July 21, 2013

京葉スピードランドに行ってきた!

 京葉スピードランドに行ってきました!

 もちろん、行く途中で、館山道市原SAのドッグランに立ち寄りました。

 それでは我が「ポチガレージ警備小隊」の写真集ぅ~。

P1200282

 フォーン(金色)が三太dog隊員、ブラック/ホワイトがちび太dog隊員、チョコレート/ホワイトがチョ子dog隊員です。

P1200271

P1200273

P1200284

P1200285

P1200288

P1200292

P1200307

P1200330

P1200331

P1200332

 ピンボケばかりですんません。
 
 
 京葉スピードランドに到着ぅ~。

P1200336

 暑さのせいでしょうか、バイクは4台。
 ちょっと寂しいですね。
 ミニバイク人口が減っているという噂、本当なのでしょうか?

 ってことで、はい、撤収ぅ~(^^;;

 京葉スピードランドに行っただけです。
 そんだけ(^^;;いや、マジで。

 ・・・とここまでならいつものブログですから、今日は撤収前にちょっぴりがんばりました。
 蜘蛛マニアに捧ぐ、京葉スピードランド、男子トイレ紹介ぃ~。

 全景~。

P1200337

 トイレに入る前に目に入ったのが、床にいる蜘蛛。

P1200339

 実はこの蜘蛛はブービートラップです。
 身長が高い人がこの蜘蛛に気を取られたままトイレに入ると、入り口斜め上にいるこの蜘蛛の巣に引っかかるという罠です(^^;;

P1200340

 最近尿の出が悪いボクでも大丈夫。蜘蛛によるサポート付きです。
 便器に向かって、準備して、目を斜め上に上げればホラ~。

P1200347

 この蜘蛛2匹を見てチビってしまうという寸法です。

 ん~、完璧!
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

July 06, 2013

京葉スピードランドに行ってきた!

 京葉スピードランドに行ってきました!

 もちろん、行く途中で、館山道市原SAのドッグランに立ち寄りました。

 三太隊員!

P1190893

 ちび太隊員とチョ子隊員!

P1190911

 あ、ガチャピンのハーネスがチョ子隊員で、かき氷のシャツがちび太隊員です(^^;;

P1190896

 よっ!
 夏男、ちび太!(^^;;
 似合うでしょ?

 今日はとても暑かったので、さすがにメキシカンなこいつらも堪えたみたいです。
 普段はお上品にス~ピ~息をしているのに、今日はパンティング(口を開けてのハァハァという呼吸)してました。

 京葉スピードランドに到着ぅ~。

P1190916


 はい、撤収ぅ~(^^;;

 京葉スピードランドに行っただけです。
 そんだけ(^^;;いや、マジで。
 
 
 
 

| | Comments (0)

May 25, 2013

NSR-Mini 3年ぶりの京葉スピードランド走行!その3 番外編

 タイトル変えた方がいいんじゃね?って内容になりますがご容赦を。

 京葉の午前の走行枠のみを走って撤収したボクは、市原のカインズホームに向かいました。
 実はボクの師事するワンコのしつけ方教室の先生は、市原のカインズホームで教室を開催されていらっしゃるんですよ(^^;;
 だもんで、今日は教室の日ではありませんが、近くに来たのでご挨拶を(^^;;

 カインズホームに着くと、専門学校ちば愛犬動物フラワー学園の学生の皆さまによる無料のグルーミングサービスをやっているではあ~りませんか。

Img_1204

 こういう趣旨らしいです。

Img_1205

 なるほど。
 暑い中お疲れ様でございます。
 ワンコの爪切りはとても難しくて、ちょっとガンプラをかじった程度のボクではうまくできませんから、いつもプロにお願いしています。
 ちょうど爪切り時期なので、ワンコたちの爪切りをお願いしちゃいました。

 チョ子!

Img_1196

 捕らえられた宇宙人みたい?(^^;;ぉぃ


 ちび太!

Img_1200

 テーブル上の止血剤がちと恐ろしげではありますが、ボクの節約のためにがんばれちび太!(^^;;ぉぃ


 三太!

Img_1198

 舌なめずりなんてしおってからに!
 おぃ三太!その役ボクと変われ!!
 ・・・愚問と承知しつつ、人間の耳そうじはお願いできないのか訊いてみたら、やっぱりダメでした(T_T)
 若くてきれいなお姉さんの膝枕で耳そうじと思ったんですけどね。残念無念、また来週ぅ~。
 はい、最近頭がハゲはじめたという噂もある、オヤジ化著しいボクなのでした(^^;;

 これからはFSWショートコースの走行枠を柱に、合間にミニバイクの走行とSLyの走行を織り交ぜていきたいと思います!

 おしまい!
 
 
 
 
 

| | Comments (0)

NSR-Mini 3年ぶりの京葉スピードランド走行!その2

 は~るばる来たぜ、京葉ぉ~。

P1190303

 実に3年ぶり

 台数が多いとビビってしまいそうでしたが、9時に到着したというのに上の駐車場が空いているくらいの台数で、久しぶりにはもってこいの環境でした。

 NSR-Mini!!

P1190270

 転倒後、修理はしてありましたし、何度か乗ろうと整備したこともありますが、基本的には転倒後乗っていませんから、このまま走らせるには不安があります。
 でも、じっくり整備をしている時間はないので、整備は軽く済ませました。

 抜いてあった冷却水を入れ、メガリにフロントブレーキのバンジョーボルトを拝借していたので新たに購入したバンジョーボルトを取付し、ブレーキフルードはワコーズのSP-Rを入れ、チェーンに給油し、一応新品タイヤなのでタイヤの保護ワックスを拭き取って、ファイナルを京葉用に交換して、ほぼ整備終了です。
 10時くらいに整備が終了し、30分ほどタイヤウォーマーでタイヤを温めてからコースインしました。

 タイム計測はなしで。
 NSR-MiniはLAP-SHOT用の手動スイッチを用意してあるので、タイム計測は不可能ではありませんが、タイムを気にすると多分遅すぎる自分がイヤになってしまうので(T_T)、タイムを気にしない方向で走ることにしました。
 といいつつ、GPSは用意しましたので、後からタイムの確認は可能です。

 新品タイヤとはいえ、5年前のタイヤなので、不安がありましたが、問題なし!
 NSR-Miniにも不具合は特に感じられませんでした。
 やっぱり問題なのは、自分自身(^^;;
 はじめの10周くらいでは膝が擦れないことにショックを受けてしまいましたが、徐々に膝を擦ることができるようになりました(^^)ほっ!

P1190282

P1190275

P1190279

 た、楽しい・・・です(^^;;
 あれほど怖がっていた京葉ですが、楽しいじゃありませんか!
 タイムはベストの2秒落ち程度でしたが、膝が擦れるし、久しく感じていなかった楽しさがありました。

 むぅ。
 ミニバイク、面白いかも(^^;;
 これからはミニバイクにも乗ろうかなぁ?
 っていうか乗ります(^^;;

 ワンコたちはトランポでお留守番。

P1190291

P1190297

 こいつらがいるので、やっぱり昔みたいに朝一から終了時間までべったりサーキットにいるってことはできませんが、午前中だけ走って、こいつらは市原SAのドッグランで走らせて、サクサクっと帰ってくるというスタイルで月1くらいで通ってみましょうか!

 コッチー塾でしごかれていた当時みたいに、M12仕様でもう34秒台なんて無理でしょうけど、せめて35秒台でラップできるようになりたいなぁ~ってレジャー走行なのにタイムを気にするのはよくありませんけど(^^;;、ちょっと昔を思い出したりしました。

 バイクには関係ないその3につづく(^^;;
 
 
 
 
 

| | Comments (4)

NSR-Mini 3年ぶりの京葉スピードランド走行!その1

 先日のMTK日光サーキット走行会でNSR250R/SEを走らせたばっかりにいろいろ考えさせられることになりました。
 何といっても衝撃的だったのは、膝が擦れない、これです。
 膝擦りがしたくて峠に行くようになり、その延長線でサーキット走行するようになったというのに、膝が擦れないのでは話しになりません。
 それがメガリならいざ知らず、NSR250R/SEでですから事は重大です。これじゃぁレジャー走行にすらなりません。

 どぉするか?

 悶々と悩みました。

 その結果、もしかして久しく乗っていなかったミニバイクに乗れば、何か答えが見つかるかも?と思い、急遽ミニバイク=NSR-Miniに乗ってみることにしました。
 京葉スピードランドは、トイレがアレだし、連続転倒したまま逃げ出したコースなので未だに怖く、白糸スピードランドに行こうと思ったのですが、残念ながら白糸は今週末スポーツ走行枠がないようです。
 そこで、ビビリつつも、京葉スピードランドに行ってみることにしました。

 かつては朝一に現地に行き、走る走らないに関係なく一日中サーキットにいるというスタイルでしたが、いまはワンコもいますし、のんびり出かけて、午前中だけ軽く走って帰ってくることにしました。

 首都高速浮島JCTから海ほたるに掛けて渋滞していましたが、慌てることなくのんびり京葉に向かい、館山道市原SAのドッグランではきちんとワンコを遊ばせるというゆるいスタイルです(^^;;

 P1190265

P1190248

P1190267

 つづく。
 
 
 
 

| | Comments (0)

January 21, 2012

京葉スピードランドに行ってきました!

 今日は、京葉スピードランドに行ってきました。

 外気温2度(T_T)ひぃ~
 小雨が降り、路面はウェット(T_T)ひひぃ~

P1120738

 さすがにこの悪条件では、誰もいませんでした。

P1120739

 もちろん、このボクが走ったりするわけありません(^^;;ぉぃ

 しゃーない、ラーメンでも食って帰るか、と思い、茂原街道沿いの千葉大勝軒に行ってみると、千葉大勝軒だったはずが、別のラーメン屋さんになっていました。

P1120742

 ・・・横浜家系ラーメン??

 ボクんのちのすぐ近くには、吉村家直系店舗があったりするので、市原まで来てわざわざ家系ラーメンを食べる気にはなれません(^^;;
 そのままスルーして帰ってきてしまいましたよぉ(^^;;

 あ、千葉大勝軒は、千葉市に移転したみたいです、はい。
 
 
 
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
 
 
 

 
 

| | Comments (0)

May 28, 2010

マジで引退5秒前

 前回の練習結果があまりにも不甲斐なく、夜は眠れない、昼は眠たくなるという悶々とした日々を過ごすハメになってしまいました。
 こんなことじゃいけない!ここはビシッとタイムを出して、夜も昼も眠れるいつもの毎日を取り戻さねば!てなわけで、週末は天気が崩れそうな気配なので、急遽有給休暇を取って、京葉スピードランドに行ってきました。
 リベンジじゃ!

 平日とあって、午前の走行はボクの他にはもう1台いるだけでした。
 まさに貸切状態!
 ♪うれしいけれど~、バイクがいない、ガランドォ~ガランドォ~(^^;;無理矢理

P1070060

 前回の反省点は、要リハビリであるにもかかわらず、無理をしたことです。
 今日は台数がいなくて、走りやすいので、タイムを気にするのは午後の帰り際にすることにして、とにかく周回することを目標としました。
 とりあえず、コースインして、10周。
 昨日の雨で、微妙なところにウェットパッチがあり、気持ちよく走れませんが、まぁ仕方がないでしょう。

 一旦ピットインして、15分程度の休憩。
 こういった時間を取ることで、いつもなら自然に気持ちと身体がリセットされるようです。

 んで、コースイン。
 あれこれ昔のイメージを思い出そうと走りました。
 左L字コーナーから最終コーナー手前の進入がキモなので、開け開けなイメージで・・・イメージで・・・

 転けました(T_T)いつもここですよ

 スリップダウンだったので、身体、マシンの損傷は軽微でした。

P1070062

 神様が、ボクを慰めてくれようとしたのか、一輪の花が。

P1070063

 転倒の神様、ありがとうございます(T_T)今日のボクの転けッぷりはいかがでしたか?

 軽微な損傷だと思うのですが、フロントフォークは曲がった模様です。

P1070061

 さすがに目視でこれだけ曲がっていると、組み替えて応力を抜く抜かないってレベルの話しじゃありませんよね。

 はい、今日は15周で終了~。

 ボクのレーシンゲ活動もある意味終了した気がします。
 前から考えてることなので、ここにも何度か書いていますが、もうタイム云々という走行はダメなのかもしれません。これからは、楽しむだけの走行にシフトした方が、いいような気がします。ってことは、ミニバイクはやめて、NSR250R/SEもやめて、遅くても不自然さの少ないGSX-R250R/SPで走るのがいいでしょうか?

 真面目にいろいろ考える時期のようです。


 

| | Comments (0)

May 22, 2010

京葉スピードランド練習走行

 去年も今年もあまり走っていないので、リハビリに、と思って、京葉スピードランドに行ってきました。
 もちろん、マシンはNSR-Miniです。

 台数はそれほど多くないものの、ボク以外の方々は本格派な雰囲気が・・・。
 ちょっと涙目で走ってみると、実際そんな感じでした(T_T)暗いよ狭いよ怖いよぉ~

 はじめの数周は腰上OH後のならし運転。
 このときから、違和感が。
 体重が増えすぎたため、ツナギがパッツンパツンで、身体が動きません。
 55kgのときにサイズオーダーで作ったツナギですが、現在の体重は58kg。ボクの場合、1Kgの増加でウエストが約1~2cm増えるので、きつくなっていて当然です。
 どんなにがんばっても、ベストタイムのプラス2秒って感じで、ダメダメです(T_T)
 しかも、そのダメダメなタイムで転倒までしちゃったりなんかしちゃったりして。
 もうありえねぇって感じですよ、えぇ(しんさん風)。

 幸い、マシンのダメージはありませんでしたが、念のため、フロント周りは組み直しておきました。

P1070056

 いつものボクなら転倒すれば終了ですが、気を取りなおして、走ってみました。
 でもやっぱりベストの2秒落ち。
 全体的にまったり遅くなっているようです。

 もう、引退かなぁ。

 そうそう、GPSですが、なかなか使えそうです。
 GPSで計測したタイムと、手動で計測したタイムではほぼ同じでした。
 LAP+Analyzer web extensionを使うと、サーキットからGPSのデータをアップロードし(要通信環境)、走行データを解析してもらえます。
 たとえば、ベストラップと、各ラップの区間ラップ最速データをつなぎ合わせた仮想ベストラップの表示とか、

2010052201

 あ、青がベスト、赤が仮想ベストです。
 ほかにも、車速-距離グラフとか、

2010052202

 ラップタイム一覧とか、

2010052203

 いろいろ楽しいです。
 特に、京葉スピードランドは、トランスポンダーシステムもない、磁気センサーも使えないってことで、手動計測か、赤外線センサーを使うしかタイム計測はできませんでしたが、第三の選択肢として、GPSががが!

 でも、引退なら関係ないか(T_T)
 ライダーやめますか?それとも、暴飲暴食やめますか?
 はい、ダイエット、がんばります!


 

| | Comments (0)

May 08, 2010

京葉スピードランドに行ってきました!

 練習しなきゃ!と、京葉スピードランドに行ってきました。
 家を出たのは5時頃。到着は、7時20分頃だったでしょうか?
 途中、館山自動車道の市原SAでプチ軽量化を実施したので、やや時間が掛かりました。
 報告しておくと、上り市原SAの個室でiPhoneは圏外でした。
 文字通りの、ksg!!ってやつですね(^^;;ぉぃ

 7時20分到着は早すぎたのか、誰もいませんでした。
 ボクは30分ほどトランポで仮眠して、8時くらいから行動を開始しました。
 まず、GPSデータロガー「PhotoMate887」を手に、コース外周りを歩いて1周。そして、次はコース内回りを歩いて1周しました。
 何がしたかったかというと、GPSの軌跡で、コース図を作ろう大作戦です。
 ・・・結果としては、失敗しました(T_T)
 後でわかったことですが、LAP+用の設定にしたGPSだと、歩く程度の速度では、停止扱いになるらしく、データがブツ切れで軌跡として描かれてはいませんでした。ちぃ!
  PhotoMate887 に付属するソフトであれば、コース図を作ることは可能だと思うのですが、そのコース図はLAP+を互換性がない臭いです。
 ま、コース図が必須なわけじゃないので別にいいんですけど。

 コースを歩いて、水たまりがいくつかあったので、3周目は竹箒を手に、コースを1周し、ライン上にある水たまりの水をコース外に処理、てなことをやってみたりして(^^;;これが意外に重労働で、終わったときには汗だくでした。

 そろそろ9時、走行開始時間だというのに、いるのはボクだけ、みたいな。
 他の人たちはどうしちゃったのでしょう?
 貸切状態です。と思ったら、ようやく1台、トランポが到着しました。
 これでマシン2台。クリアラップ取りまくり~(^^)うほっ!
 んじゃボクも準備を、と、NSR-Miniをトランポから降ろしていると、先ほど到着した方の小さな絶叫が(^^;;
 どうやらその方、NSR50のタンクを持ってくるのを忘れてしまったようでした(T_T)なんと~
 普段スペアパーツをそれなりに持ち歩いているボクも、さすがにタンクの予備はありません。
 可哀想ですが、助けてあげることはできないので、ボクは自分の準備を進めました。
 前回はチャンバー付きで走ったのですが、今回はノーマルマフラーに交換してあるので、ファイナルをノーマルマフラー用にセッティングしなお・・・しなお・・・しなおせません(T_T)がび~ん。
 スプロケットセット一式を持って来るのを忘れてしまいましたよぉ~。

 はい、ボクも終了~。
 チャンバー用ファイナルでも走ることができないわけではありませんけど、やっぱ、ねぇ。
 はぁ(T_T)早きは交通費の損、って感じです。

 コース上にマシンは0台。
 パドックの2台は、いずれも忘れ物で走行できず・・・。
 なんてこったい。

P1070051

 ガラガラなのに、走ることができないなんて・・・。

 ボクのNSR-Miniは、先日、エンジンの腰上OHをした後、ならし運転をしていなかったので、暖機ならしをして、11時頃、撤収しました。
 結局それまでの間、他にはだ~れもこなかったのでした。

 そのまま帰宅するのは悔しいので、千葉大勝軒でラーメンを食べてから帰りました。

 おかげさまで、夕方からボウリング部の練習には参加することができました(^^;;

 

| | Comments (0)

March 22, 2010

2010年第1回コッチー塾@京葉スピードランド 後編

 今年はじめてのサーキット走行には、不安がいっぱいです。
 不安要素、その1。減量に失敗しました(T_T)昨年の今頃と比較すると、1kg~1.5kgオーバーです。ツナギを着ることができるのでしょうか?・・・怖くて、事前に試せませんでした。
 不安要素、その2。老化(T_T)視力が落ちているみたいです。特に、動体視力が。さらに、身体に柔軟性がなくなってきています。身体が硬くて不便に感じるくらいに。ん~、参りました。
 不安要素、その3。京葉スピードランドは、トイレが、トイレが・・・(T_T)
 ボクは、バイクに乗れるのでしょうか?

 いつものように無駄に早起きして、アクアライン、館山自動車道を通って京葉に向かいました。
 市原SAで軽量化していくのが日課ですが、軽量化に失敗。
 京葉の簡易トイレに入るには、持てるすべての地位、名誉、財産を投げ出すほどの勇気が必要ですが、ボクにはその勇気がありません(T_T)はぁ~。
 ・・・というペースで書いていると、前編、後編では終わらないので、ググっとスピードアップ!(^^;;つまり端折るわけですね。つーか、前編が短すぎました(^^;;

 NSR-Miniの整備は問題ないので、リアサスのプリロードを京葉セッティングにして準備完了。
 肌寒い気温なので、ウォーマーを焚いておきました。

P1060796

 コッチー塾では、コッチーがノーマルマフラー仕様なので、ボクもノーマル仕様で参加していますが、今日のコッチーはチャンバー仕様というので、ボクもチャンバー仕様で参加しました。

P1060793

 なんとかツナギを着ることができて、今年初走行です。
 タイヤが新品なので、皮むきも兼ねて、ロングランテストを敢行!
 9周も走ってしまいました!!(^^;;ぉぃ
 しかし、タイムは、38秒83。チャンバー付きで(T_T)
 もう涙目です。真面目に走っているのに。

 しばらくまったりして、2本目。
 今度は6周して、37秒34。
 タイムが上がっていることに少し安堵しつつ、ダメだこりゃ~。

 フロントサスが突っ張るような気がするので、イニシャルを最弱にして走行。
 5周して、37秒07。

 なんだか乗りやすくなった気がしますが、まだフロントが入らない気がするので、リアのプリロードを1.5mm締めてみました。
 8周して、36秒61。
 ようやく36秒台に入りました。
 ノーマルでベストが34秒台なのに、気が遠くなりそうです。

 ここで昼休み。
 今日は、ポケバイがいっぱいいました。
 なんでも、大会が近いみたいで、その練習に来ているようです。
 ボクが数えただけでも27台くらいいました。
 ボクよりも速いんじゃないか?ってスピードでブンブン走る後ろ姿が、虫に見えたりして(^^;;

P1060810

 みんなうまくて驚きました。速度差がなくても、ラインを変えてパスしたり、ボクにはできないテクニックを駆使して走るちびっ子たち。
 今のウチにみんなのサインをもらっておこうかなんてついつい邪なことを考えてしまうボクなのでした。

 午後。
 フロントのイニシャルを入れてみましたが、まるでダメで、すぐに戻しました。
 9周して、36秒75。
 バイクが曲がらないので、一番タイムを稼げるだろう最終コーナー手前の進入でアクセルを開けることができません。

P1060832

 あれこれ悩みつつ、11周。
 36秒01。
 くぅ~(T_T)結構がんばっているのにぃ~。キィ~~~!

 コッチーのアドバイスで、リアサスのプリロードを戻して8周。
 36秒17。むぅ。

 さらにコッチーのアドバイスで、リアサスのショック長を5mm短くして8周。
 おぉ!乗りやすい!!バンク角を深く取っても怖くありません。
 リアが仕事をしている、って感じでしょうか?
 35秒81。
 うぉぉぉ~、ようやく35秒台ぃ~。
 バイクが曲がる用になった結果、最終コーナー手前のS字コーナーでのラインに多少余裕が出てきた結果だと思われます。

 コッチーから、リアのプリロードをネガが出るまで緩めるように指示が出たので実行しました。
 フロントは、イニシャルを掛ける方向で、他、細かなアドバイスをもらいました。
 7周して、35秒60。
 左のヘアピンでリアが滑るような感覚がありますが、怖くはありません。

P1060838

 さらに、フロントのイニシャルを掛けて試してみるように指示がでました。
 5周して、35秒54。
 フロントが飛び跳ねる感覚がありましたが、怖くはないレベルでした

 と、こんなところで、本日の走行は終了しました。

 恥ずかしながら、目一杯走って5~6周でしたが、これは3日連続でボウリングした結果、右手が腱鞘炎になっていて、ブレーキングできなくなってしまうからでした(^^;;
 タイム的には、微妙です。ノーマルマフラーとの比較ができないからです。そもそも、チャンバーはトミンでの対異種格闘技戦対策に用意したものですので、これからはノーマル仕様で練習してみようと思います。
 ノーマルマフラーだったら、36秒1~2くらい、かもしれません。
 コッチーがサスセッティングをあれこれ指導してくれたのは、ボクのマシンを試乗して、リアが高すぎると感じたからとのことでした。実際、ショック長はかなり長く設定してありました(^^;;
 さすがコッチーです。ボクのマシンに乗った最初の1周で他の不具合も指摘してくれましたし(ボクはな~んも気づかず周回してました)、伊達にオラオラ言っているわけではありません。

 今年も、まだバイクに乗れそうな感触は得ました。
 これから徐々に体力をつけて、ノーマルマフラー仕様で34秒台での周回あたりを目標に、ボチボチがんばってみようと思います。

 

| | Comments (0)

2010年第1回コッチー塾@京葉スピードランド 前編

 それは、コッチーからボクに宛てた1通のメールからはじまりました。

 以下、メール全文です(括弧書きにて、オラオラ圧縮された本文を解凍してお届けします)。

コッチー:「オラオラ!」(んだよぉ、いつまでボウラー気取ってンだよぉオラオラ。走りに行かねぇの?オラオラ)

ボク:「オ、オラ~、オラ~、オラオラ」(ぼ、ボクは、ボクは、ちょうど白糸にでも行こうかな、と」

コッチー「オラオラ!」(んだよぉ、京葉行くぞオラオラ)

ボク:「オーラィ」(お~らい)

 てなわけで、オラオラ道第一人者、オラオラ界の聖戦士・オーラーバトラーコッチーと、京葉スピードランドに走りに行ってきました!


 つづく・・・(^^;;ぉぃ


 ※賛否両論あろうかと思いますが、「オーライ」だけが書きたくて書いたネタです(^^;;


| | Comments (0)

January 18, 2009

転倒しました

 転倒しました。
 そして、この有様。

P1030048

 か、神奈川仕様(^^;;
 笑えないけど、笑えてしまいますね~。

 NSR-Miniはご覧のように壊れてしまいましたが、ま、3月には注文済みのNSR-Mini最終ロットが3台届きますし、2月は走行しないので問題なしです。

 いろいろ詳しく書きたいところですが、今日の事は、黒歴史として封印することにします。

 

| | Comments (4)

December 28, 2008

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 コッチー塾に行ってきました。
 今回のメンバーは、コッチーとボク、そして、クラブハルクのS選手です。
 先週は暖かかったかわりに、風が凄くて、走りに来ていた人たちは皆ベストタイムの1秒落ちくらいで走っていたそうです。
 今日は風がなくても、時期的に寒すぎてダメだろうと思っていたのですが、ボクの日頃の行いのよさが幸いしたのか、先週ほどではありませんが、寒くて震えながら走るということはなく、気温は10度以上でした。
 走る前から、ベストタイム更新の予感がしてきます。

☆1本目。
 22周走行して、ベストタイムは35秒96。
 え?って感じでした。タイヤが新品だとはいっても、いきなり自己ベストタイムに迫るタイムです。大抵朝一の走行は身体が動かなくてダメなものなんですけど、それほどがんばった感があるわけでもないのにこのタイム。
 なんだか今日は行けそうな気がするぅ~。

☆2本目。
 11周走行して、自己ベストタイムを更新。35秒35!
 いや~、一気でした。こんなに簡単に、35秒前半に入るとは。
 キモは、まず2コーナー。いままでは結構内側を立ち上がっていたのですが、コッチーになおすように指摘された進入のアプローチを試して、大回りすることにした結果、距離は走りますが速度を殺しすぎず立ち上がることが出来るようになったために、早めのシフトアップが可能になり、タイムにも影響しているようです。
 そして、左L字コーナーの走り方なんとなくわかりはじめました。4速で走っていたときは、アクセルをとにかく戻さないように注意していたので、5速で走りはじめてからも同じイメージで走っていたのですが、それがかえってよくなかったようです。進入でいったんアクセルを閉じてからS字に向けてマシン曲げたところ(あるいは曲がるラインが走れるようになって)からアクセルを開けるようにしたところ、最終コーナーまでうまく速度が乗せられるようになりました。
 最終コーナーも、スポンジバリアに張り付くような気がしてためらいながら走っていました。実はそれはまだ直せないのですけど、少しはマシになったようで、5速のまま立ち上がれます。6速へ入れるポイントもわずかに早くなっているのがわかります。
 うぅ~(T_T)感動的ぃ~。

☆3本目。
 12周して、またまた自己ベスト更新。35秒05!!
 あともう少しで34秒台というところまでやってきました!
 一見可愛く見えるけど毒舌なコッチーの彼女(ギズモ似(^^;;ぉぃ)に走行中の変化を訊いてみたところ、無駄がなくなりスムーズになった、とのことでした(^^)うほっ
 コッチーからは毎回「んだよぉ、練習足りねぇ。もっと走れ!」と言われ続けていますが、わずかな練習でも成果が現れてきたようです。

☆4本目。
 25周して、またまた自己ベスト更新。いよいよ34秒93!!!
 34秒台に突入しました。

 自分なりにいろいろ考えながら走っていると、前方にオラオラッとコッチーが走っているのが見えました。
 オラオラオーラでわかります。ボクを待ってくれているのです。
 ちょっと緊張しつつ、コッチーを抜かすと、ボクはあとで「んだよぉ、死ぬほど遅ぇ~」と言われないように、いつもとは違う緊張感で、引き離せないとわかっているコッチーを引き離す意気込みで全開走行に入りました。
 わかりますか?背後霊のように(いや、ボクのスタンドのように?)ピタリと後ろに張り付いたコッチーが(一番前はさりげなくS選手~)。

P1020969

 数周すると、コッチーがボクに仕掛けてくるのがわかりました。
 ボクにはブロックのテクニックはないので、あっという間に抜かれるのはわかっているのですが、そう簡単には抜かせないぞ!てな感じでインをさされてもがんばってみましたが、やはりあっという間に抜かれました(^^;;
 今度は、先行するコッチーがボクのペースよりも若干速いペースで引っ張ってくれようとして、待っていてくれています。これまたボクのがんばりどころです。がんばって追いかけながら、自分との違いを研究する時間です。

P1020933

 実際には、研究どころか、必死でそれどころじゃないんですけど。
 そして出たタイムが34秒93!。
 引っ張ってもらったおかげですが、それでもやりました!


☆5本目。
 24周して、35秒98。
 大幅な自己ベスト更新を果たし、緊張の糸が切れてしまいました。
 恥ずかしながら、転倒したくない、無事に帰りたいという気持ちが強くなってしまい、普段おざなりになりかちなラインとか、ステップワークなどを考えながら走りました。うれしいことに、先週までのベストタイムが当たり前のように出せるようになりました。
 そして、ちょっと早めに無事走行終了。

☆総評
 自分ひとりで練習して、これだけのタイムアップが出来たか?と考えたとき、おそらく10回練習に来たとしても、34秒台どころか、35秒台前半にも入っていなかったと思います。それがいまじゃ普通に35秒前半が出せます。
 やはり、自分だけでは気がつかない指摘を受けることが上達への近道だと思いました。
 それでこそのコッチー塾!
 大幅なタイムアップでわかったことは、操作が忙しい、ということです(^^;;
 右のヘアピンから左のヘアピンの間が特に忙しく、シフトミスをたびたびしてしまいました。左コーナーへの姿勢の移動も間に合いません。肉体的、精神的にもかなり消耗しました。それが、これからの課題になりそうです。

 35秒台でのラップと、36秒台でのラップの違いは、タイヤの消耗も違ってくるということがわかりました。
 これが36秒台ラップのタイヤ。ちなみに、トミン1回、京葉3回で、約4時間走行したタイヤです(手前がフロントタイヤ)。

P1020883

 こっちが35秒台ラップのタイヤ。今日おろしたばかりのタイヤ(フロント)です。

P1020936

 一日でこの有様です。
 ミニバイクでの練習の利点は、走行する場所が多いことと、消耗品などがあっても経済的だといままでは思っていたのですが、1回の走行でここまでタイヤが減るとなると、あまり経済的とは言えそうにありません。逆履きしてなんとかもう1回の走行が限界でしょうか?
 いやはや、参りました。


【自分用メモ】
自己ベスト34秒93
F1.8R1.9
F14-R41
トライアル感性50:1


☆おまけ
 先週失敗したクラブハルクのS選手の画像です。

P1020890

P1020891

P1020908

 S選手もベストを更新し、35秒7まで来たようですけど・・・ふっふっふっ(^^;;
 な~んて、タイム的に勝てるウチは勝ち誇っておこうというセコい魂胆なんですけど、実はS選手のマシンはもらいものってことで、状態がそれほどよくないんですよね。タイムに影響するくらいよくない状態です。見かねてチェーンを掃除してあげたくらいです。チェーン、死んでましたけど(^^;;ホイールベアリングも死んでいるみたいで、ボクのマシンなら後輪を手で回すと4~5回転はしますが、S選手のマシンは1回転しないどころか、ホイールが止まる寸前に逆回りしてしまいます、いやマジで。本職の600で凄まじいコストがかかるのでしょうけど、ベアリングはヤバいですよぉ~。


☆おまけ その2
 コッチーにボクのマシンを試乗してもらいました。
 オラ!

P1020937

 オラオラ!

P1020945

 「んだよぉ、フロントフォークの動きがダメ。こんな足じゃ走れねぇ~」、だそうです(T_T)
 はい、前足、見直します(T_T)


☆おまけ その3
 ボク。画面をみていて目が痛くなるのは気のせいでしょうか?

P1020971

P1020934

P1020915

 

| | Comments (2)

December 21, 2008

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 またまた行って来ましたコッチー塾。
 今回の参加者は、言うまでもなくコッチーと、ノック選手、C選手、S選手といった顔ぶれです。みなさんCBR600RRを駆る現役選手権ライダーたち。そんな選手権ライダーたちも、シーズンオフはミニバイクで練習するのですから、ミニバイクも侮れないってことですね。ボクもがんばろっと!
 コッチーやノック選手に勝てないのは当然として、白糸では勝つことが出来たC選手もぐんぐん上達して、すでにボクでは太刀打ちできない存在です。さすが筑波0秒台の男!あぁ、白糸のあの日が懐かしい。。。
 ってわけで、いまやC選手にも「死ぬほど遅ぇ~オラオラ」と言われかねないボクとしては、クラブハルクのS選手が今日のライバルです。
 S選手とは前々回のコッチー塾でもご一緒していたのですが、ボクはお腹の事情で余裕がなくて、あまり絡みませんでした。
 聞けば、京葉のベストタイムはボクのコンマ3秒落ちです。どうせあっという間に上達して、太刀打ち出来ない存在になってしまうのでしょうから、勝てるウチに勝っておこう大作戦です。ふっふっふっ。

 12月半ばを過ぎたというに、大げさではなく、半袖でも寒く感じないほど暖かい天気でした。
 寒いとそれだけでめげるので、ラッキーといえばラッキーでしたが、そのかわりすごい強風が吹いていて、コンディションとしてはそれほどよくありませんでした。まぁ、寒くて強風だとボクはアウトなので、まだマシってところでしょうか。
 先日購入した銀ポッシュの効果は如何に?!

☆1本目。
 10周走行して、ベストタイムは36秒92。
 こ、これが銀ポッシュの威力なのかぁ!
 いままで銀ポッシュを使わなかったことを後悔するくらい感動的な走りやすさでした。
 高回転域ではやや回らない気がするものの、ほとんど気になりません。それよりも、低速からトルクが出ているのがいい感じです。すごく扱いやすくなりました。純正CDIよりも自然な感じがするくらいです。
 なんだか今日は行けそうな気がするぅ~。

☆2本目
 10周走行して、ベストタイムは36秒20。
 左L字からS字コーナーを5速で走ってこのタイムです。前回も同じことを試していますが、出せなかったタイムです。ボクが上達しているというよりも、低速トルクが出ただけタイムに影響したということでしょうか。まさしく銀ポッシュの威力です。
 S選手をブチ抜きましたよ(^^)うほっ!

 ここで、ノック選手にボクのマシンに乗ってもらいました。まぁ、足のセッティングを出して欲しいとお願いしたわけです(^^;;
 ノック選手のアドバイスで、フロント、リアともにイニシャルを抜いてみました。

☆3本目
 12周走行して、ベストタイムは36秒00。
 なんだかいままで以上にバイクが曲がります。さすがノック選手!ナイスアドバイスです。
 エンジン特性とハンドリングで乗りやすくなったのか、最終コーナーも5速で立ち上がる練習を始めました。
 ホームストレートでは風にあおられフラフラ、1コーナーから2コーナーにかけての直線は向かい風と、タイムを出すには条件が悪すぎますが、それでも楽しいです。

☆4本目
 14周走行して、ベストタイムは36秒06。
 いままでよりも最終コーナーが難しくなってきました。ボクのでたらめラインでは5速のスピードを殺さないように立ち上がることができません。うまくいきそうなときも、スポンジバリアに突っ込むんじゃないのかと怖くなって減速してしまいます。そうすると、5速ではモへぇ~となってタイムロス。難しぃ~です。

☆5本目
 いまのところ、ベストが36秒7というS選手がコースインしたので、追いかけました(^^;;
 来年には勝てない存在になっているはずのS選手だと思うので、今のウチに記念に抜いておこう大作戦(^^;;
 数周ほど様子をみて、左のヘアピンでパスさせていただきました。
 お互いのベストタイムはコンマ3秒ほどしか違いませんから、ボクがS選手を引っ張ってしまい、S選手の調子がよくなることも十分考えられると思ったので、後ろを気にする余裕もなくひたすらがんばりました。
 12周して、自己ベストとなる35秒89!!うほっ!
 S選手はボクの後ろで本日のベストとなる36秒2が出たそうです。
 楽しかったのでもっと走るつもりだったのですが、右ヘアピンの進入で異物を踏み、ビビッてしまい走行終了。
 あとで見に行くと、バーエンドが落ちていました(T_T)でかすぎ!転倒しなくてよかったです。 
 
☆6本目
 タイヤが滑りはじめました。トミン走行から約6時間。暖気を含んで6時間ですので、正味4時間くらいでしょうか?
 いままで滑らなかったところで滑りはじめたので、L字コーナーから最終コーナーまでを5速で走る練習をやめて、速度を落としてラインを考える走りに切り替えました。
 14周して、ベストタイムは36秒30。ノック選手に抜かれたときに、一瞬だけがんばったタイムです。他は37秒台でした。

☆総評
 S選手は、ネタにして申し訳ないです。でも、来年の今頃は、今のボクとC選手のように、立場が入れかわっていると思いますから、もう少しの辛抱です(^^;;それまではせいぜいエラソーにさせていただきます(^^;;ぉぃ
 真面目な話し、最終コーナーで2回も転倒しながら、走り続ける根性に感動っす!

 コッチー、ノック選手、C選手以外の他のみなさんも、今日は強風の影響で通常より0.5秒から1秒はアベレージが下がっていたとのことでした。
 ってことは、強風さえなければ、ボクのタイムももっと・・・?
 そんな仮定の話は置いたにしても、ボクとしての収穫は、いままで4速で走っていた最終コーナーを5速で走ることができるようになったことです。それでいて、ベストタイムを更新できました。
 4速のままでは、タイムを上げることは困難だということがわかっていただけに、ちょっと先が開けた気がします。
 まぁ上達したわけじゃなくて、銀ポッシュのおかげといえばそれまでなんですけど、何にしても練習の成果がでるということは気持ちがいいもんです。
 一方、足回りのセッティングをいまだに自分じゃ出せない、感じることが出来ないという点は、進歩なし、というか、不安材料でしょうか?

 なんにしても、転倒せずに終われてよかったです(^^)


【自分用メモ】
自己ベスト35秒89
F1.8R1.9
F14-R41
トライアル感性50:1


【今日の写真館】
☆アタシ。どこを走っているのでしょうか?(^^;;

P1020660


☆アタシとアタシのスタンド。"オラオラオラオラオラ~~~"

P1020658


☆コッチー。オラ(つーか、こんなところ走れないっす)

P1020669


☆コッチー。プレデターを連想してしまうのはボクだけでしょうか?

P1020667


☆ノック選手。目線の移動が独特でした。

P1020742


☆C選手。フロントタイヤの摩耗が凄いっす。

P1020710


☆S選手。・・・ごめんなさい。全部失敗です(T_T)


 いじょ!

   

| | Comments (0)

December 07, 2008

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 今週もまた、コッチー塾に参加するために、京葉スピードランドに行ってきました。
 前回はお腹を下してしまって、千葉県は長柄くんだりまで出かけながら、バイクじゃなくて便器に乗りに行ったような有様で、いつもは走行の少ないボクでも、さすがに消化不良です。あ、バイクに乗れずに消化不良でお腹をこわしたわけじゃなくて、消化不良でお腹をこわしてバイクに乗れなかったことが消化不良・・・ってどうでもいいですね、はい(^^;;

 家を出たのは、5時過ぎでした。
 今日の参加者はコッチーとクラブハルクのC選手、そしてこのボクの3人です。早めに家を出たのは、パドックの場所取りでもしておこうかな、と思ったからです。
 ルートはアクアラインを通るリッチコース(^^;;
 6時前に木更津を通過すると、アクアラインのETC割引が利かなくなるという罠がありますが、難なくクリア。
 7時過ぎには京葉スピードランドに到着しました。
 早く着いたぞぉ~と思ったら、C選手がすでに到着していて、場所取りしてくれていました(^^;;ありがとうございます

 かなり冷え込むという天気予報でしたが、実際にはそれほどでもなく、風も強くないので思ったほど寒くありませんでした。とはいえ、当然暖かいわけでもありませんので、今日は11時から15時までの時間を集中的に走ることとし、準備はま~たりと行いました。

 C選手にチェーンのカットを依頼されたので、「かし丸君」を使ってチェーンカットしてみました。
 普段なら、工具のため、そして、チェーンの為に、ピンはサンダーで飛ばしてからカットしますが、サンダーを持参していなかったので、そのままカットしてみました。
 意外に簡単でした。120コマを108コマにカットして、やっぱり106コマにしようということになり、でボクがカットする場所を間違え、再度やり直した関係で、計3回カットしましたが、きちんと使えば10回以上カットしても耐久性はありそうです。ピンをサンダーで飛ばさなくても、かし丸君、行けます!あ、420チェーンですけど。520はようわかりまへん。

 今日の課題は、L字コーナーからS字コーナーまでの区間で5速を使う、です。
 現在のファイナルでは、4速で全開にすることはできるのですが、吹けきったままになってしまうので、速度の伸びが期待できません。ボクの予想では、その乗り方では35秒5程度が限界で、34秒台はあり得ません。
 今日は目先のベストタイム更新は一切考えず、タイムが遅くなってもいいので、5速を使えるようになるための反復練習です。

☆1本目
 約15周して、ベストタイムは37秒2。
 はじめはこれでいいのです。ウォーミングアップですから、こんなもんです。

☆2本目
 約10周して、ベストタイムは36秒7。
 ちょっと焦りはじめました。気持ちも身体もウォーミングアップ済みなので、もう少し出ているはずでした。

☆3本目
 約11周して、ベストタイムは36秒44。端から見ると、流しているようにしか見えないそうです。モサァ~っとしたコーナリング、バンク角も全然ないそうです。
 マ、マジっすか?(T_T)やってる本人、大まじめ~

 ここでお昼休み。

☆4本目
 約13周して、ベストタイムは36秒38。
 むぅ~。
 
☆5本目
 約12周して、ベストタイムは36秒36。

☆6本目
 約16周して、ベストタイムは35秒92。

☆7本目
 約17周して、ベストタイムは36秒28。

☆8本目
 約16周して、ベストタイムは36秒46。

☆9本目
 約14周して、ベストタイムは36秒24。

☆総評
 結果として、先週よりはマシになったと思います。
 がしか~し、課題はクリアできませんでした。
 6本目で35秒台に入っていますが、課題のコーナーを4速で走るいままでの走り方をして出したタイムです。
 自己ベストは、35秒90ですので、ベストタイムに迫るタイムなのですが、その走りでは先がないので、ちっとも喜べません。
 S字コーナーで速度を乗せ、その速度を活かしたまますり鉢状の最終コーナーをクリアしないとならないと思っているのですが(違いますか?(^^;;)、うまく繋がらないんですよね。全体的に遅いのですが、最終コーナーの立ち上がりの速度の乗せ方が下手過ぎて、タイムを稼ぐところで稼げていない感じです。
 今のボクには、かなり難しいです。
 ま、このボクが、このボクが!!120周近く走ったので、その努力だけも評価したいと思います(^^;;ヘボいところで自画自賛

 そうそう、最後の方で、コッチーがコースからバイクを押して戻ってきました。
 ガス欠?って訊くと、そうだ、とのことでした。
 すかさず言ってやりましたよぉ、何年バイクに乗ってんだオラオラって(^^;;性格悪いかしら?

P1020534

 帰りは、みんなで千葉大勝軒に寄って、ボクはチャーシューメンを食べました。
 大勝軒というとつけ麺(もりそば?)が有名ですが、ボク的には、つけ汁がどんどん冷めていくのがどうしても許せんのですよ。そこで、無難にチャーシューメンを選んだのですけど、出てきてびっくり、すごい麺の量です。改めてメニューを見てみると、「当店の麺は通常の約2倍です。」ですって。納得です。
 なによりも量が多いのが一番!って人にはいいのかもしれませんが、麺がぎっちり入っていて、スープとろくに絡まないので、ボク的にはちっとも美味しく感じませんでした。
 その後、ココスでデザートしました。ココスでデザートといえば、ボクの場合「チョコブラウニーパルフェ」です。
 そして、解散!

 パルフェを食べながらいろいろ話しを訊くと、コーナー前でフラフラとインに寄っていく悪い癖がまた出ていると指摘されました。
 去年、散々コッチーに指摘され、直ったかと思ったのですが、また出てしまっているようです。
 なぜか、12月21日のコッチー塾にも参加することになっているようですので(T_T)、そのときの課題としようと思います。


 

| | Comments (0)

November 30, 2008

コッチー塾@京葉スピードランド走行 その2

前回までのあらすじ
 突然、原因不明のトラブルに見舞われた内圧コントロールバルブの不調により、ボクの中で増大していく波動エネルギー。このままでは、ボクは内部から爆発してしまう!あわやと思われたその時、ボクはからくも「道の駅ながら」にたどり着き、そこで、対ショック・対飛沫防御もままならぬまま、拡散波動砲を発射し、事なきを得たのであった・・・。
 ふぅ~~~~。


 それから1時間。
 ボクは、「道の駅ながら」から移動できずにいました。いうまでもなく、突然襲いくるお腹の痛みと闘っていたのです。
 全弾撃ち尽くしたのか、痛みはともなうものの、出るものがなくなったので、ようやく本日の舞台に移動しました。いざ、京葉スピードランドへ!!

 今日のメンバーは、コッチー、タノピー、ノック選手、クラブハルクのC選手にはじめましてのS選手でした。現役、あるいは元選手権ライダーたちに混じってなぜかなんちゃってレーシングなボク・・・。
 寒いせいもあるのでしょう、みんなとてものんびり準備をしていて、11時過ぎにやっと走行でした。
 ボクは、お腹に爆弾を抱えている関係上、走行できるかどうかわかりませんでしたが、せっかく足を運んだ以上は少しでも走っておこうと、一応エントリーしてみました。エントリーすると、走らないともったいない、と思うようになり、みんなから遅れること約30分でコースインしました。踏ん張ったときに物体Xが出ないことを祈りつつ・・・。


☆1本目
 翼君はサッカーボールが友達です。であるならば、ライダーはバイクが友達であるべきでしょう。
 だがしかし、今日のボクは、便器が友達です(T_T)
 今年2度目のミニバイク、しかも下~痢~、そして1年ぶりのコースということを差し引いてもダメダメだったと思います。
 12周してヒィヒィ状態。しかも、タイムは37秒4。ベストプラス1秒5です。
 これが、今年のボクなんですね(T_T)


 これで午前中が終了。
 午後からは、速い人と遅い人のクラス分けがされました。
 ボクは当然遅い人クラスです。
 ブレーキの利きが甘いので、ブレーキパッドをデイトナのゴールデンパッドからレーシングサービスZEROのパッドに、そして、コッチーのアドバイスに従って、フロントのイニシャルを1回転抜いてみました。


☆2本目
 ちょっとよみがえりました!
 36秒29。ベストタイムではありませんが、午前中よりはかなりマシになったと思いますし、なにより楽しかったです。
 ブレーキパッドの交換も○でした。GSX-R250R/SPでは不満のないゴールデンパッドなのですけど、ミニバイクでは握っても、スカァ~、という感じなんですよね。なぜでしょう?
 ZEROも以前使って不満に思い、使っていなかったのですけど、ゴールデンパッドに比べると全然マシでした。
 20分の走行枠をほぼ目一杯走り、27周しました。
 最終コーナー手前の左L字コーナーからS字コーナーを4速全開で走れるということは、ほぼ昨年レベルだと言えます。
 次の走行では、5速を使う練習をしてみようと思います!そうしないと、35秒台は見えてこないのです。


☆3本目
 走行4周目くらいで、本日のベスト36秒22が出ました。
 よぉっし!行くぞぉ!っと思ったところ、右ヘアピンでスローダウン。
 ガス欠です。
 コース脇をマシンを押して歩いたら他の人の迷惑かと考えて、コース内の邪魔にならないところでボォっとしていると、コッチーがやってきてくれて、んで、怒られました(T_T)
 んだよぉ。バイクは押して戻ってくりゃいいんだよぉオラオラ。何年バイクに乗ってんだオラオラ。
 だそうです。
 はい(T_T)すみません。
 ボク的には、ガス欠だなんてみっともない理由で止まったことが恥ずかしくて、他の人の迷惑になりたくなかったんですぅ(T_T)うるうる

 課題をこなせず、ちょっと消化不良なボクでしたので、次はやるぞぉ!とやる気満々でした。
 ところが急展開!!

 また、奴がやってきたのです(T_T)
 どうにもできないので、再び「道の駅ながら」へ・・・。
 戻るに戻れず、時間が過ぎて、本日の走行は終了です(T_T)


☆総評
 バイクに乗っている時間より、便器に乗っている時間が長かった・・・。
 そんな一日でした(^^;;

 

| | Comments (0)

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 約1年ぶりにコッチー塾に参加することにしました。
 開催場所は、京葉スピードランドです。
 ちょっと早いかな?と思いつつ、5時半に自宅を出発。早く出たかわりに、アクアラインを使わず京葉道路経由で向かうことにしました。

 湾岸幕張まであと10km地点付近で、ノックの音が聞こえました。小声で「出してぇ~」と言っているノックの音です。そんなことはしょっちゅうなので、まだ無視できるな、と判断したのですが、1kmも走らないうちにそのノックの音は激しくなり「今すぐ出せこのヤロウ」という怒号まで聞こえてきました。
 冷や汗が流れました。
 や、やばい!も、漏れる(T_T)
 しかも、4番じゃありません。9番です!
 いつもならノックの音は徐々に大きくなるので、今日もそのつもりでいたのですが、今日は突然激しくノックされたので、もう焦るしかありませんでした。
 低燃費運転なんてとてもじゃありませんが、やっていられません。もう、アクセル全開です。

 途中、何度も激しいウェーブに見舞われました。そのたびに、「覚せい剤やめますか。それとも人間やめますか。」・・・じゃなくて、「クルマのシート汚しますか?それとも野グソしますか?」という声が脳裏に響きました。
 いや、別に野グソでもいいんです。晴れた空、透き通った空気。そこが、自然に囲まれた環境ならば・・・。
 ただ、湾岸線っすよ?東関東自動車道っすよ?
 ただでさえキ○チガイって言われているボクでも、いくらなんでもそれは・・・。
 だからといって、シートを汚すこともできるわけありません。まさに究極の選択を迫られたボクは、真面目に考えざるを得なかったのですが、幸いドアを突破される前に、無事湾岸幕張PAに飛び込み、ボクは救われました。
 このノックは、映画で例えると、「フィフス・エレメント」や「レオン」の敵役の役者さん、が原因でした。
 え?あ、「○○・オールドマン」って言いたいわけですよ、はい。

 すっきり爽快、あたかも第二の人生を踏み出したような清々しい気分になったボクは、そのままトランポを走らせたのですが、1kmも走らないうちに、再び激しいノックが・・・。
 なんてこったい。第二波攻撃ですよ(T_T)
 慌てて高速道路を降りて、下道に出ました。
 すぐにセルフのガソリンスタンドがありました。人間というものは不思議な生き物ですね。それを見て安心したボクは、もう少しがんばれる気になって、そのガソリンスタンドをスルーしてしまいました。すると、また激しいノックが(T_T)自分の浅はかな判断を呪いつつ、次のガソリンスタンドまでひた走ったのですが、次のガソリンスタンドに近づいたころには、またもう少しがんばれる気になって、またまたスルーしてしまい、スルーした後すぐにビッグウェーブに襲われ、自分の人生を呪ってみたりして。
 結局、コンビニに駆け込んで、今日2度目のピンチを切り抜けたのでした。

 7時50分くらいでしょうか。
 無事に京葉スピードランドに到着しました。
 到着と同時に、またまた激しいノックが(T_T)もう勘弁して!って感じです。
 実は、京葉スピードランドのトイレにはちと問題があって、育ちのいいボクにはとても利用できる代物ではありません。しかし、激しくノックされています。
 どうするか、10秒悩みました。
 よし!行ける!「道の駅ながら」のトイレまで、間に合うはず!
 そう判断し、すぐ近くにある道の駅ながらに向かいました。
 ところが、また1kmも走らないうちに、ピーク信号です。128ビートのノック信号ですよ。
 ここならできる!この環境ならできる!

 野グソ!!

 ボクのプライドなんて屁みたいなもんです。そもそも人間性なんて持ってません。
 雑木林に眼をやると、なぜかたまらなく魅力的に感じる野グソへの甘い誘惑が・・・。
 ボ、ボクはその誘惑に打ち勝ち、無事に道の駅ながらに到着したのでした!!

 次号に続く!!

 

| | Comments (3)

December 16, 2007

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 ボクの中で、今年のレーシンゲ活動は、先日の梨本塾11月で終わっていましたが、コッチーからお呼びが掛かったので、京葉スピードランドに出掛けてきました。
 ただ走ろう、と言われていたなら、寒いのでコッチーのことがどんなに怖くてもお断りしたと思うのですが、「んだよぉ、走り納め~」って言われたので、今年お世話になったコッチーのお誘いを喜んでお受けしました。
 今日は、コッチー、ノタピー、C選手の他に、ノック選手も来るとのことで、場所取りをするために夏並みの時間で起き、出発しました。
 現地に到着したのは、7時20分。千葉の畑には霜がおりてます。そんな寒さのせいか、ボク以外、だ~れもいませんでした。
 少ししたら、C選手が到着しましたが、約1時間、クルマの中で仮眠タイムを取りました。
 寝ていると、腸内圧がどんどん高まることが自覚できました。ボクの内圧コントローラーが必死に制御していることまで自覚できましたが、ブローオフバルブの開く頻度が早くなってきたため、仕方がなく、道の駅オナガラに行ってきました。あれ?道の駅長柄だったかな?まぁ、どっちでもいいや。
 道の駅から戻ると、コッチーも到着、遅れてタノピーも到着、さらにさらに遅れてノック選手も到着して、勢揃いです。
 ボクは、ファイナルを京葉セッティングに変え、面倒くさいのでタイヤウォーマーは使用することなく、長い暖機のあとに、コースインしました。
 身体を慣らし、タイヤを暖めるために数周してみましたが、違和感バリバリです。
 ・・・どうやら、太ったみたいで、早速ツナギがきつくなっている模様です。そう、今日はツナギ標準体重よりも1.5kg重たくなっています。さらに、寒いので普段は着ないユニクロのヒートテックを着ていたため、きつく感じられたようでした。
 ラップショットのセンサーを外し忘れ、引きずっていたことにも気が付いたので、一度ピットインし、キズはついたものの幸い壊れなかったセンサーを外し、ヒートテックを脱いで再びコースインしました。
 自分の調子を見るには、左ヘアピン次のL時コーナーからS字コーナーをアクセル全開で走れるかどうかでわかります。あ、レベルがアレなんで、4速なんですけど(^^;;
 はじめはためらいがちでしたが、数周もすると、全開に出来はじめました。走行前に、コッチーがコースを歩いてアドバイスしてくれたりしているので、そのアドバイスを思い出しながら走りました。
 タイム計測は、一見可愛く見えるけど毒舌なコッチーの彼女が測ってくれていたのですが、コッチーの走行が終了したので、タイム計測も終わったようです。
 ボクもタイム計測がなければやる気がでないので、ピットインしました。
 しばらく休んだ後、C選手がタイムを計ってくれるというので、再びコースインしました。
 走る前に、タイヤを手で触って確かめたところ、暖かかったので、タイヤを暖める周回は3周程度にして、4周目から全開走行に入りました。
 今年のコッチー塾の大きな成果、それは、出そうと思ってベストに近いタイムが出せること、です。
 さすがに、めちゃ寒いので、もう出来ないでしょうが、出すつもりで一気に行きました。
 そして・・・L字コーナーで、一気に行きました(T_T)転倒です。
 寝かし込みぃぃぃ!と寝かしたところ、後輪がズリィ~と滑って行くではあ~りませんか。
 左ヘアピンを3速で立ち上がり、すぐに4速にシフトアップ。そのままアクセルを全開にしたままの「寝かし込みぃぃぃ!」です。そりゃもうキレイに滑りました。
 今年は、一度の転倒もなく、いい一年だったのに、最後の最後で転倒しちゃいました。
 ウォーマーを使わなかったことが、悔やまれてなりません。
 アッパーカウルの一度補修した部分が割れ、シートカウルがバキバキ。って感じ?

P10803881

P10803891

 そして、今日着るのが2回目の新ツナギにダメージが。袖には穴が開きました(T_T)

P10803921

 も~ちょう最悪ぅ~って感じ~みたいな~。
 幸い、身体のダメージはありませんでしたが、心が痛いです(T_T)懐も痛いです。
 ボク的にはやる気を失い、もう今日の走行はやめにしようと思ったのですが、転倒したままのイメージでやめるのはよくないと、コッチー、タノピーに言われ、コッチーがガムテープでなんちゃって補修をしてくれたので、その後少しだけ走行してみました。

P10803931

P10803941

 でも、左ハンドルが曲がっていたことと、シートカウルのお尻の乗る部分が割れていた関係で、違和感があり、36秒8程度のタイムしか出せませんでした。
 こんな走り納めになるなんて・・・。

 3年前のボクなら、ツナギのダメージに再起不能だったかもしれませんが、今回は新しいツナギがボロくなってもそれほどダメージはありませんでした。強がり、ではなくて、ツナギはそんなもの、という考え方に変わってきたからだと思います。
 バイクに関しても、ダメージに落ち込むことよりも、これからのバイクに対しての接し方を考えさせられました。
 バイクに長く乗るためには、何でも自分で出来るようにならないとダメなんじゃないか、ってことです。いじったり直したりすることも楽しまなくてはならない、と。バイクに乗りたいと思うと、修理のための時間は惜しいのですが、同時にコストにも関係するわけで、自分でできることを時間の関係でプロにお願いすることと、自分でできないことをプロにお願いすることでは、意味が違うのかな、とも思いました。
 FRPの修理は、まだハードルが高く、無理そうなので、なぜかFRP補修が大得意というC選手のお父さんにお願いすることになりましたが、いずれは自分で出来るようにならないといけないと思いますし、多少美観が悪かろうと、これから塗装は自分でやりたいと思います。

 ってことで、最近ボクらしからぬ展開が続いていましたが、これでようやくボクらしい内容のブログになったと思います。
 ボクのことが嫌いで仕方がないけど、ブログだけはつい読んでしまうという貴方!、今夜は祝杯をあげてくださいね!

 

| | Comments (2)

October 14, 2007

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 二日連続でコッチー塾でした。
 昨日はスポーツランドやまなしで、今日は京葉スピードランドです。
 昨日、帰宅してすぐ寝たいところを我慢して、トランポのバイクを積み替えて準備しておきました。
 京葉に着いたのは8時前。すごく眠たかったのですが、がんばって先日内部清掃したノーマルマフラーを取り付けし、白糸のままだったファイナルを京葉用に交換しておきました。
 準備ができたので、コッチー登場を待とうとマッタリしているウチに寝てしまい、気が付くとコッチーは到着してました。
 もう眠くて眠くて、歩きながら寝てしまいそうでしたが、「んだよぉ」と言われないように、少し遅れて走行を開始しました。

 で、手抜きしちゃいますけど、新タイヤを投入しましたが、ベストは35秒90止まりでした。
 もう少しなんとかなりそうな気はしますが、いまのままでは大幅なタイムアップは望めそうにありません。
 S字から最終コーナーに掛けて、5速を使わないことには。。。
 ただ、いまのレベルでは、5速の速度ではS字も最終も曲げていけません。
 ドリブンスプロケットを1Tほどショートにして試してみましたが、2コーナーまでに吹けきってしまいますし、結局速い速度に技量が対応できないので、S字→最終を5速で走れても、走れるだけでタイムアップにつながるような速度をのせた走り方はできませんでした。
 なんてこったい。
 京葉スピードランドで、今以上のタイム向上を目指すためには、反復練習を要するようです。

 コッチーがボクのマシンに乗ったところ、あっという間に34秒2とか出していました。
 そして、ファイナルをもっとロングにできれば、33秒も見えてくるとのことでした。
 ボクはショートにして試したというのに。
 それだけの腕の差があるということです。
 ほか、ボクのNSR-Miniは、コッチーのNSR50に比べて、トルクが薄くて、ファイナルの選択は難しいとのことでした。
 コッチーのアドバイスにより、いままではMini純正のNSR80用CDIでしたが、今度機会があるときは、POSHの銀を試してみたいと思います。

 ってことで、2日連続のサーキット走行で、フラフラなボクなのでした。
 はい、ちょう手抜き記事でした(^^;;

 

| | Comments (0)

September 23, 2007

コッチー塾@京葉スピードランド走行

 行って来ました、京葉スピードランド!
 ボクが京葉を走行したのはかれこれ2年前のことで、それ以来、京葉での走行経験はありません。
 出発前に、当時の記事を読んでみると、いまより10kg以上太っています(^^;;
 エンジンの稼働時間や最高回転数を記載していたりして、取りあえず記録を残そうとしている自分に笑ってしまいますが、ファイナルの情報が残っているのは有効でした。えらいぞ!自分!
 当時もお腹の調子が悪いようなことが書いてありますが、実は今日もお腹の調子がメチャ悪く、不安材料です。
 昨日サイゼリアで食べたパルマ風スパゲッティ(トマト味)Wサイズ(チーズおかわり1回)+セット・プチフォッカの量があまりにも多すぎて、いわゆるひとつの食べ過ぎ+消化不良と言う奴です。
 家から約1時間半で現地入りしました。
 7時40分くらいでしたが、すでに上の駐車場は満車状態で、下の駐車場にはじめて行ったのですが、思いっ切り砂利の駐車場でした(T_T)
 ボクが現地に到着したころ、コッチーは茅ヶ崎を出たとのことだったので、軽く仮眠を取った後、のんびりNSR-Miniの走行準備をしました。・・・と言っても、混合ガソリンを作り、チェーンに油を差し、ファイナルを変更しただけです。
 ファイナルは、F14-R41へ。

P10708601

 もうとにかく砂利、砂利、砂利。
 海老名のビーチサイドGPよりもさらにビーチっぽいサラサラの砂利。
 工具を落とすと砂利砂利、パーツを落とすと砂利砂利。
 キィ~~~~~~ッ!って感じです。
 10時半頃、先生のコッチーも到着。
 朝からオラオラ・オーラ全開です(^^;;
 コッチー塾と勝手に名付けていますが、最近の流行にちなんでコッチー塾を「コッチーぶつぞ!キャンプ」って名称に変更してもいいか訊ねてみたところ、「ぶったことなんてない」という一言で却下でした。
 確かに、厳しいのは事実ですが、ぶたれたことはありません。オヤジにだってぶたれたことないのにぃ・・・あ、意味ありません(^^;;
 以前来たときよりも台数が多くてビビってしまったボクですが、「んだよぉ、走らないんすか?」というコッチーの方がよほど恐いので、おそるおそる走行開始です。
 ・・・ここから走行記録となるのですが、実はメモを取っておらず、自分用メモも兼ねて適当に書きます。

☆1本目
 タイム計測はせず、まずはコースに慣れることからはじめてみました。
 おそらく38秒前後で周回。
 走るパイロン状態です。
 身体を慣らしたところで、終了。
 走行枠が特にあるわけではなく、周回数も数えていません。

☆2本目
 1本目と同様です。
 多少慣れてきたつもりですが、周りとのペース差は歴然。
 台数が多いので、またまたみなさんのおじゃま虫。
 何をどうしていいのかわからず、そのままピット・イン。
 無言のコッチーが恐ろしい・・・。

☆昼休み
 ファイナルには問題がなさそうなので、各コーナーでのギア選択をコッチーに訊いてみました。
 コッチーとは周回ペースもファイナルも違うのですが、参考にするためです。
 適当なギアでダラダラ走らないためにも、重要かな?と。
 自分で考えるほどの経験、能力はないんですね。
 コッチーからのアドバイスは、とにかく走れ、とのこと。
 が、がんばります(^^;;

 午後からは、クラス分けがされました。
 34秒を目安に、速いクラス、遅いクラスで、各20分交替。
 午前中で帰ってしまった人たちもいますし、クラス分けされることによって走りやすくなることが予想されましたが、実際そうなりました。
 タイム計測は、コッチーに付き添いの彼女(注:見た目はかわいいがコッチーと負けず劣らずの毒舌)がしてくれることになりました(この場を借りて、ありがとうございました!)。

☆3本目
 周回ことにバラバラだったギア選択を、コッチーに訊いたギアで走ってみることからはじめました。
 コッチーとはファイナルは違いますが、ボクのマシンでもドンピシャでした。
 ただし、速度を乗せられないボクなので、すべてが同じで走れるわけではありません。
 コッチーも見ています。いつもみたいに、すぐにピット・インせず、がんばって周回しました。
 そろそろアドバイスをもらおうとピット・イン。
 タイムは37秒台とのことでした。当然とはいえ、がんばっているのに・・・ショック(T_T)
 コッチーからのアドバイスは、「どうしてS字コーナーでアクセルを戻しているのか?」とのこと。
 ボクは、進入のきっかけが欲しくてアクセルを戻していましたが、皆さん戻している様子はありません。
 なるほど・・・。
 コース・インして、早速実践・・・できるほどいまのボクには簡単なことではありませんが、やろうとする努力は必要です。
 実際走ってみると、ついアクセルを戻している自分がいます。
 難しぃ~。
 と思ったら3周くらいで走行終了です。
 驚いたことに、アドバイス後に36秒台に突入。36秒65というベスト・タイのタイムがでていました。
 走行後、コッチーの走行時間でしたが、ボクのために時間を割いてさらにアドバイスしてくれました。
 ありがとうございます!

☆4本目
 S字コーナーでアクセルを戻さないように走る反復練習です。
 完全にではありませんが、徐々にできるようになり始めました。
 アクセルを開けたままなので、L字からのライン取りも重要になることがわかりましたが、それなりの速度が出ているので、ボクのテクニックでは同じラインを毎回トレースすることはできません。
 アドバイスを得るためにピット・インすると、アベレージは上がり、36秒前半でラップしているとのことです。
 コッチーからは、S字のアクセル全開がまだ実践できていないという指摘と、1コーナーも攻めろというアドバイスをもらい、再びコース・イン。
 走行終了まで、周回しました。

☆5本目
 さらにあれこれアドバイスをもらいました。
 1コーナーをまだ攻めてない、1ヘアでコース幅を使え、寝かしこみが遅い、2ヘアはまったくバンクしていないなどなど。
 ボクの脳みそはシングル・タスクなので、複数のことを同時に処理できません。
 走り込むしかなさそうです。
 2ヘアでは、たとえば肩を入れてみるとか、というアドバイスがあったので、それを実践したところ、いい感じでした。
 途中、成果の確認をするためにピット・インして、感想をもらいました。
 アドバイスでは、まだS字でアクセルを戻している、とのこと。
 ん~、結構できるようになりましたが、まだまだ100%ではないようです。
 コッチー彼女からは、アクセルを戻していなくても、開けきっているわけではないから、速度が乗っていない。無難に走っているだけ、とアドバイスをもらいました。ちゃんと見てくれています。さらに、2コーナー立ち上がり(3コーナー?)で他のマシンよりもマシンが早く起きている、つまり遅い、との指摘もありました。なるほどぉ。
 もらったアドバイスを早速実践と思い、試してみましたが、考えすぎてダメダメでした(^^;;
 そして、走行終了。
 
☆6本目
 1本休憩させてもらってから、最後の走行枠です。
 この走行枠では、コッチーが直々に引っ張ってくれました・・・といっても、待ってもらっても、あまり引っ張られませんでしたけど(T_T)
 せっかく前を走ってくれているので、ライン取りを盗む努力をしてみました。
 ヘアピンは、そもそもの技量が違うのでラインをトレースすることは困難なのですが、2コーナーとL字進入では大いに参考になりました。

 結局、午後の走行はいつものように途中で走るのをやめたりせず、走行時間終了まで走りました。
 普通の人では当然のことなのかもしれませんが、ボクははじめての経験です。先日の白糸よりもさらに走りました。
 ボクのNSR-Miniは、エンジン・アワー・メーターで、エンジンの稼働時間を把握することでエンジンを管理していますが、一日で2時間を超えるエンジン稼働時間を記録したのははじめてです(経験則では、その2/3が実走行時間で、1/3がなんてったってアイドル時間です)。
 とても充実した時間を過ごせました。
 アドバイスされ、それをやろうと努力するとタイムがちゃんとついてくるので、それがとてもうれしく、また、楽しかったです。
 ベストタイムは当然更新し、平均ラップがアドバイス前とアドバイス後とでは、1秒も変わりました。
 ひとりで練習していたら、こうも効率的に進歩することは不可能です。
 厳しくてもちゃんと教えてくれるコッチーとその彼女に感謝です!

 今日のベストタイム、36秒00。
 惜しくも35秒台に入れることはできませんでしたけど、まだまだ課題が多いので、35秒台にはそのうち入りそうです。
 次回は、新品タイヤの投入も試してみたいと思いました。

 まとめ。
 とにかく疲れましたぁ。
 走りが充実したので、画像がまったくありません。


【自分用メモ】
 2コーナー手前で4速にシフトダウン、1ヘアは3速、2ヘアも3速、4速にシフトアップしてL字。いままそのまま最終まで4速で、ライン付近で、5速、1コーナーで6速。ただ、L字で5速に入れてみることを次回チャレンジ。
 2コーナー、バンクさせ速度を乗せる。
 1ヘア、もっとブレーキ。
 2ヘア、肩を入れる。
 ステップ・ワーク。寝かし込みを早く、走りにメリハリを。

 

| | Comments (3)

September 22, 2007

NSR-Mini ブレーキ・キャリパーOH

 明日は、京葉スピードランドでコッチー塾です。
 前回、白糸スピードランドで行われたコッチー塾で、コッチーから。「んだよぉ、ブレーキが効かねー。メッシュホース入ってんのに、ブレーキがウンコ」と言われ、カチーンときたボクは、その場でブレーキのエア抜きとパッド交換を行ったのですが、まだこれじゃぁ物足りない気がする!と思い、明日のために、フロント・ブレーキ・キャリパーをオーバーホール(OH)をすることにしました。
 部品はすでに手配し、入手済みです。
 マシンはこいつ、04NSR-Mini秋ロット、モビルアーマー仕様(^^;;

P10708591

 キャリパーを車体から取り外し、さらにホースも外すことでグ~ンと作業性が向上するのは承知しつつ、面倒くさかったのでホースは付けたままの作業です(結果として、ホースを外した方が面倒ではありませんでした(^^;;)。

P10708561

 ピストンをキャリパーから抜くのに、ボクはピストンツールを使うのがそれほど好きではありません。
 何故かというと、ピストンの内側に少なからずキズを付けるからです。
 それが機能的にまったく問題ないのはわかっているのですが、影響がない、見えない、といっても、キズはキズです。そこで、エアガンを使ってピストンを抜くことにしました。
 ついでに、スプリング・パッドを取ることにします。

P10708571

 このパーツ、鳴き止め以外に何か機能があるのでしょうか?
 わからないから、取っちゃえ取っちゃえ、って感じです(^^;;
 キャリパーのシールは問題ありませんが、それほど高いパーツではありませんので、交換してしまいます。

P10708581

 シールが入る溝ですが、腐食が進んでいるなんてことは皆無でしたが、ダスト・シール溝にはゴミの進入が確認できました。さすがに、オイル・シール溝までは平気でしたが、結構手入れしていたつもりでも、汚れているものなんですね。ブレーキ・キャリパーは、効きに関係なく、定期的なメンテナンスは必要なようです。
 シール溝を清掃した後、新品シールにCCI「メタルラバー20」を塗布して組み付けます。
 ブレーキ・フリュードはいつも使っているワコーズのSP-Rです。
 そして、エア抜きします。何度繰り返しても、細かな気泡が出てくるんですよね。ニップルの根元から空気を吸っているのでしょうか?
 う~ん。
 エアフリー・バンジョーを付けているので、マスター側のエア抜きも行いました。
 いつまで経っても気泡が消えないので、これは無視することにして、完成(^^;;

 違いは・・・わかりません(^^;;

 さぁて、明日もがんばるぞ~

| | Comments (0)