« July 2013 | Main | September 2013 »

August 31, 2013

今日の画像

 今日の富士ショートSS-2A枠、お知り合いの画像です。
 言い訳すると、今日は曇りだったので、ボクの腕ではピンボケ連発。
 微妙な画像を量産してしまいました。
 FZR400RRさんなんて全滅(T_T)くぅ~

 山羊さん、今日はありがとうございました。
 自分のことでテンパっていたりしてすみませんでした。
 今度余裕があるときに缶コーヒーでもごちそうしますですよ。

 ってことで、今日は撮影順に画像を並べていきまーす!
 山羊さんからはさらに多くの投票が見込めそうなことから、ちょっと多めにしておきました~(^^;;ぉぃ


 P1210069

P1210070

P1210072

P1210081

P1210084

P1210093

P1210115

P1210126

P1210143

P1210159

P1210165


番外編

P1210188

P1210183

P1210186

P1210184

P1210185

 ほしぃ(T_T)
 
 
 
 
 

| | Comments (2)

NSR250R/SE ナイロトン RACE PRO 取付@FSWショートコース

 いざ行かん!!
 富士スピードウェイ・ショートコースへ!!と意気揚々トランポに乗り込もうとした瞬間ボクの目に入ってきたのはこの光景でした。

P1210001

 もうね、これだけでグッタリですよ。
 だから田舎はイヤなんです(T_T)

 え?よく見たいって??
 ほいじゃアップ。

P1200999

  ジョロウグモ(女郎蜘蛛)のジェットストリームアタックや~ by 彦摩呂(^^;;

 はぁ(T_T)


 今日は7時半頃の到着で、4番ポチでした。

P1210010

 NSR250R/SEの整備をチャキチャキはじめたいところですが、先日新調したツナギを見たい!というリクエストにお応えして、まずは撮影会から(^^;;
 1着目、インディゴブルー。

P1210002

 2着目、ブルー。

P1210005

 某オークションで新品1980円の品でした。
 あまり安くても品質が心配になるのですが、次に安いのは3600円という値段です。
 2着欲しかったので、安かろう悪かろうを覚悟して、1980円の方を購入しましたが、全く問題ない製品でした。
 裾上げはグルーガンを使っています。
 なかなかどうして、強力な接着力で、今のところお洗濯にも耐えています。
 おススメかも?

 さて、撮影会を済ませたので(^^;;、NSR250R/SEの整備です。
 手始めにフロントタイヤを逆履きにしました。

P1210008

 タイヤ交換よりも、ホイールを車体から外す作業の方が時間が掛かって面倒くさくなってきた今日この頃です。
 タイヤレバー2本での作業が課題でしたが、外すときはやっぱり3本使いたくなります。
 皆さんは2本派でしょうか?3本派でしょうか?
 組むときは1本でも問題ないんですけどね。

 次はいよいよリアサス交換です。
 シートカウル外して~、タンク外して~、エアクリーナーボックス外して~、んで、キャブをズラします。

P1210011

 すげぇ面倒ですが、ここまでやらないと、リアサスのリザーブタンクが抜けないんですよ、たぶん。
 知恵の輪が得意な人はキャブをズラさなくてもできるかもしれませんが、ボクは不得意なのでズラしました(^^;;
 んで、リアショックをリアサスリンクごとごっそり外しました。

P1210166

 新旧リアショック、ご対面~。

P1210168

 リアショックだけを交換せずに、リアサスリンクごと外したのには理由があります。
 前々から不満に思っていたのですが、NSR250Rのリアサスリンクは、クッションアームプレートとクッションコネクティングロッドが干渉して傷になるんですよね。
 このNSR250R/SEは比較的マシな方でしたけど。

P1210167

 傷になるってことは、抵抗になっているってことでしょうから、なんだか気になります。って言うか無視できません。
 コネクティングロッドやアームプレートの傷の部分を切削してしまえば解決できるじゃろうか?なんてことも真剣に考えていたことがありますが、解決方法がNSR専門店「モトールエンジニア」にありました。
 じゃん!

P1210169

 リアリンク用スラストワッシャーやぁ~!

P1210170

 こんなアイディア商品があったなんて、もっと早く知りたかったっす。
 あ、画像の商品は純正サス用なので8枚セットになっていますけど、ボクは社外サスにするので6枚セットで売っていただきました。
 このワッシャーがあれば、プレートとロッドの直接干渉を防ぐことができます。
 素晴らしぃ~。

 リアサスリンクは外したついでに洗浄し、液体グリースでグリスアップ!
 ナイトロンの上下スフェリカルベアリングにも液体グリースを塗布しておきました。
 で、逆の手順でサスペンションを取付しました。

 ここで、リアタイヤも逆履きに。

P1210172_2

 そして、ホイールを組んで、完成ぃ~(^^)うほっ!

 これがNSR250R/SE with ナイトロン レースプロや!

P1210178

P1210177

 ちょぉ~格好えぇ~(^^)

 圧側減衰圧調整ノブがフレームに干渉しないことは、事前にゴミフレームで確認してありましたが、個体差とかあったりするかも?と不安でした。
 んが、大丈夫でした!

P1210180

P1210171

 それより、伸側減衰圧調整ツマミが回しにくいかも?
 あ、確認するの忘れちゃいました(^^;;

 途中、お話ししたり、写真を撮ったり、ちょう蒸し暑くてやる気がなくなったりで、まったり整備したので、作業が終わったのはちょうど12時頃でした。
 D枠には余裕で間に合いますので、タイヤウォーマを掛けて、走行準備をして、いざ!という時になって、NSR250R/SEのメイン電源が入らない不具合に気がつきました(T_T)
 なんでねん(T_T)
 バッテリーは13V以上あるので、アース不良かな?とアースを確認。
 LAP SHOTの赤外線センサー用電源ケーブルをブチ切って、アース線を増設しても電源が入りません。
 むぅ・・・。
 なんてことをやっていると、D枠走行開始時間になり、今日の走行は諦めざるを得なくなりました(T_T)うぅ
 途方にくれつつ、あれこれやっていると、アース不良ではなく、+配線の接触不良ということがわかりました。
 ハーネスをいじると、電源が入ったり切れたりするので、ハーネス内部での断線か!とシリコンテープを剥がして確認するも、断線見つからず。
 TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット導入に伴い、バッテリーを移設したことから必要になった延長配線の導通を確認するも、導通あり。
 むぅ。
 そし~て、ボクは、途方にくれるぅ~(T_T)

 でも、結局原因は突き止めました。
 延長配線の丸型端子のカシメが強すぎて、中で断線していました。
 微妙に導通があったり無かったりの状態だったので、テスターで調べたときには導通があって問題なしと判断してしまっていた、というオチでした。

 ってことで、今日の走行は無し。
 はぁ(T_T)
 不具合の原因がわかったことは幸いですが、それにしても疲れました。
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 30, 2013

NSR250R/SE ナイトロン RACE PRO 購入!

 モトガレージヨコヤマのヨコヤマさんが、遠路はるばる埼玉から我が家まで、NSR250R/SE用ナイトロンを届けて下さいました。

 これがNSR250R/SE用「ナイトロン RACE PRO」だぁ!!

P1200997

 そう、ただのRACEシリーズじゃないんです、RACE PROシリーズなんです!!!

P1200998

 ナイトロンには、リザーブタンクの種類がホースタイプ、ピギーバックタイプ、ガンタイプの3種類あります。
 ボクの好みは断然ガンタイプが一番で、ついでピギーバックタイプ、で、ホースタイプとなります。
 GSX-R250R/SPにはホースタイプを選択しましたが、バッテリーケースやそのほかスペース上の関係で、事実上ホースタイプ一択となってしまいます。
 NSR250R/SEもノーマルでしたら、リアフェンダーやレギュレートレクチファイアがあったりする関係で、ホースタイプが標準ですが、ナイトロンにするならガンタイプにしたいと考えたボクは、そのために大好きな純正シートカウル形状を捨て、TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキットを取り付けしました。

 で、はじめはナイトロンのRACEシリーズのガンタイプをオーダーしました。
 RACE PROシリーズの方が性能が良さそうですが、ビギーバックタイプじゃぁねぇ・・・。
 ところが、ヨコヤマさんからRACE PROシリーズにもガンタイプがあることを教えてもらい、だったら!と、RACE PROシリーズにした次第です。

 ご覧のとおりの形状なので、圧側減衰圧調整ノブ付近がフレームに干渉するかも?
 てな不安がありました。
 干渉したらしたで、超硬バーを買ってきて、フレームを削る気でいました。
 んが、ゴミフレームで確認してみたところ、

P1200993

P1200994

 おぉ!
 せ~ふ!
 ぎりぎりクリアです(^^)うほっ

 まだ100%安心は出来ませんが、無加工でつきそうな雰囲気です(^^)

 ちょ~楽しみです!!!
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 29, 2013

Megelli250r ポチからのお願い

 当ポチブログをお読みの皆様に、ポチからのお願いがあります。

 実は・・・

 ネタバイクとして購入したMegelli250rなので、ネタになることはやっておこう!と思い、「第1回メガリフォトコンテスト」に応募しました。
 いい画像がなかったので応募は悩んだのですが、他の応募作品を見るとメガリが走っているシーンが1枚もないので、それならボクが!、てな具合です。

 そこでお願いです。

 下記アドレスにアクセスし、№39のポチに清き1票をお願いします!!

   「第1回メガリフォトコンテスト

 自宅PC、スマホ、勤務先PC×家族分、すべてを総動員していただきたく、ご協力よろしくお願いします!

 投票の際にコメントを書くようですので、コメントに困る人は「ポチさん素敵」とでもご記入ください(^^;;ぉぃ

 現在、アクセス件数が減っている当ブログですが、1日平均のユニークアクセスユーザーは800人強。
 そのうちの3割の方が協力してくだされば、240票!!

 よろしく哀愁ぅ~。
 応募締め切りは9月8日ですのでお早めにぃ~(^^;;

 あ、賞品はまだ公開されていないようです。
 ゲットできれば当然ブログネタにしますので、是非!!

 みんな、オラに元気を分けてくれぇ~(^^;;

 
 
 
 

| | Comments (14)

August 28, 2013

NSR250R/SE ナイトロン!!

 会社で仕事中の心地よい居眠りをぶっこいていると、ボクの眠りを妨げるかのようにメールの着信音がピコピコっと鳴りました。

 なんじゃらほぃ?
 と、メールを確認してみると、モトガレージヨコヤマのヨコヤマさんから画像付きのメールが届いてました!!
 ヨコヤマさん曰く、

 「kita  喜多 木田 北 キター!!」※原文ママ(^^;;ぉぃ

 うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

 ナイトロン!!

7493440_1991566110_38_2

 盆明けにオーダーして、もう届いたようです。
 まだ届いていないCOBRAさんには申し訳ないです、はい。

 ヨコヤマさんが金曜日に我が家まで届けて下さるそうですよ!(^^)うほっ!

 このサスについての説明は後日に。
 まぁ見る人が見れば一目瞭然ですよね。
 そうじゃなくても、シートレールからシートカウル形状を変更したかったわけがわかってもらえると思います。

 早く金曜日になぁれぇ~。
 
 

  

| | Comments (4)

August 26, 2013

NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース) 取付 その4 完成!

 さて、NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース)の取り付けもいよいよ最後となりました。

 んが、取り付け前に、エアクリーナーコネクティングチューブの交換をやっておきます。
 ここのパーツです。

P1200980

 エアクリーナーを無理矢理取り付けすると、変形しダメになってしまいます(T_T)うぅ
 なので、エアクリーナーボックスを外した場合、取り付けの際は必ず蓋を取って、きちんと取り付けするようにする必要があります。サボっちゃダメなんです。ついでに、チューブバンドのボルトも目一杯緩めておきましょう。
 純正部品は、いつものようにモトールエンジニアでゲットぉ。

P1200982

 本来、このチューブとエアクリーナーボックスはボンドで固定しますが、吹き返しの汚れさえ気にしなければボンドは不要ということなので、ボンドは使用しませんでした。
 サクサクっと交換し、さて、TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース)の取り付けです。

 これでどぉだぁ!!

P1200987

P1200988

P1200989

P1200986

 ボクが求めていたのはこれなんですよ!
 この、達成感!!
 すげぇ大変でしたけど、ボク的には上手くいった方ですし、1年前のボクには間違いなく不可能だった作業が今こうして出来た事実。
 かんどぉ~です!!

 あとはナイトロンが届けば!!

 あ、それだけじゃありませんよ。
 10月半ばに33秒台を狙う計画を立てていますので、それまであともう少しNSR250R/SEを改良します!!
 
 
 
 
 

| | Comments (2)

NSR250R/SE あめる商店(AmeruWokers) カーボン製(綾織り)リアフェンダー 取付

 翌日の会社サボりまでが「もて耐」です!
 ってことで、当然のように会社をサボりました(^^;;

 で、6時から作業開始ぃ~。

 先日購入したカーボン製(綾織り)リアフェンダーの取り付けを行います。
 このリアフェンダーの定番取り付け方法は、タイラップでスイングアームに固定するやりかたです。
 んが、タイラップでの固定はちょっとお洒落じゃありませんから、ボクはビス止めするつもりでタイラップ用の穴のないものをオーダーしました。

 もっとも簡単な取り付け方法は、スイングアームにリアフェンダーを仮止めして、その状態のままドリルでリアフェンダー、スイングアームごと穴あけしてしまうことです。
 これなら、穴の位置がずれることはありません。

 んが、もしリアフェンダーを交換しなくてはならなくなったらどうでしょう。
 スイングアームの穴の位置に、リアフェンダーに穴あけを行わないといけませんが、正確な位置に穴あけできるでしょうか?

 ってことで、今日は楽をせず、来るべき日に備えるべくスキルを積む方法での作業方法にすることにしました。

 そこで購入したのが、これ。

P1200958

 YAZAWA(ヤザワコーポレーション)製「レーザーポインターLPB2401BK」です。

 本当は対象物に垂直にレーザー照射をしたいところですが、そのための準備はしていないので、ラダーに両面テープで貼り付けて使用しました。

P1200961

 ラダーがガタつくので、精度がいまいちです(T_T)

 何をやりたいかというと、レーザーを照射し、その位置にマーキングをして穴を開ければ、リアフェンダーを交換する羽目になっても穴あけ作業がらっく楽ぅ~、ってイメージです。

 スイングアームにカーボンリアフェンダーを取り付けした状態でレーザーを照射し、マーキング、穴あけ。
 で、カーボンリアフェンダーを取り外しした状態でレーザーを照射し、マーキング、穴あけすれば、双方の穴はドンピシャ!!・・・のはず。

P1200962

 固定方法は、スイングアームにM6P1.0のタップを立て、M6のボルトを使用することにしました。

P1200964

 このネジ穴がダメになったときは、さらに開口してブラインドナットを使用するつもりです。

 左側はまぁまぁ上手くできましたが、右の穴が大きくズレました(T_T)なんでやねん

P1200965

 三脚とかを工夫して使わないとこうなるって悪い見本ですね。
 さらに、エンドミルをハンドドリルに咥えて長穴を掘ろうとして失敗(T_T)穴から左上に伸びる傷がその失敗痕です

 失敗した穴は、プラリペアで塞ぎ、白のプラリペアだったので、マッキー(マジックペン)で誤魔化しておきました(^^;;

P1200966

 1m離れるとバレんじゃろう。

 んでもって、クリア塗装です。
 いつものなんちゃって簡易塗装ブースをぷち展開。

P1200967

 その下でクリア塗装ぉ~。

P1200968

 今日もHXクリアを使用しました。

 んで、乾燥(2液重合)ぉ~。

P1200970

 白いまだらの部分は、景色が写り込んでいるだけで、傷ちゃいまっせぇ~。

 クリアが触れても平気なくらい硬化してから、裏側をブラックアウト塗装しました。

P1200990

 これで残念なカーボンシートのムラも目立たなくなるでしょう。 
 塗装は、水性のペンキを使って筆(刷毛)塗りしました。

 プラリペアで埋めた部分は、目立ちませんけど、ひと工夫。
 ダイノックシートを貼ってみました。

P1200992

 むぅ。
 いまいち(T_T)
 ま、いっか(^^;;
 
 
 
 


| | Comments (0)

August 25, 2013

もて耐参加チームのお手伝い 2日目

 というわけで、「YSSレーシング・マーキュリー」(そのゼッケン42号車)のお手伝いでもて耐にぷち参加しました。

 今日は7時間耐久レースの日です。
 チームの集合時間は6時30分の指定でしたが、ツインリンクホテルの「夏休み サマーバイキング宿泊プラン」には朝食に「和洋バイキング」というものがついていて、7時からだったります。
 これだけは譲れないぜ!ってことで、朝食を食べてから合流のお許しを頂きましたが、昨晩ディナーバイキングを食べ過ぎ胸やけ全開モードになってしまい、とても朝食を食べる体調ではありません。
 ってことで、きちんと6時半に集合しましたよぉ~(^^;;ぉぃ

 YSSレーシング!

Img_1382

 ゼッケン42号車を磨いたのボクなんですよぉ~(^^)
 実は苦手な作業です。
 ホイールのスポークなんて、キィ~って感じになりますし。

Img_1375

 どうですか?
 ボクなりにがんばったんですよぉ~。

 あ、ゼッケン83号車、42号車が「YSSレーシング・マーキュリー」で、ゼッケン1号車は「YSSレーシング・・ブルドッカータゴス」だったりします。
 YSSレーシングとして3台体制なんですね~。
 本格的です。

 決勝レース直前に雨が降ったりして、天気がどうなるのか心配でしたが、結果としては雨は降らず(降っても路面を濡らすほどではなく)、コースコンディションはドライの中で開催されました。
 レース開始しばらくはYSSレーシングが1,2,3でもしや?と期待しましたが、いろいろあるのが耐久レースです。
 ・・・いろいろありました(^^;;

 ボクは、給油時の消火器係の役をいただけました。
 給油の間、安全ピンを抜いて、ゴーグルをして、いつでも消火作業が出来る体勢で準備しておくという役どころです。
 レバーを引くと薬剤が噴射されてしまうわけで、火が出ていなければレバーを握っちゃいけないわけですが、握っちゃいけないいけないと思えば思うほど握りたくなるのが人情でして、でも握るわけにはいかないので、消火器を構えたまま昨日のディナーバイキングの消化に努めました(^^;;ぉぃ

 あとは、ガソリン用意する係とか。

 これが気になっていたレーシングスーツ乾燥機使用風景。

 Img_1426

 塩ビ管に無数の穴を開けて、ブロアモーターを組み合わせればなんちゃってレーシングスーツ乾燥機が作れるんじゃないかと思ってみたりして(^^;;あ、それじゃぁ送風だけか

 7時間、長いようで長かったわけですが、終わってみると短かった的な感じで、ゼッケン42号車の結果は総合5位(クラス2位)でした。

 皆様お疲れ様でした~。

 はじめて「もて耐」の現場にいましたけど、凄い規模の大会なんですね。
 予選参加車両は116台だったでしょうか?
 7時間耐久レースは77台の出走。
 バイクの数、人の数にビビリました。

 ボクが紛れ込んだ「YSSレーシング・マーキュリー」はとてもいいチームでした。
 トップクラスのチームなのに、ギスギス感皆無、アットホームというんでしょうか?
 これには本当に驚きました。
 だからといって、ユルユルってこともなく、ひとりひとりが自分の仕事を的確にこなしつつ楽しんでいる感じがとてもよかったです。
 そういう皆さんを見ていると、ボクもまたやまなしの耐久レースに参加してみようかなぁなんて思ってみたりして。
 あ、もて耐はちょっと無理ですね。レベル的に(T_T)

 いやいや、とても楽しかったですし、いい経験をさせていただきました。
 「YSSレーシング・マーキュリー」の皆さん、ありがとうございました!


蛇足
 Megelli250rも参加しているってことで、ちょう気になっていましたが、基本的にピットを離れることがなかったので、あまり観察できませんでした。
 素人のボクは、シートの着座位置が高すぎてポジションを変えなければどうにもできないと思い込んでますが、チラと確認したところ、シートの高さをいじった様子はありませんでした。

Img_1402

 むぅ。
 このポジションでダメだと思うボクがダメでしたか・・・。

 コーナーリングとか見てみたかったんですけど、消火器係があるし、ホームストレート以外で目にすることはできませんでした。
 残念っす(T_T)
 成績もよくなかったみたいで、Megelli250rへの絶望感がさらに大きくなってしまったボクですが、それとは裏腹にYSSのMG366をMegelli250r用に欲しくなっています。
 YSSのリアサスで、やれば出来る子になるでしょうか?
 ん~、欲しいなぁ~。
 絶賛売り出し中のMegelli250rですけど、このまま売れなければ、シートレールワンオフ、外装のGP3化(コードネーム:ステイメン)を考えています。で、シートレールのワンオフに伴い、リアサスにナイトロンが投入可能になるという目論みでしたが、YSSの実物を目にすると、すでにGSX-R250R/SPやNSR250R/SE(オーダー中)に投入したナイトロンより、YSSの方が面白いですよね。
 マジで悩みますよぉ~。
 
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 24, 2013

もて耐参加チームのお手伝い

 大昔からの知り合いから、人手が足りないから手伝って欲しいと言われ、もて耐に行ってきました。
 猫の手を借りたい、ではなく、ポチの手を借りたいってことですね(^^;;ぉぃ

 ツインリンクもてぎに行くのははじめてで、どの程度の時間が掛かるかわからずナビで確認したところ、3時間半前後というところでしょうか?
 6時20分に集合と言われていたので、1時に起きて、2時に出発しました。
 で、途中3回ほど休憩しましたけど、5時半頃に過ぎに北ゲート到着(T_T)
 あ、次回のときの自分用メモとして書いてます、はい(^^;;
 もう少し書いておくと、今日はR1Sを使いました。
 軽自動車ですけど、ブーストアップもしてありますし、NAの1000cc以上に軽快に走るクルマなんですよね。この道のりなら、リッター20kmくらい走りますし。ただ、RS-Rのダウンサスで乗り心地は最悪なんですけど(^^;;
 トランポの方が快適で疲れませんけど、鈍臭いしガス食い虫だし、ってことで、R1Sにしました。
 トランポだったら4時間はかかりそうな予感です。

 さて、ボクがお手伝いに参加したチームは、「YSSレーシング・マーキュリー」でした。
 チームとしては2台体制、いずれもNinja250Rでゼッケン83号車とゼッケン42号車。
 ボクはそのゼッケン42号車のメカニック系パシリ担当です。

 皆さんに簡単に紹介され、早速お仕事が。
 「このホイールにタイヤ組んでおいてください」ってマジっすか?
 日々の経験が活きましたよ(T_T)感涙
 ボク的には比較的ササっとリアタイヤを組んで、フロントタイヤもパパっと済ませました。
 今日はやれば出来る子かも知れなひぃ~(^^)、と喜んでいたのも束の間、「リアタイヤの回転方向が違います」って指摘されました(T_T)うぅ
 緊張してタイヤの回転方向を逆に組んでしましたよぉ~(T_T)
 もちろん、やり直しました。
 普段、ボクはタイヤレバーを3本使いますが(特に外すとき)、タイヤレバーは2本しか渡されず、もう1本プリーズって言う勇気がなかったので、かなり手間取りました。
 これからはタイヤレバー2本で練習しようと心に誓いましたよぉ、えぇ。
 他には、ブレーキレバープロテクターと取り付けたりとか。

Img_1374

 予選はなんと総合5位(クラス4位)でした。
 ゼッケン83号車は総合4位(クラス3位)だったりして、いや~、びっくらこきました。
 トップチームじゃあ~りませんか!
 ボクの指紋が付いたマシンが出走して予選総合5位とは感慨深いッす。
 タイヤが外れなくてホッとしました(^^;;

 予選が終わったら、決勝に向けての準備あれこれです。
 アンダーカウルのステッカーを剥がしたりとか、外装他前後ホイールを磨いたりとか、タンク外して燃料抜いたりとか、部品取り車からタンクを外して、燃料ポンプを取り替えたりとか・・・。
 少しは役に立ったんですかね?
 むぅ。

 本格的なレーサーを間近で見ることができて、いろいろ勉強になりました。
 メーターがカッコいい!
 ZXR用らしいです。

P1200852

 他車加工で、伸び側減衰圧調整可能なフロントフォーク!

P1200853

 こういうことが出来るんですね。
 すごいなぁ~。

 レーシングスーツ乾燥機なんてものもありました。
 はじめてみましたよぉ。

P1200856

 YSSレーシングというだけあって、タイからYSSの社長が来てたりして、もちろんマシンにもYSSのリアショックが!

P1200861

 MG366というモデルです。
 ん~、欲しい!!
 PMCのご担当が、先日YSSのPDバルブを入れた際に相談に乗って下さったご本人で、ボクのことを覚えていて下さったので、根掘り葉掘りいろいろ訊いてきました。
 その情報から判断するに、ズバリ!!Megelli250rにも取り付けできるでしょう!!たぶん。
 スプリング径が細いので、シートレールにぶち当たることもありません。
 あ、倒立使用できるかどうか確認するのを忘れちゃいましたが、このNinjaのMG366は車高調節機能が上側にあるので、Megelli250rに倒立使用すればMegelli250rの純正サスのようにいちいち取り外しして車高をいじる必要はなくなりますし、このビギーバックタイプのリザーブタンクは角度が可変らしいので、車体に干渉することも無さそうです。
 ボクだったらこのモデルをベースにショック長258mm(+10mm)、Megelli250r用ばねレートでオーダーかなぁ。
 むぅ。
 YSSレーシングのスタッフシャツを着てレースのお手伝いをすることになったのはご縁でしょうか?
 ほしぃなぁ、超ほしいなぁ。
 実は、タイからCBR150R用のYSSリアショックを引っ張って、取り付け部上下のカラーを切削してMegelli250rに流用することを考えていました。
 それなら6万円以内で納まりますし。
 んが、MG366の実物をみてしまうと、買うならやっぱりこっちですね。
 PMCにワンオフオーダーでも追加料金ありませんし。
 むぅ。
 買えってお告げなんでしょうか?
 社長にも挨拶したし(会釈だけですけど(^^;;ぉぃ)
 うぉぉぉ、悩むぅ~。

 夜は、遠くに泊まるのが面倒だったので、ホテルツインリンクに泊まりました。

P1200907

 喫煙ルームしか空きがなかったので、仕方がなく喫煙ルームにしましたが、部屋の中はタバコの臭いなし。
 ちょっと驚きました。
 部屋より廊下の方が臭いますけど、事実上問題なし。

 景色もよさげ。

P1200874

 玄関ホールには、NSR500が! NSR250が!!

P1200894

 「夏休み サマーバイキング宿泊プラン」という宿泊プランにしたのですが、ディナーバイキングにも満足しましたよぉ~。

 午前1時から20時間起きていたので、食べたらおきていられませんでした。
 気がついたら寝てました(^^;;・・・寝たのにいつ気がついたの?って突っ込みは無しでお願いします。
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 20, 2013

NSR250R/SE ナイトロン オーダーしました!

 もうバレバレですよね?
 ここにおもいっきり書いたので(^^;;

 ってことで、そうなんです、TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキットを購入し、取り付けした理由は、ナイトロンのためなんです。

 やる気満々でしょ?
 人間はどうやっても速くならないので、マシンを速くするんです。

 ナイトロンのオーダーは、閉店した(する?)モトガレージヨコヤマのヨコヤマさんにお願いしました。
 セッティングについてはお任せってことでオーダーしましたが、サスがヨコヤマさん!、NSR250R(MC21)のナイトロンではトライ&エラーを繰り返し誰よりもデータをお持ちのヌマさんから、ヌマさんと同じ仕様で作る了承をいただいてくれました。
 ヨコヤマさん、ありがとうございます!!(^^)
 そして、ヌマさん、貴重なデータ提供、ありがとうございます(T_T)感涙

 ヌマさんとは腕もマシンも格が違いすぎるので、ボクにその貴重なデータを活かせる技量があるとは思えませんが(T_T)、がんばって結果出すぜ!オラオラ

 ・・・仮にタイムアップが出来なくて、ドレスアップしたと思えば我が生涯に一片の悔いなし(T_T)

 納期は1~2週間でしょうか?
 楽しみッス!!
 
 
 
 

| | Comments (4)

August 19, 2013

ツナギ 新調

 ツナギを新調しました!

 ってネタを書こうと思って、ふと気がつきました。

 NSR250R/SEのカーボンリアフェンダーにクリア塗装しなきゃだったのに、スコ~ンと忘れていましたよ(T_T)

 塗装は準備と後片付けが面倒なんですよね。

 どうして今頃思い出しちゃったかなぁ(T_T)

 いつやりましょうね?
 
 
 
  
 

| | Comments (0)

August 18, 2013

NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウル シートクッション 貼付け

 ひとまず整備を切り上げ、水風呂に入った後にエアコンガンガンのワンコ部屋で涼んでいたら、ぼぉっとしているのがもったいなくなって、TYGAのシートカウルにシートクッションを貼り付けておくことにしました。
 塗装、完全硬化しましたよね?
 大丈夫ですよね?

 まずは、旋盤「PSL450-VDR」を使い、アルミの端材でこんなものを作りました。

P1200834

 これが先日購入したTZ125用シートクッション。

P1200835

 アルミの端材が何かというと、穴あけ用のポンチのつもりです。
 こうやって、ブッ叩く!

P1200836

 ん~。
 妄想していたほどきれいに抜けませんでした(T_T)

P1200837

 ま、いっか(^^;;
 多少形状を整えて、シートカウルに貼付ければOK!

P1200838

 あとは、梱包フィルム巻きにして、シートクッションがきちんとくっつくようにテンションを掛けておきます。

P1200839

 もし、塗膜が完全に硬化していないと、梱包フィルムと塗膜が張り付いてエライこっちゃってことになります。

 どうか無事でありますよぉ~に!
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウル 裏側塗装

 暑いっす!(T_T)
 NSR250R/SEの整備、いろいろやることあるのに、暑くてやる気がでません。
 っていうか、炎天下で整備やってたら熱中症で死んじゃいますよ。

 塗装したTYAGのシートカウルの塗膜硬化に1週間ほど置いておこうと考えていましたが、この炎天下においておくと、表面の温度がかなり高いではあ~りませんか。
 これって、低温焼付けと同じ効果があるのでは?
 温度を測ってみると、61度オーバー。
 今日一日で完全硬化してくれますかねかね?

 塗膜がある程度硬くなっているので、シートカウル裏をブラックアウトしておきました。

 塗装前。

 P1200831

 塗装後。

P1200832

 ただの自己満足っす。

 ほかに、カウルセットボルト用のワッシャーを旋盤を使って作りました。

P1200833

 材質はジュラコンです。
 このワッシャーがクッションになってくれるので、カウルの塗膜にもたぶん優しくボルトの締め付けができるかな、と。

 ダメっす。
 暑くてかなわんです。
 今日はもう店じまいっす(T_T)
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウル 塗装

 今日は朝4時半から活動を開始しました。
 気温が上がる前に塗装を済ましてしまおう大作戦なのであります。

 4時半から、TYGA製シートカウルと一緒にお風呂に入りました。
 あ、画像は無しです(^^;;
 シートカウルのお背中をスポンジやすりで擦って、ボコボコになった表面を慣らしました。
 塗装は下地が命ですからね・・・とわかっていても、適当ぶっこきました(^^;;

 お風呂から上がり、シートカウル表面の脱脂。
 そして、いよいよ塗装準備です。
 まだ5時半前ですが、今日は仕方がありません。エアコンプレッサーを回してしまいました(^^;;

 なんちゃって簡易塗装ブースももちろん出しました。

P1200823

 赤は一応3コートパールになるので、赤のカラーベースを吹いて、赤のパールベースを吹いて、マスキングをしてから黒を吹いて、マスキングを剥がしてクリアを吹きました。
 あ、作業途中の画像はありません。
 手に塗料が付いて、キィ~って感じだったので(^^;;

 赤、黒はレタンPGハイブリッド、クリアはHXクリアです。

 んで、終了。

 じゃん!

P1200824

 くまさん、すみません(T_T)
 お風呂の中で検討会を開いた結果、ご指摘のようにパターン2が一番格好いいと思いましたが、ゼッケンの塗り分けがボクには難易度が高いこと、また、下の赤ラインが純正カウルよりもくびれているため再現(マスキング?)が難しいと思われたことから、2番目に安易なパターン4にしちゃいました。

P1200825

 早朝からの塗装は、朝露で塗装がカブるという危険性があることを今日身をもって知りましたが、この塗装でもボクの中では合格ラインです。

P1200826

 下地が凸凹だったので、見事に反映しちゃってますが、そんなの関係ねぇ~(^^;;

P1200827

 TYGAのこのシートカウルは横幅があり、のっぺりしているのがいまいちです。
 アクセントを持たせようと思うと、ゼッケンの塗装がベストに思えましたが、先述の通り断念しました。
 でもでも、言い訳もあるんです。
 いままでのシートカウルは、ゼッケンベースが赤だったわけですが、アッパーカウルは前面が赤で、ゼッケンベースの塗装はしていません。もし真面目にゼッケンっててことになると、アッパーカウルには赤が使えませんから、シートカウルも赤じゃ不都合があるんです。
 そういうわけで、くまさんの真似になりますが、やるのであればゼッケンベースを白いカッティングシートでアッパーカウルとシートカウルを揃えるという感じになるでしょうか。

P1200830

 黒もちゃんとメタリック感が出ています。

 いつものように粗は目立ちますが、50m離れてみればプロの仕上がりです(^^;;

 あと1週間ほど放置(塗膜を硬化させる)して、出来上がりです。

 フルカウルとマッチングするといいんですけどねぇ~
 どうでしょうねぇ~

 むぅ。
 1週間待てなひぃ~(T_T)

 妄想開始ぃ~。

8

 妄想終了ぉ~。

 悪くないかも!!
 
 
 
 
 

| | Comments (2)

August 17, 2013

NSR250R/SE 塗装パターンあれこれ

 どうせ失敗するんですけど、塗装のパターンで悩んでます。

 その1

1

 フルカウルとつながるラインは端から諦めてます(T_T)


 その2

2

 これが一番いままでに近いパターン。でも塗りわけが面倒。


 その3

3

 いちばん楽。でも手を抜きすぎでしょうか?


 その4

4

 むむ!
 よさ気。塗りわけもかろうじて出来そうです。


 その5

5

 その1の逆パターン。
 ラインはまるっきり無視。雰囲気が似てるだけ?


 その6

6

 その5から着想を得ましたが、微妙っすね。

 むぅ~。
 どれがいいでしょうねぇ~。

 どれがいいですか?
 
 
 
 
 

| | Comments (2)

NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース) 取付 その3

 NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース)の取り付けもいよいよ大詰めです。

 まずは旋盤「PSL450-VDR」を使い、こんなものを作りました。

P1200791

P1200792

 これがなにかというと、こうなります。

P1200793

 シートカウルとタンクを固定する部分のカラーだったりします。

 作りかけだったタンク取り付け用のパーツも完成させました。

P1200796

 M8のタップを立てただけなんですけど(^^;;

 さらに、こんなブラケットを作ってみたりして。

P1200794

P1200795

 なんだか分った人は凄いかも。
 種明かしすると、この部分に使います。

P1200797

 そう、TYGAのこのシートレールには、エアクリーナーボックスを固定する部分がありませんので、その部分を簡単に作ってみました。

 で、エアクリーナーを固定するボルトは、カラー付きボルトだったりします。
 
P1200804

 が、カラーの部分が厚すぎてそのまま使用できないため、ボルトをなんとかします。
 といっても、まだフライス盤を満足に扱えないボクにはボルト頭を作ることができないので、旋盤でこんなものを作りました。

P1200805

P1200806

 タップを立てたのは、脱落を防止するためです。
 うん、バッチリ。

P1200807

 ・・・のつもりでしたけど、パパっと適当に作ったので、フランジ部分の径が小さすぎましたね(^^;;
 また今度作り直さねば。

 裏蓋(アンダートレイ)は、いきなりカーボン板を投入し失敗すると泣いちゃうので、まずはPPシートで製作しました。

P1200800

 オリジナルを参考にし、ハサミでチョキチョキっとな。
 現物あわせで何度か手直しし、この形になりました。
 付けてみるとこうなります。

P1200802

 シワシワですけど、これが限界です(T_T)
 レギュレーターは放熱ために覆い隠さないでおきました。

P1200803

 テールランプの穴の処理は、セクシーにアミアミで隠すことにしました。

P1200816

 固定にはプッシュリベットを使ってみましたけど、スケスケなので、見えちゃいます(T_T)カッコわるぅ~

P1200815

 しかも、固定力弱いし。 
 低頭ボルトですかね、やっぱ。
 でもなぁ~。
 むぅ。
 ちょっと検討っすね。

 まぁそんなこんなで、ついに取り付け完了!!

P1200814

 感涙(T_T)ボクにもできました!
 ・・・ところどころ怪しいですけど。

 後は塗装ですね。
 冬用のシンナーしか持っていないので、ほぼ100%失敗すると思います。
 と、わかっていても夏用シンナーを購入するまで待てないボクなんですよね(T_T)

 久々のなんちゃって簡易塗装ブース!

P1200817

 今日はサーフェーサーまでぇ~。

P1200818

 うっ!
 やっぱり暑すぎの影響でしょうか?
 サーフェーサーの表面がザラザラです(T_T)

P1200822

 塗装、絶対に失敗しますね、こりゃ。
 でも、サーフェーサーのままで走らせるのは格好悪いし・・・。
 冬になったらまた全塗装するってことで、行っちゃいますか!

 でも、今日はここまで(^^;;
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE エアフィルタージョイント 補修

 今日はFSWショートコースのスポーツ走行枠がありますが、NSR250R/SE整備のためにお休みです(T_T)ぅぅ

 先週みたいに猛暑になるのやる気がなくなるので、涼しいウチにと、今日は朝5時前から活動開始です。

 さすがに5時前からエアコンプレサーを回したりするわけにはいかないので、まずは音の出ない作業から(^^;;

 先日折ってしまったNSR250R/SEのエアフィルタージョイントの補修を行うことにしました。

 で、いきなり終了(^^;;

P1200798

P1200799

 ヤスリ掛けし、足付けを行ってから、脱脂して、プラリペアを盛りました。

 一応、ちゃんとくっついた様子です。

 しばらくはがんばってくれるでしょう(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 15, 2013

今週末、来週末の予定~

 今週末、来週末の予定発表ぉ~。
 って、誰も知りたいとは思わないでしょうけど(^^;;

 今週末は、土日ともに富士ショートコースのスポーツ走行枠があります。
 FSWショートコース界の「振り返れば奴がいる」を目指しているボクとしては、2連チャンで走りに行きたいところですが・・・不本意ながら今週末はどちらもパス、不参加とさせていただきます。
 GSX-R250R/SPはSP-TDCの取り付け途中で動かせませんし、Megelli250rはご存知の通りのウンコっぷりで乗る気皆無、乗ったとしてもコケる気しかしません。
 ってことで、NSR250R/SEしかありませんが、NSR250R/SEはTYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキットの取り付け作業中です。
 軽く走る程度であれば、土曜日に間に合わせることもできなくはありませんが、ここで走行をお休みすることで、ついでに「ボクの技量を上げずマシンを速くすることで33秒台に入れる大作戦」のための改良を施そうと思っています。

 んで再来週は、大昔からのしがらみでもて耐にお手伝いとして参加するため、富士ショートには行けません(T_T)

 ま、暑いですから、夏休みってことにしておきましょう(T_T)うぅ
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 13, 2013

NSR250R/SE ヤマハ純正シートクッション 4JT-24713-20 購入

 NSR250R/SEのTYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット用に、ヤマハ純正シートクッション「4JT-24713-20」も購入しました。

P1200789

  TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキットに付属していたシートは、マジックテープで固定するようになっているんですよね。
 シート自体はふわふわしているわけではなく、レジャー走行にも十分そうに思えるのですけど、マジックテープってところが引っかかるので、定番らしいヤマハのシートクッションにすることにしました。
 今日買ったのがTZ125用で、もう一回り大きなサイズのTZ250用もあって、どちらにするか悩みましたが、お値段が安いTZ125用にしました。

 小さ過ぎないといいんですけど(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE HRC カウルセットボルト 90106-NF4-770 購入

 世間ではお盆休みでも、「勤労は美徳」を座右の銘とするボクは、当然いつものように真面目に出勤しております。
 会社帰りにバイクのパーツを買いに行きたいなぁと思っても、腹を空かしたメガリまみれのワンコたちが待っていることを考えると、なかなか寄り道できません。
 んが、今日は心を鬼にして、ナップス横浜に立ち寄りました。
 NSR250R/SEのTYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキットのシートカウルを固定するボルトを買うためです。
 本当は旋盤とフライス盤を使って自作するつもりでしたが、暑くてそんなこととてもやってらんない、ってことで、既製品を購入することにしたわけです。

 アルミボルトで、座面が大きくて、六角穴じゃなくてコインドライバーで脱着ができるようなボルトがどこかのメーカーで出てたはず!
 と思ったのですが、探してもありませんでした。
 ポジポリーニのアルミカウルファスナーボルトってやつが一番近い形状のようですが、ちょっとブルジョワ価格です(T_T)

 他にはないのかな?と思って店員さんに声を掛けてみると、HRCのカウルセットボルトのことを教えてくれました。
 「90106-NF4-770」って部品番号です。
 NF4ってことは、RS125用ですね。
 材質がアルミじゃないところが残念ですが、それ以外はボクが欲しかったイメージ通りなので、そのボルトを購入してきました。

 P1200784

 お値段は、ポリポジーニと大差ありませんが、HRC製ってところで自己満足。
 ボルト頭形状はこんな感じ。

P1200788

 見た目はNSR250R/SE純正ボルトと同じですね。
 頭下形状が違いますけど。

 しばらくこのボルトを使用して、その間にアルミ製のボルトも探してみようと思います。
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 11, 2013

整備OFF@ポチガレージ

 今日はYKTさんご一行様を我がポチガレージに招いての整備OFFを開催しました。
 YKTさんはCBRの整備、ボクはNSR250R/SEの整備をするはずでしたが・・・

 結局ボクは何もしませんでした(T_T)
 YKTさんのお手伝いをすることもなく、YKTさんの作業の傍らで昼寝をするか、エアコンの効いたワンコ部屋でマッタリするかどちらかって感じで。

 というもの、昨日の猛暑に体力・気力共にゼロ(T_T)
 今日はな~んもする気にならなかったんですよぉ~(T_T)

 一方YKTさんは、このクソ暑い中、ほぼ6時間に渡る整備、お疲れ様です。

P1200783

 え~っと・・・。
 まだYKTさんご自身による正式発表はないのですが、いいのかな?
 ま、いっか(^^;;ぉぃ
 CBRって、1000RRじゃなくて250Rだったりするんですね~。
 1000RRじゃ富士ショート31秒台のベストタイムですし、ボクじゃ全く太刀打ちできませんが、250Rなら話しは違います。
 サーキットでYKTさんをぶち抜く日がもうすぐやってきます(^^)うほっ!
 同じ250cc対決なら負ける気がしませんヨ!キッパリ
 もちろんCBR250Rに対抗するマシンはMegelli250r・・・じゃなくて、NSR250R/SEなんですけどね(^^;;ぉぃ
 いやいや、卑怯と言われも、そのくらいのハンデがないと(^^;;

 でもなぁ~、ボウリングでもそうですけど、ピンチになるとなぜか尋常じゃないパワーを発揮するのがYKTさんだしなぁ~。
 実際ぶち抜くまで、この想いは心の中にしまっておく事にしましょう(^^;;

 ・・・と、天狗になって調子をこいているときは、マジでぶっ飛ぶ5秒前です、気をつけなければ(^^;;
 
 
 
 

| | Comments (0)

GSX-R250R/SP ワンオフ カーボン板 購入

 この時期、10分以上走らせるとパーコレーションでガス欠に似た症状の出るGSX-R250R/SPの冷却対策として、ヒートガードを作り直すことにしました。
 いままでのヒートガードは、PPシートにアルミテープを貼り付けたものですが、今回はグレードアップして、カーボンシートを使うことにしました。
 ってことで、NSR繋がりなMUSU-KOさんにカーボンシートの製作をお願いし、今日、引き取ってきました。
 早朝でもOKとのことだったので、5時半に出発し(^^;;、6時半に現地到着、みたいな(^^;;
 MUSU-KOさん、ありがとうございます!!

 これがワンオフしていただいたカーボンシートです。

P1200777

 デカっ!
 大きく作って下さったので、ヒートガード以外にもいろいろ使えそうです(^^)

 っていうか、そもそもGSX-R250R/SPは現在SP-TDCの取り付け中で、動かせません。
 恐らく、動かせるようになる頃には、パーコレーションの心配はなくなっている季節のような気がします。

 むぅ。

 NSR250R/SEのTYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキットの裏蓋?(アンダートレイ)用に使っちゃおうかなぁ~。
 うん、そうしましょう!!(^^)
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 10, 2013

NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース) 取付 その2

 TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース)の取り付け、その続きです。

 フィッティングぅ~。

 な、なんじゃこりゃぁ~(T_T)
 甘く見てました。
 全然付きません(T_T)
 シートカウルのネジ穴は2cmくらいずれてますし、タンクの取り付け用のボルト穴もずれてます(T_T)

P1200770

 むぅ(T_T)
 皆さんこんな苦労をしているのでしょうか。
 シートレールの取り付け位置を調整したところでどうにもなりませんよぉ~。

 以前のボクならここでお手上げだったでしょうけど、今は旋盤少年のこのボクです。
 こんなものをワンオフぅ~。

P1200772

 このパーツで、タンクの取り付けが可能になります。
 こんな感じ。

P1200774

 んが、タンクの取り付けはできましたが、高さが高くてシートカウルをはめることができませんでした。
 なので、シートカウルとツライチになるように再度切削ぅ~。

P1200775

 まだ作りかけですけどね。
 中央にM8のタップを立てて、ボルト止めできるようにして完成の見込み~。
 なんとかクイックリリースにできないものか考えてみましたが、アイディア浮かばず(T_T)

 シートカウルサイドの取り付け穴は、ブラケットを作って対応することにしました。

P1200771

 質感いまいちですけど、お許しを。
 2mm厚のアルミ板にブラインドナットをつけて位置をずらしています。

 今日は凄まじい猛暑で、途中何度も水風呂に入りながら作業しましたけど、作業に集中することが全くできませんでした。
 旋盤作業でも大失敗をやらかしましたし(T_T)はぁ

 後片付けする気力もなく、今日は作業終了。

 後少しです。
 
 
 
 

| | Comments (2)

NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース) 取付 その1

 朝~。
 5時前から活動開始です。

 今日は、 TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース)の取り付けを行います。
 作業の前に、ネットで画像検索をして、作業の工程、取り付け方などを参考にしようと思いましたが・・・ん~、痒いところに手が届きそうなサイトが見つかりません(T_T)
 見えそうで、見えない、的なみたいな(^^;;
 検索の仕方が悪いのでしょうか?
 ま、やればなんとかなるでしょう。

 NSR250R/SE!!

 P1200750

 タンクとシートカウルを取り外しぃ~、

P1200751

 リアフェンダーを取り外しぃ~、

P1200752

 シートレールを取り外しぃ~、

P1200754

 んでもって、TYGAのシートレールを取り付けぇ~、

P1200760

と、ここまでは順調です。

 でも、悲しいお知らせがあります(T_T)
 重量が純正シートレールの半分!!ってな情報を耳にしていたので、オラァ、ワクワクしていたぞぉ、的なノリ、いや、ポチだったんですけど、量ると1kgの軽量化にもならないことが判明!
 なんじゃそりゃぁ~(T_T)
 なんちゃってバネ秤を使って量りましたが、そんなに軽量化できないことがわかって重量に対する興味が薄れました。なので、重量の比較をきっちり量って行う企画は流れました(T_T)
 いいもんいいもん。ボク、落ち込まないもん。
 昨日きたりんさんとお話しした際、軽量化をタイム短縮に結びつけることは難しいって教えてもらったばかりなので、ドレスアップしたと思えば・・・(T_T)うぅ
 そういえば。RISE・ONの軽量スチールシートレールセットの解説に、「重量は純正シートレールの2/3以下!」な~んて微妙なことが書かれてあるのは、そういうことなんですね。納得ぅ~。

 シートレール本体は、スムーズに取り付けできたので、次の問題は配線の処理ってことになります。
 むぅ。

P1200762

 保安部品の配線を取り除くのは冬のメニューにするとして、やっぱりSPハーネスほしぃなぁ~。
 無駄に配線が多くて、太いっす。
 レギュレートレクチファイアの位置だけはわかるのですが、他をどうすべきか・・・。

P1200764

 サイドから見た際に、軽量化してある雰囲気を演出しようと思うと、ノーマルの取り回しでは無理なことがわかったので、ハーネスを引っ張り出して取り回しを変えることにしました。

P1200763

 で、こんな風にシートレールを這わせることにしました。

P1200765

 まだ無理矢理感強いですけど、この位置を基本に、もうちっとスマートに修正できればな、っと。

 シートカウルを付けるとこんな感じ。

P1200769

 わかってもらえますでしょうか、このスカスカ感。

P1200768

 あとは裏蓋?(アンダートレイ)の形状を考えて、フィッティングぅ~ですかね。

 それにしても、横から見ると格好よさげなのに、なんかデブっぽいですね。

P1200767

 ま、いっか(^^;;
 
 
 
 
  

| | Comments (0)

August 09, 2013

NSR250R/SE 富士スピードウェイ・ショートコース走行 今年16回目

 今日も会社をサボって富士スピードウェイ・ショートコースに行ってきました。

 7時15分に着いて、ゲートオープン待ちをしたのに、2番ポチでした(T_T)
 何かイベントがあったみたいなんですよね。
 到着したときは外の道路までゲートオープン待ちのクルマの列が延びようという勢いでした。
 ゲートオープンの際に、行列の出来ていないゲートも開かれ、行列に並んでいた人より後から来る人の方が先に入場できるという逆転現象が生じました。
 ってことで、行列に並ぶボクの横を、きたりんさんのトランポがすすぅ~と通り過ぎて行くではあ~りませんか。
 ってことで、1番ポチはきたりんさんに奪われました(T_T)くぅ~

 今日は予告無しのコソ連のつもりでしたが、きたりんさんの他に、YKTさんtakadamaさん、TZRさん、後輩さんなどなど、ほとんどがお知り合いの方でした(^^;;

 ってことで、NSR250R/SE!!

P1200716

 この姿ももうすぐ見納めです。
 本当は、このオリジナルのシートカウル形状が大好きなので、シルエットを変えたくはないんですよね。
 古き良きレーサーレプリカのテイストを大事にしたかったのですが、性能を向上させるために泣く泣くこのシートカウルともおさらばです。

 今日のテーマは、TYGA Performance製レース・エアボックス・リッド(GRP)の性能を確認することです。
 11時の走行枠に間に合わせるためには、タイヤを温める時間を考慮すると10時くらいまでには取り付け作業を終わらせなくてはなりませんので、チャキチャキがんばりました。

 タンクを外して~

 P1200717

 エアクリボックスの蓋を外して~

P1200719

 エアクリボックスを外して~・・・と思ったら、あぅち(T_T)
 エアフィルタージョイントをへし折ってしまったではあ~りませんか(T_T)

P1200720

 どないしまひょぉ~。

 周りの人を巻き込んで散々大騒ぎしてしまいました。ごめんなさい。

 毎度申し訳ないと思いつつ、norisonさんにヘルプコールしちゃいました。
 ホント、いつもいつもいつも、すみませんm<_ _>m

 とりあえず、今日の走行に支障がでないことを確認したので、安心して適当に補修しておきました(^^;;

P1200725

 空気をいっぱい吸うことでジェッティングが変わるそうなので、適当にスロージェットとメインジェットを変更ぉ~。

P1200723

 経験しておくもんですね。
 NSRのキャブを外すことが苦じゃなくなりました。
 GSX-R250R/SPのFCRより楽チンチン~(^^)

 TYGA Performance製レース・エアボックス・リッド(GRP)取り付け後ぉ~。

P1200726

 逆光ぉ~。

P1200728


☆SS2-C 気圧956hPa 気温33.1度 路面温度44.4度
 プラシーボかもしれませんが、グッときましたよ!!
 レース・エアボックス・リッド、効果あるかも?っていうか、I.P.C.Uより体感できるような気がするかも!?
 中低回転域でも、いままでよりも前に出るようになった気がします。
 んが、適当に突っ込んだMJが濃すぎたかもです。
 前は12000rpm付近でまだ加速しましたけど、今日はその加速が鈍く感じました。
 MJ、絞りましょうかね?
 プラグの焼けを見たり、ヘッドの焼けを見たりするほどの気合と根性があればいいのでしょうけど、ボクにはそんなスキル無いしな~(T_T)絞って焼き付いたら怖いしなぁ~。
 どないしよぉ~(T_T)

 タイムの方は、速からず、遅からずでした。
 タイヤの磨耗が激しいのか、うにょ、うにょ、って感触が怖くて、レース・エアボックス・リッドの効果を確かめたら早々に走行をやめました。

 このタイヤじゃ仕方ありませんよね。

P1200739

 今年分のタイヤとして、NSR250R/SEに2セット、GSX-R250R/SPに2セット用意しましたが、磨耗が激しくて計画に狂いが生じています。
 むぅ。
 NSR250R/SEに3セット、GSX-R250R/SPに1セットと配分を変えても、11月までにはもう1~2セット足りない勢いです。

 困りました(T_T)
 
 
 
 
 

| | Comments (2)

August 08, 2013

NSR250R/SE あめる商店(AmeruWokers) カーボン製(綾織り)リアフェンダー 購入

 TYGA Performance製のGP250スタイルシートカウルキットにすると、リアフェンダーが必要になります。
 いや、無くても困らないかもしれませんが、あった方がモア・ベターでしょう。
 ってことで、リアフェンダーを購入することにしました。

 某オークションで物色していて見つけたのが、今回購入したあめる商店 (AmeruWokers)のカーボン製(綾織り)リアフェンダーです。

P1200748

 お値段8000円。
 通常は、タイラップ止めで、それ用の穴が開いていますが、ビス止めするつもりで、穴あけされていないものを注文しました。

 気になる品質については、また後日報告します!


【追記】
 取り付けはまだですが、気になる品質を報告します。
 結論からいうと、「良い」と思います。
 フィッティングに問題はなく、表面は艶々で、品質と8000円という価格のバランスがいい感じです。
 んが、すげ~高品質、というわけではありません。
 たとえばこれ。

 P1200729

 もちっとわかりやすくするとこれ。

P1200730

 もっと高額な商品でも同じようなものはありますけどね。
 カーボンの柄が乱れているから透けてしまうんですね。
 アップにするとこう。

P1200737

 裏側をブラックアウトしてしまえば、目立ちませんから、目くじらを立てるほどではありませんけど。

 んが、これは・・・。

P1200735

 さらにアップ!

P1200744

 これはちょっと残念ですね(T_T)目立ちますし。
 これがなければ「良い」ではなく、「非常に良い」でした(^^;;
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE 穴埋め加工済みRCバルブ 購入

 NSR専門店・モトールエンジニアの店頭においてあり、気になっていた穴埋め加工済みRCバルブ(中古)を勢いで購入しました。

P1200715

 おっと(^^;;
 レース・エアボックス・リッドにはビビッて近寄らなかったチョ子隊員が、この穴埋め加工済みRCバルブには食いつくじゃあり~しませんか。っていうか、文字通り食いついてます(^^;;

 通常ヴァージョンの画像はこうなります(^^;;

P1200710

 このRCバルブの効果を体感することはまずできないそうです。

 そ、そうなんですか・・・・・。

 でも、その小さな積み重ねが重要だということです。

 うん、がんばろう!(^^;;
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 06, 2013

NSR250R/SE TYGA Performance製フライホイールプーラー/RCバルブリムーバー・コンボツール 購入

 TYGA Performance製フライホイールプーラー/RCバルブリムーバー・コンボツール、約4100円(1ドル98円換算)の品がヤフオクで8000円!!

 大事なことなので、もう一度言います。

 TYGA Performance製フライホイールプーラー/RCバルブリムーバー・コンボツール、約4100円の品がヤフオクで8000円!!

 これがその工具ね。

P1200708

 フライホイール外しとRCバルブ外しが行えるコンボ・ツール。

 もう一度言いますね。

 TYGA Performance製フライホイールプーラー/RCバルブリムーバー・コンボツール、約4100円の品がヤフオクで8000円!!

 ボクも個人輸入してお小遣い稼ごうかなぁ。
 借金、減らさないとなぁ(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE TYGA Performance製レース・エアボックス・リッド(GRP) 購入

 ポチマシン002号・NSR250R/SE改良計画です。
 軽量化のためのTYGA Performance・GP250スタイルシートカウルキットを個人輸入するついでに、「レース・エアボックス・リッド(GRP)も購入しました。
 これです。

P1200695

 本当は直キャブにしたいのですけど、HRCのキャブセッティングキットやキャブボックスはいまやプレミア価格で取引されているのでちょっと手が出ません。
 手が出せたとして、レジャー走行のボクに、走行後に毎回キャブを外して洗浄するなんて気合と根性はありません。
 ってことで、ノーマルよりは空気を吸ってくれそうなこれで改良した気分になってみることにしました。
 RISE・ONから同様の商品として「ハイフローエアインテーク」というものが発売されていますが、こちらはお値段でパス。高すぎます(T_T)
 カーボンで格好いいんですけどね。
 TYGA Performanceでは、GRP製とカーボン製が選べますが、目立つパーツではありませんから、より安いGRP性をチョイスしました。

P1200700

 裏側がこう。

P1200702

 RISE・ONではピークパワーが2psアップと謳っていますので、TYGAも同等だといいですね。
 ボクの場合、ピークパワーよりも中低回転域のトルクが欲しいのですけど、そこら辺はどうなんでしょう?

 とりあえず、SJ、MJを用意しておかねばですね。
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR250R/SE TYGA Performance製GP250スタイルシートカウルキット(レース) 購入

 今日のタイトルも長ぇなぁ、ぉぃ。

 さて、ここ最近のマイブームは、ポチマシン002号・NSR250R/SEを改良することです。
 レジャー走行、つまり自分のリスクを最小限にし楽しむための走行をしつつ、タイムアップを図ろうと考えると、マシンを速くするしかないと思うからです。
 ンじゃどうやって速くするかというと、軽量化する、馬力を上げる、トータルバランスを良くする、この程度のことしか思い浮かばないボクとしては、まず軽量化みることにしました。
 費用対効果を考えると、シートレールの軽量化が一番効果がありそうなんですよね。

 いろんな商品がありますが、RISE・ONはお値段でパス。高すぎます(T_T)
 なんとかカスタムワークスってところのシートレールは、お値段的にはよかったのですが、問い合わせのメールを華麗にシカトされたのでこれまたパス。
 結果、有名どころのTYGA Performance製にすることにしました。
 RISE・ONとなんとかカスタムワークスは、双方共通の欠点?としてタンク下のシートカウルはめ込みの部分が露出してしまうことも気になり、少し敬遠したという理由もあります。
 お洒落な?人は、その部分を切り飛ばして塗装していますが、タンクの加工はボクには難易度が高そうなことから、タンク下をすっぽりカバーするTYGA Performance製に魅力を感じたわけです。

 TYGA Performance製を購入すると決めたので、取り扱いのスパイラルスピナーで購入しようと考えたのですが、取り寄せ品とのことで、在庫がないようです。
 メールで納期の問い合わせをすると、約1ヶ月とのことでした。
 冬だったら待てますが、この時期1ヶ月も待つと、ボクの青春時代が終わってしまいます(T_T)
 多少高くても、安心なお買い物したかったのにぃ。
 でも待てないものは待てません。
 そんなわけで、個人輸入ぅ~。

P1200680

 6日で届きました。
 週末は税関がお休みなんですね(T_T)
 週明けに購入していれば、4日で届いたのにぃ。

 開封ぅ~。

P1200682

 中身その1。

P1200683

 裏蓋?(アンダートレイ)と、バックシートとメインのシートパッドですね。
 裏蓋?(アンダートレイ)は手作り感満載のダンプラ製というのが驚きです。
 MUSU-KOさんにカーボン製の製作を相談しなくては(^^;;
 シートパッドは面ファスナー(ベルクロ?マジックテープ?)で固定するようになってました。

P1200684


 中身その2。

P1200685

 バッテリーボックス、延長用配線、ステッカー、タイラップ、リアブレーキのリザーバタンクです。
 リザーバータンクはホンダ純正品のような・・・。

P1200686


 中身その3。

P1200687

 シートレール本体です。
 鉄チンなのが残念ですが、あまり気にしていません。
 旋盤、フライス盤ときて、次はTIG溶接機、それがポチガレージ三種の神器という位置づけです。
 いつの日かTIG溶接機を購入したら、これで寸法を取って、アルミで自作するんだもんだもん。


 中身その4。

P1200689

 シートカウルです。
 フィッティングについてはまだわかりませんが、質感は噂ほど悪くありません。
 問題は、ストリート用と共通ということです。

P1200690

 この穴をどげんかせんといかんばい。
 んが、時間を掛けて修正している暇はないんですよね。
 むぅ~。
 色を塗った後で修正も手間ですし、このままっすかね?
 悩みます。

 この軽量化、効果ありますかね?
 シートレールが軽くなると切り返しが速くなるといいなぁ。
 軽くなって逆に倒しこみが遅くなってしまう予感もあるんですけど、どぉでしょぉ~。
 
 
 
 

| | Comments (0)

August 05, 2013

Megelli250r リコール

 Megelli250rのリコールが発表されていますねぇ~。
 輸入期間が平成23年12月14日~平成24年12月5日の395台が対象ですって。
 ももも、もしかしてその期間に輸入したのが395台しかないってことなんでしょうか?
 想像以上に台数がすくないですね。
 限定車といっても過言じゃないような・・・(^^;;

 ところで、2013年3月期改善サービスってどうなったんでしょう?
 いまだに販売店からの連絡が来ません。
 リコールと同時に行うつもりだった、てな言い訳するつもりですかね?

 そもそも中途半端な発表をしなければいいのに。

 怒れるユーザーの意思表示として、ハンドルネームを「ウンコ車メガリ」とか「欠陥車メガリ」とか「やい!メガリジャパン仕事しろ!」とかにして第1回メガリフォトコンテストに応募することも検討ちぅ・・・なんて妄想をして怒りを静める今日この頃です。もちろん実際にはそんなことしませんけどね。

 初心者に優しいイメージのMegelli250rですが、なかなかどうして、ハードルは高いです。
 いろんな意味で。
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

200系レジアスエース スーパーGL トランポ仕様 売ります

 恥ずかしながら諸般の事情からお金が必要になりました。

 そこで、トランポ・200系レジアスエースを売りに出そうと思います。

P1200520

 当ブログをご覧の方で、ポチのレジアスエースを買ってくださる方、いらっしゃいませんか?

 お値段ズバリ130万円!!
 ・・・昨日ディーラーで110~120万円って言われたので(^^;;

 平成17年2月登録。ワンオーナー。修復歴なし。走行距離65000km。
 傷、凹み、割れなどあり。トヨタ純正DVDナビのタッチ画面の反応がいまいちです。
 オプションは、オートアラーム(改)、フルシートカバー、AC100V、オグショーESフロアF(プロトタイプ)、ESフロアR、スライドシートレールなど。
 ガッツミラーなし(コーナーパネルカバー付き)。

 引渡し時期は、11月下旬です。

 他、ご質問、ご要望等があればご連絡下さい。

 ご検討のほどよろしくお願いします!!
 
 
 
 
 

| | Comments (4)

August 04, 2013

GSX-R250R/SP コッキーネット 紙ヒコーキ。「SP-TDC V120」導入 その7

 ボクの見込みでは昨日には届いているはずのパーツが届きませんでした(T_T)うぅ
 FSWから帰ると、不在通知が入っていて、昨日のうちに郵便局まで引き取りに行って、今日はそのパーツの取り付け準備を行う・・・そんな妄想をしていましたが、本当に妄想で終わってしまいました(T_T)ガックシ
 通関って週末はやっていないのでしょうか?

 そんなわけで、今日はGSX-R250R/SPに紙ヒコーキ。製「SP-TDC V120」の取り付け作業を行うことにしました。
 ノリノリで導入するはずだった「SP-TDC V120」でしたが、ボクのなんちゃって整備で燃やしてしまい、取り付け作業がトラウマになっちゃったんですよ、いやマジで。元々電気が苦手なところにきて、追い討ち、てきなみたいな。
 ただでさえサラリーマンだけに、ユ~ア~ファイヤ~って言われないかビクビクの毎日なんのに(T_T)
 すぐに補修して送って来て下さったTochinさん、おださま。さん、本当にすみませんm<_ _>m

 ってことで、今日はまた燃やしてしまうんじゃないかという恐怖と闘いつつ、「SP-TDC V120」の取り付けを行うことにしました。

 ん~。久しぶりにイジると、ますます配線がわけワカメ(^^;;

P1200667

 端子をカシメたあとは、がんばってハンダなんかつかってみたりなんかしちゃったりして。

P1200677

 燃やさないためには苦手でもそのくらいのことはしなくっちゃですよね。
 ふぅ~。
 ギボシ端子ばっかり使うのもまた燃やす原因になりそうですし、2極コネクターを買ってこなければ!

 バキュームセンサーの位置決めには難儀しました。
 エンジン寄りに取り付けすると配線の長さが足りません。継ぎ足すのはちょっとイヤです。
 で、シート下辺りにすると、負圧配管を潰してしまわないか心配になりますし。
 既存のネジ穴を使おうとするとなおさらです。
 フレームに穴を開けてブラインドナットでもいいんですけど、やっぱりちょっと躊躇しちゃうんですよね。

 バキュームセンサー用の配管は、インレットマニホールドから取ります。ここのチューブは内径6mmなんですけど、バキュームセンサー用のチューブは内径4mmのようです。

P1200674

 よっしゃ!
 4mm→6mmのホース変換アダプター程度なら、旋盤で製作すればOK、楽勝さ!
 ・・・って思ったんですけど、買ってもお値段300円。
 ん~。
 びみょぉ~。
 っていうか買った方が早いかも(^^;;

 今日は暑さに負けて早めに店じまい~。
 部品、今日も来なかったなぁ(T_T)
 
 
 
 

| | Comments (0)

【再掲】 Megelli250r レーサー仕様 売ります!!

 ※まだ売れていないので再掲載です。

 恥ずかしながら諸般の事情からお金が必要になりました。

 そこで、Megelli250rを売りに出そうと思います。

  当ブログをご覧の方で、ポチMegelli250rを買ってくださる方、いらっしゃいませんか?

 お値段ズバリ42万円!!

 車体の他、改造費もすごぉ~く掛かっています(ワンオフ品多数。貴重なバックステップもありますし、改造費トータルは30万を上回ります)。

 見よ!この格好よさ!!

P1200664

P1200665


P1200666

 程度、状態、使用状況については、当ブログでご確認下さい。
 レーサー仕様のままお引渡ししますが、外したノーマル部品もほとんどありますし、もちろん書類もありますので登録可能です。
 右出しマフラーや、フォークオイルシール、純正オイルエレメントなどももちろんお付けします。

 未転倒。
 走行距離不明、エンジン始動時間27.2時間(8.5時間目で販売店にてエンジン載せ替え)。
 程度はMegelli250rそのものがウンコなのでウンコ以上にはなりません(^^;;

※メーター周りはノーマルに戻しますので、レーサー用メーターではなく、ノーマルのメーター(未走行ですが、きっちり0ではなかったような)となります。
※シフトインジケータ、アワーメータ、ボルトメーター、LAPSHOTは付属しません。
※バッテリーはLiFePO4バッテリーではなく標準バッテリー(未使用)をお付けします。そのため、外部電源用のコネクターも取り外しします。

 近県配送可です。

 ご質問、ご要望等があればご連絡下さい。

 ご検討のほどよろしくお願いします!!


 
 

| | Comments (0)

August 03, 2013

NSR250R/SE 富士スピードウェイ・ショートコース走行 今年15回目

 マンネリですけどお許しをぉ~。

 ってことで、今日も富士スピードウェイ・ショートコースに行ってきました。

 週末では久々の1番ポチ!

P1200512

 しかも、ぶっちぎり!!

P1200516

 やっぱり天気が悪かったからですかね?
 道中では伊勢原付近で雨に降られ、秦野ではフルウェットでした。
 小山町に入ると、路面は乾いていましたけど、コース上にはウェットパッチがあるような状態でした。

P1200513

 んが、ボクの日頃の行いの良さが効いて、走行時間は暑いくらいに晴れ、路面もドライでした。

P1200539

 いつものように、ボクはC枠狙いなので、先日手に入れたチャンバーをつけるべく、作業開始ぃ~。

P1200532

 チャンバーを外すとわかる、2ストエンジンのコンパクトさ。

P1200538

 この格好良さ、パネェっす!

 あ、チャンバーは諸般の事情で取り付けせず、norisonさんにお借りしている90jhaチャンバーに戻しておくことになりました(^^;;

 今日のテーマは、90jhaチャンバーの特性を活かした走りをする、です。
 さて。


☆SS2-C 気圧957hPa 気温26.9度 路面温度44.6度
 はじめの数周はいつものシフトタイミングで走ってしまいましたが、後半には意図的にシフトタイミングを遅らせるようにしました。
 断言はできませんが、やっぱり92jhaチャンバーより90jhaチャンバーの方がパワーがあるように思えます。また、オーバーレブ特性に優れるわけではありませんが、92jhaではトルクが落ち込む回転数で90jhaチャンバーはまだパワーが出ています。つまり、92jhaと同じ回転数でシフトアップすると、90jhaチャンバーのおいしいところが使えません。さらに引っ張ることで、90jhaチャンバーの特性が活きてくるように感じます。
 その特性を理解して走らせると、いままで5速まで使っていたホームストレートでは4速まで、4速まで使っていたバックストレートでは3速までで十分いけるようになりました。

 今日の動画ぁ~。

 赤いガンマさん、8分40秒くらいからですよぉ~。

 リアタイヤのアブレーション対策として、JINさんから教えていただいたタイヤの温度管理については、今日は失敗です。
 いつもより空気圧を0.1kgf/cm2ほど下げてみましたが、タイヤの表面温度は55度以下でした。
 なかなか難しそうです。

 ってことで、SS2-Dを走ったお知り合いの皆さんの画像ぉ~。
 画像ファイル順です。

☆Iさん:是非フロントフォークOHを!

P1200545


☆#76NSRさん:GPSのデータ下さい!(^^;;

P1200554


☆赤いガンマさん:家政婦は見た!

P1200540

P1200558

P1200569


☆はまくろさん:がんばってください!

P1200577


☆FZR400RRさん:エンジン、楽しみッス!!

P1200594


☆赤TZRさん:今日は2号機だったんですね~

P1200611


☆FXさん:今日もアドバイスありがとうございます!!

P1200636


 いじょ!
 
 
 
 
 

| | Comments (2)

August 02, 2013

今週末の予定~

 今週末の予定発表ぉ~。

 明日土曜日は、FSWショートコースに行きます!
 んで、先日ゲットしたばかりのチャンバーを試してみようと思います。
 約10年のアップデート。このチャンバーはオーバーレブしますから(そのはず(^^;;)、高回転域では間違いなくパワーアップしますが、問題は中低回転域です。90、90jha程度のトルクがあればシフトの回数を減らすことができ、また加速の伸びが期待できますが、中低回転域のトルクが抜けパワーバンドが高回転域にシフトしてしまうと、ファイナルの見直しが必要になります。
 スプロケの準備がないので、どうか中低回転域を犠牲にしていないチャンバーでありますよぉ~に!

 明後日日曜日は、たぶん明日届くはず?のパーツを取り付けるための準備を行おうと思います。

 10月のベスト更新に最適な時期を目指し、ボクのNSR250R/SEは変わります!!

 ・・・NSR250R/SEは改良しないって誓ったはずなのに、どうしてこんなことになってしまったのか・・・(^^;;
 
 
 

 
 

| | Comments (0)

« July 2013 | Main | September 2013 »