイルを抜かなかったのので、今日は普通にガレージでオイル交換を行うことにしました。

 メガリ!

P1180818

【自分用メモ】
2号エンジン載せ替え 8.5h
オイル交換6回目 24.9h 雅 10W-40

 水温が70度を超えるまでエンジンを温めてからオイル交換をしました。

P1180819

 オイルを抜いている間に、スターター用の外部バッテリーを充電してみたりして。

P1180820

 オイルはこの通り結構汚れていました。

P1180821

 エンジン始動時間約30分、実走行では20分弱使用した程度です。

 ドレンボルトのガスケットは今回も使いまわしすることにしました(^^;;
 毎回交換した方が安心ですが、何回くらい再利用できるかデータを取った方が情報としては有益かなと思うので、という言い訳を用意しました。実際は単にけちってるだけです(^^;;
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

April 27, 2013

GSX-R250R/SP 入院

 GSX-R250R/SPのフライホイールがどうにも外せません(T_T)

 自分なりに散々がんばりましたが、あきらめました(T_T)
 あとはプロに任せましょう。
 半ば壊してしまったあとなので、プロも困るかもしれませんけど(^^;;

 ってことで、FSW帰りにバイク屋さんに寄りました。

 ラジカル!

P1180817

 話しを聞いてみると、つまるところやってみなければわからないそうですが、ヤバい奴はそうとうヤバいとのこと(T_T)うぅ
 クランクシャフトの先端がダメになってしまった場合は、ジェネレーターレスで走らせるしかなさそうです。

 こんなことなら、Megelli250rなんて買わずにその費用でGSX-R250R/SPのエンジンを作っておけばよかったっす(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (2)

Megelli250r 富士スピードウェイ・ショートコース走行 今年3回目

 さて、世間ではゴールデンウィーク初日の今日は、ボクにとってはちっともゴールデンじゃありません。
 会社から26、30、1、2、7日は休日取得不可のお達しが出たからです(T_T)くぅ~
 てなわけで、普通の連休気分ですが、世間ではGWなのですから、国道246号線がゲロ込みになることを予想し、ちょっと早めに家を出ました。
 んが、ちょっと混んでいた感じはありましたが、特に渋滞にはまるわけでもなく、7時20分頃に富士スピードウェイに到着しました。
 ちょうどボクの前を走っていたトランポが1番ポチで、残念ながらボクは2番ポチでした(T_T)くぅ~
 まぁどうでもいいことなんですけど(^^;;

 今日のマシンもMegelli250rです。

P1180784

 GSX-R250R/SPも積んで来ましたが、これは帰り道にバイク屋さんに預けるためで、壊れているので現在動かせません(T_T)

 到着早々、Megelli250rに先日購入・ワンオフしたKTM純正部品のバックプレッシャーバルブの取リ付けを行いました。
 これがノーマル状態。

P1180787

 ホースごとオイルセパレーター(?)を撤去し、ホームセンターで購入した耐油ホースを使い、KTM純正BPVを取り付けしました。

P1180789

 さらにアップ!

P1180788

 効果のほどを確認すべく、試乗してみると、走り出してすぐにエンジンブレーキが緩和されていることがわかりました。
 おぉ!
 なんだか今日は行けそうな気がするぅ~(^^)
 ・・・と思ったのもつかの間、フロントブレーキを掛けてダメダメなことがわかりました。
 ブレーキを掛けた瞬間、ガツ~ンと沈み込むのです。

 むぅ。
 油面を40mm上げてもダメでしたか・・・。
 まぁいままでは底付きしていることにすら気がつかないくらいでしたから、フロントフォークの動きがわかるレベルになっただけマシになったということなのでしょうが、やっぱねぇ。
 イニシャルを掛けるべきか、油面を上げてみるべきか・・・。
 スプリングの変更は考えません(^^;;

 やる気が萎えましたが、せっかくなので1本だけ走ることにしました。

P1180790

☆SS2-A 気圧944hPa 気温14.4度 路面温度30.8度
 フロントフォークのセッティングに不満は残るものの、少しはよくなっている気がしました。
 BPVの効果は体感できるかも?
 振動が少なくなった気がします。
 最終コーナー進入時の3速から2速へのシフトダウンで、リアのホッピングが軽減されました(全く無くなるということはありませんでしたけど)。
 徐々にペースを上げようと思いましたが、フロントフォークの影響でしょうか、安定してブレーキングすることが出来ず、さらに3コーナーでリアタイヤが滑ることなど、いまいちペースアップできません。

 むぅ。
 ネタと割り切ってMegelli250rで遊ぶつもりでいましたけど、40秒も切れないバイクじゃ楽しむ前にストレスしか溜まらないかも(T_T)
 次から真面目にNSR250R/SEに乗ろうかと思いましたよ、えぇ(T_T)

 ちょっとやる気が失せたので、FSWショートコースのベストタイムが31秒台という自称普通の会社員・YKTさんにMegelli250rに乗ってもらいました。

 YKTさんから頂いた感想を要約すると「怖い」だそうです、ありがとうございます(T_T)
 ボクは「怖い」とは思いませんが、なぜか攻める気にならないと感じてビビリミッターが動作してしまいます。
 あ、怖いんですね(^^;;ぉい

 参ったなぁ~、こりゃこりゃ。
 FSWショートコースで40秒が切れないとなると、日光にMegelli250rを持っていくのは躊躇われます。
 むぅ。
 仕方がありません。
 PDバルブを投入しましょう。
 それでダメなら諦めましょう(T_T)

 走行後は、富士スピードウェイ・ショートコースに隣接する「ディアーラン」に行って、ポチガレージ警備小隊の面々を遊ばせました。
 ここが「ディアーラン」。

P1180785

 いやなに、なぜか鹿の糞がこれでもか!ってくらいあるので、きっとドッグランならぬディアーランなんだろうということで(^^;;

P1180802

P1180800

 つーか、クンクンやってばかりいないで少しは走れぇ~やぁ~。
 ・・・あ、ボクか?(T_T)

 で、家に帰ってからGPSロガーのデータを確認してみると、辛うじて40秒を切ってました。
 へ?
 出てても42秒くらいの感覚だったので現地では絶望感しかありませんでしたけど、少し救われたような気がします(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (2)

April 25, 2013

GSX-R250R/SP コッキーネット 紙ヒコーキ。バイク用USBオシロスコープ 購入

 吉岡秀隆改め船越英一郎です、こんばんは。

 と、意味不明な挨拶から今日のブログははじまります。
 今年の目標は、GSX-R250R/SPでスポーツランドやまなしの2コーナーを息つきせずに駆け登る、これにしようかなと思っています。
 トルクの谷をどう克服するか、問題はそこなのですが、FCRのセッティングだけでは不可能なのではないかと思っています。
 現在のワンオフマフラーも優秀だと思っていますが、さらに優秀なマフラーがあればあるいはもしかして?と思わなくもありませんが、GSX-R250R用の社外マフラーでそんなに優秀なマフラーが存在しないことを考えると、これも望みが薄そうです。
 んじゃどうするか?
 点火チューニングです。
 直近のエントリーによるときたりんさんのブーマーさんは点火タイミングを見直すことで181.1馬力ってことですし、谷を消す効果は大いに期待できそうです。

 その布石として購入したのが、コッキーネット 紙ヒコーキ。「バイク用USBオシロスコープ」です。

P1180781

P1180782

 製作キットでの販売ですが、ボクのスキルでは完成させることが不可能なので、組み立てサービスを利用して完成品を購入しました。

P1180783

 デバイスドライバとソフトが添付されていて、USBでPCに接続して使うオシロスコープです。
 へぇ~。

 でも、肝心要のGSX-R250R/SPが、フライホイールを外すことが出来ずにどうにもならない状態(T_T)うぅ
 今週末に入院予定です(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

April 24, 2013

Megelli250r KTM純正部品バックプレッシャーバルブ ワンオフ加工

 届きましたよ~。
 Megelli250r用に購入した、KTM純正部品のバックプレッシャーバルブが。
 いわゆるひとつのクランクケース内圧コントロールバルブとして、KTMのBPVを流用するのはすでに定番中の定番です。
 内圧コントロールバルブといえば、ボクはGSX-R250R/SPに特注のNAGバルブを使用していますが、残念ながら効果のほどは全くわかりません(T_T)
 4気筒だからでしょうかね?
 単気筒だと効果が顕著だもっぱらの評判ですし、ここは一発Megelli250rで試してみることにしてみました。
 んが、中華なMegelli250rに高価なNAGバルブを投入するともったいなお化けが出てきそうなので、NAGバルブよりもはるかにお安くゲット出来るKTMのBPVを流用してみよう大作戦なのであります。

 これがKTMのバックプレッシャーバルブです。

 P1180776

 部品番号「「60030090300」。
 お値段は某オークション相場で3780円~3980円!
 でも、普通に注文すると税込み3675円という品です(^^;;ぉぃ

 この部品は、内径14φのブリーザーホース用なので、そのままMegelli250rに使用するには無理矢理ブリーザーホースに突っ込むことになります。

P1180777_2

 んが、それではちっともスマートじゃないので、内径12φのブリーザーホースを使用するMegelli250r用にワンオフぅ~。

P1180778_2

 いや~、違いのわからないボクでも違いがわかるほど効果があるのでしょうか?
 週末挑戦してみます。
 楽しみです!

 あ、大人の事情で3つ注文したので、あと2つ在庫があります。
 メガリな皆様、BPVはいかがですか?
 いまなら送料込み5000円でのご提供となっております!
 先着2名様となりますので、興味のある方はお早めにぃ~(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (6)

April 21, 2013

GSX-R250R/SP ワンオフ リアキャリパースペーサー 取付

 ネタを小出しでお届けしております(^^;;

 今日は、GSX-R250R/SP用にワンオフしたリアキャリパースペーサーの取り付けです。
 純正品とワンオフ品はこんな感じ。

P1180766

 どちらがワンオフ品なのかは説明不要ですよね。

P1180767

P1180768

 重量はこんな感じ。
 純正品~。

P1180769

 ワンオフぅ~。

P1180770

 ジャスト50gの軽量化です。
 うむ、満足じゃ!(^^)

 どこのどういう部品かというと、ここの部品です。

P1180771

 こーなって、こーなります。

P1180773

P1180774

 すばらしぃ!
 予算の関係で、A7075材ではなく、A2017材だったりしますけど、これで十分ですよね?ね?
 軽量化の効果がどれだけあるのか、たぶんボクには体感できませんけど(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (0)

晴れ間が恋しぃ

 あぁ、晴れ間が恋しぃ・・・。

Image

 phot by YKTさん

 なんか、空気まで写っているような気がします。
 ボクのコンデジではこういう画にならない(T_T)

 虎の子FZ50は売ってしましました(T_T)
 その資金でFZ200といきたいところでしたが、借金返済に・・・(T_T)ぅぅ

 FZ18では古すぎるのでしょうか?

 むぅ。
 とりあえず安物でもいいので、今時のコンデジを買ってみようかなぁ。
 
 
 
 

| | Comments (0)

April 20, 2013

GSX-R250R/SP フライホイール外し 失敗

 GSX-R250R/SPの割れているフライホイールを交換して、ついでに必要なくなったスタータークラッチを外しておこうと思い、作業開始。

 GSX-R250R/SP!

P1180741

 割れてるフライホイール(T_T)

P1180742

 どうして割れたのか・・・。
 もしかしたら、カバーを取り付けするときに磁石の力に引き寄せられてバコってブチ当てたから?
 ・・・まさか(^^;;ぉぃ

 フライホイールを外そうにも、クランクシャフトにガッチリ張り付いているらしく、ボクの技術では外すことができませんでした。
 バイク屋になろうとコツコツ工具を買い揃えている今日この頃、工具があっても技術が無いと開業が厳しいという現実を思い知らされたのでした。
 あ、知識もありませんけど(^^;;
 精進せねば・・・。

 これはプロに頼るしかありませんね(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (2)

Megelli250r ワンオフ 軽量ボルト 取付

 最近のマイブームが軽量化なのは、増えてしまった体重が落とせなくなっているからというのは内緒の話です。
 去年の今頃よりも1kg増量中ぅ~。

 ってことで、今日もワンオフ品を投入です。

 フロントブレーキ・リザーブタンクのステーを固定しているボルト、これをなんとかしたくなったわけです。

P1180744

 強度の求められるところにアルミのボルトを使うわけにはいかないので、比較的どうでもいいところを軽量化することになってしまいます(^^;;

 軽量化ってことで、ボルト頭を薄く削りこんでありますけど・・・
 これって締め付けトルクに耐えられるんじゃろうか?と素朴な疑問も(^^;;

P1180745_2

 と思ったら、案の定(T_T)

P1180747

 もぉ!!
 
 
 
 

| | Comments (0)

Megelli250r フロントフォーク リセッティング

 Megelli250rのお話しです。
 フロントが入らないと感じていたのは、底付きしているんじゃないか説について考えてみました。
 ヤぁマハのセッティングガイドを見ると「サスペンション ストローク全体をスムーズに使う事が出来ず、ある一定のストローク付近から硬さ(突っ張り感)のように感じてしまう場合があります」とありますし、きっとこれなのではないかと。
 ただ原因はバネレートではなく、油面にありとみました。
 適当なことをやりまくってますからね(^^;;

 ってことで、油面を40mmアップさせて様子をみてみようかな、と。

 メガリっ!

P1180735

 フロントフォークの脱着はアッパーカウルを外した方が楽なのはわかっていつつ、そうしないダメなボク(T_T)

P1180737

 油面あ~っぷ!

P1180738

 お?
 動きが違います。
 なんていうんでしょう、シルクの様な肌さわり。。。
 はい、ウソです(^^;;

 ちょっとコシが出たような気がします。
 うん、例えるなら富士吉田うどんクラス!
 ベスト更新は無理でも、せめて40秒は切っておきたいっす(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

April 19, 2013

明日の予定~

 すみません!!

 明日はFSWに行く気満々で準備しておりましたが、曇りで最高気温の予想が11度なので、諦めることにしました(T_T)うぅ
 寒いし、きっと路面温度は20度以下ですよね?ね?
 気持ちよく走るコンディションじゃありませんよね?ね?

 ってことで、Megelli250rとGSX-R250R/SPの整備でもしようかなぁ~と思っております。

 明日行かない分、会社をサボって行くことも考えていますけど、来週は水曜日しかサボれそうにありません。
 んが、水曜日の天気は悪そうです(T_T)うぅ
 
 
 

| | Comments (0)

April 16, 2013

NSR250R/SE リアサスペンション窒素ガス充填@モトールエンジニア

 平日なのにがんばりました!

 会社から帰ると、NSR250R/SEのリアサスに窒素ガスを充填してもらうため、NSR専門店「モトールエンジニア」まで行ってきました!

Img_1128

 最後に窒素ガスを充填してもらったのはいつだろうかと確認してみると、昨年4月8日した。
 ってことは、ほぼ1年経過です。
 気になるガス圧は4kgも抜けていて約6kg程度でした。

 むぅ。

 やっぱりガス圧は1ヶ月に1回くらいは点検した方がよさそうですね。
 
 
 

| | Comments (0)

April 15, 2013

Megelli250r オイル交換5回目

 今日はまだまだがんばります!

 ガレージに戻ってから、Megelli250rのオイル交換を行いました。

P1180729

 交換、っていうか、FSWでオイルを抜いてきたので、オイル注入が正解でしょうか?

【自分用メモ】
2号エンジン載せ替え 8.5h
オイル交換5回目 24.4h 雅 10W-40

 ドレンボルトのガスケットは交換する!って書きましたが、再利用しちゃいました(^^;;てへ

 ついでに、オイルセパレータ?の採寸~。

P1180730

 作業終了後、トランポをNSR250R/SEとMegelli250rの2台積みにしておきました。
 週末までに、NSR250R/SEのリアショックに窒素ガスを充填しに行かねばねば!
 
 
 
 

| | Comments (4)

Megelli250r マフラー溶接@ラジカル

 Megelli250rのマフラーのステーが割れました(T_T)

P1180724_2

 単気筒ってやつは・・・(T_T)

 きっと、取り付けけ方法が悪かったんでしょうね。
 応力を残したまま取り付けし、振動で破断って感じでしょうか?
 むぅ。
 きちんと取り付けできる自信皆無です。

 ステーが割れたままの状態でも問題なさそうに思うのですが、きっとそのままにしておくと他の部分が割れてしまうんでしょうね。
 はぁ(T_T)
 このマフラーを作ってもらったマフラー屋さんに持っていけばパパっと修理してもらえると思いますが、遠いんですよね。
 近くでなんとかならないかなぁ~、と考えながらトランポを走らせていると、ふと思いつきました。
 パワーチェックでお世話になっているほか、たま~に加工などをお願いしているショップ「ラジカル」です。

 連絡なしで押しかけて溶接してもらえるとは限りませんが、ダメ元で行くだけ行ってみました。
 で、相談するとOKとのこと。
 店先をお借りし、マフラーは自分で外して、溶接だけをお願いすることで了解頂けました(^^)

 ラジカル!

P1180726

 店先でがんばりました(^^;;

P1180727

 さすがプロ!

P1180728

 直った!

 でもなぁ~、また割れたらどぉしよぉ~。
 ラバーを介していますが、ステーにネジ穴があって、ボルト止めなんですよね。
 ボルトの締め付けトルクをほどほどにして、脱落しないようにベータピンで留めておくのと、きちんと締め付けるの、どっちがいいでしょうね。

 むぅ~。
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

Megelli250r 富士スピードウェイ・ショートコース走行 今年2回目

 みんな富士スピードウェイの「ショートコース」って言うのですけど、実際には「ショートサーキット」なんですよね。
 むぅ。
 このブログではどっちかに統一しておきたいなぁ。
 まぁどうでもいいことなんですけど。

 ってことで、会社をサボってFSWショートコースに行ってきました。
 気合の1番ポチ。

P1180714

 土曜日は2番ポチだったんですよね(T_T)
 やっぱり1番ポチは気持ちい~。

P1180715

 他の車両が来る前に慌てて写真を撮ってます(^^;;

 メガリ!!

P1180717

 トヨタのスーパーレッド5、なかなかいいですねぇ。
 GSX-R250R/SPもこの赤にしようかしら?

 さて、走行する前にセッティングです。
 フロントが入らない。でも、リアは高く感じます。
 むぅ。
 フロントが入らないのは、イニシャル全抜きを試してみるとして、リアが高く感じるのはどうしたもんでしょう?
 突き戻すか、リアのプリロードを抜くか、リアのショック長を短くするか・・・。
 突き戻すのは意外に面倒です。ステムのフォークを固定するボルトが片側3本あるので、地味に面倒くさいのです。
 なんとなくリアのプリロードはそのままにしておきたいので、結果、リアのショック長を短くすることにしました。
 リアサスの前側のボルトにアクセスするためには、シートカウルを外して、タンクを外さないとなりません。
 ・・・突き戻しよりも面倒だったかも(T_T)
 タンクを外したついでに、バンクアングルセンサーを取り外ししておくことにしました。

P1180720

 噂では、いまだに不調の原因になっている車両もあるということなので、取っちゃいましょう!
 バンクアングルセンサーを外すと、そのステー(かつてはECUのステーでもありました)がまるっきり必要ないので、それも取り外ししてプチ軽量化~。

P1180721

 バラしてわかったこと、それは、ECUの取り付け位置が変更されたことで、リアサスの前側ボルトを緩めるのが大変になったということです(T_T)
 仕方がないので、ECU、IGコイルは半脱着する破目になりました(T_T)やいメガリ!整備性悪くしてどぉ~する!!

P1180722

 途中で飽きたので、アプリリアRS250の車体にKTMの単気筒690ccエンジンを積んでいる方にいろいろお話しを伺ったりしていると、1本目に間に合いませんでした(T_T)
 あ、RS690?の写真撮らせてもらえばよかったなぁ~。

 ってことで、2本目を走りました。

☆SS2-B 気圧945hPa 気温19.4度 路面温度41.0度
 リアショック長最短、フロントイニシャル全抜き、ステップ位置下の一番後ろ、が今回はじめてのセッティングです。
 1つずつ試した方がいいとは思いつつ、せっかちなので一気に変更しちゃいます。

 リアの高さはいい感じになった気がします。高い、と思わなくなりました。
 ステップ位置も問題なし。特に違和感を感じません。
 ただ、やっぱりニーグリップはし辛いかもです。コーナリング中に外足の膝でタンクをホールドしておきたいのですが、シートの座る位置によってはうまくできなかったりして。
 でも、しばらくはこのままでいってみようと思います。

 フロントが入らないことについては改善されていません。
 むぅ。
 一旦ピットに戻って、残ストを確認してみると、イニシャルを目一杯かけた状態と同じです。
 へ?どうして??
 今度は、イニシャルを目一杯かけて周回し戻ってみると、やっぱり残ストに変化なしです。
 もしかしてもしかすると、フロントが入らないと思っているのは、フルボトムさせているからかもしれません(^^;;あちゃ~
 むぅ。
 もっとイニシャルをかけてる方向で改良すべきか、油面を上げてみるべきなのか・・・。
 よし!
 イニシャルかけて油面を上げてみましょう!(^^;;ぉぃ
 そもそも予定していてサボっているPDバルブ化もこの際やっちゃおうかしら?
 Megelli250rはこういう楽しみ方をするために用意したマシンですしね。

 今日の結果は、土曜日と比べると1秒アップ!・・・つまりベストの6秒落ち(^^;;
 最高速落ちてるし、ノーマルで乗っていた方が速かったってオチになりそうです(^^;;

 走行後は、慣らし期間中のルールに従ってオイル交換をするので、エンジンが温かいうちにエンジンオイルを抜いておきました。

 P1180723

 真っ黒に見えますが、日向でみるとそこそこ透明感は残っていました。

 その作業の途中、ふと違和感に気がつきました。

P1180725

 わかりますか??
 マフラーに溶接されているステーが割れてます(T_T)

P1180724

 どぉしてこうも面倒くさいことばかり起こるのでしょう?(T_T)
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

April 14, 2013

マカロニ市場藤沢店 with ポチガレージ警備小隊

 バイクの整備が一段落し、そうだ、美味しいコーヒーでも飲みに行こう、と思い立ちました。
 どこに行こうかとググってみると、藤沢の「アリスの森」というケーキ屋さんに、ドッグランがあるらしいので、そこに決定!
 ポチガレージ警備隊を引き連れてお出かけしてきました。

 到着すると、本当にドッグランがあるの?って雰囲気です。
 で、訊いてみると、もうドッグランはなくなっているとのことでした。
 もぉ!
 ダメじゃん!!

 さてどうするか・・・。
 時間的に、食事でもいいかも。
 この近所でワンコ連れで入れるお店というと・・・マカロニ市場藤沢店があります。
 ほぼ5年前にイヤ~な思いをして以来足を運んでいませんが、当時と違って今はワンコと暮らしています。
 ワンコ同伴OKのお店はそれほど多くありませんから、過去のことは忘れて行ってみることにしました。

 今日の三太隊員とちび太隊員~。

Img_1087

Img_1090

Img_1108

 チョ子隊員ももちろん連れてきました。
 大きくなりましたよぉ~。
 でも、ボクの膝の上にいたので、記念撮影はありません(^^;;ぉぃ

 さて、マカロニ市場藤沢店ですが、案内してくれた店員さんがとても感じの良い方だったので悪くは言いたくないのですが・・・
 やっぱりダメかも、このお店。
 ピザもパスタもボクより後から来て後からオーダーを取ったお客の方が先に出て、ボクは後回し。
 なんでやねん!
 もぉ!

 ワンコ同伴のスペースは店内とはサッシで仕切られていますが、だからといって屋外というわけでもなく、外とはきちんと壁で仕切られていて、屋根のようなものもあります。

Img_1115

 晴れの日は屋根(シート?)を開けているのでしょうか?
 今日は風が強かったせいか、シートのようなもので覆われていました。
 でね、その屋根からゴミが落ちてくるんですよ。
 お冷をみるとこんな状態。

Img_1114

 屋根だけに、やぁねぇ~って、おぃ!
 きっと料理にもゴミが落ち放題、それを食べ放題って感じなんでしょうね。
 もしかして、それが隠し味になって、微妙な味加減を演出しているとか?
 はぁ(T_T)
 お腹壊したらどぉしよぉ~(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

Megelli250r ワンオフ アッパーカウルクリックリリースボルト 取付

 ボクのMegelli250rは、社外のレース用FRPカウルを装着してあります。
 そのアッパーカウルの取り付け方法はこんな感じです。

P1180707

P1180709

 M5のボタンネジとナットを使って固定しています。
 ちょっとれーすぃ~じゃありません。

 そこで、クリックリリースボルトをワンオフしました。
 これだ!

P1180710_2

 ボルトはA7075の超々ジュラルミン製で、ワッシャーはなぜかA2011アルミ製です。
 画像はありませんが、FRPカウルは8φの穴になっているので、M5のボルトナットでの固定では、万一風圧などでカウルがズレた場合、カウルの穴が破損してしまうことを危惧してしまいます。
 その点、このクリックリリースボルトは、FRPカウルに合わせて8φのカラー部分が設けてあるので、転倒でもしない限りズレることはないと思います。

 取り付けするとこうなります。

P1180712

 ワッシャーは不要かと思いつつ、このワッシャーが無いとベータピンを抜きさしするのに難があるんですよね。

P1180713

 ベータピンを紛失する前にワイヤリングしておかねば!!
 
 
 
 

| | Comments (0)

Megelli250r ワンオフ ミラーホールカバーキャップ 取付

 Megelli250rのクラッチホルダーには、ミラー取付用のねじ穴があります。

P1180702

 コストダウンのための寄せ集めバイクだからなんでしょうね。
 そういえば、メインキーシリンダーも無理矢理感ありましたし。

 このねじ穴を覗くと、クモの巣が・・・(T_T)マジっすか?
 もぉ!
 ここにミラーを取付することはありえないので、ディスクグラインダーとベルトサンダーを使って切り飛ばしてしまおうかと考えてみましたけど、もしかしてもしかすると何かの固定に使えるかもしれないので、とりあえずワンオフしたミラーホールカバーキャップで塞いでおくことにしました。

 ジュラコン製ミラーホールカバーキャップ!

P1180700_2

 ねじ切りはされていなくて、圧入タイプになっています。
 プラハンでブッ叩いて圧入しました。

P1180705

P1180706

 これでクモの巣対策は万全です!
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

Megelli250r オイル交換4回目

 昨日、FSWでMegelli250rのオイルを抜いておいたので、今日は忘れずにオイルを注入しておくことにしました。

 メガリ!

P1180696

【自分用メモ】
2号エンジン載せ替え 8.5h
オイル交換4回目 23.9h 雅 10W-40

 エンジンオイルは引き続きタクマインの「雅10W-40」です。

P1180699

 ボクのMegelli250rは、エキパイを加工し、腹のタイコを撤去してあるので、エンジン下のドレンボルトからオイルを排出しています。
 そのガスケットがヘタリ、エンジンオイルがにじむようになってきたので、ガスケットも交換しておくことにしました。
 純正はカッパーガスケット(内径14mm)ですが、ナップス伊勢原店には内径14mmのカッパーガスケットが売っていなかったので、代用品を購入しておきました。

P1180698

 デイトナ「オイルドレンワッシャーM14 3枚入り」です。
 表面にアンティスティックコーティングを施した高級ドレンガスケットで、4輪メーカーなどで多く採用されています、だそうです。
 へぇ~。
 指定のトルクは35N・mとあるので、その通りに締めこんで、オイルを注入して、終了。
 あまりのドレンワッシャーが2枚あるので、次もケチらず交換しようと思います(^^;;
 
 
 
デイトナ/汎用 オイルドレンワッシャ(M14×3枚)

デイトナ/汎用 オイルドレンワッシャ(M14×3枚)

 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE ショック!

 ガ~ン(T_T)

 今日明日とモトールエンジニア休日なんですね。
 昨日のうちにチェックしておけばよかった(T_T)

 昨日はシーズン初っ端にNSR250R/SEじゃあ恐ろしかろうとMegelli250rを走らせましたけど、なんだかいけそうな気がする~って思えたので、来週NSR250R/SEも持って行くために、リアショックのガスを充填して置きたかったのですが。。。
 むぅ。
 平日の夜、会社から帰ってきてから行くしかなさそうですね。
 ガスの充填はトランポからマシンを降ろさずに可能って話しなので、それでチャレンジしてみますか。。。
 
 
 
 

| | Comments (0)

April 13, 2013

Megelli250r 2013年シーズンイン@FSWショートコース

 いよいよ今日から2013年のレジャー走行開始です。

 きたりんさんのブログによると、富士スピードウェイでは身の負スキー粒子が戦闘濃度で撒布されているようなので、一応マスクを持参しましたけど、意外や意外、全然平気でした。・・・と思ったら帰りの道中で鼻の奥の方がツーンと痛くなってきました(T_T)うぅ

 シーズンイン初っ端からNSR250R/SEには怖くて乗れませんし、GSX-R250R/SPは整備途中ってことで、今日はMegelli250rで1本だけ走ることにしました。

 メガリ!

P1180692

 メガリ!!

P1180691

 メガリ!!!

P1180694

 え~っと、エンジン載せ替え後まともに走行するのは今日がはじめてで、フロントフォークのスプリングを変更してイニシャルアジャスター装備でまともに走行するもの今日がはじめてで、前後サスのサグ出し後まともに走行するのも今日がはじめてで、6ポジションバックステップの下の一番前がダメダメだったので下の真ん中にしてまともに走行するのも今日がはじめてで、FRPフルカウルでまともに走行するのが今日がはじめてで、抜け抜けマフラーでまともに走行するのも今日がはじめてで、ハンドルを交換後まともに走行するのも今日がはじめてで・・・他になにかありましたっけ?(^^;;

 エンジン始動は問題なし。
 んが、アイドリングを維持できず。
 むぅ。
 だた、ECUの不具合とは言えません。抜け抜けマフラーで燃調が狂っている可能性もありうるからです。
 面倒くさい仕様になってしまいました(^^;;

 さて、走行です。

☆SS2-A 気圧950hPa 気温10度 路面温度21度
 むぅ。
 気持ちよく走ることはできませんでした。
 ネガティブな部分しかありません。
 まず、設置感がありません。
 タイヤだダメっぽいのでしょうか?
 GSX-R250R/SPで使い切ったタイヤなので仕方がありませんが、Megelli250rはGSX-R250R/SPやNSR250R/SEの中古タイヤを使うことで走行コストを削減するとコンセプトがあるので、これは我慢です。
 このタイヤが原因で転倒したら、文字通り本末転倒なのですが、メガリに新品タイヤなんてもったいなさすぎます(T_T)
 スプリングを交換したフロントフォークの動きが悪いような気がします。
 むぅ。
 もっと動く予定だったのに。
 一応イニシャルを抜いてみて改善したような気がしましたが、もっと抜く必要がありそうです。それで解決するとは限りませんけど。
 シートの着座位置にも違和感が。
 ちょっと高いかも?
 ノーマルシートは、後ろに座るほど高くなっていたので、それよりもマシですが、全体的に高いような気がします。
 でも、着座位置が高いのか、リアサスが沈んでいないのか、ショック長を長くし過ぎたのか、考えながら乗ってみましたけどわかりませんでした。
 フロントブレーキも利きません。メタリカSPEC03なのにぃ~。当たりが出てないだけだと思いたいっす(T_T)
 ニーグリップもしにくいです。タンクの形状と、ステップの位置が悪いのでしょうか?
 イボイボの健康トラクションパッドの導入をマジで悩みたくなります。
 マシンも走ってないし(T_T)初代エンジンよりも遅いような気が・・・。マフラーのせいかなぁ?
 むぅ。

 ってことで、コケる気しかしてこないので、Megelli250rでのベストタイムのプラス7秒程度で周回してました(^^;;
 このタイムだとこのボクでさえ疲れないので、珍しく約22周ほどのロングランでしたよぉ~(^^;;ぉぃ

 走行後、エンジンオイルが温まっているうちに、オイルを抜いておきました。

P1180695

 ステップ位置も見直ししました。
 前に座ると丁度いい位置のような気がしましたが、ニーグリップがし辛いので後ろに乗ると今度はステップが前すぎる気がするのです。
 とりあえずいろいろ試してみるってことで、下の一番後ろにしておきました。

 もちっとがんばってみます。

 あ、お久しぶりの皆様、今シーズンもよろしくお願いします!
 
 
 
 

| | Comments (4)

April 11, 2013

レジアスエース バッテリー上がり

 ガレージでレジアスエースを移動させようとしたら、バッテリーが上がっていてエンジンが掛かりませんでした(T_T)
 バッテリーが上がったことが関係するかどうか知りませんが、左スライドドアのロックが解除できなくなり、左のステップにおいてあるサブバッテリーを取り出すことが出来ず、サブバッテリーでジャンピングできないので仕方がなくMR-Sでジャンピングしてエンジンを掛けました。
 スライドドアが開かないのにはビックリしましたけど、エンジンが掛かったでドアロックを解除したら、普通に開くようになりました。
 そんなもんなんですかね?
 てなわけで、今バッテリーの充電ちぅ~。

 いまのバッテリーももう4~5年かな?
 そろそろ交換の時期っすかね。
 
 
 
 

| | Comments (2)

アキバ名物1/144ガンプラ焼

 最近、疲れが取れません。
 寝ても寝ても寝たりず、身体もだるいといった感じです。
 どうしてなんだろう?と原因を探ってみてると意外な事実が判明しました。
 3週間連続で週5日勤務をしているのです!!(T_T)
 疲れるはずです。
 旗日が絡まず有給も取らずにこれだけ働くのは昨年の6月以来ぶりでした。

 はぁ(T_T)
 働きすぎですね(T_T)
 月曜日休もう・・・。

 そんなお疲れのボクに気を遣ってくれたのか、アキバ系のともちんから差し入れが届きました。

 アキバ名物1/144ガンプラ焼ですって。

P1180686

 たい焼きの亜種でしょうか。

P1180689

 ちなみにガンダムがクリームで、ザクがアンコでした。

 気になるお味は・・・

「どうもお坊ちゃん育ちが身に染み込みすぎる。甘いな」
 
 ・・・お後がよろしいようで(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (2)

April 07, 2013

GSX-R250R/SP ワンオフ リアシールレスアクスルスペーサー 取付

 GSX-R250R/SPのお話しです。
 チェーン交換でホイールを外したついでに、ワンオフしたリアアクスルスペーサーを取り付けすることにしました。
 純正品とワンオフ品を並べるとこんな感じです。

P1180680

P1180681

 形状が違う理由は、ダストシールを外した部分を覆うようになっているからです。
 これは、ダストシール部分全体を蓋をするタイプではなく、埋め込み?タイプです。
 GSX-R250R/SPはスペース的に前者が好ましいと思ったのですが、なぜか後者のタイプとなってしました(T_T)

 気になる重量比較はこんな感じ。

P1180682

P1180683

 30gの減量に成功(^^)

 リアスプロケットマウンティングドラム(いわゆるハブ)は、こうなってます。

P1180684

 いままではダストシールを取り外しし、ベアリングむき出しになっていましたから、これでベアリングの保護が可能になりました。
 いまさら遅いかもしれませんけど(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP NSR250R/SE GB520TRUチェーン交換

 さぁってと、チェーン交換でもしましょうかね。
 手間を減らすために、GSX-R250R/SPとNSR250R/SEのチェーン交換を同時に行います。
 チェーンは、コレ。
 このクラス最強最軽量チェーン、RKの「GB520TRU」です。

P1180670

 DIDの工具「かし丸君」を使い、110Lと120Lをそれぞれ108L、112Lにカットします。
 そのままの状態からでもカットは可能ですが、工具に負担をかけるので、カシメ部分をグラインダーで削り飛ばしておく方がいいようです。

P1180671

 こんな感じでカットします。

P1180673

 GB520TRUは、他の520チェーンとは比較にならないほど低フリクションですが、保護のグリースをそのままにしておくと、思いっきり抵抗になって低フリクションの効果が半減してしまいます。
 走ってグリスを飛ばそうとしても、結構時間が掛かるので、あらかじめ洗浄しておく方がいいと思います。

 全体的に白いのが保護グリースです。

P1180672

 今回は2本同時の作業だったこともあるのでしょうが、チェーンクリーナーを1本丸ごとつかっても満足できるレベルにきれいにグリースを落とすことができませんでした(T_T)

P1180674

 ナイロンシールを使うTRUチェーンは、通常のOリングチェーンとは違いグリースを封入しているわけじゃないので、灯油でジャブジャブ洗ってしまいたくなるのですけど、やっていいのでしょうか?
 むぅ。
 これがいつも気になるんですよね。
 灯油で丸洗いできればなぁ~。

 洗浄後、マシンに取り付けして作業終了~。

P1180676

 自分用メモとして書いておくと、TRUチェーンのプレート間の幅は約15.75mm。
 GSX-R250R/SPは、プレートを約15.75mmで圧入し、カシメたところプレートの幅が約15.55mmとなり、動き渋し(T_T)マジかよぉ~。
 という失敗を前提に、NSR250R/SEではプレートを約15.95mmの圧入に留め、カシメたところ、約15.75mmで無問題。
 ってことで、カシメることで0.2mmプレート間の幅が狭まるようです、たぶん(^^;;

 あと、TRUチェーンは520サイズですが、プレートが小さく薄いので、#50系プレートホルダーではなく、#40系プレートホルダーを使った方が作業性がいいです。
 比較画像ぉ~。
 右が#40系で、左が#50系です。

P1180685

 まぁ慣れの問題ですけど(^^;;

 ってことで、NSR250R/SEの画像は割愛しました(^^;;
 
 
 
【追記】
ググってみたら、Oリングチェーンも灯油で洗浄して大丈夫っぽいって情報が・・・。
 
 
 
 
DID かし丸君R 50系 フルセット 4525516902137

DID かし丸君R 50系 フルセット 4525516902137

ダイドー かし丸君 #40系オプションセット

ダイドー かし丸君 #40系オプションセット

 
 
 
 

| | Comments (0)

April 06, 2013

NSR250R/SE ワンオフ 強化ホイールダンパー 取付

 嵐が来る、嵐が来るって散々ニュースでやっているから、ウチワを用意して待っていたのに、全然こないじゃん!
 もぉ!

 嵐がいつ来るかわからない状態でお店を広げてバイクの整備をするわけにもいかないので、とりあえず狭いガレージでもできることをやろうってことで、ワンオフした「強化ホイールダンパー」を取り付けすることにしました。

P1180658_2

 純正のホイールダンパーラバーをこの強化ダンパーに交換することで、駆動力をダイレクトに後輪に伝え、最適なトラクションを得よう大作戦!
 これが純正ダンパーラバー。

P1180661

 強化ダンパーに交換後。

P1180662

 目論見通りダイレクトな駆動力を得たとして、問題は耐久性でしょうか。
 まぁタイヤの交換サイクルは3時間から5時間ですし、その間に1度は逆履きにするので、その際にチェックしておけばある程度リスクは回避できると思っています。よね?(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »