« DIY 自作バイクガレージの妄想 | Main | グリーンハウス eSATA変換アダプタ SATA−eSATA&USB2.0変換アダプタ GH-USES-SATA 購入 »

October 25, 2013

ER25コレットチャックのコレット保管方法を考える

 フライス盤のER25コレットチャックのコレットのお話しです。

 ボクが購入したER25コレットチャックのコレットは16個あり、0.5mmから16mmまで対応しています。
 購入時の状態は箱入りです。

Img_1482

 あ、全部じゃなくて一部です。
 使うときに、いちいちこの箱から出して、使い終わったら入れて、というのは非常に煩わしいです。
 しかも、油ぎっちょんちょんなので、箱はすぐにダメになると思います。
 かといって、そのまま出しっぱなしにしておくと、すぐに錆びてしまいそうです。
 木製のケースを作ることもできなくはありませんが、ちょっと面倒ですし、さてどうしたもんかと悩んで、100均に答えを探しに行きました(^^;;

 よし!
 これだ!!
 ダイソー「フタ付製氷皿キューブ14個取」です。

Img_1479


 コレットがジャストフィット!

Img_1486

 フタも付いてるでよ。

Img_1485

 なかなかいいかも!(^^)

 欠点を挙げるとするなら、フタがパチンと締まるタイプではなく乗っかってるだけってことと、16個あるコレットすべてが収納できないということです。
 フタについてはがまん(T_T)
 14個しか入らないことについては、コレットは-1mmまで対応するので、例えばφ14とφ16があればφ15は不要ってことになります。
 ってことで、適当に2つ間引きました。

 ボク的にはデメリット以上にメリットの方が大きいです。
 なんといっても100円。
 防錆のための油をかけても問題ありませんし、仮に油が原因で割れたとしても買い替えればOK、しかも安心のメイドインジャパン!

 ちょっと自画自賛のコレット保管方法でした(^^;;
 
 
 
 

|

Comments

Post a comment