« NSR-Mini 仕様変更 | Main | Megelli250r YSS PDフォークバルブ 取付 »

July 06, 2013

Megelli250r ダンパーロッド追加工

 コチラのネタの続きです。

 Megelli250rのフロントフォークに、YSSのPDフォークバルブを仕込むのに、シートパイプを旋盤を使って加工したわけですが、ふとあることに気がつきました。
 シートパイプ上端の穴の径とRDバルブ下端の穴の径が合わないのです。
 現状でシートパイプの上にPDバルブを乗せると、PDバルブの穴を塞いでしまいます。
 むぅ。
 このままではダメなような気がします。
 確認するため、YSS取り扱いのPMCに問い合わせしてみたところ、丁寧な対応をしていただき、やはり対策した方がいいとの回答を得ました。
 んじゃ、シートパイプの上端部の穴を、テーパー加工して穴を大きくしましょうかね、っと。

 実は旋盤を使ったテーパー切削は初体験です(^^;;
 複式刃物台を斜めにセット。

P1190928

 3爪スクロールチャックに咥えたシートパイプを中ぐりバイトを使って切削します。

P1190929

 中ぐり加工はただでさえ緊張するのに、アルミよりも難しい鉄ですし、はじめてのテーパー切削で緊張しまくりです。その分慎重になったせいか、まぁまぁの結果です。精度は求められませんしね(^^;;

P1190930

 んが、見込みを誤りました(T_T)
 切削面に亀裂がぁ~(T_T)

P1190937

 ちゃんと注意していたのに、なんでやねん!
 と不思議に思い、シートパイプをよくよく観察して、原因判明。
 このシートパイプ、2ピースで、ロット部分の先端にネジ山が切ってあり、ピストン部分はそこのねじ山に締め付けて固定されていました。

P1190943

 1ピースじゃなかったんですね(T_T)
 はい、失敗(T_T)

 今日は心が折れてしまったので、明日、プランBを実行します。
 
 
 
 

|

Comments

自宅に旋盤やボール盤があるなんて羨ましいです!
初めて手にしたバイトが4mm角なんですがこれくらい大きいバイトもあるんですね

Posted by: 山羊 | July 08, 2013 at 07:46 PM

どもども(^^)

☆山羊さん>
いつまでもサーキット走行はできないんじゃないかと思って、新たな趣味として機械加工をはじめてみました(^^;;
右も左もわかりませんでしたが、ヤフオクでバイトを販売している方にいろいろアドバイスをいただいて、このバイトも特注で作っていただきました。
これは14mm角ベースの中ぐりバイトで、通常のバイトは12mm角です。卓上旋盤だとこれが限界っぽいです(^^;;

Posted by: のり | July 08, 2013 at 08:34 PM

Post a comment